長谷川健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川 健太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケンタ
カタカナ ハセガワ ケンタ
ラテン文字 HASEGAWA Kenta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-09-25) 1965年9月25日(51歳)
出身地 静岡県静岡市清水区
身長 177cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW (WG)
利き足 右足
ユース
1981-1983 清水東高等学校
1984-1987 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1991 日産自動車 33 (9)
1992-1999 清水エスパルス 207 (45)
代表歴
1989-1995 日本の旗 日本 27 (4)
監督歴
2005-2010 清水エスパルス
2013- ガンバ大阪
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

長谷川 健太(はせがわ けんた、1965年9月25日 - )は、日本の元サッカー選手・サッカー指導者・サッカー解説者。現Jリーグガンバ大阪監督。静岡県清水市(現静岡市清水区)出身。

現役時代はフォワードとして活躍し、右足から繰り出される正確なクロスボールは、「ケンタリング」とも呼ばれたエースストライカー。右45度から放つ豪快なキャノンシュートが売り物のFWだった。

来歴[編集]

小学6年時には清水FCの一員として全日本少年サッカー大会優勝、静岡県立清水東高等学校時代は小学生時代からの盟友大榎克己堀池巧と共に清水東三羽烏としてに高校サッカーで活躍した。

筑波大学を経て1988年に日本サッカーリーグ1部の日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)へ入部。同年からの2年連続三冠(リーグ、天皇杯JSL杯)に貢献した。

1991年にJリーグ設立に際して誕生した地元の清水エスパルスに入団。1993年にはワールドカップアメリカ大会への出場をかけた最終予選に日本代表として出場、ドーハの悲劇を味わった。1996年には清水の初タイトルとなったナビスコカップ優勝、1999年にはJリーグセカンドステージ優勝に貢献し、この年を最後に現役引退した。

引退後はNHKでのサッカーの解説者、サッカーの指導者として浜松大学サッカー部監督を務めた。

2005年シーズンに古巣・清水エスパルスの監督に就任。監督1年目は経験のなさを指摘され、チームも降格・入れ替え戦ラインをさまよい低迷したが、2年目の2006年シーズンからは岡崎慎司といった若手選手を積極的に起用することでチームの世代交代を成功させ4位と躍進を遂げた。その後も上位を保ち、優勝経験がありながらも経営難時代から低迷が続いたエスパルスを見事復活させた。タックル数が極端に少ない緻密なゾーンディフェンスを敷くとともに市川大祐太田宏介児玉新らのサイドバックの攻撃参加を最大限に生かすサイド攻撃を徹底させる戦術も機能した。

2009年シーズンは第28節の広島戦を終えた時点で10年ぶりにリーグ首位に立ったものの、第29節で最下位の大分に敗れ、その後5連敗を喫するなど1勝もできず、シーズン7位に終わる。

2010年シーズンは、開幕から12試合負けなし(8勝4分)と好発進。W杯前の前半戦をリーグ首位で折り返すも、第18節の横浜F・マリノス戦で敗れてからは2勝2分け6敗、ナビスコ杯も準決勝で敗退した。

2010年シーズンの第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝戦の対鹿島戦を最後に監督を退任。リーグ戦では就任初年度を除き一桁順位をキープし続けたが、カップ戦では3度決勝に進出しながらいずれもタイトルを逃してしまった。

2011年からはサッカー解説者に復帰し、NHK BS1(同3月までNHK衛星第1テレビジョン)「Jリーグ中継」を始め、プレミアリーグセリエAのテレビ中継解説者等を務めた。2012年ロンドンオリンピックではジャパンコンソーシアムの解説者として男子サッカーを担当した。

2013年、J2ガンバ大阪の監督に就任[1]。J2降格の原因となった守備の立て直しに着手しつつ、ガンバの持ち味である攻撃サッカーを継承。序盤こそやや躓いたものの、それまで出場機会が乏しかった若手選手を積極的に起用し、中盤以降は安定した内容で昇格圏を維持し1年でのJ1昇格とJ2優勝を達成した[2]

J1に復帰した2014年は、前半戦こそ苦戦を強いられ一時は降格圏内に落ち込んだが、後半戦に入ると一気に巻き返し昇格1年目ながらガンバを9年ぶりのリーグ優勝に導いた。その年のJリーグアウォーズでは自身初の最優秀監督賞を受賞。Jリーグで選手経験を持つ監督としては4人目、現役時代の所属と異なるクラブを率いての受賞は初となった。また、9月には日本人監督としては西野朗以来となるJ1通算100勝目を達成した。さらに、この年ナビスコカップと天皇杯も制し、Jリーグの日本人監督としては初の国内三冠を達成した[3]

2015年、監督として初挑戦となったACLはJリーグ勢最高のベスト4に進出するも、準決勝でこの年ACLを制した中国の広州に敗れた。国内では過密日程で主力選手のコンディションが万全でないながらもリーグ戦は3位に入りCS出場権を獲得。準決勝で年間2位の浦和を破るも決勝で年間1位の広島に敗れリーグ連覇を後一歩で逃した。ナビスコカップも準優勝となったが、天皇杯では2連覇を達成した。

