日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本クラブユースサッカー選手権
(U-15)大会
開始年 1986
主催 日本サッカー協会
日本クラブユースサッカー連盟
参加チーム数 32
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 清水エスパルスジュニアユース(6回目)
最多優勝 東京ヴェルディジュニアユース
清水エスパルスジュニアユース(6回)
第31回日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会
テンプレートを表示

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会(にほんクラブユースサッカーせんしゅけん(アンダー15)たいかい)は、日本サッカー協会日本クラブユースサッカー連盟の共同主催により行われる、中学生年代(第3種登録チーム)のクラブチーム(Jリーグ、JFLなど社会人チームの傘下にあるジュニアユースチームも含む)で争う公式戦のタイトルで、1986年長野県で第1回大会が開かれた。1997年からは福島県Jヴィレッジが会場(2011年からは東日本大震災の影響で北海道帯広市等で開催された)。

開催方式[編集]

※2013年度の大会を参考とした

出場枠[編集]

各地域の予選を勝ち抜いた48チーム(2013年大会より増枠)が出場。

  • 北海道 2
  • 東北 3
  • 関東 13
  • 北信越 4
  • 東海 7
  • 関西 8
  • 中国 3
  • 四国 2
  • 九州 6


予選リーグ[編集]

  • 48チームを4チームずつ12組に分けて1回戦総当り方式でリーグ戦を行い、各組第2位までの24チームと各組第3位の中から成績上位8チームの32チームが決勝トーナメントに進む。
  • 試合は80分(40分ハーフ)。延長戦は行わない。
  • 勝ち点は勝ち3、引き分け双方に1、負け0とし、同点の場合得失点差、総得点、当該チームの対戦成績、抽選により決定する。

決勝トーナメント[編集]

  • 32チームのトーナメント戦で行われる。
  • 試合は80分(40分ハーフ)。同点の場合20分(10分ハーフ)の延長戦(ゴールデンゴール方式ではない)、更に同点の場合はPK戦とする。
  • 3位決定戦はしないので、準決勝敗戦2チームは自動的に3位となる。

結果[編集]

年度 優勝 結果 準優勝 3位
1986年 読売SC - 三菱養和サッカースクール 町田Jr.
1987年 兵庫FC - 神戸FC 三菱養和サッカースクール
1988年 読売サッカースクール - 町田Jr. 日産FC
1989年 読売ジュニアユース - 町田Jr. 三菱養和サッカースクール
1990年 読売ジュニアユース - 日産追浜FC 神戸FC
1991年 読売SCジュニアユース - 日産追浜FC 釜本フットボールクラブ
日産FC
1992年 日産FC - 栄FC フジタSC枚方
市川カネヅカ
1993年 横浜マリノスジュニアユース - ジェフユナイテッドジュニアユース フジタSC枚方
横浜フリューゲルスジュニアユース
1994年 岐阜VAMOS - ジェフユナイテッドジュニアユース 横浜マリノスジュニアユース
1995年 清水エスパルスジュニアユース - 読売日本SCジュニアユース ジェフユナイテッド市原Jr.ユース
1996年 清水エスパルスジュニアユース - 岐阜VAMOS ジェフユナイテッド市原Jr.ユース
1997年 清水エスパルスジュニアユース - 横浜マリノスジュニアユース 三菱養和SS
読売日本SCジュニアユース
1998年 ジェフ市原ジュニアユース 3 - 1 清水エスパルスジュニアユース 読売日本SCジュニアユース
ヴィッセル神戸ジュニアユース
1999年 京都パープルサンガジュニアユース 3 - 2 清水エスパルスジュニアユース ガンバ大阪ジュニアユース
ヴィッセル神戸ジュニアユース
2000年 横浜F・マリノスジュニアユース 2 - 0 京都パープルサンガジュニアユース サンフレッチェ広島F.C.ジュニアユース
柏レイソルジュニアユース
2001年 浦和レッズジュニアユース 3 - 1 FC東京U-15 鹿島アントラーズジュニアユース
柏レイソルユース
2002年 柏レイソルジュニアユース 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
ヴェルディジュニアユース 図南サッカークラブ
FC東京U-15
2003年 FC東京U-15 1 - 0 ジェフ市原ジュニアユース舞浜 清水エスパルスジュニアユース
サンフレッチェ広島F.C.ジュニアユース
2004年 ヴェルディジュニアユース 1 - 0 ガンバ大阪ジュニアユース 名古屋グランパスエイトU-15
横浜F・マリノスジュニアユース
2005年 浦和レッズジュニアユース 3 - 0 横浜F・マリノスジュニアユース ヴェルディジュニアユース
ヴィッセル神戸ジュニアユース
2006年 横浜F・マリノスジュニアユース追浜 4 - 3 aet 清水エスパルスジュニアユース 柏レイソルユースU-15
浦和レッズジュニアユース
2007年 京都サンガF.C.U-15 1 - 0 aet 東京ヴェルディ1969ジュニアユース 清水エスパルスジュニアユース
柏レイソルU-15
2008年 名古屋グランパスU-15 1 - 0 ガンバ大阪ジュニアユース 横浜F・マリノスジュニアユース追浜
浦和レッズジュニアユース
2009年 ヴィッセル神戸ジュニアユース 3 - 1 京都サンガF.C.U-15 名古屋グランパスU-15
ACNジュビロ沼津
2010年 清水エスパルスジュニアユース 3 - 2 ジュビロ磐田ジュニアユース 浦和レッズジュニアユース
サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース
2011年 清水エスパルスジュニアユース 5 - 2 ガンバ大阪ジュニアユース 京都サンガF.C.U-15
ヴィッセル神戸U-15
2012年 ガンバ大阪ジュニアユース 2 - 0 ヴィッセル神戸U-15 アルビレックス新潟ジュニアユース
清水エスパルスジュニアユース
2013年 横浜F・マリノスジュニアユース 2 - 0 FC東京U-15深川 京都サンガF.C.U-15
ガンバ大阪ジュニアユース
2014年 鹿島アントラーズジュニアユース 2 - 1 清水エスパルスジュニアユース 名古屋グランパスU-15
サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース
2015年 横浜F・マリノスジュニアユース 3 - 0 FC東京U-15むさし 京都サンガF.C.U-15
ガンバ大阪ジュニアユース
2016年 清水エスパルスジュニアユース 2 - 0 JFAアカデミー福島U-15 三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
北海道コンサドーレ札幌U-15

