西野貴治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西野 貴治 Football pictogram.svg
名前
愛称 タカ
カタカナ ニシノ タカハル
ラテン文字 NISHINO Takaharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-09-14) 1993年9月14日(23歳)
出身地 大阪府茨木市
身長 187cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガンバ大阪
ポジション DF (CB)
背番号 3
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012- ガンバ大阪 44 (4)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

西野 貴治(にしの たかはる、1993年9月14日 - )は、大阪府茨木市出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションディフェンダー(センターバック)。

来歴[編集]

地元・茨木市の少年団でサッカーを始め、中学ではガンバ大阪ジュニアユースに入団。中学時代はなかなか試合に出られず、レギュラー定着は中学3年の夏であった。しかしそこから急成長を遂げ、高校生になるとガンバ大阪ユースに昇格し、主力選手としてディフェンスラインに君臨した。高校時代から各年代の日本代表を経験する。

2012年よりガンバ大阪のトップチームに昇格することが内定した(同期昇格は田尻健稲森克尚[1]。9月8日、天皇杯2回戦関西大学戦で公式戦初出場を果たした。

2013年、J2第3節横浜FC戦で初スタメンに抜擢されると、以後レギュラーに定着。J2第22節岐阜戦では、失点に絡むミスを犯してしまい一旦レギュラーから外されたが[2]、シーズン通してレギュラーの座を譲らず、2年目ながらセンターバックとしてはチーム最多の29試合に出場し、ガンバのJ1昇格に貢献した。

2014年、前半戦の出番は主にカップ戦のみであったが、後半戦はレギュラーに復帰。しかし、9月にU-21日本代表として出場したアジア競技大会での遠征中、右膝内側半月板損傷の重傷を負いチームから離脱。約2カ月後には練習に復帰したが、ガンバがタイトル争いの渦中にいたこともあり、公式戦復帰は見送られた。

2015年は開幕直後に左第5中足骨骨折により全治3カ月と診断され戦線離脱。シーズン終盤に復帰するもリーグ戦はわずか3試合の出場に留まった。

プレースタイル・評価[編集]

ユース世代の頃から将来を嘱望された長身センターバック。ハイボールに自信を持ち、強さも兼ね備えた個人能力の高いストッパー[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2012 G大阪 26 J1 0 0 0 0 1 0 1 0
2013 J2 29 3 - 2 0 31 3
2014 3 J1 12 1 8 1 1 1 21 3
2015 3 0 4 0 1 0 8 0
2016 3 0
通算 日本 J1 15 1 12 1 3 1 30 3
日本 J2 29 3 - 2 0 31 3
総通算 44 3 12 1 5 1 61 6
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2014 J-22 - J3 2 0 - - 2 0
2015 1 0 - - 1 0
2016 G大23 3 17 1 - - 17 1
通算 日本 J3 20 1 - - 20 1
総通算 20 1 0 0 0 0 20 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2012 G大阪 26 0 0
2015 3 1 0
2016 1 0
通算 AFC 2 0
その他の公式戦
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ジュニアユース
ガンバ大阪

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]