横浜FCシーガルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜FCシーガルズ
原語表記 横浜FCシーガルズ
クラブカラー    [1]    水色[1]   [1]
創設年 1982年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ1部
ホームタウン 神奈川県横浜市
ホームスタジアム Mitsuzawa100502.JPGニッパツ三ツ沢球技場
Hodogaya Park Soccer Stadium, Kanagawa, Japan.JPG神奈川県立保土ケ谷公園サッカー場
Nissan Field Kozukue 001.jpg日産フィールド小机
収容人数 15,454(ニッパツ)
584(保土ケ谷)
500(日産小机)
運営法人 一般社団法人横浜FCスポーツクラブ
代表者 奥寺康彦
監督 日本の旗 要田勇一
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
一般社団法人横浜FCスポーツクラブ
設立 2012年6月1日
所在地 神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町646番地2
北緯35度27分53.7秒 東経139度34分6.5秒 / 北緯35.464917度 東経139.568472度 / 35.464917; 139.568472座標: 北緯35度27分53.7秒 東経139度34分6.5秒 / 北緯35.464917度 東経139.568472度 / 35.464917; 139.568472
法人番号 4020005010402
主要人物 奥寺康彦(代表理事)
活動地域 横浜市
主眼 地域住民の心身の健全な発達及び横浜における市民のスポーツ文化振興、地域社会への貢献
活動内容 健全な心身の育成、健康維持増進、競技者及び指導者の育成強化及び国際交流
活動手段 サッカーを軸とした各種スポーツ教室や幅広い市民スポーツへの参加機会と場所の提供
ウェブサイト https://www.yokohamafc-sc.com/
テンプレートを表示

横浜FCシーガルズ(よこはまエフシー シーガルズ、Yokohama FC Seagulls)は、神奈川県横浜市に本拠地を置く女子サッカーチームである。

概要[編集]

前身は1982年に設立された横須賀シーガルズFCの女子トップチーム「横須賀シーガルズFC」。2006年7月18日に「特定非営利活動法人横須賀シーガルズ・スポーツクラブ」として法人化した。

2013年2月、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する横浜FCを運営する株式会社横浜フリエスポーツクラブの関連法人である一般社団法人横浜FCスポーツクラブと業務提携を結び、横須賀シーガルズFC女子トップチームは横浜FCシーガルズに名称を変更した。

なお、女子社会人トップチームの管理・運営面は活動拠点を横須賀市から横浜市に移した上で横浜FCスポーツクラブが行い、下部組織はNPO法人の横須賀シーガルススポーツクラブが運営する事が決定した[2][3]

2014年11月に開催された「チャレンジリーグ参入チーム決定戦」に勝利して2015年度からの日本女子サッカーリーグのチャレンジリーグへの参入が決定した[4]

2015年はチャレンジリーグEASTで優勝、プレーオフ3位で入替戦に進出。福岡J・アンクラスとの入替戦を2戦合計2-1で制し、なでしこリーグ2部に昇格した。

2016年から日本発条とのスポンサー契約締結に伴い、チーム名をニッパツ横浜FCシーガルズに改称[5]

年度別成績・歴代監督[編集]

横須賀シーガルズ/横須賀シーガルズレディース/横須賀シーガルズFC[編集]

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合数 勝点 得点 失点 得失点差 順位
1999 横須賀シーガルズ 神奈川県1部 9 8 18 4 2 2 12 7 +5 4位
2000 10 9 33 8 1 0 34 4 +30 2位
2001 10 9 28 7 0 2 48 11 +37 2位
2002 10 9 32 8 0 1 73 11 +62 優勝
2003 10 9 28 7 0 2 47 12 +35 2位
2004 10 9 33 8 1 0 29 8 +41 優勝
2005 横須賀シーガルズレディース 10 9 4 1 0 7 5 31 -26 9位
2006 神奈川県2部 7 6 8 2 2 2 7 5 +2 4位
2007 8 7 12 4 0 3 12 9 +3 3位
2008 7 6 10 3 1 2 17 9 +8 4位
2009 7 6 10 3 1 2 16 11 +5 2位
2010 横須賀シーガルズFC 神奈川県1部 9 8 16 5 1 2 18 7 +11 3位
2011 10 9 22 7 1 1 34 10 +24 2位
2012 10 9 18 6 0 3 40 10 +30 3位

横浜FCシーガルズ/ニッパツ横浜FCシーガルズ[編集]

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合数 勝点 得点 失点 得失点差 順位 リーグ杯 皇后杯 監督
2013 横浜FCシーガルズ 神奈川県1部 10 9 27 9 0 0 58 2 +56 優勝 - 予選敗退 日本の旗 鈴木保
2014 関東2部 8 14 39 13 0 1 61 7 +54 優勝 日本の旗 亀田勝昭
2015 チャレンジリーグEAST 6 15 34 11 1 3 39 13 +26 優勝 2回戦敗退 日本の旗 中村宏紀
2016 ニッパツ横浜FCシーガルズ なでしこリーグ2部 10 18 17 4 5 9 22 33 −10 8位 GL敗退 3回戦敗退
2017 10 18 24 7 3 8 20 22 -2 5位 GL敗退 1回戦敗退 日本の旗 能代谷恵
日本の旗 岡村裕(代行)
日本の旗 神野卓哉
2018 10 18 31 9 4 5 32 24 +8 2位 GL敗退 3回戦敗退 日本の旗 神野卓哉
2019 10 18 28 8 4 6 21 19 +2 5位 GL敗退 3回戦敗退
2020 10 18 32 8 8 2 29 8 +21 4位 (中止)[6] 3回戦敗退
2021 なでしこリーグ1部 12 22 日本の旗 要田勇一