チーム別成績[編集]

チーム名 優勝年度 準優勝年度
清水エスパルスジュニアユース 6 4 1995,1996,1997,2010,2011,2016 1998,1999,2006,2014
東京ヴェルディジュニアユース 6 3 1986,1988,1989,1990,1991,2004 1995,2002,2007
横浜F・マリノスジュニアユース 5 2 1992,1993,2000,2013,2015 1997,2005
京都サンガF.C.U-15 2 2 1999,2007 2000,2009
浦和レッズジュニアユース 2 0 2001,2005
ガンバ大阪ジュニアユース 1 3 2012 2004,2008,2011
横浜F・マリノスジュニアユース追浜 1 2 2006 1990,1991
ジェフ千葉U-15 1 2 1998 1993,1994
ヴィッセル神戸U-15 1 2 2009 1987,2012
FC東京U-15深川 1 2 2003 2001,2013
岐阜VAMOS 1 1 1994 1996
兵庫FC 1 0 1987
柏レイソルU-15 1 0 2002
名古屋グランパスU-15 1 0 2008
鹿島アントラーズジュニアユース 1 0 2014
FC町田ゼルビアジュニアユース 0 2 1988,1989
三菱養和サッカースクール 0 1 1986
横浜栄FC 0 1 1992
ジェフ千葉U-15舞浜 0 1 2003
ジュビロ磐田ジュニアユース 0 1 2010
FC東京U-15むさし 0 1 2015
JFAアカデミー福島U-15 0 1 2016

個人賞[編集]

年度 MVP MIP 得点王
16 2001年 中村祐也 (浦和レッズジュニアユース) 林佑樹 (FC東京U-15)
17 2002年
18 2003年 森村昂太(FC東京U-15) 河上徹(ジェフユナイテッド市原ジュニアユース舞浜)
19 2004年 高木駿(ヴェルディジュニアユース) 安田晃大(ガンバ大阪ジュニアユース)
20 2005年 田仲智紀(浦和レッズジュニアユース) 齋藤学(横浜F・マリノスジュニアユース) 齋藤学(横浜F・マリノスジュニアユース)
21 2006年 中田航平(横浜F・マリノスジュニアユース追浜) 畑直樹(清水エスパルスジュニアユース) 宇佐美貴史(ガンバ大阪ジュニアユース)
22 2007年 宮吉拓実(京都サンガジュニアユース) 渋谷亮(東京ヴェルディ1969ジュニアユース) 宮吉拓実(京都サンガジュニアユース)
23 2008年 高原幹(名古屋グランパスU-15) 小谷光毅(ガンバ大阪ジュニアユース) 小谷光毅(ガンバ大阪ジュニアユース)
24 2009年 岩波拓也(ヴィッセル神戸ジュニアユース) 森口亮(京都サンガF.C.U-15) 南野拓実(セレッソ大阪U-15)
25 2010年 鈴木聖矢(清水エスパルスジュニアユース) 中野誠也(ジュビロ磐田ジュニアユース) 國分将(コンサドーレ札幌ユースU-15)
武颯(横浜F・マリノスジュニアユース追浜)
海野智貴(清水エスパルスジュニアユース)
26 2011年 北川航也(清水エスパルスジュニアユース) 高木彰人(ガンバ大阪ジュニアユース) 北川航也(清水エスパルスジュニアユース)
27 2012年 高木彰人(ガンバ大阪ジュニアユース) 松原啓介(ヴィッセル神戸U-15) 宮森祐希(ガンバ大阪ジュニアユース)
28 2013年 西田優太(横浜F・マリノスジュニアユース) 廣末陸(FC東京U-15深川) 中村駿太(柏レイソルU-15)
小西雄大(ガンバ大阪ジュニアユース)
29 2014年 沖悠哉(鹿島アントラーズジュニアユース) 吉田峻(清水エスパルスジュニアユース) 鈴木魁人(清水エスパルスジュニアユース)
30 2015年 中丸流佳(横浜F・マリノスジュニアユース) 竹浪良威(FC東京U-15むさし) 棚橋尭士(横浜F・マリノスジュニアユース)
31 2016年

