横浜FCシーガルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜FCシーガルズ
原語表記 横浜FCシーガルズ
クラブカラー    [1]    水色[1]   [1]
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ2部
ホームタウン 神奈川県横浜市
ホームスタジアム #スタジアムを参照
運営法人 一般社団法人横浜FCスポーツクラブ
監督 日本の旗 神野卓哉
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

横浜FCシーガルズ(よこはまエフシー シーガルズ、Yokohama FC Seagulls)は、神奈川県横浜市に本拠地を置く女子サッカーチームである。

概要[編集]

1976年に「横須賀シーガルズFC」として発足。横須賀シーガルズFCではスポーツを通した健全な心身の発達と、それに適した育成プログラムを工夫し、スポーツの基本技術習得を重視し、個々人の持つ才能を引き出すことと、スポーツを生活の中心に置き、スポーツを通した地域交流・また年齢や体力に応じた生涯レクリエーションとしてのスポーツへの取組みを進めていく。

クラブ発足30周年に当たり、これまでの任意団体から継続的な運営を進めていくことを念頭に、また社会的な立場を明確にして事業の活性化を図ることを念頭にNPO法人申請を行う。その後、2006年7月18日に「特定非営利活動法人横須賀シーガルズ・スポーツクラブ」が発足した。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する横浜FCを運営する株式会社横浜フリエスポーツクラブの関連法人である一般社団法人横浜FCスポーツクラブと業務提携を結び、2013年2月に横須賀シーガルズFCから横浜FCシーガルズに名称を変更した。

なお、女子社会人トップチームの管理・運営面は活動拠点を横浜市に移した上で横浜FCスポーツクラブが行い、下部組織はNPO法人の横須賀シーガルススポーツクラブが運営する事が決定した[2][3]

2014年11月に開催された「チャレンジリーグ参入チーム決定戦」に勝利して2015年度からの日本女子サッカーリーグのチャレンジリーグへの参入が決定した[4]

2015年はチャレンジリーグEASTで優勝、プレーオフ3位で入替戦に進出。福岡J・アンクラスとの入替戦を2戦合計2-1で制し、なでしこリーグ2部に昇格した。

2016年から日本発条とのスポンサー契約締結に伴い、チーム名を「ニッパツ横浜FCシーガルズ」に改称。[5]

成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 試合 勝点 リーグ杯 皇后杯 監督
2013 神奈川1部 優勝 9 27 9 0 0 58 2 +56 - 予選敗退 日本の旗 鈴木保
2014 関東2部 優勝 14 39 13 0 1 61 7 +54 予選敗退 日本の旗 亀田勝昭
2015 チャレンジEAST 優勝 15 34 11 1 3 39 13 +26 2回戦敗退 日本の旗 中村宏紀
2016 なでしこ2部 8位 18 17 4 5 9 22 33 −10 GL敗退 3回戦敗退
2017 日本の旗 能代谷恵
日本の旗 岡村裕(代行)
日本の旗 神野卓哉

スタジアム[編集]

ホームゲームを開催するスタジアムは、ニッパツ三ツ沢球技場、「かもめパーク」(神奈川県サッカー協会フットボールセンター)、神奈川県立保土ヶ谷公園サッカー場などである。

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •     白、    水色、   

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
日本発条 ニッパツ 2017年-
背中上部 ダイアナ Diana 2017年 - 2013年 - 2016年は胸
背中下部 シー・アイ・シー シー・アイ・シー 2014年 - 2013年は袖
医療法人 横浜柏堤会 医療法人 横浜柏堤会
戸塚共立メディカルグループ
2016年- 2013年 - 2015年は「戸塚共立サクラスクリニック」でパンツに表記
パンツ 無し -

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
2013 Diana プリマハム シー・アイ・シー 戸塚共立サクラス
クリニック
hummel
2014 シー・アイ・シー -
2015 綱島 イタリア料理
旬菜厨房
SOCCER JUNKY
2016 医療法人 横浜柏堤会
戸塚共立メディカルグループ
-

横須賀シーガルズ[編集]

特定非営利活動法人横須賀シーガルズ・スポーツクラブ
国籍 日本の旗 日本
格付 NPO法人
法人番号 6021005008351
専門分野 スポーツ
設立日 2006年7月18日
代表者 松本匡通
活動地域 主に神奈川県
郵便番号 239-0833 
事務所 神奈川県横須賀市ハイランド3丁目1番7号
主な協力組織 一般社団法人横浜FCスポーツクラブ
テンプレートを表示

サッカークラブは横須賀市粟田の少年サッカー団のOBを中心にして結成され、男子トップチームは2000年以後神奈川県社会人サッカーリーグに在籍している。運営団体はNPO法人横須賀シーガルズ・スポーツクラブ。

男子は、社会人チーム(トップチーム・神奈川リーグ3部、サテライトチーム・神奈川県三浦半島地区リーグ1部)、ユース、ジュニアユース、ジュニアチームを編成し、横須賀市のほか近隣の横浜市三浦市逗子市葉山町の青少年が活動を行っている。

女子は、中学・高校生・社会人を対象としたサテライトのJOYチームが神奈川県女子サッカーリーグ1部、MEGチームが同2部に在籍、少女チームやレディースチーム(一般社会人チーム・神奈川県女子サッカーリーグ2部、主婦チーム・神奈川婦人リーグ所属)などが編成されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c クラブガイド:横浜FC”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年5月17日閲覧。
  2. ^ “横浜初、なでしこリーグを目指す 横浜FCシーガルズ誕生のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FC, (2012年7月5日), http://www.yokohamafc.com/news/2012/07/05/fc-8/ 2013年2月5日閲覧。 
  3. ^ 横浜FCシーガルズ誕生、県内初なでしこL目指す”. 神奈川新聞 (2012年7月6日). 2012年7月6日閲覧。
  4. ^ “横浜FCシーガルズ2015年度チャレンジリーグ参入正式承認のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FCJ's GOAL), (2014年11月14日), http://www.jsgoal.jp/official/00181000/00181700.html 2014年11月15日閲覧。 
  5. ^ “横浜FCシーガルズ」スポンサー契約に関するお知らせ -チーム名「ニッパツ横浜FCシーガルズ」に” (プレスリリース), (2016年1月5日), http://www.yokohamafc.com/2016/01/05/47606 2016年12月2日閲覧。 

外部リンク[編集]