半保護されたページ

中島依美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中島 依美 Football pictogram.svg
名前
愛称 えみ[1]
カタカナ ナカジマ エミ
ラテン文字 NAKAJIMA Emi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-27) 1990年9月27日(30歳)
出身地 日本の旗 日本滋賀県野洲市
身長 158cm[1]
体重 50kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 INAC神戸レオネッサ
ポジション MF
背番号 7
利き足 右足[1]
ユース
日本の旗 野洲ジュニアフットボールクラブ
2003-2005 日本の旗 ラガッツァFC高槻
2005-2008 日本の旗 FCヴィトーリア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009- 日本の旗 INAC神戸レオネッサ 201 (34)
代表歴2
2011- 日本の旗 日本 88 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年11月21日現在。
2. 2021年7月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中島 依美(なかじま えみ、1990年9月27日 - )は、滋賀県野洲市出身の女子サッカー選手。INAC神戸レオネッサ所属。サッカー日本女子代表滋賀県立野洲高等学校出身。ポジションはミッドフィールダー

経歴

小学4年生の時にサッカーを始め、野洲ジュニアフットボールクラブに入団[2]。中学生時代はスペランツァF.C.高槻の下部組織であるラガッツァFC高槻スペランツァでプレーしていた。チームメートには阪口夢穂上辻佑実がいた。[3]

2004年、中学2年生の時にU-15大阪府選抜チームに選出されて全日本女子ユース (U-15)サッカー選手権大会に出場しベスト4を経験した。同年U-18大阪府選抜チームにも選出されて全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会に出場[4]、大会準優勝を経験した。

2005年、ラガッツァ高槻の選手・スタッフがスペランツァ高槻傘下を離れてFCヴィトーリアを立ち上げる際に参加。

2006年滋賀県立野洲高等学校に進学。中島が受験した直前には、乾貴士らを擁した男子サッカー部が第84回全国高等学校サッカー選手権大会で全国制覇を成し遂げており、「受験者が増えるなあ」と心配したというが、無事合格した[5]。高校卒業までFCヴィトーリアでプレーし、その間国民体育大会滋賀県選抜チームに選出されて近畿地区ブロック大会にも出場した。

2009年、高校卒業後INAC神戸レオネッサに入団。加入初年度は11試合に出場して1得点を挙げ、加入2年目は3トップの一角でレギュラーとしてプレーするようになった。

2010年FIFA U-20女子ワールドカップに出場。4-4-2システムを採用する同代表では右MFとしてグループリーグ3試合にフル出場し、右足でのプレースキッカーを務めた。3戦目のイングランド戦では先制点を挙げ、右サイドからのフリーキックによって2得点目をアシストした[6][7]

2011年5月、W杯を直前に控えた日本女子代表のアメリカ遠征で、なでしこジャパンに初選出された[8]。その後、W杯本大会には選出されなかったものの、同年8月に行われた、なでしこジャパンvsなでしこリーグ選抜では、リーグ選抜に選出されスタメン出場した[9]

2013年7月、東アジアカップ2013の初戦中国戦で後半12分にゴールを決め、代表初得点を記録した[10][11][12]

同年11月、プレナスなでしこリーグのベストイレブンに初めて選出された[13]

2015年7月、中国武漢で行われた東アジア杯のメンバーに、合宿中に怪我をした小原由梨愛に代わり急遽追加招集された[14][15]。第2戦の韓国戦では先制点となるミドルシュートを決めた[16]

2016年リオデジャネイロオリンピックのサッカー女子アジア最終予選の日本代表メンバーに選出され、ベトナム戦では先制点をアシストしたが、チームは予選3位となり五輪出場権を逃した[17][18]

2017年シーズン、チームは2年連続での2位に終わったが、リーグの個人表彰では敢闘賞と2013年以来2度目となるベストイレブンに選出された[19][20]

2020年2月11日しがスポーツ大使に就任した[21]

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2009 INAC神戸レオネッサ 15 なでしこ Div.1 11 1 - 3 1 14 2
2010 13 なでしこ 18 2 3 0 4 2 25 4
2011 19 13 1 - 1 0 14 1
2012 14 4 5 1 4 0 23 5
2013 7 18 1 10 0 4 2 32 3
2014 23 0 - 2 1 25 1
2015 なでしこ1部 19 3 - 4 1 23 4
2016 18 5 6 0 5 0 29 5
2017 18 8 5 3 2 1 25 12
2018 16 5 5 1 5 1 26 7
2019 18 2 2 1 4 1 24 4
2020 15 2 - 3 1 18 3
2021-22 WE
通算 日本 1部 201 34 36 6 41 11 278 51
総通算 201 34 36 6 41 11 278 51

タイトル

代表

クラブ

個人

  • なでしこリーグベストイレブン :4回(2013年、2017年、2018年、2019年)
  • なでしこリーグ敢闘賞 : 1回(2017年)

代表歴

主な選出歴

試合数


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2011 2 0
2013 7 1
2014 12 4
2015 3 1
2016 7 1
2017 15 2
2018 19 4
2019 13 1
2020 3 0
2021 7 0
通算 88 14

