池元友樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池元 友樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 イケ、トモキ
カタカナ イケモト トモキ
ラテン文字 IKEMOTO Tomoki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-03-27) 1985年3月27日(32歳)
出身地 福岡県北九州市
身長 170cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ギラヴァンツ北九州
ポジション FW
背番号 11
利き足 右足
ユース
2000-2002 東福岡高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 CAリーベル・プレート 0 (0)
2005-2006 ニューウェーブ北九州 26 (27)
2006 FC岐阜 (loan) 0 (0)
2007-2011 柏レイソル 1 (0)
2008-2009 横浜FC (loan) 72 (11)
2010-2011 ギラヴァンツ北九州(loan) 67 (12)
2012-2014 ギラヴァンツ北九州 105 (29)
2015 松本山雅FC 8 (1)
2016- ギラヴァンツ北九州 25 (6)
代表歴
 日本 U-19
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

池元 友樹(いけもと ともき、1985年3月27日 - )は、福岡県北九州市出身のサッカー選手。ギラヴァンツ北九州所属。ポジションはFW

プロフィール[編集]

東福岡高校時代は2年時から全国高等学校サッカー選手権大会で活躍。高校卒業後はアルゼンチンのCAリーベル・プレートに入団し、当地で4軍(アマチュア)まで昇格し、U-19日本代表にも選ばれた。帰国後はニューウェーブ北九州に入団し、2年間で26試合27得点と高い得点力でチームを牽引した。

2006年シーズン、チームが全国地域リーグ決勝大会の切符を逃したためFC岐阜にレンタル移籍し、岐阜の日本フットボールリーグ昇格に貢献した。

2007年シーズンから柏レイソルへ移籍。

2008年シーズンは横浜FCへ期限付き移籍し、積極的に仕掛けるドリブルを武器に相手DFを切り崩し、32試合に出場し7得点と活躍。

2010年にギラヴァンツ北九州へ期限付き移籍。約3シーズンぶりの復帰となった。2012年、北九州に完全移籍。

地元出身ということもあり、北九州ではエースとして存在感を高め[1]、2014年にはキャリアハイの16得点を挙げてJ2得点王ランキング6位となった。

2015年、新たにJ1に昇格した松本山雅FCに完全移籍[2]。3月7日のJ1リーグ開幕戦、豊田スタジアムでの対名古屋戦で、一旦は勝ち越しゴールとなるチーム2点目のゴールを決め、これがプロ13年目にして自身のJ1初ゴールとなった[3]。しかしリーグ戦8試合の出場にとどまったこともあり、翌2016年シーズンは北九州へ復帰した[4][5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
2003-04 リーベル プリメーラ 0 0 0 0 0 0 0 0
2004-05 0 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 NW北九州 29 九州 10 15 - - 10 15
2006 16 12 - - 16 12
岐阜 32 東海1部 0 0 - - 0 0
2007 36 J1 1 0 1 0 0 0 2 0
2008 横浜FC 20 J2 32 7 - 2 1 34 8
2009 9 40 4 - 0 0 40 4
2010 北九州 31 2 - 2 0 33 2
2011 11 36 10 - 1 1 37 11
2012 34 7 - 1 0 35 7
2013 29 7 - 2 0 31 7
2014 42 15 - 4 0 46 15
2015 松本 14 J1 8 1 4 1 1 0 13 2
2016 北九州 J2 25 6 - 0 0 25 6
2017 11 J3 -
通算 アルゼンチン プリメーラ
日本 J1 9 1 5 1 1 0 15 2
日本 J2 269 58 0 0 12 2 281 60
日本 J3 -
日本 東海1部 0 0 - - 0 0
日本 九州 26 27 - - 26 27
総通算

代表歴[編集]

戦歴[編集]

アマチュア[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]