デベロップカップ[編集]

日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会に出場できなかったチームが参加し、2010年より同大会とほぼ同時期にJヴィレッジで開催されることになった。同大会のMVPとMIPは下記のクラブユース東西対抗戦に出場する。

2012年大会の地域別参加チームは以下の通りである。

  • 北海道 1
  • 東北 1
  • 関東 3
  • 北信越 2
  • 東海 2
  • 関西 2
  • 中国 2
  • 四国 1
  • 九州 2


以上16チーム

結果[編集]

年度 優勝 結果 準優勝
1 2010年 ジェフ千葉U-15 4 - 2 ロアッソ熊本ジュニアユース
2 2011年 ヴァンフォーレ甲府U-15 4 - 1 宇治FCジュニアユース
3 2012年 クマガヤサッカースポーツクラブ 6 - 0 レオーネ山口U-15
4 2013年 横浜FCジュニアユース 6 - 2 カターレ富山U-15

個人賞[編集]

年度 MVP MIP 得点王
2010年 新堀真也(ジェフ千葉U-15) 嶋田慎太郎(ロアッソ熊本ジュニアユース) 新堀真也(ジェフ千葉U-15)
2011年 遠山拓民(ヴァンフォーレ甲府U-15) 千葉涼介(宇治FCジュニアユース) 遠山拓民(ヴァンフォーレ甲府U-15)
2012年 加藤睦次樹(クマガヤサッカースポーツクラブ) 庄司朋乃也(クマガヤサッカースポーツクラブ) 加藤睦次樹(クマガヤサッカースポーツクラブ)
2013年 服部剛(横浜FCジュニアユース) 松岡大智(カターレ富山U-15) 松岡大智(カターレ富山U-15)

メニコンカップ クラブユース東西対抗戦[編集]

当大会期間中、クラブユース連盟の技術委員会による審査を行い、優秀選手には毎年9月に名古屋市瑞穂公園ラグビー場(2015年より「パロマ瑞穂ラグビー場」)で開かれるメニコンカップ・日本クラブユースサッカー東西対抗戦の出場メンバーとして推薦される。これは当大会の第10回記念大会を記念して1995年から毎年開いている。

試合方式[編集]

  • 全国を東西に分けての対抗戦。
東軍:北海道、東北、関東、北信越
西軍:東海、関西、中国、四国、九州
  • 40分ハーフで同点の場合延長戦はなしでPK戦で勝敗を決める。

結果[編集]

太字は勝利チームを表す

年度 スコア 最優秀選手 敢闘賞
1995 東軍 3-3(PK4-5) 西軍 市川大祐 長沼良太、中村元
1996 東軍 1-1(PK4-2) 西軍 阿部勇樹 塙豊満、森一紘
1997 東軍 1-1(PK2-4) 西軍 鈴木隼人 金子勇樹、佐野裕也
1998 東軍 3-3(PK5-6) 西軍 深沢良輔 浅野大地、山岸智
1999 東軍 2-0 西軍 大沢朋也 高沢尚利小川久範
2000 東軍 3-2 西軍 菅沼実 江口正輝
2001 東軍 0-1 西軍 家長昭博 青山直晃山本拓弥
2002 東軍 3-2 西軍 中台晶大 弦巻健人安田理大
2003 東軍 3-3(PK4-3) 西軍 小谷野顕治 伊藤大地、中野遼太郎
2004 東軍 1-3 西軍 原田開 岡田翔太、安田晃大
2005 東軍 6-0 西軍 齋藤学 山田直輝端戸仁
2006 東軍 2-1 西軍 小野悠斗 泉澤仁宇佐美貴史
2007 東軍 0-2 西軍 望月聖矢 小林祐希、原口拓人
2008 東軍 3-1 西軍 梶野勇太 柏瀬暁
2009 東軍 2-0 西軍 木下康介 宇佐見康介石毛秀樹
2010 東軍 2-3 西軍 石川大貴 川上盛司、北川航也
2011 東軍 1-4 西軍 井手口陽介 山崎拓海、望月大
2012 東軍 1-1(PK2-4) 西軍 市丸瑞希 山崎海秀、加藤大智
2013 東軍 3 - 1 西軍 佐多秀哉 関海斗、堂安律
2014 東軍 2 - 3 西軍 川村拓夢 金亮也、シマブク・カズヨシ
2015 東軍 2 - 3 西軍 奥野耕平 榊原彗悟、本間至恩
2016

関連項目[編集]

外部リンク[編集]