幸野志有人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幸野 志有人 Football pictogram.svg
名前
愛称 シュウト[1]
カタカナ コウノ シュウト
ラテン文字 KOHNO Shūto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-05-04) 1993年5月4日(24歳)
出身地 東京都江戸川区
身長 179cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 V・ファーレン長崎
ポジション MF / FW
背番号 7
利き足 右足[2]
ユース

2006-2010
フレンドリーSC
JFAアカデミー福島
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2016 FC東京 3 (0)
2011 大分トリニータ (loan) 18 (0)
2012 FC町田ゼルビア (loan) 15 (1)
2013 V・ファーレン長崎 (loan) 32 (2)
2014 ジェフ千葉 (loan) 13 (1)
2014-2015 Jリーグ・アンダー22選抜 4 (0)
2016 レノファ山口FC (loan) 8 (0)
2017- V・ファーレン長崎
代表歴
2008-2009  日本 U-16/17
2011-2013  日本 U-18/19/20
2014  日本 U-21
1. 国内リーグ戦に限る。2017年2月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

幸野 志有人(こうの しゅうと、1993年5月4日 - )は、東京都江戸川区出身の[3]プロサッカー選手。ポジションは主にミッドフィールダー[3]セントラル・ミッドフィールダー[1][4])。

来歴[編集]

3歳の時にサッカーを始め[2]、小学校卒業後にJFAアカデミー福島に進んだ[5]同アカデミーの1期生[3]。各年代の日本代表に選ばれており、2009 FIFA U-17ワールドカップには唯一の高校1年生選手として選出され[6]出場を果たした。

2010年、「(幸野は)ジュニアの頃から図抜けた存在だった」というFC東京の強化部長・鈴木徳彦[7]が同クラブのキャンプへ合流させ、そのプレーぶりから契約を打診。これに対し、アカデミーのスクールマスターだった田嶋幸三は、「幸野はアカデミー内ではレベルが違うから、早く出してあげた方がいい」と、16歳でのプロ入りを後押しした[8]。3月になり、アカデミーを途中卒校し[9]FC東京とプロ契約を結んだことにより[10][3]、アカデミー出身者初のJリーグ選手となった。自身と同じ背番号28を付けていた米本拓司を目標に挙げた[11][12]

2010年シーズンは5月22日のナビスコカップ第3節新潟戦で初のベンチ入り。11月17日の天皇杯4回戦千葉戦にて途中起用され、プロとして公式戦デビューを果たした[13]

2011年より大分トリニータ期限付き移籍[14]。17歳、Jリーグ史上最年少での移籍となった[15]田坂和昭監督は幸野のボールキープ力とアグレッシブな守備を評価[16]。第12節栃木SC戦でリーグ戦デビューすると、ボランチとしてだけでなくシャドーストライカーとしても起用され[17][18]2列目からの飛び出しなど攻撃面での貢献も見せた[18]

2012年、FC東京に復帰[19][20]。J1第9節戦でJ1での初出場を記録した。さらに試合経験を積むために[4]同年8月より、FC町田ゼルビアへ期限付き移籍[21][22]。中盤の軸の一人として活躍し[23]、第36節大分戦でプロ入り後の初得点を挙げた。

町田で得た手応えを確かにすべく[5]、2013年よりV・ファーレン長崎に期限付き移籍[24][25]。長崎では主にFWに配され、ポジションを入れ替えながら攻撃する[26]ゼロトップを構成した[27]

2014年シーズンは1年半ぶりにFC東京へ復帰[28][29]同年のナビスコカップ仙台戦でFC東京での初先発[30]の機会を得るも[31]その後の主力定着はかなわず、同年8月よりジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍[32][33]。終盤にかけて右サイドハーフの先発に定着し、巧みなパスで[34]攻撃のアクセントとなった[35]

2015年、FC東京へ復帰[36]2016年のACL全北戦において、FC東京トップチームでは1年10ヶ月ぶりに公式戦出場。リーグ戦開幕以後はU-23チームでの出場が続き[37]、同年6月20日にレノファ山口FC育成型期限付き移籍[38][39]。ボランチに配された。

2017年、古巣V・ファーレン長崎へ完全移籍[40][41]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2010 FC東京 28 J1 0 0 0 0 1 0 1 0
2011 大分 33 J2 18 0 - 2 0 20 0
2012 FC東京 28 J1 3 0 0 0 - 3 0
町田 33 J2 15 1 - 2 0 17 1
2013 長崎 14 32 2 - 1 0 33 2
2014 FC東京 28 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
千葉 33 J2 13 1 - 1 0 14 1
2015 FC東京 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 0 0 - - 0 0
山口 15 J2 8 0 - 1 1 9 1
2017 長崎 7 28 3 -
通算 日本 J1 3 0 1 0 1 0 5 0
日本 J2 86 4 - 7 1 93 5
日本 J3 11 0 - 0 0 11 0
総通算 100 4 1 0 8 1 109 5
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算
出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 2 0 2 0
2015 2 0 2 0
2016 F東23 28 11 0 11 0
通算 日本 J3 15 0 15 0
総通算 15 0 15 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2012 FC東京 28 0 0
2016 1 0
通算 AFC 1 0

選抜・代表歴[編集]

タイトル[編集]

