山口市議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口市議会
山口市議会
やまぐちしぎかい

Yamaguchi City Assembly
会期年4回
3月、6月、9月、12月
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
重見秀和(県央創造清風会)、
2016年5月19日より現職
副議長
田中勇(県央創造維新会)、
2016年5月19日より現職
構成
定数 34
院内勢力
県央創造清風会(9)
県央創造維新会(9)
公明党(4)
自民クラブ(4)
日本共産党(3)
市民クラブ(2)
村田力の会(1)
委員会 議会運営委員会
常任委員会
総務委員会
教育民生委員会
生活環境委員会
経済建設委員会
委員会 特別委員会
なし
選挙
大選挙区制
前回選挙
2014年4月27日
議事堂
Yamaguchi City Hall.JPG
日本の旗 日本山口県山口市亀山町2番1号
ウェブサイト
山口市議会
脚注

山口市議会(やまぐちしぎかい)は、山口県県庁所在地である山口市議会。議事堂は山口市役所議会棟。本項では、山口市議会と前身である山口町会、山口市会についても合わせて述べる。

概要[編集]

山口市議会は、主権者である山口市民により議会議員選挙で選出された議員で構成される市の行政、議決をおこなう機関のことである[1]1889年(明治22年)に発足した山口町会を経て、1929年(昭和4年)の市制施行とともに成立した。官選制度のもと市議会議員30人が選出され、第一回山口市議会が開かれる[注 1]第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)、地方自治法が施行され、同年4月民選制度による第一回市議会議員選挙が執行された。2016年5月現在、議員の任期4年。定数34人。議会を運営する市議会議員は、2014年4月27日に行われた選挙により選ばれ、任期満了を2018年4月30日までと定められ、同年度中に選挙執行が予定されている[2]

議会は、3月、6月、9月、12月の一年に4度開催される定例会と必要[注 2][3]に応じて開催される臨時会の二種類の本会議で議員を招集することを「山口市議会の定例会の招集時期を定める規則」などの条例で定めている[4][5]。議会を代表し、議会秩序の保全、順序などの本会議運営、議会事務の処理などの務めを果たす役割として議長が、その役割を補佐ないし代理する勤めを副議長が担うことを定められている[6]。定例会ごとに広報、やまぐち市議会だより(英語名はYamaguchi City Assembly News)を発行している。

  • 定数:34人
  • 欠員:2人
  • 任期:4年(2014年4月29日から2018年4月30日まで)
  • 選挙区:市全体を1選挙区とする大選挙区制単記非移譲式
  • 議長:重見秀和(県央創造清風会)
  • 副議長:田中勇(県央創造維新会)

歴史[編集]

1888年(明治21年)4月25日に町村制が公布され、翌1889年に内務省より認可された山口町が誕生し、町会が成立した。当時の町会は、公民によって形成され、2年以上山口町に住居を構え、直接国税を2円以上納める男子戸主地方参政権を与えていた[7]。任期6年。明治、大正の二度にわたる合併を経て、1929年(昭和4年)4月10日吉敷郡吉敷村を編入し町村制から市制に移行し、山口市会を発足させた[8]第二次世界大戦後1947年(昭和22年)地方自治法が施行され、同年4月民選制度による第一回市議会議員選挙が執行、山口市議会が誕生した。1961年(昭和36年)に山口市役所(旧棟)が完成し、1977年(昭和52年)に今の議会棟が建設された[9]。2006年(平成18年)に議会広報として「やまぐち市議会だより」を創刊した。平成の時代において周囲5町(小郡町秋穂町阿知須町徳地町阿東町[注 3])と合併し新制山口市議会としての議会選挙を施行し現在に至る[8]。二度の合併では、2008年(平成20年)3月28日 に山口市議会は2007年(平成19年)1月22日の田中祥隆阿東町長と阿東町議会議長からの合併協議の申し入れの受け入れを表明した。「山口市・阿東町合併推進協議会」を設置審議し、2010年(平成22年)1月16日の合併を経て新たな市議会が開かれた。合併後の本会議は、同年実施される選挙までの期間を旧阿東町町議会議員を合わせた47人の議会運営が執行された[10]2013年(平成25年)9月での定例会で7月28日に発生した豪雨被害に対する予算が組まれた。また、この本議会からインターネットによる録画中継が始まる[11]

