扇谷健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
扇谷 健司
個人情報
誕生日 (1971-01-03) 1971年1月3日(47歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
他職業 なし
国内
リーグ 役割
2004 - 2017 Jリーグ 主審
国際
リーグ 役割
2007 - 2010 FIFA選出 主審

扇谷 健司(おおぎや けんじ、1971年1月3日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身の元サッカー審判員

来歴[編集]

藤沢西高校青山学院大学で選手として所属した後、1998年に1級審判員登録した。2004年からはJリーグ2005年からはJ1リーグの主審として活動している。長らく湘南ベルマーレシミズオクトの社員として審判活動を行っていたが、2007年からはスペシャルレフェリー(SR、現プロフェッショナルレフェリー:PR)として登録された。2010年8月8日のJ1第17節・ヴィッセル神戸-浦和レッズ戦で通算18人目のJ1主審100試合を達成した[1]

2007年から2010年まで国際審判員としても活動した。

2017シーズンをもって引退[2]鈴木隆行の引退試合で後半から追加副審を務めて引退した。

判定への評価[編集]

2007年J1第14節(6月9日)の大分トリニータ-鹿島アントラーズ戦では、得失点に絡む4つのプレーでファウルを取らず、試合後に鹿島側が提出した意見書を受けてJリーグが「4つすべてが誤審で、鹿島に3度のPKがあった」と認定した[3][4]

主審記録[編集]

年度 カテゴリ 試合 得点 平均
得点
警告 退場 平均
警告数
平均
退場数
退
勝利/
引分
勝率/
引分率
(%)
一発
退場
警告
2回
2006 J1・J2
ナビスコ
24 H 38 1.58 60 1 1 2.50 0.083 0 H 15 62.5
A 16 0.67 66 1 5 2.75 0.250 1 A 4 16.7
54 2.25 126 2 6 5.25 0.333 1 5 20.8
2007 J1・J2
ナビスコ
ゼロックス
33 H 49 1.48 76 2 3 2.30 0.152 0 H 9 27.3
A 44 1.33 96 3 3 2.91 0.182 0 A 15 45.5
93 2.82 172 5 6 5.21 0.333 0 9 27.3
2008 J1・J2・入替
ナビスコ
28 H 33 1.18 52 0 2 1.86 0.071 0 H 11 39.3
A 31 1.11 67 0 0 2.39 0.000 0 A 10 35.7
64 2.29 119 0 2 4.25 0.071 0 7 25.0

脚注[編集]

[ヘルプ]