三田啓貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三田 啓貴 Football pictogram.svg
名前
愛称 タマ[1][2]
カタカナ ミタ ヒロタカ
ラテン文字 MITA Hirotaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-14) 1990年9月14日(28歳)
出身地 東京都世田谷区
身長 173cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィッセル神戸
ポジション MF
背番号 7
利き足 左足[3]
ユース
2000-2002
2003-2005
2006-2008
2009-2012
バディSC
FC東京U-15深川[注 1]
FC東京U-18
明治大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2016 FC東京 60 (5)
2016 ベガルタ仙台 (loan) 31 (3)
2017 ベガルタ仙台 33 (5)
2018- ヴィッセル神戸 32 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

三田 啓貴(みた ひろたか、1990年9月14日 - )は、東京都世田谷区出身[3]プロサッカー選手Jリーグヴィッセル神戸所属。ポジションはミッドフィールダー(MF)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校の校庭で練習していたところ、同校に通う武藤嘉紀の父が三田のプレーを目に留めてバディSCへと勧誘[4][5]。小学校4年生の時に同クラブでサッカーを始めた[6]

2003年よりFC東京の下部組織に加入。倉又寿雄によって左サイドハーフからボランチへとコンバートされ、守備意識を厳しく叩き込まれた[5]。当時はトップチームのFWササ・サルセードに憧れていた[注 2]2008年の日本クラブユース選手権 (U-18)大会では、準々決勝、準決勝、決勝で3試合連続得点を記録し、チームの優勝に貢献。MVPにも選出された。この活躍により、トップチームの城福浩監督はトップ昇格を熱望したが、春の時点で明治大学からオファーを受けていたために断念することとなった[5]。同期は岩渕良太山村佑樹畑尾大翔藤原広太朗山崎侑輝井上亮太平野又三、など。

2009年、岩渕、山村と共に明治大学へ進学し[8]サッカー部に所属。同年の天皇杯では、神川明彦監督より「大舞台に強い」と1年生ながら先発に抜擢され[9]J2・湘南、J1・山形とJリーグ勢を相手に得点を重ねて[注 3]4回戦進出に貢献した。プロを目指していない選手も多い環境の中でなかなか力を出し切れずにいたが、2学年先輩にあたる山田大記の練習に取り組む姿勢に影響され、徐々に責任感あるプレーを発揮[5]。2011年より山田から背番号10を受け継ぎ[11]中心選手として活躍。同年の大学選手権ではベストMFに選出された[12]

FC東京[編集]

2012年7月、FC東京特別指定選手として登録された[13]磐田なども獲得を図っていたが[14][15]同月中に2013年からのFC東京加入内定が発表された[3]。同年8月のJ1第22節大宮戦でJリーグ初出場。2013年は、6月のJ1中断期間中に評価を高め[注 4]先発出場の機会を掴み、J1第15節浦和戦でJリーグ初得点を記録した。ランコ・ポポヴィッチ監督からは、縦にボールを引き出し、高精度のパス配球が出来る点を長所に挙げられていた[17]。2014年は序盤からインサイドハーフで先発起用され、7月には天皇杯秋田戦、J1第15節鹿島戦と公式戦連続得点を挙げたが、中盤より羽生直剛らとのポジション争いが激化[18]。攻守のバランスに課題を見出し改善に努めたが、インサイドハーフでの本領発揮は難しく[19][20]その攻撃の爆発力を[21][18]十分には示せなかった。

ベガルタ仙台[編集]

2016年、ベガルタ仙台期限付き移籍[22][23]ドイスボランチでのプレーを志願し[24]、開幕節横浜FM戦で先発起用され、決勝点を挙げた。通年して高精度の配球で好機を演出し[24]シュート数及びタックル数でチーム2位を記録するなど[25]攻守両面で活躍し、チーム年間MVPに選出された[26]

クラブからの高評価に応え[27]、2017年から完全移籍へ移行[28][29]。4月30日、第9節の清水エスパルス戦でJ1通算100試合出場を達成した。11月18日、第32節の大宮アルディージャ戦で自己最多のシーズン5点目を決めた[30]

ヴィッセル神戸[編集]

2018年よりヴィッセル神戸に加入[31]。シーズン当初からJ1第15節までは背番号8を着用していたが、同年5月に加入したアンドレス・イニエスタが8番を着用することになり、三田は背番号を7番に変更した[32]。当初のJリーグの規約ではシーズン中の背番号変更は認められていなかったが、5月30日付でリーグのユニフォーム要項が改定され、変更が可能となった事によるものである[33](背番号変更経緯の詳細については、アンドレス・イニエスタ#ヴィッセル神戸を参照)。リーグ戦では移籍初年度ながら前年を上回るシーズン6得点を挙げ、イニエスタやルーカス・ポドルスキを始めとしたタレント陣と共にチームを牽引した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 明治大 17 - - - 4 2 4 2
2012 FC東京 36 J1 1 0 1 0 - 2 0
2013 17 2 4 1 4 1 25 4
2014 8 24 2 2 1 3 0 29 3
2015 18 1 6 2 1 0 25 3
2016 仙台 18 31 3 5 0 1 0 37 3
2017 33 5 9 2 0 0 42 7
2018 神戸 8⇒7 32 6 2 0 3 3 37 9
通算 日本 J1 156 19 29 6 12 4 197 29
日本 - - 4 2 4 2
総通算 156 19 29 6 16 6 201 31