施設[編集]

山口市議会は、山口市役所に位置し、議会棟の2階に議場、3階に39席分の傍聴席、市役所本庁舎2階に市政記者会見室、3階に正副の議長室と委員会室ならびに図書室、各党派別の個室などが設けられている [13][14]。1977年(昭和52年)竣工[9]。議会棟延床面積1,072m2[9]

事務局[編集]

市議会の下部組織として議会事務局がある。議会活動における事務処理などの補助機関としての役割を担う。本会議や委員会の会議録や資料の作成、市政の調査、議会広報(やまぐち市議会だより)や議会図書室などについての業務を、一方、議事課は、市の行政への意見や要望に対する事務などの業務を行う[15]

委員会[編集]

市議会には本会議とは別に専門性や効率化を図るために地方自治法条例(山口市議会委員会条例)などの規範に従い、常任委員会特別委員会および円滑な議会運営を協議する議会運営委員会[注 5]を設置している。常任委員会は、任期を2年、定数を8ないし9人に定めた総務、教育民生、生活環境、経済建設の4つの常任委員会をまとめた名称であり、各議員がいずれかの委員会に必ず所属しなかればならないことを定めている[注 6][16]。また、委員会は、委員長が招集するが、委員の半数に満たない場合会議を開くことはできない[17]特別委員会は必要に応じて、設置、審査を行う委員会であり任期は審議終了までである。2016年現在、特別委員会は置かれていない。

  • 議会運営委員会(11人)
  • 常任委員会、総務委員会(9人)、教育民生委員会(8人)、生活環境委員会(8人)、経済建設委員会(9人)、予算決算委員会(34人)
  • 特別委員会、なし
山口市議会委員会(平成27年11月16日現在[16]
委員会 定数 委員長 副委員長
議会運営委員会 10 重見秀和(県央創造清風会) 村上満典(公明党)
総務委員会 9 其原義信(公明党) 入江幸江(県央創造清風会)
教育民生委員会 8 坂井芳浩(県央創造維新会) 泉裕樹(県央創造清風会)
生活環境委員会 8[注 7] 田中勇(県央創造維新会) 瀧川勉(県央創造清風会)
経済建設委員会 9 右田芳雄(自民クラブ) 宮川英之(県央創造維新会)

会派[編集]

2016年5月現在、議会には県央創造清風会、県央創造維新会、公明党、自民クラブ、日本共産党、市民クラブ、村田力の会の合計7つの会派が存在している[注 8][18]渡辺純忠市政では、自民党議員、公明党議員などが議会与党を形成している。

会派名 議員数 所属党派 所属議員
県央創造清風会 9 藏成幹也が自民党所属[19] 重見秀和、泉裕樹、入江幸江、倉重浩、藏成幹也、小林訓二、瀧川勉、馬越帝介、山本貴広
県央創造維新会 9 野村幹男が自民党所属[19] 坂井芳浩、氏永東光、田中勇、冨田正朗、中野光昭、野村幹男、原真也、宮川英之、山下宏
公明党 4 公明党所属 村上満典、櫻森順、其原義信、山本敏昭
自民クラブ 4 伊藤斉が自民党所属[19] 伊藤斉、有田敦、伊藤青波、右田芳雄
日本共産党 3 日本共産党所属 西村芳和、大田たける、尾上頼子
市民クラブ 2 国民民主党所属 小田村克彦、部谷翔大
村田力の会 1 無所属 村田力
欠員 2   俵田祐児の県議選出馬による辞職[20]、須子藤吉朗の逝去のため[21]
34 7会派

会派別名簿(平成27年11月16日現在)

議員[編集]

山口市議会議員は公職選挙法に基づき、4年に一度、満20歳以上の山口市在住で引き続き3か月山口市に住所を有する選挙権のある有権者による投票によって選ばれる。被選挙権は満25歳以上の市議会議員の選挙権を持つ者が立候補することができる[22]

議員報酬[編集]

