AFC U-22アジアカップ2013 (予選)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFC U-22アジアカップ2013 予選
大会概要
日程 2012年6月23日 - 7月3日
チーム数 41
開催地数 7
2016

AFC U-22アジアカップ2013 (予選)は、2014年1月11日から1月26日にかけて開催されたAFC U-22アジアカップ2013の予選である。原則として2012年6月23日から7月3日にかけてアジア各地で開催された。

開催方式[編集]

開催方式は以下の通り[1]

各国の温度差[編集]

新規の大会のため、各国によって今大会に臨む姿勢に違いがある。大多数の国がU-21代表(本大会時点ではU-22代表になる)で今予選に参加しているが、イラクや日本、オーストラリアのように下の世代のU-19代表で参加している国もある。日本の場合は、第1回U-22アジアカップのように奇数回のU-22アジアカップは五輪男子予選を兼ねず、第2回U-22アジアカップのように、五輪男子本大会前年になる偶数回のAFC U-22アジアカップがアジア予選を兼ねることから、U-19日本を2大会続けて出場させて実力を養う方針(1大会目に出場させたU-19日本をそのまま2大会目にも出場させる。2大会目に出場する頃には年齢が上がりU-22日本になっている)を日本サッカー協会が決定したのがその理由である[5]

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

開催地 : オマーンの旗 オマーンマスカット (UTC+4)

チーム
1  イラク 5 3 2 0 12 3 +9 11
2  アラブ首長国連邦 5 3 2 0 8 4 +4 11
3  オマーン 5 3 1 1 11 6 +5 10
4  インド 5 2 1 2 11 10 +1 7
5  レバノン 5 1 0 4 12 18 −6 3


インド  5 - 2  レバノン
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 100人
主審: イランの旗 Akbar Bakhshizadeh

イラク  4 - 0  トルクメニスタン
レポート
ロイヤル・オマーン・ポリス・スタジアム
観客数: 50人
主審: バーレーンの旗 Ali Abdulnabi

オマーン  4 - 2  アラブ首長国連邦
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 250人
主審: キルギスの旗 Dmitriy Mashentsev



イラク  2 - 1  インド
レポート
ロイヤル・オマーン・ポリス・スタジアム
観客数: 75人
主審: マレーシアの旗 Mohd Nafeez Abdul Wahab

オマーン  3 - 2  レバノン
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 75人
主審: スリランカの旗 Hettikamkanamge Perera


レバノン  1 - 5  イラク
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 50人
主審: キルギスの旗 Dmitriy Mashentsev

アラブ首長国連邦  1 - 1  インド
レポート
ロイヤル・オマーン・ポリス・スタジアム
観客数: 100人
主審: バーレーンの旗 Ali Abdulnabi

トルクメニスタン  1 - 3  オマーン
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 100人
主審: イランの旗 Akbar Bakhshizadeh


インド  4 - 1  トルクメニスタン
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 100人
主審: マレーシアの旗 Mohd Nafeez Abdul Wahab

レバノン  3 - 4  アラブ首長国連邦
レポート
ロイヤル・オマーン・ポリス・スタジアム
観客数: 85人
主審: スリランカの旗 Hettikamkanamge Perera

イラク  1 - 1  オマーン
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 300人
主審: イランの旗 Akbar Bakhshizadeh


トルクメニスタン  1 - 4  レバノン
レポート
ロイヤル・オマーン・ポリス・スタジアム
観客数: 70人
主審: キルギスの旗 Dmitrii Mashentsev

オマーン  4 - 0  インド
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 150人
主審: バーレーンの旗 Ali Hasan Ebrahim Abdulnabi

アラブ首長国連邦  0 - 0  イラク
レポート
スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス
観客数: 100人
主審: クウェートの旗 Yousef Al-Marzouq


グループ B[編集]

開催地 : サウジアラビアの旗 サウジアラビアリヤド (UTC+3)

チーム
1  サウジアラビア 5 4 1 0 15 2 +13 13
2  シリア 5 4 1 0 13 3 +10 13
3  キルギス 5 2 1 2 7 2 +5 7
4  パレスチナ 5 1 2 2 3 7 −4 5
5  スリランカ 5 0 2 3 1 17 −16 2
6  パキスタン 5 0 1 4 0 8 −8 1


