山中亮輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中 亮輔 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマナカ リョウスケ
ラテン文字 YAMANAKA Ryosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1993年4月20日(22歳)
出身地 千葉県柏市
身長 171cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム 柏レイソル
ポジション DF (SB) / MF (SH, WB) / FW (WG)
背番号 6
利き足 左足
ユース
2003-2011 柏レイソル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012- 柏レイソル 22 (0)
2014 ジェフ千葉 (loan) 23 (3)
2015 Jリーグ・アンダー22選抜 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山中 亮輔(やまなか りょうすけ、1993年4月20日 - )は、千葉県柏市出身のサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属。ポジションはディフェンダーSB)、ミッドフィールダーSHWB)、フォワード(WG)。

来歴[編集]

小学校4年時に柏エフォートFC(柏レイソル提携クラブ)から柏レイソルの下部組織に加入。高校時代から各世代の年代別日本代表に選出され、2010年2月、16歳でトップチームに2種登録された[1]

2011年、まだ下部組織所属の高校生でありながらクラブワールドカップのメンバーに登録され、出場機会はなかったもののベンチ入りを果たした[2]

2012年、トップチームへ昇格[3]。同年のJ1最終節鹿島アントラーズ戦で公式戦初出場を果たすと、天皇杯では4回戦の横河武蔵野FC戦で初先発。準決勝の横浜F・マリノス戦では、出場停止の橋本和に代わり左サイドバックで先発出場し、積極果敢な突破やゴールライン際でのクリアなど堂々たるプレーを披露し、チームの優勝に貢献した。

2013年第6節ヴァンフォーレ甲府戦で通算450分出場を達成し、プロA契約を締結した[4]

2014年J2ジェフユナイテッド市原・千葉期限付き移籍[5]。第2節ファジアーノ岡山戦でプロ初ゴールを記録した。

2015年、柏レイソルに復帰[6]。吉田監督の「俺たちには山中がいるじゃないか」[7]という言葉に表れるように期待は大きかったが、同じくユース出身の輪湖直樹に出場機会を譲ることが多く、リーグでは11試合の出場に終わった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2010 32 J2 0 0 - 0 0 0 0
2011 柏U-18 6 - - - 1 0 1 0
32 J1 0 0 0 0 - 0 0
2012 30 1 0 0 0 2 0 3 0
2013 10 0 2 0 2 0 14 0
2014 千葉 22 J2 23 3 - 2 0 25 3
2015 6 J1 11 0 2 0 1 0 14 0
通算 日本 J1 22 0 4 0 5 0 31 0
日本 J2 23 3 - 2 0 25 3
日本 - - 1 0 1 0
総通算 45 3 4 0 8 0 57 0
その他の公式戦
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2011 32 - 0 0
2012 30 0 0 -
2013 1 0 -
2015 6 5 0 -
通算 AFC 6 0 0 0
その他の国際公式戦

出場歴[編集]

タイトル[編集]

柏レイソル
日本の旗 U-23日本代表

代表歴[編集]

出場大会[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]