阪野豊史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阪野 豊史 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サカノ トヨフミ
ラテン文字 SAKANO Toyofumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年6月4日(25歳)
出身地 埼玉県三郷市
身長 181cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム 愛媛FC
ポジション FW
背番号 17
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2014
2015
2016-
浦和レッズ
栃木SC(loan)
愛媛FC(loan)
9 (0)
41(6)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

阪野 豊史(さかの とよふみ、1990年6月4日 - )は、埼玉県三郷市出身のプロサッカー選手Jリーグ愛媛FC所属。ポジションは、フォワード(FW)

来歴[編集]

浦和レッズの下部組織出身。2008年高円宮杯全日本ユース(U-18)では山田直輝原口元気らとともに全国制覇を経験した。

しかしトップチーム昇格はかなわず明治大学へ進学。2年時に三田啓貴とともにスペインへ1ヵ月間の短期留学[1]。これが転機となり、3年時には三田とのホットラインから得点を量産[2][3]関東大学サッカーリーグ戦の得点王とベストイレブンを獲得し、同期のFW岩渕良太と共に大学サッカーを代表するツートップと評された[4]

2013年、ユース時代を過ごした古巣の浦和レッズへ入団[5]。第1節のサンフレッチェ広島戦で後半73分から途中出場しJリーグデビュー。[6]同年天皇杯3回戦モンテディオ山形戦で公式戦初ゴールを記録。

2014年、チームの補強により出場機会が激減。リーグ戦は出場なし、ヤマザキナビスコカップでは1試合に出場し、1得点を上げている。天皇杯もわずか1試合のみの出場となり、シーズン通してわずか2試合のみの出場となり悔しいシーズンとなった。

2015年、出場機会を求め、J2リーグ栃木SCへ期限付き移籍。第4節の徳島ヴォルティス戦で初ゴール。スタメンに定着はしたが、結果は41試合6ゴールとここでも思うような活躍は出来ずチームはJ3リーグへ降格。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 明治大 29 - - - 2 2 2 2
2013 浦和 19 J1 9 0 0 0 2 1 11 1
2014 0 0 1 1 1 0 2 1
2015 栃木 14 J2 41 6 - 1 0 42 6
2016 愛媛 17 -
通算 日本 J1 9 0 1 1 3 1 13 2
日本 J2 41 6 - 1 0 42 6
日本 - - 2 2 2 2
総通算 50 6 1 1 6 3 57 10
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 浦和 19 4 0
通算 AFC 4 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッズユース
明治大学

個人[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]