二見宏志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
二見 宏志 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フタミ ヒロシ
ラテン文字 FUTAMI Hiroshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-03-20) 1992年3月20日(26歳)
出身地 奈良県奈良市
身長 179cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 清水エスパルス
ポジション DF
背番号 26
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2016 ベガルタ仙台 25 (1)
2016- 清水エスパルス 26 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

二見 宏志(ふたみ ひろし、1992年3月20日 - )は、奈良県奈良市(出生地は大阪府大阪市[1])出身のプロサッカー選手Jリーグ清水エスパルス所属。ポジションは、ディフェンダー

来歴[編集]

小学校1年でサッカーを始め、セントラルFC奈良では全日本少年サッカー大会でベスト8。中学校時代は高田FCジュニアユースでプレーし、3年時に日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会でベスト8。2007年奈良育英高校へ進学。1年時からレギュラーを獲得し、同年の全国高校サッカー選手権に出場した[2]

高校卒業後、2010年阪南大学へ進学。3年時、関西学生サッカーリーグ1部と総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントの2冠を達成した。また、2年時から全日本大学選抜に選出され、2013年7月に行われた第27回夏季ユニバーシアードではユニバーシアード日本代表として出場し、銅メダル獲得に貢献した。

独特のリズムによるオーバーラップ、左足から放たれる正確なクロスや、日本人離れしたフィジカルが評価され、ドイツ・ブンデスリーガハノーファー96が獲得に興味を示すなど、国内外を含め争奪戦が繰り広げられたが[3][4][5]、2013年7月にベガルタ仙台への入団が内定[6]。同年8月、特別指定選手として選手登録[7]。リーグ戦1試合に出場した。

正式加入した2014年、シーズン初戦からスタメンに抜擢。ベガルタ仙台の新人開幕スタメンは、2005年のMF富田晋伍以来9年ぶり(J1ではクラブ史上初)。ロングスローや攻撃参加などでチャンスを演出したが、守備面での弱さを露呈し、次第に出場機会が減少していった。4月19日のリーグ戦第8節鳥栖戦でプロA契約に必要な公式戦出場時間(450分)を達成し、A契約に変更[8]。16節名古屋で、ヘディングによるプロ初ゴールを挙げた[9]。10月に右ひざを負傷し、手術を行った[10]

2016年7月、清水エスパルスに完全移籍で加入した[11]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2011 阪南大 3 - - - 1 0 1 0
2013 仙台 34 J1 1 0 - - 1 0
2014 23 7 1 5 0 1 0 13 1
2015 13 0 4 0 2 1 19 1
2016 4 0 3 0 - 7 0
清水 26 J2 1 0 - 3 0 4 0
2017 J1 25 1 2 0 1 0 28 1
2018
通算 日本 J1 50 2 14 0 4 1 68 3
日本 J2 1 0 - 3 0 4 0
日本 - - 1 0 1 0
総通算 51 2 14 0 8 1 73 3
  • 2013年は特別指定選手

タイトル[編集]

クラブ[編集]

阪南大学

個人[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]