第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2012年9月1日-2013年1月1日
参加チーム数 88
優勝 柏レイソル
準優勝 ガンバ大阪
ACL2013出場 柏レイソル
試合総数 87
テンプレートを表示

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい92かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2012年9月1日から2013年1月1日に開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

柏レイソルが前身の日立製作所時代以来、37年ぶり3度目の優勝を果たした。

概要[編集]

出場チームは前回大会と同じで88チーム。昨季に比べ日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の加盟数が2クラブ増えたため、日本フットボールリーグ(JFL)のシードチームが2から1に減少し、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝チームに与えられていた「大学シード枠」がなくなった。

Jリーグ所属全クラブのシード(2回戦からの出場)、出場全チームによるノックアウトトーナメントという基本的枠組みはこれまでと同様だが、JFLシードチームは1回戦からの出場となったほか、組み合わせ方法の決定に2つの新機軸が盛り込まれた。一つは、1回戦の組み合わせについて「同一地域内での対戦」を前提に対戦カードを組んでいたものを、全国を大きく3つのエリア(北海道・東北・関東、北信越・東海・関西、中国・四国・九州)に分けて地域性を拡張し、対戦カードの幅を増やした点である[1]。もう一つは、レギュレーション発表の時点ですべての対戦カードが決定していたものを、3回戦終了後に再度抽選(オープンドロー)を行い、改めて対戦カードを決定する方式となった点である[1]。このため、4回戦(ベスト16)以降のカードは、大会前の概要発表時点では各ラウンドの日程のみが決定され、それ以外についてはすべて未定とされた。

なお、前年は東日本大震災の影響で本大会出場チームの決定に一部特殊なレギュレーションが導入されたが、今回は従前通りの方式となった。

今大会は、JFA公認マスコットの「はにー&どぐー[注 1]が“応援マスコット(見習い)”として起用され、会場などで配布されるクリアファイルのデザインなどに採用されることが明らかになっている[2]

優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグ2013への出場権が与えられた。

日程[編集]

日程については前回大会と前々回大会の日程の折衷案のような形となり、1回戦と2回戦の間が中1週間(前回は中1ヶ月、前々回は中1日)となり、2回戦と3回戦の日程は前々回とほぼ同じになった。一方で4回戦以降の日程は前回とほぼ同じ(4回戦以降の4試合を2週間で戦う)となり、3回戦と4回戦の間が中2ヶ月開くことになった。

試合 開催日 備考
1回戦 9月1日、2日 都道府県代表チーム、JFL上位チームの参加
2回戦 9月8日、9日 J1、J2チームの参加
3回戦 10月10日
4回戦 12月15日[* 1]
準々決勝 12月23日
準決勝 12月29日
決勝 1月1日
  1. ^ FIFAクラブワールドカップ2012に出場するチームの試合について、12月19日に振り替え開催する予定だったが、同大会には当大会2回戦で敗退したサンフレッチェ広島の出場が決まったため、振り替えは行われず全試合予定通りに開催された。

なお、4回戦以降の組み合わせ抽選については2012年11月8日日本サッカー協会ビル(JFAハウス)にてオープンドロー(公開抽選)により実施された[3](詳細後述)。

出場チーム[編集]

Jリーグ加盟クラブが2チーム増加したことから、シード枠の配分が一部変更になっている。

なお、以下の「出場回数」についてはJFAの公式記録に基づくが、基本的には「前身となるチーム(クラブ化前の実業団チーム、など)からの通算回数」としている。ただし、一部に例外もある。

J1リーグ[編集]

2012年のJリーグ ディビジョン1参加の全18チーム。

チーム 出場回数
コンサドーレ札幌 32回目
ベガルタ仙台 19回目
鹿島アントラーズ 29回目
浦和レッズ 48回目
大宮アルディージャ 18回目
柏レイソル 45回目
FC東京 19回目
川崎フロンターレ 29回目
横浜F・マリノス 35回目[備考 1]
チーム 出場回数
アルビレックス新潟 21回目
清水エスパルス 21回目
ジュビロ磐田 36回目
名古屋グランパス 36回目
ガンバ大阪 32回目
セレッソ大阪 44回目
ヴィッセル神戸 26回目
サンフレッチェ広島 61回目
サガン鳥栖 21回目[備考 2]

J2リーグ[編集]

