渡辺広大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渡辺 広大 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ワタナベ コウダイ
ラテン文字 WATANABE Kodai
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-12-04) 1986年12月4日(31歳)
出身地 千葉県
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 レノファ山口FC
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2014 ベガルタ仙台 170 (9)
2015-2016 モンテディオ山形 52 (1)
2017- レノファ山口FC
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

渡辺 広大(わたなべ こうだい、1986年12月4日 - )は千葉県出身のプロサッカー選手Jリーグレノファ山口FC所属。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

市立船橋高校では1年先輩の増嶋竜也とセンターバックのコンビを形成。2年次に出場した天皇杯では自身の得点で梁勇基擁する阪南大学を下している。3年次には増嶋の後を次いでキャプテンを任された。

2005年、ベガルタ仙台に入団。2008年まではリーグ戦年間10試合程度の出場にとどまっていたが、選手会長に就任した2009年はリーグ戦50試合にフル出場し、チームの「守備の要」としてJ2優勝に貢献した(なお欠場した1試合は累積警告によるもの)。チームがJ1に昇格してからは、鎌田次郎(2010年)、曺秉局(2011年)、上本大海(2012年)、石川直樹(2013年)といったセンターバックの相次ぐ補強により出場機会には恵まれなかったものの、彼らの欠場時には遜色のないプレーを見せた。また仙台の選手会長は2014年まで6シーズン務めた。

2014年12月24日、モンテディオ山形への完全移籍が発表された[1]。山形でも1年目より副将と選手会長を任されている。

2016年12月19日、レノファ山口FCへの完全移籍が発表された[2]。山口でも1年目より副キャプテンを務めている。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 市立船橋高 6 - - - 2 1 2 1
2005 仙台 32 J2 6 1 - 1 0 7 1
2006 3 11 0 - 0 0 11 0
2007 11 0 - 1 0 12 0
2008 7 0 - 2 0 9 0
2009 50 3 - 4 0 54 3
2010 J1 22 1 3 0 1 0 26 1
2011 10 2 0 0 3 0 13 2
2012 18 1 7 1 2 1 27 3
2013 20 1 0 0 4 0 24 1
2014 15 0 4 0 0 0 19 0
2015 山形 12 0 0 0 1 0 13 0
2016 J2 40 1 - 1 0 41 1
2017 山口 27 2 - 1 0 28 1
通算 日本 J1 97 5 14 1 11 1 122 7
日本 J2 152 7 - 10 0 162 7
日本 - - 2 1 2 1
総通算 249 12 14 1 23 2 286 15
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2013 仙台 3 5 0
通算 AFC 5 0

その他の公式戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “渡辺広大選手 ベガルタ仙台より移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2014年12月24日), http://www.montedioyamagata.jp/news/n-00003765/ 2016年12月2日閲覧。 
  2. ^ “渡辺 広大選手 モンテディオ山形より完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年12月19日), http://www.renofa.com/archives/18432/ 2018年4月19日閲覧。 

外部リンク[編集]