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FC東京U-15
FC東京U-18
明治大学

個人[編集]

  • 日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会 MVP (2008年)
  • 全日本大学サッカー選手権 最優秀MF (2011年[12])

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ a b 2004年より「U-15」から「U-15深川」に改称。
  2. ^ 2013年のプロ入りの際にはササと同じ背番号「38」を希望したほど[2]。38番は東慶悟が内定していたため、特別指定時と同じ36番となった。後にFC東京サポーターからはササと同じチャントを受けるようになった[7]
  3. ^ いずれも決勝点[10]
  4. ^ MF高橋秀人が日本代表招集によって不在だったため、主力組を再編成していた[16]
出典
  1. ^ 【J's GOAL × EL GOLAZO Selection Pick Up Player】FC東京:DF藤原広太朗 × MF三田啓貴 J's GOAL (2008年12月5日)
  2. ^ a b 『Jリーグサッカーキング 2013年6月号』 朝日新聞出版2013年、45頁。
  3. ^ a b c d e f g h 三田啓貴選手(明治大学)来季新加入内定のお知らせ J's GOAL (2012年7月24日)
  4. ^ 週刊サッカーダイジェスト No.1276』 日本スポーツ企画出版社2014年、35頁。
  5. ^ a b c d 『F.C.TOKYO MAGAZINE BR TOKYO 2014年7-8月号』 ユーメイド、2014年、36-41頁。
  6. ^ 関東大学サッカー注目選手リレーインタビュー 第30回 明治大MF三田啓貴選手 ゲキサカ (2010年12月11日)
  7. ^ ダメ押しゴールのF東京MF三田「味スタでゴールを決めるのが夢だった」 ゲキサカ (2014年3月20日)
  8. ^ サッカー部 個人技と連係プレーで魅了する、ピッチの支配者 明大スポーツ (2009年4月1日)
  9. ^ 【第89回天皇杯2回戦 湘南 vs 明治大】神川 明彦監督(明治大)記者会見コメント J's GOAL (2009年10月10日)
  10. ^ 公式記録 第89回 天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦公式記録 第89回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 (PDF) 日本サッカー協会
  11. ^ a b サッカー部「10番」の伝統を継ぐエース三田 明大スポーツ (2011年11月30日)
  12. ^ a b 「平成23年度 第60回全日本大学サッカー選手権大会」決勝戦の試合結果 全日本大学サッカー選手権 (2012年1月5日)
  13. ^ 2012年 JFA・Jリーグ特別指定選手 (7月3日付承認) 日本サッカー協会 (2012年7月4日)
  14. ^ 磐田が大学生3人に獲得オファー 日刊スポーツ (2012年5月25日)
  15. ^ 明大・三田獲り! 全日本大学選手権で最優秀MF…F東京”. 2012年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月16日閲覧。 スポーツ報知 (2012年4月30日)
  16. ^ 三田 湘南戦全力アピール 東京中日スポーツ (2013年6月29日)
  17. ^ 『フットボールサミット第12回』 カンゼン2013年、194頁。ISBN 9784862551795
  18. ^ a b フットボールの本質を知る男 羽生直剛がFC東京で活躍し続けるすごさ スポーツナビ (2015年4月8日)
  19. ^ 【J1採点&寸評】FC東京×甲府 サッカーダイジェスト (2015年4月5日)
  20. ^ 【第94回天皇杯 3回戦 F東京 vs 松本】試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2014年8月20日)
  21. ^ 東京MF三田プロ初2ゴールでA組首位浮上 日刊スポーツ (2015年4月23日)
  22. ^ 三田啓貴選手 ベガルタ仙台へ期限付き移籍のお知らせ FC東京 (2016年1月12日)
  23. ^ FC東京 三田啓貴選手 期限付き移籍加入のお知らせ - 2016年1月12日 ベガルタ仙台公式サイト
  24. ^ a b <ベガルタ>ダブルボランチ安定感 河北新報 (2016年2月23日)
  25. ^ 『エルゴラッソ イヤーブック2016 (J1・J2リーグシーズンレビュー)』 三栄書房2016年、71頁。
  26. ^ <ベガルタ> 三田 チームMVP 河北新報 (2016年11月4日)
  27. ^ 【仙台】三田に完全移籍オファー!複数年提示に前向き「高い評価ありがたい」 スポーツ報知 (2016年11月20日)
  28. ^ 三田啓貴選手 ベガルタ仙台へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2016年11月25日)
  29. ^ 三田啓貴選手 完全移籍加入のお知らせ 2016年11月25日 ベガルタ仙台公式サイト
  30. ^ 【仙台】MF三田、ダメ押しミドルで自己最多5点目!「狙っていました」スポーツ報知(2017年11月18日)
  31. ^ ベガルタ仙台よりMF三田啓貴選手 完全移籍加入のお知らせヴィッセル神戸(2017年12月29日)
  32. ^ “イニエスタ選手の背番号決定&三田啓貴選手の背番号変更のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2018年5月30日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/14841.html 2018年6月2日閲覧。 
  33. ^ “Jリーグユニフォーム要項改定のお知らせ” (プレスリリース), Jリーグ, (2018年5月30日), https://www.jleague.jp/release/post-54124/ 2018年6月2日閲覧。 
  34. ^ 選手データ - 関東大学サッカー連盟

関連項目[編集]

外部リンク[編集]