明治大学体育会サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明治大学体育会サッカー部
原語表記 明治大学体育会サッカー部
クラブカラー      紫紺
創設年 1921年
所属リーグ 関東大学サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 東京都世田谷区
代表者 越川芳明
監督 栗田大輔
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

明治大学体育会サッカー部(めいじだいがくたいいくかいさっかーぶ Meiji University Football Club)は、東京都世田谷区八幡山にある明治大学サッカー部。

来歴[編集]

1921年に井染道夫らが中心となって創部。1928年より関東大学サッカーリーグ戦へ参加した。1952年に天皇杯全日本サッカー選手権大会第32回大会)に初出場した。

1940年8月に開催された「満州国」建国十周年慶祝東亜競技大会で池清ら4名が現役のサッカー部所属選手として初めてサッカー日本代表に選出された[1]

1953年より創設されたインカレ(第1回大会)に参加して、1957年度の第6回全国大学サッカー選手権大会で準優勝、1958年の第7回全国大学サッカー選手権大会で初優勝を果たした。1964年には関東大学サッカーリーグ戦で初優勝を果たした。

2007年の第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦でJ2京都サンガF.C.に勝利。2009年天皇杯の2回戦でJ2・湘南ベルマーレに、3回戦でJ1モンテディオ山形に勝利を収めた。なお、初めてJ1クラブに勝利した大学のサッカー部となった[2]

2010年全日本大学サッカー選手権大会で51年ぶりに優勝(2度目)。2013年はアミノバイタルカップで初優勝し、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでも初の決勝進出を果たした。

2014年FC町田ゼルビアなどを破って東京都サッカートーナメントで優勝。5年ぶりに天皇杯へ出場した。同年限りでユニバーシアード日本代表監督就任のため11年間監督を務めた神川明彦が退任、同部OBの栗田大輔が新監督に就任した。

2015年はアミノバイタルカップで優勝。Jリーグに7選手を輩出した。 2016年には総理大臣杯で初優勝し、リーグ戦でも強さを見せ、12チーム制になって以来最速となる4節を残しての優勝を決めた。

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 アミノ杯 総理大臣杯 インカレ 監督
1999 関東1部 7位 8 7 2 2 3 11 12 -1 - - 吉見章
2000 関東2部 4位 10 7 2 4 1 15 7 8 -
2001 3位 23 14 6 5 3 17 8 9
2002 5位 19 14 5 4 5 19 19 0
2003 4位 21 14 5 6 3 15 15 0
2004 3位 27 13 8 3 2 27 14 13 神川明彦
2005 関東1部 9位 - -
2006 3位 44 22 13 5 4 44 17 27 - ベスト8
2007 優勝 45 22 13 6 3 38 19 19 - GL敗退
2008 5位 33 22 9 6 7 36 33 3 - -
2009 3位 38 22 12 2 8 38 37 1 - 優勝
2010 優勝 49 22 15 4 3 46 18 28 ベスト8 ベスト8
2011 2位 39 22 11 6 5 41 24 17 ベスト4 準優勝
2012 2位 41 22 13 2 7 52 37 15 二回戦敗退 - ベスト8
2013 3位 34 22 9 7 6 33 26 7 優勝 準優勝 ベスト8
2014 2位 47 22 14 5 3 38 29 19 二回戦敗退 - 二回戦敗退
2015 2位 43 22 13 4 5 38 24 14 優勝 準優勝 ベスト4 栗田大輔
2016 優勝 47 22 14 5 3 45 22 23 3位 優勝 ベスト8
2017 4位 32 22 9 5 8 31 29 2 7位 準優勝

主な成績[編集]

全日本大学サッカー選手権大会決勝(国立競技場)
本拠地の明大八幡山グラウンド(東京都世田谷区)

主な出身者[編集]

出典[編集]

関連書籍(明大サッカー部を題材にした著書)[編集]

  • 『世界で戦える強い「個」を育てる』(2012 井澤千秋著 日本実業出版社)
  • 『サッカーの戦術&トレーニング』(2012 神川明彦著 新星出版社)

外部リンク[編集]