鳥養祐矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鳥養 祐矢 Football pictogram.svg
名前
カタカナ トリカイ ユウヤ
ラテン文字 TORIKAI Yuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-05-11) 1988年5月11日(30歳)
出身地 千葉県市原市[1]
身長 172cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 レノファ山口FC
ポジション MF / FW
背番号 11
利き足 右足
ユース
2001-2003
2004-2006
ジェフユナイテッド市原JY辰巳台
ジェフユナイテッド市原・千葉ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2010 ジェフクラブ/ジェフリザーブズ 116 (14)
2011-2012 SAGAWA SHIGA FC 56 (12)
2013 FC琉球 11 (0)
2014- レノファ山口FC 102 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鳥養 祐矢(とりかい ゆうや、1988年5月11日 - )は、千葉県市原市出身[1]サッカー選手Jリーグレノファ山口FC所属。ポジションミッドフィールダーフォワードおよびディフェンダー(サイドバック)。

来歴[編集]

ジェフユナイテッド市原・千葉の下部組織では遠藤敬佑と同期。ユース時代の2006年10月からはジェフのセカンドチームであり、当時JFLに所属していたジェフユナイテッド市原・千葉クラブ(ジェフ・クラブ)に2種登録選手として出場、初出場のアルテ高崎戦で得点を挙げた[2]。高校卒業後のトップチーム昇格はならなかったが、翌2007年以降もそのままジェフ・クラブ改めジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ(ジェフリザーブズ)に在籍し、当初はDF登録ながら攻撃的な位置でも起用され(2009年はMF登録、2010年はFW登録)主力として活躍。2010年には自己最多の32試合に出場し6得点を挙げた。

大学を卒業した2011年からはジェフ傘下を離れ、リザーブズと同じJFLに所属するSAGAWA SHIGA FCへ移籍[3]。チーム事情から交代投入が多く出場時間が限られたものの、FWとしてHonda FC戦での2得点[4]など自己最多の8得点を記録してこの年のJFL優勝に貢献した。2012年も攻撃の切り札として出場し4得点を挙げるが、この年限りでSAGAWA SHIGA FCが活動停止となったため退団を余儀なくされた。

2013年は同じくJFLのFC琉球に移籍[5]したが、開幕前に右膝半月板を損傷し手術[6]。シーズン前半をほぼ欠場し、復帰後も調子を取り戻せず無得点、シーズン終了後に契約満了により退団となった[7]

そのままサッカーをやめる可能性もあったが、上野展裕に誘われる形で[6]2014年にJFLに昇格したレノファ山口FCに完全移籍[8]。主に右サイドMFとしてポジションを確保し、初めてリーグ戦全試合(26試合)に出場した。チームがJ3リーグに加入した2015年には開幕戦・ガイナーレ鳥取戦(維新百年記念公園陸上競技場)にてキャリア210戦目にして初めてJリーグ公式戦出場を果たし、この試合でJリーグ初得点。得意にしているというバック転ゴールパフォーマンスを披露した[9][10]。このシーズンは最終戦こそ出場機会がなかったものの、35試合に出場、キャリアハイに並ぶ8得点を挙げた。

チームがJ2に昇格した2016年には、前年からの攻撃的なスタイルで好調なチームにおいて5月から先発出場の機会を得ると、5月15日のセレッソ大阪戦で同点(J2初ゴール)、逆転の2ゴールを挙げた[11]。その後メンバーを外れる時期があるも、天皇杯でのJ1福岡戦で先制点を奪う活躍をみせる[12]など復調し、リーグ戦25試合出場で4得点をあげた。

2017年シーズンは前年限りで退団した平林輝良寛の後を継いでキャプテンに就任[13]するも、前年の主力選手を複数失ったチームは下位に低迷し、鳥養も5月練習中に左膝内側半月板を痛めて長期欠場となった[14]。6月から指揮をとったマジョール監督のもと8月5日の熊本戦で復帰すると、翌節8月11日の千葉戦からはボランチのポジションで出場するなど様々な形での起用に応え、チームはJ2残留を果たした。

2018年シーズンからは、2007-08年千葉でのコーチ時代に鳥養を知る霜田正浩が監督に就任。5月3日の甲府戦よりジェフリザーブズ時代以来となる左サイドバックとして起用され、先発メンバーに定着した[15]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 千葉C 31 JFL 8 1 - 0 0 8 1
2007 千葉R 2 24 3 - - 24 3
2008 23 3 - 1 0 24 3
2009 29 1 - 1 0 30 1
2010 11 32 6 - - 32 6
2011 SAGAWA
SHIGA
17 29 8 - 2 0 31 8
2012 27 4 - 3 0 30 4
2013 琉球 11 0 - 0 0 11 0
2014 山口 11 26 5 - - 26 5
2015 J3 35 8 - 1 0 36 8
2016 J2 25 4 - 3 2 28 6
2017 16 0 - 0 0 16 0
2018 -
通算 日本 J2 41 4 - 3 2 44 6
日本 J3 35 8 - 1 0 36 8
日本 JFL 209 31 - 7 0 216 31
総通算 285 43 - 11 2 296 45

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐川急便 - 【佐川急便サッカー部 選手紹介】
  2. ^ 公式記録 第8回日本フットボールリーグ 後期 第9節 (PDF) JFL (2006年10月14日)
  3. ^ 【佐川急便】SAGAWA SHIGA FC 新加入選手のお知らせ
  4. ^ 公式記録 第13回日本フットボールリーグ 後期 第13節 (PDF) JFL (2011年10月30日)
  5. ^ 【お知らせ】鳥養祐矢選手 佐川滋賀から移籍 - 2013年1月18日FC琉球公式HP 
  6. ^ a b Jリーグサッカーキング 2015, p. 27.
  7. ^ 【お知らせ】契約満了選手のお知らせ - 2013年11月26日FC琉球公式HP 
  8. ^ 鳥養祐矢選手 加入のお知らせ - 2014年1月21日レノファ山口FC公式サイト
  9. ^ Jリーグサッカーキング 2015, p. 29.
  10. ^ 【ハイライト】レノファ山口FC×ガイナーレ鳥取「明治安田生命J3リーグ 第1節」 - YouTubeスカパー!
  11. ^ C大阪vs山口の試合結果・データ(明治安田生命J2リーグ:2016年5月15日)”. Jリーグ.jp (2016年5月15日). 2018年8月10日閲覧。
  12. ^ 試合結果 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会[50]2回戦”. 日本サッカー協会 (2016年9月7日). 2018年8月10日閲覧。
  13. ^ “2017シーズンキャプテンについて” (プレスリリース), (2017年1月21日), http://www.renofa.com/archives/19195/ 2017年1月24日閲覧。 
  14. ^ 山口MF鳥養祐矢が内側半月板損傷で全治8週間 - J2”. 日刊スポーツ (2017年6月1日). 2018年8月10日閲覧。
  15. ^ 【山口 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:サイドバックで新境地。戦う鳥養祐矢、攻守に躍動!”. J's GOAL (2018年5月11日). 2018年8月10日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]