2012年のJリーグ ディビジョン2参加の全22チーム(前回大会から2チーム増)。

チーム 出場回数
モンテディオ山形 21回目
水戸ホーリーホック 17回目
栃木SC 15回目
ザスパ草津 10回目
ジェフユナイテッド千葉 48回目
東京ヴェルディ 38回目
FC町田ゼルビア 3回目
横浜FC 14回目
湘南ベルマーレ 41回目
ヴァンフォーレ甲府 21回目
松本山雅FC 7回目
チーム 出場回数
カターレ富山 5回目[備考 3]
FC岐阜 7回目
京都サンガF.C. 30回目
ガイナーレ鳥取 15回目
ファジアーノ岡山 5回目
徳島ヴォルティス 24回目
愛媛FC 14回目
アビスパ福岡 21回目
ギラヴァンツ北九州 5回目[備考 4]
ロアッソ熊本 13回目
大分トリニータ 17回目

JFL[編集]

第14回日本フットボールリーグの第17節終了時点での上位1チーム(前回大会から1チーム減)。

チーム 出場回数
V・ファーレン長崎[4] 4年連続6回目

都道府県代表[編集]

都道府県 チーム 出場回数
北海道 札幌大学 2年ぶり22回目
青森県 ヴァンラーレ八戸 2年ぶり2回目
岩手県 グルージャ盛岡 5年連続6回目
宮城県 ソニー仙台FC 7年連続15回目
秋田県 ブラウブリッツ秋田 11年連続19回目
山形県 日本大学山形高校 14年ぶり2回目
福島県 福島ユナイテッドFC 5年連続5回目
茨城県 筑波大学 2年連続26回目
栃木県 ヴェルフェたかはら那須 3年ぶり2回目
群馬県 tonan前橋 5年ぶり2回目
埼玉県 平成国際大学 2年連続2回目
千葉県 柏レイソルU-18 2年連続3回目
東京都 横河武蔵野FC 3年ぶり3回目
神奈川県 Y.S.C.C. 3年連続5回目
山梨県 山梨学院大学オリオンズ 初出場
長野県 AC長野パルセイロ 8年ぶり2回目
新潟県 新潟経営大学 4年ぶり2回目
富山県 富山新庄クラブ 3年連続3回目
石川県 ツエーゲン金沢 6年連続9回目
福井県 サウルコス福井 2年ぶり4回目
静岡県 浜松大学 7年ぶり3回目
愛知県 FC刈谷 3年ぶり14回目
三重県 FC鈴鹿ランポーレ 2年連続2回目
岐阜県 FC岐阜SECOND 5年連続5回目
都道府県 チーム 出場回数
滋賀県 SAGAWA SHIGA FC 6年連続6回目[備考 5]
京都府 アミティエSC 初出場[備考 6]
大阪府 関西大学 3年ぶり14回目
兵庫県 関西学院大学 2年ぶり22回目
奈良県 奈良クラブ 4年連続4回目
和歌山県 アルテリーヴォ和歌山 4年連続4回目
鳥取県 米子北高校 3年連続3回目
島根県 松江シティFC 初出場
岡山県 ファジアーノ岡山ネクスト 2年連続2回目
広島県 福山大学 3年ぶり5回目
山口県 徳山大学 6年ぶり6回目
香川県 カマタマーレ讃岐 8年連続14回目
徳島県 パナソニックエナジー徳島 2年連続5回目
愛媛県 FC今治 4年連続4回目
高知県 高知大学 10年連続17回目
福岡県 福岡大学 2年連続27回目
佐賀県 佐賀大学 2年ぶり5回目
長崎県 長崎総合科学大学附属高校[注 2] 初出場
熊本県 大津高校 4年ぶり3回目
大分県 HOYO大分 3年連続3回目
宮崎県 宮崎産業経営大学 2年連続3回目
鹿児島県 ヴォルカ鹿児島 4年ぶり6回目
沖縄県 FC琉球[注 3] 3年連続6回目
出場回数に関する備考
  1. ^ 前身時代(日産自動車サッカー部および横浜マリノスの出場回数を含む。なお、横浜フリューゲルス(1999年に統合)の出場回数(13回)は含まない。
  2. ^ 鳥栖フューチャーズ(5回)の出場回数を含む(なお、鳥栖と鳥栖Fには組織としての連続性はない。当該項参照)。
  3. ^ 前身チーム(アローズ北陸(10回出場)とYKK APサッカー部(11回出場))の出場回数は含まない。
  4. ^ 前身の三菱化成黒崎サッカー部の出場回数(4回)を含まない。
  5. ^ 前身である佐川急便東京SC(4回出場)と佐川急便大阪SC(1回出場)の出場回数はいずれも含まない。
  6. ^ 前身の教育研究社およびFC KYOKEN京都の出場回数(3回)を含まない。