パキスタン  0 - 1  サウジアラビア
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 100人
主審: イラクの旗 Ali Sabah Adday

パレスチナ  1 - 1  スリランカ
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 200人
主審: イランの旗 Saeid Mozaffarizadeh

シリア  1 - 0  キルギス
レポート
プリンス・ファイサル・ビン・ファハド・スタジアム
観客数: 100人
主審: バングラデシュの旗 Tayeb Hasan Shamsuzzaman


サウジアラビア  1 - 0  キルギス
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 50人
主審: タイ王国の旗 Chaiya Mahapab

シリア  2 - 1  パレスチナ
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 200人
主審: クウェートの旗 Ali Shaban

パキスタン  0 - 0  スリランカ
レポート


サウジアラビア  4 - 0  パレスチナ
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 50人
主審: バングラデシュの旗 Tayeb Hasan Shamsuzzaman

キルギス  2 - 0  パキスタン
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 40人
主審: イランの旗 Saeid Mozaffarizadeh

スリランカ  0 - 4  シリア
レポート


スリランカ  0 - 7  サウジアラビア
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 30人
主審: トルクメニスタンの旗 Çarymurat Kurbanow


シリア  4 - 0  パキスタン
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 200人
主審: タイ王国の旗 Chaiya Mahapab


サウジアラビア  2 - 2  シリア
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 500人
主審: クウェートの旗 Ali Shaban

キルギス  5 - 0  スリランカ
レポート
キング・ファハド国際スタジアム
観客数: 20人
主審: イラクの旗 Ali Sabah Adday Al-Qaysi

パキスタン  0 - 1  パレスチナ
レポート


グループ C[編集]

開催地 : マレーシアの旗 マレーシアムラカ (UTC+8)

チーム
1  イラン 5 4 1 0 13 2 +11 13
2  クウェート 5 4 0 1 12 1 +11 12
3  バーレーン 5 2 1 2 5 5 0 7
4  カタール 5 2 0 3 7 8 −1 6
5  タジキスタン 5 2 0 3 6 8 −2 6
6  モルディブ 5 0 0 5 2 21 −19 0


カタール  2 - 0  モルディブ
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 100人
主審: ヨルダンの旗 Naser Al-Ghafari

タジキスタン  1 - 2  バーレーン
レポート
ハン・トゥア・スタジアム
観客数: 20人
主審: イエメンの旗 Mukhtar Al-Yarimi

イラン  1 - 0  クウェート
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 500人
主審: 韓国の旗 Kim Jong-Hyeok


バーレーン  0 - 1  クウェート
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 15人
主審: サウジアラビアの旗 Marai Al-Awaji

イラン  2 - 1  カタール
レポート
ハン・トゥア・スタジアム
観客数: 50人
主審: 香港の旗 Ng Chiu Kok

タジキスタン  2 - 1  モルディブ
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 50人
主審: オマーンの旗 Ibrahim Al-Hosni


モルディブ  0 - 7  イラン
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 100人
主審: 香港の旗 Ng Chiu Kok

クウェート  1 - 0  タジキスタン
レポート
ハン・トゥア・スタジアム
観客数: 50人
主審: 韓国の旗 Kim Jong-Hyeok

バーレーン  0 - 1  カタール
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 50人
主審: ヨルダンの旗 Naser Al-Ghafari


モルディブ  1 - 2  バーレーン
レポート
ハン・トゥア・スタジアム
観客数: 20人
主審: イエメンの旗 Mukhtar Al-Yarimi

イラン  2 - 0  タジキスタン
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 100人
主審: サウジアラビアの旗 Marai Al-Awaji

カタール  0 - 2  クウェート
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 20人
主審: オマーンの旗 Ibrahim Al-Hosni


タジキスタン  4 - 2  カタール
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 0人
主審: サウジアラビアの旗 Marai Mohammed A Alawaji

クウェート  8 - 0  モルディブ
レポート
ハン・トゥア・スタジアム
観客数: 20人
主審: バーレーンの旗 Naser Al-Ghafari

バーレーン  1 - 1  イラン
レポート
ハン・ジェバ・スタジアム
観客数: 50人
主審: 韓国の旗 Kim Jong Hyeok


グループ D[編集]

