鈴木慎吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 慎吾 Football pictogram.svg
名前
愛称 シンゴ
カタカナ スズキ シンゴ
ラテン文字 SUZUKI Shingo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-03-20) 1978年3月20日(39歳)
出身地 埼玉県鴻巣市
身長 168cm
体重 63kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
ユース
浦和レッドダイヤモンズユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996 浦和レッドダイヤモンズ 0 (0)
1997-1998 横河電機
1999-2007 アルビレックス新潟 252 (53)
2002-2003 京都パープルサンガ (loan) 60 (8)
2007 大分トリニータ (loan) 15 (3)
2008-2009 大分トリニータ 55 (2)
2010-2011 京都サンガF.C. 7 (1)
2012 東京ヴェルディ 0 (0)
2012 ギラヴァンツ北九州 (loan) 9 (0)
2013 アルビレックス新潟・S 24 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鈴木 慎吾(すずき しんご、1978年3月20日 - )は、埼玉県鴻巣市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

1996年浦和レッドダイヤモンズユースからトップチームに昇格を果たすが、わずか1年で戦力外となり関東1部リーグの横河電機(現・東京武蔵野シティFC)で契約社員として勤務しながらアマチュア選手としてプレーしていた。

横河でのプレーが目に留まり、1999年よりアルビレックス新潟に入団。2000年のJリーグ ディビジョン2(J2)での古巣・浦和と対戦時には、ホームの2試合ではいずれもゴールを挙げ、見事に恩返しを果たした。

新潟に3年在籍し、J1昇格を果たせないで居たが、2002年にJ1の京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)からオファーがあり、レンタル移籍。鈴木にとって初となるJ1でのプレーが叶った。京都には2年在籍し、2002年の天皇杯優勝に貢献するなど、その能力が国内トップリーグで通用する事を成績で証明した2年間となった。

2004年、J1に昇格を果たした新潟に復帰。同年J1アシストランキング上位、2006年は9得点と自身の最多ゴール記録を更新し、「新潟の顔」として活躍した。

2007年途中から大分トリニータに期限付き移籍。降格の危機にあった大分の救世主として活躍。J1残留に貢献し、古巣であり選手としての本籍を置く新潟との最終戦では、1ゴール1アシストとまたも古巣に強い所を見せた。また、J1アシストランキング4位と好成績を収め、大分に欠かせない戦力となった。2008年からは大分に完全移籍となり、副キャプテンを務めた。

2009年12月4日、クラブ公式ホームページより戦力外通告を受けたことが発表された。

2010年に7年ぶりに京都に復帰したが、出場機会には恵まれず2011年に退団。

2012年東京ヴェルディへ移籍。同年8月8日よりギラヴァンツ北九州に期限付き移籍。同年限りで北九州への期限付き移籍を満了。

2013年アルビレックス新潟シンガポールへ完全移籍。2013年シーズンを最後に現役を引退した。

2014年4月2日、京都のホームタウンアカデミーコーチに就任[1]。2015年より京都の強化部スカウトへの就任が発表された[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1996 浦和 - J 0 0 0 0 0 0 0 0
1997 横河電機 関東 - -
1998 - -
1999 新潟 17 J2 30 8 2 0 3 0 35 8
2000 40 11 2 0 3 3 45 14
2001 9 42 16 2 0 3 0 47 16
2002 京都 14 J1 30 7 6 3 5 0 41 10
2003 7 30 1 4 0 1 0 35 1
2004 新潟 18 30 5 5 2 1 0 36 7
2005 29 4 6 0 1 0 36 4
2006 34 9 5 1 2 0 41 10
2007 17 0 4 0 - 21 0
大分 11 15 3 - 2 0 18 3
2008 34 2 9 2 1 0 44 4
2009 21 0 1 0 0 0 22 0
2010 京都 3 0 3 0 0 0 6 0
2011 J2 4 1 - 0 0 4 1
2012 東京V 13 0 0 - - 0 0
北九州 29 9 0 - 1 0 10 0
シンガポール リーグ戦 リーグ杯 シンガポール杯 期間通算
2013 新潟S 9 Sリーグ 24 5 4 1 1 0 29 6
通算 日本 J1 244 31 43 8 13 0 291 37
日本 J2 125 36 6 0 10 3 141 39
日本 関東 -
シンガポール Sリーグ 24 5 4 1 1 0 29 6
総通算 393 72 53 9 24 3 470 84

その他の公式戦


エピソード[編集]

  • 実家は埼玉県鴻巣市(旧吹上町)にて、蕎麦通の間では有名な蕎麦屋を営んでおり、関東へ遠征する際にわざわざ立ち寄る大分や新潟のサポーターもいる。店では大分トリニータ所属時代の公式戦開催日に店舗入口にトリニータの旗を掲げたり、また、近隣のNACK5スタジアム大宮大宮対新潟戦が行われた際には、試合後に立ち寄る古巣・新潟サポーターを歓迎すべく、アルビレックスの旗が取り付けられる(2008年)など、旧所属・現所属を問わず親しまれている。

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木慎吾氏 ホームタウンアカデミーコーチ就任のお知らせ”. 京都サンガF.C.. 2014年4月2日閲覧。
  2. ^ “野口 裕司強化部スカウト 強化部長就任のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2014年11月28日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/27671 2014年11月28日閲覧。 

外部リンク[編集]