佐々木勇人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木 勇人 Football pictogram.svg
名前
愛称 ハヤト
カタカナ ササキ ハヤト
ラテン文字 SASAKI Hayato
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-11-29) 1982年11月29日(34歳)
出身地 宮城県塩竈市
身長 167cm[1]
体重 58kg[1]
選手情報
ポジション MF (SH、CMF)
利き足 右足
ユース
1998-2000 塩釜FCユース
2001-2004 大阪学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 モンテディオ山形 119 (10)
2008-2012 ガンバ大阪 111 (8)
2013-2014 ベガルタ仙台 32 (0)
2015 京都サンガF.C. 20 (1)
2016 栃木SC 19 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

佐々木 勇人(ささき はやと、1982年11月29日 - )は、宮城県塩竈市出身のプロサッカー選手ポジションミッドフィールダー

来歴[編集]

塩竈市塩釜FCでジュニアユースの監督をしていた父親に育てられ、ジュニアからユースまで同クラブで育つ[2]。ジュニア時代だった1993年には、カカを擁するサンパウロFC下部組織と試合をした経験を持つ[3]。ユース時代に宮城県選抜に選ばれており、この県選抜時代にはのちにチームメイトとなる今野泰幸と共にプレーしている[4]

2001年大阪学院大学へと進学する。同校の1年後輩に石櫃洋祐がおり、現在でも仲が良い。サッカーを始めた頃からプロ入りまでは、ずっとトップ下(いわゆる司令塔)のポジションを務めた[5]。プロ入り前に故郷のベガルタ仙台に練習生として参加したが、契約には到らず。その後、同じ東北のライバルクラブであるモンテディオ山形へと入団した[6]。本人はこの時の挫折をバネにしたことで、後に山形で活躍することができたと語っている。

2005年J2の山形に入団。1シーズン目からレギュラーとして活躍。開幕戦から先発出場を果たし、初得点を挙げた。第7節には約60メートルのロングシュートを決めた[7]鈴木淳樋口靖洋両監督に右サイドハーフとして起用され、3シーズンでJ2リーグ戦119試合に出場し、山形の攻撃陣の一角を担った。2007年11月7日の天皇杯4回戦でガンバ大阪と対戦。チームはPK戦で敗れたが、G大阪監督の西野朗にその活躍ぶりを見初められ、翌年のG大阪への移籍に繋がった[6]

2008年、山形からJ1のG大阪へ完全移籍。開幕戦はチーム事情から右サイドバックとして先発出場したものの、その後はしばらく出番に恵まれない時期が続いた。7月16日のFC東京戦では、後半開始から投入されたが機会を生かせず、後半35分に途中交代させられた。この日は悔しくて眠れなかったと語っている[5]。結果的にはこの試合が転機となって、それ以降は自らの持ち味であるスピード感溢れるドリブルを前面に押し出すようになり、それが奏功して出場機会を増やしていった[5][8][9][6]。初めてJ1の舞台で戦ったこの年はリーグ戦19試合に出場した。ACL2008準決勝浦和レッズ戦の2ndレグでは、1点ビハインドの後半に投入され、逆転勝ちに貢献した[9][6]アデレード・ユナイテッドとの決勝では、両レグに先発出場した。FIFAクラブワールドカップ準々決勝のアデレード・ユナイテッド戦にも先発出場したが、全治3週間の怪我を負い、19分間でピッチを退いた。

2009年は、第2節から主にスーパーサブとして活躍。第8節からは大胆なフォーメーション変更で控えとなった安田理大の代わりに中盤のスターティングメンバーで起用される機会が増え、結局リーグ戦30試合に出場して存在感を示した。翌2010年以降も、主にスーパーサブとしてチームに貢献した。

2013年、ベガルタ仙台へ完全移籍。2014年シーズン終了をもって契約満了により仙台を退団[10]

2015年に京都サンガF.C.へ移籍[11]したが、シーズンオフの11月に契約満了で退団した[12]。2016年より栃木SCに完全移籍により加入したが[1]、同年オフに契約満了で退団[13]

プレースタイル[編集]

50メートルを5秒9で走るスピードを持ち、主として右サイドでプレーする攻撃的ミッドフィールダー[3]

所属クラブ[編集]

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 山形 26 J2 41 4 - 1 0 42 4
2006 6 43 4 - 2 0 45 4
2007 35 2 - 2 0 37 2
2008 G大阪 16 J1 19 1 1 0 2 2 22 3
2009 30 3 2 0 5 1 37 4
2010 8 26 3 2 0 5 2 33 5
2011 21 1 2 1 1 1 24 3
2012 15 0 2 0 5 0 22 0
2013 仙台 14 22 0 1 0 4 1 27 1
2014 10 0 4 0 1 0 15 0
2015 京都 32 J2 20 1 - 2 1 22 2
2016 栃木 41 J3 19 0 - - 19 0
通算 日本 J1 143 8 14 1 23 7 180 16
日本 J2 139 11 - 7 1 146 12
日本 J3 19 0 - - 19 0
総通算 301 19 14 1 30 8 345 28

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2008 G大阪 16 6 0 1 0
2009 5 2 -
2010 8 6 0 -
2011 6 0 -
2012 4 0 -
2013 仙台 14 4 0 -
通算 AFC 31 2 1 0

その他の国際公式戦

記録[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “佐々木勇人選手 栃木SCへ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2016年1月12日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/31948/ 2016年1月12日閲覧。 
  2. ^ PLAYER'S HISTORY 2008 FILE 003 佐々木勇人選手 - ウェイバックマシン(2009年2月8日アーカイブ分) - Jリーグ選手協会(2008年3月1日)
  3. ^ a b 週刊サッカーマガジン 2010 J1&J2選手名鑑. 日本スポーツ企画出版社. (2010). pp. 31. ISBN 4910239980300. 
  4. ^ 宮城県出身・今野&佐々木 G大阪の東北コンビ対談”. スポーツ報知 大阪版 (2012年2月18日). 2012年5月28日閲覧。
  5. ^ a b c 『GAMBA OSAKA 2009 OFFICIAL YEAR BOOK』 ガンバ大阪、2009年、22頁。
  6. ^ a b c d ACL制覇の切り札、佐々木…5日、決勝第1戦”. YOMIURI ONLINE(ウェブ魚拓) (2008年11月4日). 2012年5月28日閲覧。
  7. ^ モンテディオ山形・2006戦力分析レポート”. J's GOAL. 2009年3月25日閲覧。
  8. ^ 『2008 Jリーグ総集編』 日本スポーツ企画出版社、2008年、66頁。
  9. ^ a b 『2009 J1&J2選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2009年、68頁。
  10. ^ 契約満了選手のお知らせ”. ベガルタ仙台 (2014年12月2日). 2015年1月17日閲覧。
  11. ^ 佐々木 勇人選手 完全移籍加入のお知らせ”. 京都サンガF.C. (2015年1月17日). 2015年1月17日閲覧。
  12. ^ “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2015年11月27日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/31616 2015年11月27日閲覧。 
  13. ^ “J2復帰逃した栃木 ベテラン斉藤、佐々木ら6選手が契約満了”. スポニチアネックス. (2016年12月7日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/07/kiji/K20161207013863610.html 2016年12月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]