開催地 : ネパールの旗 ネパールカトマンズ (UTC+5:45)

チーム
1  ヨルダン 4 4 0 0 13 1 +12 12
2  ウズベキスタン 4 2 1 1 8 7 +1 7
3  イエメン 4 2 1 1 7 6 +1 7
4  ネパール 4 1 0 3 6 9 −3 3


イエメン  0 - 4  ヨルダン
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 2,000人
主審: シリアの旗 Masoud Tufaylieh

ネパール  4 - 1  バングラデシュ
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 5,600人
主審: 中華人民共和国の旗 Ma Ning


バングラデシュ  1 - 2  ウズベキスタン
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 500人
主審: インドの旗 Pratap Singh

ネパール  0 - 1  イエメン
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 6,000人
主審: イランの旗 Yadollah Jahanbazi


ヨルダン  3 - 0  バングラデシュ
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 300人
主審: パキスタンの旗 Shahzad Khurram

ウズベキスタン  4 - 2  ネパール
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 3,200人
主審: 中華人民共和国の旗 Ma Ning


イエメン  1 - 1  ウズベキスタン
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 250人
主審: シリアの旗 Masoud Tufaylieh

ヨルダン  3 - 0  ネパール
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 1,200人
主審: イランの旗 Yadollah Jahanbazi


バングラデシュ  1 - 5  イエメン
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 200人
主審: イランの旗 Yadollah Jahanbazi

ウズベキスタン  1 - 3  ヨルダン
レポート
ダサラス・スタジアム
観客数: 300人
主審: 中華人民共和国の旗 Ma Ning


グループ E[編集]

開催地 : インドネシアの旗 インドネシアプカンバル (UTC+7)

チーム
1  日本 5 5 0 0 20 2 +18 15
2  オーストラリア 5 3 1 1 7 7 0 10
3  インドネシア 5 3 0 2 7 7 0 9
4  シンガポール 5 2 1 2 6 6 0 7
5  東ティモール 5 1 0 4 5 9 −4 3
6  マカオ 5 0 0 5 4 18 −14 0


シンガポール  2 - 1  東ティモール
ファルハン 44分にゴール 44分
モハナ 81分にゴール 81分
レポート ディオゴ 66分にゴール 66分 (PK)
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 2,700人
主審: 韓国の旗 Ko Hyung Jin

日本  6 - 0  マカオ
廣田隆治 18分にゴール 18分
秋野央樹 25分にゴール 25分
鈴木武蔵 52分にゴール 52分65分83分
渡大生 68分にゴール 68分
レポート
カハルディン・ナスティオン・スタジアム
観客数: 1,032人
主審: バーレーンの旗 Salah Mohamed Noor Shaikh Abbas Alabbasi

インドネシア  0 - 1  オーストラリア
レポート プロイア 45+2分にゴール 45+2分
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 45,000人
主審: 中華人民共和国の旗 譚海


オーストラリア  3 - 2  マカオ
ウッドコック 2分にゴール 2分
オデア 7分にゴール 7分13分
レポート ヴィニシオ・アウヴェス 19分にゴール 19分
梁嘉恒 78分にゴール 78分

日本  3 - 1  シンガポール
デルウィンダー・シン 14分にゴール 14分 (OG)
渡大生 20分にゴール 20分
野津田岳人 60分にゴール 60分
レポート シャミル・シャリフ 83分にゴール 83分
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 2,013人
主審: スリランカの旗 Nivon Robesh

インドネシア  2 - 0  東ティモール
コイロット 42分にゴール 42分
スプリヤント 85分にゴール 85分
レポート
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 34,132人
主審: オマーンの旗 Yaqoob Abdul Baki


東ティモール  0 - 1  日本
レポート 松本昌也 24分にゴール 24分
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 1,700人
主審: ミャンマーの旗 Win Cho

オーストラリア  0 - 0  シンガポール
レポート
カハルディン・ナスティオン・スタジアム
観客数: 1,378人
主審: バーレーンの旗 Salah Mohamed Noor Shaikh Abbas Alabbasi

