福森直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福森直也 Football pictogram.svg
名前
愛称 フック
ラテン文字 FUKUMORI Naoya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-08-29) 1992年8月29日(25歳)
出身地 大阪府
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション DF (LSB, CB)
背番号 6
利き足 左足
ユース
吹田千里FC
セレッソ大阪U-15
金光大阪高等学校
関西学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- 大分トリニータ 64 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

福森 直也(ふくもり なおや、 1992年8月29日 - )は、 大阪府出身のサッカー選手。登録ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

小学校1年生からサッカーを始め、ガンバ大阪ジュニアユースのセレクションを受けるが落選。その後、セレッソ大阪U-15から声が掛かり入団[1]。その後進学した金光大阪高校関西学院大学ではキャプテンを務めた。

2015年J2大分トリニータに加入[2]。開幕戦の讃岐戦でスタメン出場を果たしたが、64分で途中交代すると翌節からはスタメンから外れ、第8節・大宮戦にスタメン出場をした以外は出場機会無くシーズンを終えた。

2016年は大分のJ3リーグ降格に伴い同リーグでプレー。序盤はベンチを温める機会が多かったが、第9節・FC東京U-23戦でスタメン出場を果たすと、以降シーズン終了まで同期の鈴木義宜と共に、4バックシステムのセンターバックをメインポジションとして全試合にスタメン出場し大分のJ3優勝と1年でのJ2復帰に貢献した。同年12月に開催されたJリーグアウォーズにおいてJ3MYアウォーズのベストイレブンに選出された[3]

2017年はプレーカテゴリが再びJ2に戻り、システムも4バックから3バックへと変更されたが[4]、鈴木義宜と同年新加入の竹内彬と共に年間を通じてCBとしてスタメンを守り切り、公式戦計39試合に出場した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2015 大分 6 J2 2 0 - 1 0 3 0
2016 J3 24 1 - 1 0 25 1
2017 J2 38 0 - 1 0 39 0
通算 日本 J2 40 0 - 3 0 43 0
日本 J3 24 1 - 1 0 25 1
総通算 64 1 0 0 4 0 68 1

タイトル[編集]

クラブ[編集]

大分トリニータ

個人[編集]

  • J3リーグMYアウォーズ ベストイレブン:2016年[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 来季大分加入の関学DF福森直也「どのFWにも負けない選手になる」”. サッカーなう. akippa(株). 2015年3月14日閲覧。
  2. ^ 福森直也選手(関西学院大) 来季新加入内定のお知らせ”. 大分トリニータ公式サイト. (株)大分FC. 2015年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月14日閲覧。
  3. ^ a b MYアウォーズ 結果発表 - 2016年12月 日本プロサッカーリーグ
  4. ^ トリニータ シーズン総括 目標は早々と達成。シーズンを通して成長し、スタイルを築いた - 2017年11月23日、OITA SPORTS、2017年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]