所属選手・スタッフ[編集]

2021年

スタッフ[編集]

役職 氏名 生年月日 (年齢) 前職 備考
監督 日本の旗 要田勇一 (1977-06-25) 1977年6月25日(43歳) 横浜FCジュニアユース戸塚 監督 新任
ヘッドコーチ 日本の旗 八田康介 (1982-03-17) 1982年3月17日(39歳) INAC神戸レオネッサ ヘッドコーチ
GKコーチ 日本の旗 落合剛志 ???????? 横河武蔵野FCジュニア・ジュニアユース GKコーチ
フィジカルコーチ 日本の旗 中島徹哉 ???????? 東洋大学大学院
アシスタントコーチ 日本の旗 桑原由恵 (1990-02-23) 1990年2月23日(31歳) 横須賀シーガルズJOY 監督

選手[編集]

Pos No. 選手名 生年月日 (年齢) 前所属 備考
GK 1 日本の旗 小暮千晶 (1999-03-12) 1999年3月12日(22歳) 神奈川大学 新加入
19 日本の旗 越後希波 (1996-08-22) 1996年8月22日(24歳) 仙台大学
30 日本の旗 田倉羅姫 (2004-09-10) 2004年9月10日(16歳) 横須賀シーガルズJOY 下部組織登録選手
DF 2 日本の旗 高村ちさと (1994-06-10) 1994年6月10日(26歳) アルビレックス新潟レディース
4 日本の旗 中居未来 (1995-06-02) 1995年6月2日(25歳) 横須賀シーガルズFC
8 日本の旗 宮下七海 (1995-06-28) 1995年6月28日(25歳) 横須賀シーガルズFC 副キャプテン
14 日本の旗 大島瑞稀 (1993-04-03) 1993年4月3日(28歳) 早稲田大学
22 日本の旗 浦海綾 (2002-11-02) 2002年11月2日(18歳) 横須賀シーガルズJOY 新加入
23 日本の旗 小田川真奈 (2000-04-14) 2000年4月14日(21歳) 村田女子高校
25 日本の旗 山本珠優 (1997-06-03) 1997年6月3日(23歳) 神奈川大学
26 日本の旗 丸尾梨菜 (1997-04-24) 1997年4月24日(23歳) 吉備国際大学Charme岡山高梁 新加入
28 日本の旗 冨田美波 (1999-11-25) 1999年11月25日(21歳) FC十文字VENTUS 新加入
MF 3 日本の旗 中條結衣 (1997-11-01) 1997年11月1日(23歳) 早稲田大学
5 日本の旗 吉田凪沙 (1996-10-26) 1996年10月26日(24歳) INAC神戸レオネッサ 新加入
6 日本の旗 權野貴子 (1992-09-26) 1992年9月26日(28歳) オルカ鴨川FC
7 日本の旗 小林ひなた (2001-02-13) 2001年2月13日(20歳) 修徳高校 副キャプテン
16 日本の旗 小須田璃菜 キャプテン (1996-02-11) 1996年2月11日(25歳) アルビレックス新潟レディース キャプテン
17 日本の旗 今田怜那 (1997-07-07) 1997年7月7日(23歳) ジェフユナイテッド千葉レディース 新加入
20 日本の旗 小原由梨愛 (1990-09-04) 1990年9月4日(30歳) アルビレックス新潟レディース
24 日本の旗 渡辺琉那 (2003-02-06) 2003年2月6日(18歳) 聖和学園高校 新加入
27 日本の旗 沖野るせり (2001-08-24) 2001年8月24日(19歳) 常盤木学園高校
FW 9 日本の旗 髙橋美夕紀 (1993-10-07) 1993年10月7日(27歳) アルビレックス新潟レディース
11 日本の旗 平川杏奈 (1999-11-09) 1999年11月9日(21歳) 修徳高校
13 日本の旗 内田美鈴 (1993-12-24) 1993年12月24日(27歳) ASハリマアルビオン
18 日本の旗 片山由菜 (2002-08-27) 2002年8月27日(18歳) 修徳高校 新加入
29 日本の旗 室井胡心 (2003-10-16) 2003年10月16日(17歳) 横須賀シーガルズJOY 下部組織登録選手
31 日本の旗 森田優乃 (2003-09-15) 2003年9月15日(17歳) 横須賀シーガルズJOY 下部組織登録選手

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色
FP(2nd)
FP(3rd) 水色
FP(4th)
GK(1st) ピンク ピンク ピンク
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
FP 3rd
FP 4th
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  • - 2012年    
  • 2013年 -     白、    水色、   