一か月の議員報酬は、一般の議員が449,000円で、副議長が480,000円、議長が557,00円、期末手当は年二回、各々6月期に1.150月分を、12月期に1.165月分が支給される[23][24]。 市議会は、2005年(平成17年)10月1日、山口市議会政務活動費の交付に関する条例を地方自治法に則り策定、施行施行した。条例で政務活動費は、会派に所属する議員1人対し、政務活動費として年額36万円を支給される。年度が明けた4月30日以内に、領収書を添付した一年間の収支報告書は、各会派の代表者によって議長に引き渡し審査され、市長に提出されなければならない。残った政務活動費は、収支報告書提出後30日以内に市長にすべて返す義務が定められている[25]。近年において返還された政務活動費の残額は平成26年度が計1,707,169円[26]、平成25年度が1,107,323円[27]、平成24年度が1,678,527円[28]、平成23年度が1,892,456円[29]、平成22年度が1,328,697円[30]、平成21年度が3,183,083円[31]、平成20年度が2,746,527円[32]、平成19年度が3,925,363円[33]、平成18年度が1,699,100円[34]と報告された。

不祥事[編集]

2014年7月3日、議員の澤田正之が釣具店で浮きを万引きした疑いで逮捕された[35]。また覚醒剤の陽性反応が検出され、7月4日に再逮捕されている[35]

定数[編集]

議会の定数は、2004年12月24日地方自治法(昭和22年法律第67号)第91条第7項に基づいた例規(山口市、小郡町、秋穂町、阿知須町及び徳地町の廃置分合により新たに設置される「山口市」の議会の議員の定数に関する協議について)が施行され、34人と制定されている[36]

選挙[編集]

山口市議会議員選挙は、4年に一度、山口市全域を選挙区とする大選挙区制単記非移譲式)で執り行われる。前回は2014年4月27日に実施された[37]

選挙結果

2014年山口市議会議員一般選挙
当日有権者数:154,529人 最終投票率:49.34 %(前回比:-6.64ポイント) 定数:34人 立候補者数:45人

2010年山口市議会議員一般選挙
当日有権者数:154,938人 最終投票率:55.98%(前回比:-4.06ポイント) 定数:34人 立候補者数:49人

2006年山口市議会議員一般選挙
当日有権者数:146,820人 最終投票率:60.04%(前回比:-ポイント) 定数:34人 立候補者数:53人

出身者[編集]

首長
国会議員
前職・元職

その他[編集]

山口市議会では山口市議会規則第152条において議場会や委員会の会議室に入る際は、帽子外套襟巻、つえ、などを持ち込むことは禁止している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の呼称は山口市会
  2. ^ 市長または議長ないし市議会議員の4分の1の定数の請求の際に開催される
  3. ^ 2005年(平成17年)10月に阿東町以外の4町と、2010年(平成22年)1月16日に阿東町と合併
  4. ^ やまぐち市議会だよりを参照
  5. ^ 任期は2年。定数10人。
  6. ^ 定数34人の予算委員会も常任委員会に含める。
  7. ^ 2人欠員
  8. ^ 山口市議会議員名簿に記載されている会派別順、名称に準ずる。

出典[編集]