マカオ  1 - 2  インドネシア
彭梓亨 63分にゴール 63分 レポート バヤウー 24分にゴール 24分44分
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 30,000人
主審: 韓国の旗 Ko Hyung Jin


シンガポール  3 - 0  マカオ
ラムリ 27分にゴール 27分
ラハマン 33分にゴール 33分
アブドゥッラー 84分にゴール 84分
レポート
カハルディン・ナスティオン・スタジアム
観客数: 600人
主審: スリランカの旗 Nivon Robesh

東ティモール  0 - 3  オーストラリア
レポート オデア 40分にゴール 40分
バーカー=デイシュ 87分にゴール 87分90+2分
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 2,198人
主審: オマーンの旗 Yaqoob Abdul Baki

日本  5 - 1  インドネシア
久保裕也 32分にゴール 32分35分65分
松原健 90分にゴール 90分
鈴木隆雅 90+3分にゴール 90+3分
レポート カヒャ 58分にゴール 58分 (PK)
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 42,500人
主審: 中華人民共和国の旗 譚海


マカオ  1 - 4  東ティモール
周偉峰 45+1分にゴール 45+1分 レポート マルコス 22分にゴール 22分30分62分
ヘンリケ・クルス 54分にゴール 54分
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 5,000人
主審: スリランカの旗 Gamini Nivon Robeth

オーストラリア  0 - 5  日本
レポート 野津田岳人 18分にゴール 18分54分
岩波拓也 31分にゴール 31分
渡大生 45+2分にゴール 45+2分
廣田隆治 77分にゴール 77分
カハルディン・ナスティオン・スタジアム
観客数: 948人
主審: 韓国の旗 Ko Hyung Jin

インドネシア  2 - 0  シンガポール
スプリヤント 66分にゴール 66分 (PK)
ウトモ 80分にゴール 80分
レポート
リアウ・メイン・スタジアム
観客数: 40,000人
主審: オマーンの旗 Yaqoob Said Abdullah Abdul Baqi


グループ F[編集]

開催地 : ラオスの旗 ラオスヴィエンチャン (UTC+7)

チーム
1  北朝鮮 5 4 1 0 11 4 +7 13
2  中国 5 3 2 0 12 3 +9 11
3  ラオス 5 2 1 2 7 7 0 7
4  タイ 5 2 1 2 11 6 +5 7
5  カンボジア 5 1 1 3 6 15 −9 4
6  香港 5 0 0 5 3 15 −12 0


タイ  2 - 4  北朝鮮
クライソーン 47分にゴール 47分
文赫 62分にゴール 62分 (o.g.)
レポート 朴成哲 26分にゴール 26分
鄭日冠 45分にゴール 45分
金進赫 50分にゴール 50分
韓成赫 59分にゴール 59分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 500人
主審: レバノンの旗 Andre El Haddad

香港  2 - 3  カンボジア
袁浚楠 50分にゴール 50分
曽健晃 90分にゴール 90分
レポート スハナ 10分にゴール 10分
ソクサナ 63分にゴール 63分
ソテアロツ 70分にゴール 70分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 200人
主審: 台湾の旗 游銘訓

中国  2 - 0  ラオス
楊一虎 11分にゴール 11分
畢津浩 40分にゴール 40分
レポート
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 1,000人
主審: マレーシアの旗 Nagor Amir Noor Mohamed


中国  5 - 1  香港
彭欣力 49分にゴール 49分
張稀哲 63分にゴール 63分
畢津浩 69分にゴール 69分
徐新 80分にゴール 80分
鄭凱木 90分にゴール 90分
レポート 林学曦 22分にゴール 22分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 150人
主審: 韓国の旗 Kim Sang-Woo

タイ  4 - 0  カンボジア
プアンチャン 33分にゴール 33分
クライソーン 34分にゴール 34分
ポームバファ 73分にゴール 73分
アナン 80分にゴール 80分
レポート
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 150人
主審: アラブ首長国連邦の旗 Mohammed Abdullah Hassan Mohamed

北朝鮮  2 - 1  ラオス
文赫 18分にゴール 18分
鄭日冠 42分にゴール 42分
レポート ヴォンサ 47分にゴール 47分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 500人
主審: モルディブの旗 Ali Saleem