(2021年7月24日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2013年7月20日 大韓民国の旗 ソウル 中華人民共和国の旗 中国 ○ 2-0 東アジアカップ2013
2. 2014年5月18日 ベトナムの旗 ビンズオン ヨルダンの旗 ヨルダン ○ 7-0 2014 AFC女子アジアカップ
3.
4. 2014年9月13日 日本の旗 天童 ガーナの旗 ガーナ ○ 5-0 親善試合
5. 2014年9月26日 大韓民国の旗 華城 香港の旗 香港 ○ 9-0 第17回アジア競技大会
6. 2015年8月4日 中華人民共和国の旗 武漢 大韓民国の旗 韓国 ● 1-2 東アジアカップ2015
7. 2016年3月7日 日本の旗 大阪 ベトナムの旗 ベトナム ○ 6-1 リオ五輪サッカーアジア最終予選
8. 2017年10月22日 日本の旗 長野 スイスの旗 スイス ○ 2-0 親善試合
9. 2017年12月8日 日本の旗 千葉 大韓民国の旗 韓国 ○ 3-2 EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017
10. 2018年2月28日 ポルトガルの旗 パルシャル オランダの旗 オランダ ● 2-6 アルガルヴェ・カップ2018
11. 2018年4月1日 日本の旗 諫早 ガーナの旗 ガーナ ○ 7-1 親善試合
12. 2018年4月7日 ヨルダンの旗 アンマン ベトナムの旗 ベトナム ○ 4-0 2018_AFC女子アジアカップ
13. 2018年8月21日 インドネシアの旗 パレンバン ○ 7-0 第18回アジア競技大会
14. 2019年2月27日 アメリカ合衆国の旗 チェスター アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 △ 2-2 2019 SheBelieves Cup

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 登録選手 : 【中島 依美】 | INAC神戸 レオネッサ” (日本語). inac-kobe.com. 2021年5月24日閲覧。
  2. ^ 野洲市から世界へ羽ばたく INAC神戸レオネッサ 中島依美”. 2021年5月24日閲覧。 (PDF)
  3. ^ 焦らずに一つひとつ。 世界に通用する選手へ向けて INAC神戸レオネッサ 中島依美選手one web、2016年4月23日閲覧。
  4. ^ 『第8回全日本女子ユース (U-18) サッカー選手権大会 公式プログラム』 pp.26-27
  5. ^ 18歳 あの頃の私 中島依美さん 女子サッカー選手、INAC神戸所属 /滋賀毎日新聞、2016年3月25日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ Match Report Japan - England FIFA公式サイト、2010.7.21付リリース[リンク切れ]
  7. ^ FIFA U-20女子ワールドカップドイツ2010 グループステージ第3戦(vsイングランド)マッチレポート JFA公式サイト 2010.7.22付ニュースリリース
  8. ^ なでしこジャパン〔日本女子代表〕 アメリカ遠征(5/9~20)メンバーJFA公式サイト、2016年4月15日閲覧。
  9. ^ なでしこジャパンvsなでしこリーグ選抜 試合記録ゲキサカ、2016年4月15日閲覧。
  10. ^ 中島代表1号!うれしい誤算/東アジア杯ニッカンスポーツ.2013.7.21、2016年5月4日閲覧。
  11. ^ 代表初ゴールのなでしこ中島依美「正直、嬉しいです」SOCCER KING.2013.7.20、2016年5月4日閲覧。
  12. ^ EAFF女子東アジアカップ2013 決勝大会 第1節JFA公式サイト.2013.7.20、2016年5月4日閲覧。
  13. ^ プレナスなでしこリーグ2013/プレナスチャレンジリーグ2013表彰式 受賞結果なでしこリーグ公式サイト.2013.11.11、2016年4月24日閲覧。
  14. ^ 【なでしこ】急きょ追加招集の中島、「万能」武器に貪欲に狙うスポーツ報知.2015.7.30、2016年4月24日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ EAFF女子東アジアカップ2015に中島依美選手が追加召集されました!INAC神戸レオネッサ公式サイト、2016年4月24日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 先制弾も勝利につながらず…DF中島依美「勝って終われなくて残念」SOCCER KING.2015.8.4、2016年4月24日閲覧。
  17. ^ なでしこ、宮間や大儀見ら20人選出 五輪最終予選 日本経済新聞、2016年3月3日閲覧。
  18. ^ なでしこ、ベトナムに快勝も五輪出場ならず アジア最終予選日本経済新聞、2016年3月8日閲覧。
  19. ^ 2017プレナスなでしこリーグ敢闘賞に中島依美、ベストイレブンに鮫島彩、中島依美、新人賞に福田ゆい選出されました!INAC神戸レオネッサ公式サイト.2017.10.10付、2017年11月27日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ 2017年度プレナスなでしこリーグ/プレナスチャレンジリーグ表彰式 最優秀選手は3年連続3回目の受賞、阪口夢穂選手に決定!なでしこリーグ公式サイト.2017.10.9付、2017年11月27日閲覧。
  21. ^ 中島依美 選手が「しがスポーツ大使」委嘱状交付式を行いました。INAC神戸レオネッサ公式サイト.2020.02.11付、2020年2月12日閲覧。

外部リンク