  1. ^ 議会のしくみ”. 山口市議会事務局 (2007年). 2016年5月1日閲覧。
  2. ^ これからの選挙の予定”. 山口市役所選挙管理事務局 (2015年5月12日). 2016年5月1日閲覧。
  3. ^ やまぐち市議会だより 第8号”. 山口市議会 (2008年8月1日). 2016年5月1日閲覧。
  4. ^ 山口市議会の定例会の回数を定める条例”. 山口市議会 (2005年10月1日). 2016年5月1日閲覧。
  5. ^ 山口市議会の定例会の招集時期を定める規則”. 山口市議会 (2005年10月1日). 2016年5月1日閲覧。
  6. ^ 議会の構成”. 山口市議会事務局 (2007年). 2016年5月1日閲覧。
  7. ^ 小川国治 1998, pp. 288.
  8. ^ a b 山口市の概要”. 山口市役所総務課 (2015年3月27日). 2016年5月1日閲覧。
  9. ^ a b c 第2回山口市本庁舎の整備に関する検討委員会 総合支所の概要について”. 山口市本庁舎の整備に関する検討委員会事務局 (2016年3月). 2016年5月1日閲覧。
  10. ^ 山口市・阿東町合併協議会設置に至る経緯について”. 山口市・阿東町合併協議会 (2009年8月21日). 2016年5月1日閲覧。
  11. ^ やまぐち市議会だより 第28号”. 山口市議会 (2013年8月1日). 2016年5月1日閲覧。
  12. ^ 山口市議会 正副議長、重見・田中氏軸に調整 /山口”. 毎日新聞 (2016年5月13日). 2016年5月1日閲覧。
  13. ^ 議会の施設”. 山口市議会事務局 (2007年). 2016年5月1日閲覧。
  14. ^ 山口市役所(山口総合支所)”. 山口市役所 (2016年4月1日). 2016年5月1日閲覧。
  15. ^ 市議会事務局”. 山口市議会事務局 (2013年8月16日). 2016年5月1日閲覧。
  16. ^ a b 委員会別名簿”. 山口市議会事務局 (2016年11月16日). 2016年5月1日閲覧。
  17. ^ 山口市議会委員会条例”. 山口市議会 (2005年10月19日). 2016年5月1日閲覧。
  18. ^ 会派等議員名簿”. 山口市議会事務局 (2015年11月16日). 2016年5月1日閲覧。
  19. ^ a b c 山口市議会議員一般選挙(平成26年4月27日施行)”. 山口市役所選挙管理委員会事務局 (2014年4月28日). 2016年5月1日閲覧。
  20. ^ 【山口県議選】俵田市議が辞職、立候補へ 山口市区”. 中國新聞 (2015年3月3日). 2016年5月1日閲覧。
  21. ^ 須子藤吉朗さん 71歳=山口市議 /山口”. 毎日新聞 (2015年11月17日). 2016年5月1日閲覧。
  22. ^ 選挙権と被選挙権”. 山口県選挙管理委員会事務局. 2016年5月1日閲覧。
  23. ^ 山口市職員の給与に関する条例”. 山口市議会 (2016年4月1日). 2016年5月1日閲覧。
  24. ^ 山口市職員の給与に関する条例”. 山口市議会 (2016年4月1日). 2016年5月1日閲覧。
  25. ^ 山口市議会の議員の議員報酬及び非常勤の職員の報酬並びに費用弁償等に関する条例”. 山口市議会 (2016年4月1日). 2016年5月1日閲覧。
  26. ^ 平成26年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2014年). 2016年5月1日閲覧。
  27. ^ 平成25年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2013年). 2016年5月1日閲覧。
  28. ^ 平成24年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2012年). 2016年5月1日閲覧。
  29. ^ 平成23年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2011年). 2016年5月1日閲覧。
  30. ^ 平成22年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2010年). 2016年5月1日閲覧。
  31. ^ 平成21年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2009年). 2016年5月1日閲覧。
  32. ^ 平成20年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2008年). 2016年5月1日閲覧。
  33. ^ 平成19年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2006年). 2016年5月1日閲覧。
  34. ^ 平成18年度 政務活動費収支報告一覧”. 山口市議会事務局 (2005年). 2016年5月1日閲覧。
  35. ^ a b 2029円のために人生をドブに捨てた覚せい剤議員の末路、週刊女性PRIME公式サイト、2014年7月15日。
  36. ^ 山口市、小郡町、秋穂町、阿知須町及び徳地町の廃置分合により新たに設置される「山口市」の議会の議員の定数に関する協議について”. 山口市議会 (2004年12月24日). 2016年5月1日閲覧。
  37. ^ 選挙の結果【山口市長選挙・山口市議会議員一般選挙】”. 山口市役所選挙管理委員会事務局 (2015年1月27日). 2016年5月1日閲覧。
  38. ^ a b 藤岡雅「ユニクロ・柳井が封印した『一族』の物語」(『週刊現代』2014年8月30日号60-65頁)

参考文献[編集]

小川国治 『県史35 山口県の歴史』 山川出版、1998年3月25日。ISBN 978-4634-32351-3 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]