JFAアカデミー福島
  • Manel Forne Ponsユーストーナメント (2009年)
FC東京

個人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町田 期限付き移籍で加入の幸野選手が記者会見「競争に勝ってチームの順位を上げる力になりたい」 blogola (2012年8月7日)
  2. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、68頁。
  3. ^ a b c d e f JFAアカデミー福島男子1期生 幸野志有人選手加入内定のお知らせ FC東京 (2010年3月12日)
  4. ^ a b 【町田:幸野志有人選手が移籍加入】初練習後のコメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2012年8月8日)
  5. ^ a b 新戦力 MF幸野志有人 長崎新聞 (2013年2月5日)
  6. ^ 幸野選手U-17代表へ JFAアカデミー福島初のW杯男子大会へ 47NEWS (2009年10月6日)
  7. ^ 読売新聞福島版 2010.03.17
  8. ^ 「情熱と切磋琢磨と未来への形」 季刊エルゴラ 2010年10月号 ASIN B003ZWBF54
  9. ^ a b 16歳Jリーガー誕生 JFAアカデミー福島の幸野選手”. 2010年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。 河北新報 (2010年3月18日)
  10. ^ JFAアカデミー福島 男子1期生 幸野志有人選手 FC東京に加入内定 日本サッカー協会 (2010年3月12日)
  11. ^ 幸野 背番号「28」で米本超えだ 東京中日スポーツ、2010.03.18
  12. ^ 17歳幸野「1分でも公式戦に出る」 東京中日スポーツ、2010.11.08
  13. ^ アカデミー1期生デビュー”. 2010年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月17日閲覧。 スポーツニッポン (2010年11月17日)
  14. ^ 幸野志有人選手 大分トリニータへ期限付き移籍決定のお知らせ”. 2011年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。 FC東京 (2011年1月7日)
  15. ^ 幸野志有人、17歳の移籍と代理人の重要性 サポティスタ、2011.02.24
  16. ^ 【トリニータ】きょうホーム東京V戦 大分合同新聞、2011.05.22
  17. ^ 【J2:第12節 大分vs栃木】試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2011年5月15日)
  18. ^ a b 【J2:第34節 大分vs千葉】田坂和昭監督記者会見コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2011年11月6日)
  19. ^ 幸野 志有人選手 期限付き移籍満了のお知らせ 大分トリニータ (2012年1月4日)
  20. ^ 幸野志有人選手 FC東京復帰のお知らせ FC東京 (2012年1月4日)
  21. ^ 幸野志有人選手 FC町田ゼルビアへ期限付き移籍のお知らせ”. 2012年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。 FC東京 (2012年8月6日)
  22. ^ 幸野志有人選手 FC東京より期限付き移籍のお知らせ FC町田ゼルビア 2012.08.06
  23. ^ 「高い基礎技術」を植え付けるJFAアカデミーの育成 幸野志有人や田中陽子の活躍が証明すること スポーツナビ (2012年9月3日)
  24. ^ 幸野志有人選手 V・ファーレン長崎へ期限付き移籍のお知らせ FC東京 (2013年1月10日)
  25. ^ 幸野 志有人選手 FC東京より期限付き移籍加入のお知らせ”. 2013年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月4日閲覧。 V・ファーレン長崎 (2013年1月10日)
  26. ^ 【J2:第19節 長崎vs東京V】レポート Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2013年6月16日)
  27. ^ 幸野志有人、サッカー人生を懸けた古巣戦 天皇杯漫遊記ラウンド16 千葉対長崎 スポーツナビ (2014年9月12日)
  28. ^ 幸野志有人選手 期限付き移籍満了のお知らせ V・ファーレン長崎 (2013年12月30日)
  29. ^ 幸野志有人選手 FC東京復帰のお知らせ FC東京 (2013年12月30日)
  30. ^ 幸野、仙台戦で初先発濃厚 アンカーに自信あり 東京中日スポーツ (2014年4月1日)
  31. ^ 公式記録 2014 Jリーグヤマザキナビスコカップ/Aグループ 第2節 Jリーグ (2014年4月2日)
  32. ^ 幸野志有人選手 ジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍のお知らせ FC東京 (2014年8月11日)
  33. ^ 幸野志有人選手の加入について ジェフユナイテッド市原・千葉 (2014年8月11日)
  34. ^ 2ゴール演出の千葉MF幸野「ようやく第一歩を踏み出せた」 ゲキサカ (2014年10月4日)
  35. ^ 4年間昇格を阻んだ千葉の“性格”。「関塚効果」はJ1復帰をもたらすか Number web (2014年12月5日)
  36. ^ “幸野志有人選手 FC東京復帰のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2015年1月16日), http://www.fctokyo.co.jp/?p=204986 2016年6月20日閲覧。 
  37. ^ FC東京から期限付き移籍の幸野志有人が会見。迷いも消え、「100パーセント山口のために」 blogola (2016年6月23日)
  38. ^ “幸野志有人選手 レノファ山口へ育成型期限付き移籍のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2016年6月20日), http://www.fctokyo.co.jp/?p=241655 2016年6月20日閲覧。 
  39. ^ 幸野 志有人選手 育成型期限付き移籍加入のお知らせ レノファ山口FC (2016年6月20日)
  40. ^ 幸野志有人選手 V・ファーレン長崎へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2016年12月19日)
  41. ^ 幸野志有人選手 完全移籍加入のお知らせ V・ファーレン長崎 (2016年12月19日)
  42. ^ JFAアカデミープロ1号 幸野16歳東京入り 東京中日スポーツ、2010.03.12
  43. ^ ジュニアサッカーを応援しよう! Vol.16「父親にしか息子に伝えられないことがある 幸野健一・志有人親子」』 カンゼン2010年3月6日ASIN B0037YLKBY
  44. ^ 幸野志有人表彰 JFAアカデミー (2009年11月30日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]