前田拓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 拓哉(まえだ たくや、1968年4月2日 - )は、広島県出身の元サッカー審判員である。広島県内で消防士として勤務する傍ら、審判員として活動していた。

来歴[編集]

岡山県作陽高等学校卒業。在学時に全国高等学校サッカー選手権大会に2度の出場経験がある。2001年12月に1級審判員として登録され、2003年9月からJリーグDivision 2、2006年から同Division 1主審として活動しているが、2009年秋からは再びJ2担当となっている。 2011年から再びJ1主審担当となっている。2016年シーズンでJリーグの主審を引退した。

評価[編集]

2007年現在審判員として大きなミスがなく、カードでコントロールするタイプでもないため、サッカーファンからあまり悪い評価を聞かない審判員である。

外部リンク[編集]