カンボジア  0 - 3  中国
レポート ムゼッペル 27分にゴール 27分
倪玉崧 34分にゴール 34分
李磊 85分にゴール 85分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 100人
主審: レバノンの旗 Andre El Haddad

北朝鮮  1 - 0  香港
金進赫 51分にゴール 51分 レポート
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 150人
主審: マレーシアの旗 Nagor Amir Noor Mohamed

ラオス  1 - 0  タイ
サイサナ 64分にゴール 64分 レポート
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 10,600人
主審: 台湾の旗 游銘訓


カンボジア  0 - 3  北朝鮮
レポート 金進赫 13分にゴール 13分83分
姜南權 31分にゴール 31分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 50人
主審: モルディブの旗 Ali Saleem

中国  1 - 1  タイ
張稀哲 90+5分にゴール 90+5分 レポート ソングラシン 56分にゴール 56分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 200人
主審: 韓国の旗 Kim Sang-Woo

香港  0 - 2  ラオス
レポート コネサヴァン 9分にゴール 9分
サッヤボウンソウ 57分にゴール 57分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 2,000人
主審: アラブ首長国連邦の旗 Mohammed Abdullah Hassan Mohamed


タイ  4 - 0  香港
タンクラン 11分にゴール 11分
アナン 14分にゴール 14分
ウェーラワッノドン 24分にゴール 24分
ラオサンタイ 56分にゴール 56分
レポート
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 100人
主審: レバノンの旗 Andre El Haddad

北朝鮮  1 - 1  中国
李亨進 75分にゴール 75分 レポート 李磊 42分にゴール 42分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 700人
主審: アラブ首長国連邦の旗 Mohammed Abdullah Hassan Mohamed

ラオス  3 - 3  カンボジア
ヴォンチェンカム 25分にゴール 25分
サイサナ 41分にゴール 41分57分
レポート チョウン 19分にゴール 19分
ディナ 40分にゴール 40分
ソクサナ 63分にゴール 63分
ラオス・ナショナルスタジアム
観客数: 9,800人
主審: 韓国の旗 Kim Sang Woo


グループ G[編集]

開催地 : ミャンマーの旗 ミャンマーヤンゴン (UTC+6:30)

チーム
1  韓国 5 4 1 0 23 3 +20 13
2  ミャンマー 5 4 1 0 16 5 +11 13
3  マレーシア 5 3 0 2 17 7 +10 9
4  チャイニーズタイペイ 5 2 0 3 9 20 −11 6
5  ベトナム 5 1 0 4 11 10 +1 3
6  フィリピン 5 0 0 5 2 33 −31 0


マレーシア  2 - 3  韓国
アラス 8分にゴール 8分62分 レポート 金炫勛 13分にゴール 13分
朴光日 32分にゴール 32分
鄭宗熙 34分にゴール 34分
ユース・トレーニング・センター
観客数: 1,500人
主審: レバノンの旗 Ali Sabbagh


ミャンマー  5 - 1  フィリピン
チョー・ザヤル・ウィン 28分にゴール 28分75分
チョー・コー・コー 41分にゴール 41分45+1分
ヤン・アウン・ウィン 62分にゴール 62分
レポート クリスティアンズ 5分にゴール 5分 (pen.)
ユース・トレーニング・センター
観客数: 18,000人
主審: サウジアラビアの旗 Fahad Al-Mirdasi


韓国  8 - 1  チャイニーズタイペイ
朴宗愚 5分にゴール 5分
朴龍志 10分にゴール 10分
黄儀照 17分にゴール 17分35分
丁夕化 26分にゴール 26分80分
姜鐘國 89分にゴール 89分
左俊協 90+3分にゴール 90+3分 (pen.)
レポート 李茂 31分にゴール 31分
ユース・トレーニング・センター
観客数: 6,500人
主審: バーレーンの旗 Jameel Juma Abdulhusain

マレーシア  7 - 0  フィリピン
ロザイミ 2分にゴール 2分35分69分 (pen.)74分
オスマン 32分にゴール 32分
ザハルルニザム 40分にゴール 40分
サールヴィンドラン 90+1分にゴール 90+1分
レポート
アウンサン・スタジアム
観客数: 100人
主審: キルギスの旗 Timur Faizullin