試合結果[編集]

1回戦[編集]


























2回戦[編集]

































3回戦[編集]

















4回戦[編集]

4回戦以降の組み合わせの決定方法は以下の通り[9]

  1. 4回戦進出の16チームを、4回戦の試合会場をホームスタジアムとして紐付けする8クラブ(Aグループ)とそれ以外の8クラブ(Bグループ)に分ける。この措置はこれまでの天皇杯において、試合会場がどちらのクラブとも関係ないスタジアムになることがクラブやファンにとって負担になっていたことに配慮したものである。
  2. Aグループのうち3回戦のマッチナンバーの若い順にトーナメントポジションの書かれたポットを選んで抽選する。
  3. 続いてBグループのうち3回戦のマッチナンバーの若い順にトーナメントポジションの書かれたポットを選んで抽選し、対戦カードと試合会場を決める。
  4. 準々決勝以降の会場については、トーナメント表決定後に候補地から近い会場をあてはめていく。

この抽選会はNHK BS1により生放送され、ドロワーとしてNHKサッカー解説者の木村和司長谷川健太名良橋晃福西崇史の4名が参加した。立会人は日本サッカー協会会長の大仁邦彌、天皇杯実行委員会委員長の佐々木一樹、スルガ銀行代表取締役社長兼CEO(静岡県サッカー協会会長)の岡野光喜[10]。会場には、2回戦でFC東京を下して4回戦に進出した横河武蔵野FC依田博樹監督と金守貴紀岩田啓佑両選手が訪れていた[11]










準々決勝[編集]





準決勝[編集]




決勝[編集]

決勝の組み合わせは、4年前の第88回大会と同じ顔合わせになった。どちらも、2012年シーズンに続くAFCチャンピオンズリーグ連続出場(G大阪は優勝した2008年大会以来6年連続[12]、柏は2年連続[13])がかかっており、これを意識した応援フラッグが多く掲げられていた。両チームの対戦は2012年シーズンでは5回目で、戦績は柏の3勝1分と柏が優勢であった。

序盤はG大阪が高い位置の守備から短いパスをつないで再三柏ゴールを脅かす[12] など圧倒的に優勢を保つが、なかなかフィニッシュが決まらない。この戦況を見た柏監督ネルシーニョが早くも動く。前半32分、FW澤昌克を1トップからトップ下に下げ、トップ下のMF水野晃樹に替えてFW田中順也を投入[13]。これが功を奏したのか、35分にMFレアンドロ・ドミンゲスのパスと澤のミドルシュートから得た柏の最初のコーナーキックで、MFジョルジ・ワグネルのキックを負傷欠場の近藤直也に替わって先発出場したDF渡部博文が頭であわせて柏が先制する[13]。しかし前半を通じてはG大阪MF遠藤保仁が「セットプレーでやられた場面以外は、ほぼパーフェクトだった」と語るとおり[12]、前半はG大阪が優位に試合を進めていた。

後半も立ち上がりこそG大阪が優勢だったが、ハーフタイムに守備の修正を行った柏にパスを封じられる場面が目立つようになり、途中投入されたMF家長昭博、MF佐々木勇人も状況の打開をさせるには至らず[12]、そのままタイムアップ。柏が4年前の雪辱を果たした。

試合会場等に関する備考
  1. ^ 当初発表の栃木県グリーンスタジアムから会場変更[7]
  2. ^ 当初発表のレベルファイブスタジアムから会場変更[7]。これに伴い、ホームとアウェーも入れ替え。
  3. ^ 当初発表の13:00キックオフから変更[7]
  4. ^ 当初発表のニッパツ三ツ沢球技場から会場変更[7]
  5. ^ 当初発表の広島ビッグアーチから会場変更[8]
  6. ^ 浦和は、通常はリーグ戦などで熊谷で試合をする機会はないが、同じ埼玉県をホームタウンとすることから熊谷に紐付けられたものである[9]