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
日本発条 ニッパツ 2017年 - 2016年は背中上部
鎖骨左 医療法人横浜未来ヘルスケアシステム 戸塚共立
メディカルグループ
2019年 - 2013年 - 2015年はパンツ
2016年 - 2018年は袖
2013年は「女性 戸塚共立 専門 サクラスクリニック」表記
2014年 - 2015年は「戸塚共立 女性 サクラスクリニック 専門」表記
2017年は「戸塚 共立」表記
2018年は「戸塚共立 メディカル」表記
2019年鎖骨左は「横浜柏堤会」表記
鎖骨右 横浜未来
ヘルスケアシステム
背中上部 シー・アイ・シー シー・アイ・シー 2014年 - 2015年
2019年 -
2013年は袖
2016年 - 2018年は背中下部
2013年は「クリーンドクター ㍿シー・アイ・シー」表記
背中下部 ダイアナ Diana 2019年 - 2013年 - 2016年は胸
2017年 - 2018年は背中上部
2013年と2015年は「Diana プロポーションづくりのダイアナ」表記
なし - -
パンツ前面 武松商事 Takematsu 2020年 -
パンツ背面 なし - -

ユニフォームサプライヤーの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨左 鎖骨右 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面 サプライヤー
2012 - 解禁前 - 解禁前 -/
臼井不動産
- 解禁前 NIKE
2013 Diana
プロポーションづくりのダイアナ
プリマハム クリーンドクター
㍿シー・アイ・シー
女性 戸塚共立
専門 サクラスクリニック
hummel
2014 Diana シー・アイ・シー - 戸塚共立 女性
サクラスクリニック 専門
2015 Diana
プロポーションづくりのダイアナ
-/
綱島 イタリア料理
旬菜厨房
SOCCER JUNKY
2016 Diana ニッパツ シー・アイ・シー 戸塚共立
メディカルグループ
綱島 イタリア料理
旬菜厨房
2017 ニッパツ Diana 戸塚
共立
-
2018 - 戸塚共立
メディカル
カナ
エル
2019 戸塚共立
メディカルグループ
横浜柏堤会 シー・アイ・シー Diana -
2020 横浜未来
ヘルスケアシステム
Takematsu -
2021

横須賀シーガルズFC[編集]

特定非営利活動法人
横須賀シーガルズ・スポーツクラブ
国籍 日本の旗 日本
格付 NPO法人
法人番号 6021005008351 ウィキデータを編集
専門分野 スポーツ
設立日 2006年7月18日
代表者 松本匡通
活動地域 主に神奈川県
郵便番号 239-0833
事務所 神奈川県横須賀市ハイランド3丁目1番7号
主な協力組織 一般社団法人横浜FCスポーツクラブ
外部リンク https://www.yokosuka-seagulls.com/
テンプレートを表示

サッカークラブは横須賀市粟田の少年サッカー団のOBを中心に1976年に結成され、男子トップチームは2000年以後神奈川県社会人サッカーリーグに在籍している。運営団体は特定非営利活動法人横須賀シーガルズ・スポーツクラブ。

男子は、社会人チーム(トップチーム・神奈川リーグ3部、サテライトチーム・神奈川県三浦半島地区リーグ1部)、ユース、ジュニアユース、ジュニアチームを編成し、横須賀市のほか近隣の横浜市三浦市逗子市三浦郡葉山町の青少年が活動を行っている。

女子は、中学・高校生・社会人を対象としたサテライトのJOYチームが神奈川県女子サッカーリーグ1部、MEGチームが同2部に在籍、少女チームやレディースチーム(一般社会人チーム・神奈川県女子サッカーリーグ2部、主婦チーム・神奈川婦人リーグ所属)などが編成されている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c プロフィール:横浜FC”. 日本プロサッカーリーグ. 2017年8月20日閲覧。
  2. ^ “横浜初、なでしこリーグを目指す 横浜FCシーガルズ誕生のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FC, (2012年7月5日), http://www.yokohamafc.com/news/2012/07/05/fc-8/ 2013年2月5日閲覧。 
  3. ^ 横浜FCシーガルズ誕生、県内初なでしこL目指す”. 神奈川新聞 (2012年7月6日). 2012年7月6日閲覧。
  4. ^ “横浜FCシーガルズ2015年度チャレンジリーグ参入正式承認のお知らせ” (プレスリリース), 横浜FCJ's GOAL), (2014年11月14日), http://www.jsgoal.jp/official/00181000/00181700.html 2014年11月15日閲覧。 
  5. ^ “横浜FCシーガルズ」スポンサー契約に関するお知らせ -チーム名「ニッパツ横浜FCシーガルズ」に-” (プレスリリース), 横浜FC, (2016年1月5日), http://www.yokohamafc.com/2016/01/05/47606 2016年12月2日閲覧。 
  6. ^ 2020プレナスなでしこリーグ1部/2部リーグ開催延期 および 2020プレナスなでしこリーグカップ中止のお知らせ”. 2021年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]