和田拓也 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和田 拓也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ワダ タクヤ
ラテン文字 WADA Takuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年7月28日(26歳)
出身地 神奈川県
身長 170cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大宮アルディージャ
ポジション RSB / MF
背番号 22
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 東京ヴェルディ 74 (0)
2013 ベガルタ仙台 4 (0)
2013- 大宮アルディージャ 63 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

和田 拓也(わだ たくや、1990年7月28日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手。ポジションはサイドバックミッドフィールダーJリーグ大宮アルディージャ所属。

来歴[編集]

中学生年代から東京ヴェルディの下部組織に所属。2005年にはクラブユース選手権U-15ベスト4。また、U-15日本代表にも選出された。

ヴェルディユースに昇格後も1年生ながらベンチ入り、更にはスタメン出場も果たすなど順調に活躍し期待を寄せられた(チームは、高円宮杯U-18ベスト8)。しかし、2年時には柴田峡監督の意向もあり出場機会が減少。シーズン半ばからはベンチにも入れない日々が続き和田にとっては苦難の1年となった。それでも3年になってからは主戦場をそれまでの中盤からサイドバックに変えて試合に出場するようになる。それまではFWで登録される試合もあっただけに、このコンバートには周囲からの驚きもあったが本人の努力もあり素早く順応。

右サイドも左サイドも高いレベルでこなせるその実力がトップチームからも注目されるようになり、この年トップチームへの昇格が決定。2008年は怪我で出場できなかった試合を除きほぼ全ての試合に出場し、チームもタイトルこそ獲得出来なかったものの、クラブユース選手権U-18ベスト4、高円宮杯U-18ベスト8、Jユースカップベスト4と、3大タイトル全てでベスト8以上という安定した結果を残した。

2009年、トップチームに合流するとその才能を高木琢也監督に見い出され、昇格1年目ながら右サイドバックとして開幕スタメン出場を果たした。 結局2009年は出場機会5試合に留まったものの、2010年は新たに就任した川勝良一監督によりボランチで起用される機会も増えるなど更なる成長を見せ、2011年は再びサイドバックのレギュラーとして大きく飛躍。U-23日本代表にも招集されるなど、これからのクラブを背負う存在として期待されていたが、ヴェルディの経営難から育成金収入を得るためにクラブ側が放出を決断し、2013年はAFCチャンピオンズリーグに出場するベガルタ仙台に完全移籍した。

仙台では、ボランチとサイドバックの両方が出来る事を評価され[1]、チーム事情もあって左サイドバックのレギュラー候補として期待された[1]。同年の開幕戦にはスタメン出場を果たすも、その後はベンチ外の試合も多くなるなど[2]、リーグ戦4試合230分、ACL4試合の出場に留まった。同年8月11日、「ボランチとして勝負したかった」[1]という本人の意向もあり、和田をボランチとして評価していた[1]大宮アルディージャへの完全移籍が発表された[3][4]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2009 東京V 29 J2 5 0 - 0 0 5 0
2010 22 10 0 - 0 0 10 0
2011 20 0 - 1 0 21 0
2012 39 0 - 2 0 41 0
2013 仙台 20 J1 4 0 0 0 - 4 0
大宮 9 0 - 2 0 11 0
2014 22 20 0 3 0 2 0 25 0
2015 J2 34 2 - 2 0 36 2
通算 日本 J1 33 0 3 0 4 0 40 0
日本 J2 108 2 - 5 0 113 2
総通算 141 2 3 0 9 0 153 2
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 仙台 20 4 0
通算 AFC 4 0

代表歴[編集]

タイトル[編集]

大宮アルディージャ

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]