トーナメント表[編集]

4回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                           
2012年12月15日            
 ガンバ大阪 3
2012年12月23日
 FC町田ゼルビア 2  
 ガンバ大阪 2 (aet)
2012年12月15日
   セレッソ大阪 1  
 セレッソ大阪 4
2012年12月29日
 清水エスパルス 0  
 ガンバ大阪 1
2012年12月15日
   鹿島アントラーズ 0  
 ジェフユナイテッド千葉 5
2012年12月23日
 福島ユナイテッドFC 0  
 ジェフユナイテッド千葉 0
2012年12月15日
   鹿島アントラーズ 1  
 鹿島アントラーズ 3
2013年1月1日
 ジュビロ磐田 1  
 ガンバ大阪 0
2012年12月15日
   柏レイソル 1
 浦和レッズ 0
2012年12月23日
 横浜F・マリノス 2  
 横浜F・マリノス 0 (PK7)
2012年12月15日
   名古屋グランパス 0 (PK6)  
 名古屋グランパス 5
2012年12月29日
 ロアッソ熊本 2  
 横浜F・マリノス 0
2012年12月15日
   柏レイソル 1  
 大宮アルディージャ 4
2012年12月23日
 川崎フロンターレ 3  
 大宮アルディージャ 2
2012年12月15日
   柏レイソル 3  
 柏レイソル 1
 横河武蔵野FC 0  

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1990年代後半に『炎の日本代表サポーター』として活動していたが、1999年春を最後に活動を休止していた。2012年5月の金環日食で目覚めた、という設定となっている[2]
  2. ^ 長崎県代表予選を兼ねた「第23回長崎県サッカー選手権大会」は8月26日の決勝でV・ファーレン長崎が長崎総合科学大学附属高校を破って優勝したが、V・ファーレン長崎は事前にJFL枠での出場が決まっていたため、7月1日の準決勝終了時点で決勝の結果に関わらず長崎総合科学大学附属高校が長崎県代表として出場することが決定していた[5]
  3. ^ 沖縄県代表予選を兼ねた「第17回タイムス杯争奪沖縄県サッカー選手権大会」の決勝は当初8月26日に開催予定だったが、台風15号の接近のため、2日後に延期された[6]

出典[編集]

  1. ^ a b 【第92回天皇杯】大会概要記者発表会での登壇者コメント(1) - J's GOALニュース 2012年5月21日
  2. ^ a b “第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 応援マスコット(見習い)に“はにー&どぐー”が復活!” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2012年7月24日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/61.html 2012年8月18日閲覧。 
  3. ^ a b “第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) 11/8抽選会開催および試合会場決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2012年10月12日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/95.html 2012年10月13日閲覧。 
  4. ^ “第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 JFLシードチームにV・ファーレン長崎が決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2012年6月25日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/53.html 2012年6月25日閲覧。 
  5. ^ 長崎県サッカー選手権大会組合せ”. 長崎県サッカー協会. 2012年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月5日閲覧。
  6. ^ 第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 都道府県代表決定戦 38道府県で代表決まる - 日本サッカー協会2012年8月27日
  7. ^ a b c d “第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 試合会場およびキックオフ時間変更についてのお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2012年6月19日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/53.html 2012年7月20日閲覧。 
  8. ^ “第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦(マッチナンバー【67】)試合会場変更について” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2012年9月21日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/88.html 2012年9月21日閲覧。 
  9. ^ a b c 【第92回天皇杯】11月8日に4回戦の抽選会開催!佐々木一樹委員長 特別インタビュー - J's GOALニュース 2012年11月5日
  10. ^ “第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16抽選会 ドロワー決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2012年11月6日), http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/109.html 2012年11月8日閲覧。 
  11. ^ 【第92回天皇杯】 - J's GOALフォトニュース 2012年11月8日
  12. ^ a b c d 【第92回天皇杯 決勝 G大阪 vs 柏】G大阪側レポート:天皇杯奪還、6年連続ACL出場の夢は国立に散る。 - J's GOALニュース 2013年1月1日
  13. ^ a b c 【第92回天皇杯 決勝 G大阪 vs 柏】柏側レポート:勝利への執念とACLへの強いモチベーションを抱く柏が、37大会ぶり天皇杯優勝を成し遂げる。 - J's GOALニュース 2013年1月1日

外部リンク[編集]