西河翔吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西河 翔吾 Football pictogram.svg
名前
愛称 ショーゴ
カタカナ ニシカワ ショウゴ
ラテン文字 NISHIKAWA Shogo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-07-01) 1983年7月1日(35歳)
出身地 広島県広島市中区
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 栃木SC
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2009 サンフレッチェ広島 20 (0)
2006-2008 徳島ヴォルティス (loan) 85 (3)
2009 モンテディオ山形 (loan) 14 (1)
2010-2015 モンテディオ山形 129 (8)
2016- 横浜FC 77 (3)
2018- 栃木SC (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

西河 翔吾(にしかわ しょうご、1983年7月1日 - )は、広島県広島市中区出身のサッカー選手ディフェンダー)。Jリーグ栃木SC所属。広島修道大学出身者として唯一のJリーグ選手。

来歴[編集]

中学時代は広島大河フットボールクラブに所属。この頃からDFとしてプレーし始めた。広島市立沼田高校から広島修道大学商学部経営学科へ進学し、サッカー部に所属[1]。在籍中、サンフレッチェ広島のホームである広島ビッグアーチボールボーイをしていたこともある[2]

転機となったのは2003年、天皇杯広島県予選にあたる全広島サッカー選手権大会で、当時高校世代最強と言われた[誰によって?]サンフレッチェ広島ユースと対戦した際に、足立修スカウトの目に留まりサンフレッチェ広島の練習に参加。監督の小野剛にも認められ、翌2004年2月に特別指定選手となり、公式戦6試合に出場[1]

また、2004年12月には修道大学の主力として全日本大学サッカー選手権大会に出場し、予選リーグ初戦で筑波大学と対戦、当時筑波に所属していた平山相太を抑え、勝利に貢献した[3]。ただ、同大会決勝トーナメント初戦も同じカードで敗戦している。

その後シーズン終了後に現役大学生のままプロ契約を交わしJリーガーとなった[4]。同期入団は前田俊介佐藤昭大高柳一誠森脇良太桑田慎一朗中尾真那入船和真。2005年終盤にはレギュラーとして活躍。2006年3月には広島修道大学を卒業したが、チームの不振や監督交代もあり、出場機会が激減した。

2006年9月に出場機会を求め、即戦力DFを求めていた徳島ヴォルティスへレンタル移籍。レギュラーを獲得し、一時はゲームキャプテンも務め、レンタル元の広島からゴールを奪うなど活躍した。2009年、広島へ復帰した[5]

しかし、ディフェンダーにパスワークへの参加、足元の技術を求めるミハイロ・ペトロヴィッチ監督のスタイルに対応することが出来ず、半年後の2009年6月には、主力に怪我人が続出していたモンテディオ山形へ再びレンタル移籍した。加入後すぐに主力に定着し、移籍初戦で1ゴール1アシストしチームの勝利に貢献[6]。その後も活躍を続け、守備の要として山形のJ1残留に貢献し、山形への完全移籍を果たした。

2016年に横浜FCに完全移籍[7]

2018年、栃木SCへ期限付き移籍[8]

エピソード[編集]

  • 2010年6月、NDソフトスタジアム山形で行われたファン感謝デーにおける「男前ダービー」で初代王者に輝いた(来場者の投票によるもの)。西河本人は投票者に謝意を示しながらも、優勝者の衣装に「恥ずかしいです…。」とコメントしている[9]
  • 2011年11月24日、山形市十日町で人身事故を起こし、モンテディオを運営する県スポーツ振興21世紀協会によって11月26日に予定されている次戦(名古屋戦)の出場禁止を命じられ、自動車安全運転講習(期日未定)までの運転禁止を課された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 広島 34 J1 5 0 1 0 0 0 6 0
2005 22 13 0 0 0 2 0 15 0
2006 2 0 3 0 - 5 0
徳島 33 J2 8 0 - 1 0 9 0
2007 6 42 1 - 1 0 43 1
2008 35 2 - 1 0 36 2
2009 広島 3 J1 0 0 0 0 - 0 0
山形 34 14 1 - 2 0 16 1
2010 4 18 1 3 0 4 1 25 2
2011 11 0 1 0 0 0 12 0
2012 J2 37 1 - 2 1 39 2
2013 22 4 - 3 0 25 4
2014 14 0 - 0 0 14 0
2015 J1 27 2 5 0 2 0 34 2
2016 横浜FC 5 J2 42 1 - 1 0 43 1
2017 35 2 - 1 0 36 2
2018 栃木 3 -
通算 日本 J1 90 4 13 0 10 1 113 5
日本 J2 235 11 - 10 1 245 12
総通算 325 15 13 0 20 2 358 17

出場歴[編集]

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 広島経修道大学同窓会. “インタビュー”. 2009年9月4日閲覧。
  2. ^ 修道大学とビッグアーチはすぐ近くにあるため、サッカー部に所属している選手がボールボーイを担当している。
  3. ^ 中国新聞 (2005年1月20日). “飛翔へ サンフレの新人たち”. 2009年9月4日閲覧。
  4. ^ 広島経修道大学同窓会. “西河とプロ契約 サンフレ”. 2009年9月4日閲覧。
  5. ^ サンフレッチェ・ラジオ・サポーターズクラブ “GOA〜L” (2009年1月13日). “西河翔吾選手をゲストにお迎えしました”. 2009年9月4日閲覧。
  6. ^ J's GOAL (2009年8月30日). “【J1:第24節 山形 vs 広島】プレビュー”. 2009年9月4日閲覧。
  7. ^ DF西河翔吾選手モンテディオ山形より 完全移籍加入のお知らせ - 2015年12月21日 横浜FC公式サイト
  8. ^ 西河 翔吾選手 横浜FCより期限付き移籍加入のお知らせ - 2018年1月10日 栃木SC公式サイト
  9. ^ 日刊スポーツ.山形「男前ダービー」西河が初代王者.2010年6月13日閲覧

関連項目[編集]