フィリピン  0 - 9  ベトナム
レポート グエン・ディン・バオ 18分にゴール 18分67分
マック・ホン・クアン 25分にゴール 25分27分
ゴ・ホワン・ティン 30分にゴール 30分52分 (pen.)
レ・クォック・フォン 64分にゴール 64分89分
フィー・ヴァン・タン 82分にゴール 82分
ユース・トレーニング・センター
観客数: 6,500人
主審: レバノンの旗 Ali Sabbagh

チャイニーズタイペイ  2 - 4  マレーシア
林昌倫 52分にゴール 52分
温智豪 90+3分にゴール 90+3分
レポート ロザイミ 8分にゴール 8分41分
陳彦睿33分にゴール 33分 (o.g.)
サールヴィンドラン78分にゴール 78分
アウンサン・スタジアム
観客数: 150人
主審: サウジアラビアの旗 Fahad Al-Mirdasi

韓国  0 - 0  ミャンマー
レポート



ベトナム  0 - 3  マレーシア
レポート ロザイミ 53分にゴール 53分90+2分90+4分
アウンサン・スタジアム
観客数: 100人
主審: 中華人民共和国の旗 Wang Di

フィリピン  0 - 10  韓国
レポート 鄭宗熙 16分にゴール 16分83分
黄儀照 23分にゴール 23分31分
李宰城 28分にゴール 28分
左俊協 34分にゴール 34分35分
崔志勛 41分にゴール 41分
全炳壽 76分にゴール 76分90+1分
ユース・トレーニング・センター
観客数: 100人
主審: バーレーンの旗 Jameel Juma Abdulhusain


チャイニーズタイペイ  2 - 1  フィリピン
林昌倫 11分にゴール 11分31分 (pen.) レポート アンヘレス 35分にゴール 35分
ユース・トレーニング・センター
観客数: 15,000人
主審: サウジアラビアの旗 Fahad Al-Mirdasi

韓国  2 - 0  ベトナム
朴龍志 28分にゴール 28分
鄭宗熙 45+2分にゴール 45+2分
レポート

マレーシア  1 - 2  ミャンマー
ロザイミ 90+1分にゴール 90+1分 (pen.) レポート カウン・シー・トゥー 34分にゴール 34分53分
ユース・トレーニング・センター
観客数: 28,000人
主審: レバノンの旗 Ali Sabbagh


各組3位チーム[編集]

グループDは他のグループに比べ1試合少ないため、他のグループの3位チームは各グループ最下位チームとの対戦成績を除いた成績で比較される。成績最上位の1チームが本大会出場権を得る。

なおグループ3位チームのうち成績最上位であったオマーンは、予選全日程終了後の2012年7月に開催地に決まった。このため、残るグループ3位チームの中で成績最上位であったイエメンが繰り上げで出場権を得た[6]

チーム
A  オマーン 4 2 1 1 8 5 +3 7
D  イエメン 4 2 1 1 7 6 +1 7
G  マレーシア 4 2 0 2 10 7 +3 6
E  インドネシア 4 2 0 2 5 6 −1 6
B  キルギス 4 1 1 2 2 2 0 4
C  バーレーン 4 1 1 2 3 4 −1 4
F  ラオス 4 1 1 2 5 7 −2 4

脚注[編集]

  1. ^ Stage set for U-22 Qualifiers draw”. アジアサッカー連盟 (2012年2月13日). 2011年2月22日閲覧。
  2. ^ a b Competitions Committee takes key decisions AFC公式HP-2012年3月22日
  3. ^ a b Historic draw held at AFC House”. アジアサッカー連盟 (2012年2月14日). 2012年2月14日閲覧。
  4. ^ 予選E組の日程変更 U-22アジア選手権 スポーツナビ、2012年6月1日閲覧。
  5. ^ U-19代表、年長カテゴリーに出場=リオ五輪出場視野に サッカー-時事ドットコム2012/5/9
  6. ^ Oman to host U-22 finals”. アジアサッカー連盟 (2012年7月18日). 2012年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]