エピソード[編集]

ブラジル留学[編集]

日産自動車サッカー部に入部した1988年、2か月間のブラジル留学を経験した。これは加茂周の計らいとオスカーの仲立ちにより実現したもので、長谷川はJSLカップ開幕を前に渡伯し、サンパウロFCの2軍の練習に参加した。ちなみに清水秀彦が帯同している。当初は練習のみに参加する予定であったが、監督のカルロス・アルベルト(後に読売クラブ監督)に実力を認められ、特別措置として、2軍の公式戦2試合に出場した。結果は上々で、長谷川はチームに残らないかと勧誘されたという[4]

その他[編集]

  • 1990年北京アジア大会終了後、練習中に右膝を痛めて手術を受けることになり、一から出直すつもりで、日産を退部。清水への移籍を決断した。
  • 漫画家のさくらももことは同じ小学校で同期であり、代表作『ちびまる子ちゃん』には長谷川健太をモデルにしたサッカー好きの少年「ケンタ」がクラスメートとして登場する。長谷川とさくらは『ちびまる子ちゃん』の舞台である3年生のときに同じクラスだったわけではないが、5~6年生のときは同じクラスであった[5]。しかし、さくらが漫画家として有名になるまで長谷川はさくらのことを全く覚えていなかったという。なお、作中では小柄な少年として描かれているが実際の長谷川は他の同級生よりも大柄な体格だったとのこと。
  • 引退して間もない2000年12月にテレビ番組の取材でスペインのRCDエスパニョールに移籍することが決まっていた西澤明訓に対し、「一番好きなFW」「やわらかくポスト(プレー)できるし、シュート巧いし、好きなんだよオレ」と褒めちぎり、「帰国後はエスパルスでやるんでしょ? 3年後くらいに監督やってるからエスパルスに来い」と声を掛けた。これは見事に実現し、西澤は2007年1月にエスパルスに加入した。ちなみに西澤自身も、年代こそ違うが、長谷川やさくらももこと同じ小学校の卒業生である。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1988-89 日産 JSL1部 18 4
1989-90 13 11 5 3 0
1990-91 9 4 0 4 0
1992 清水 - J - 10 2
1993 36 10 1 0 4 1 41 11
1994 44 9 1 0 1 1 46 10
1995 21 3 - 0 0 21 3
1996 24 7 16 7 3 2 43 16
1997 9 30 5 6 2 1 0 37 7
1998 31 9 5 0 5 2 41 11
1999 J1 21 2 2 1 2 1 25 4
通算 日本 J1 207 45 41 12 16 7
日本 JSL1部 33 9 7 0
総通算 240 54

その他の公式戦

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 27試合 4得点(1989-1995)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1989 11 1
1990 6 2
1991 0 0
1992 0 0
1993 5 0
1994 2 0
1995 3 1
通算 27 4

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1989年6月11日 日本東京 インドネシアの旗 インドネシア 5-0 勝利 1990 FIFAワールドカップ予選
2 1990年9月26日 中華人民共和国北京 バングラデシュの旗 バングラデシュ 3-0 勝利 アジア競技大会
3
4 1995年2月25日 オーストリアシドニー オーストラリアの旗 オーストラリア 1-2 敗戦 親善試合

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯 天皇杯 ACL
2002 浜松大 - - - - - - - 2回戦敗退 -
2005 J1 清水 15位 34 39 9 12 13 ベスト8 準優勝 -
2006 4位 34 60 18 6 10 予選リーグ敗退 ベスト8 -
2007 4位 34 61 18 7 9 予選リーグ敗退 ベスト8 -
2008 5位 34 55 16 7 11 準優勝 ベスト8 -
2009 7位 34 51 13 12 9 ベスト4 ベスト4 -
2010 6位 34 54 15 9 10 ベスト4 準優勝 -
2013 J2 G大阪 優勝 42 89 25 12 5 - 3回戦敗退 -
2014 J1 優勝 34 63 19 6 9 優勝 優勝 -
2015 2位 34 63 18 9 7 準優勝 優勝 ベスト4
2016 予選ステージ敗退
J1通算 - 272 - 126 68 78
J2通算 - 42 - 25 12 5
J通算 - 314 - 151 80 83

タイトル[編集]

選手時代[編集]

高校
大学
日産自動車
清水エスパルス
  • ヤマザキナビスコカップ:1回(1996年)
  • J1リーグ 2ndステージ:1回(1999年)

監督時代[編集]

ガンバ大阪
個人

著書[編集]

長谷川が静岡朝日テレビスポーツパラダイス』にて行なったゲストとの対談をまとめたもの。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “2013シーズン ガンバ大阪 長谷川健太監督就任のお知らせ”. ガンバ大阪オフィシャルサイト. (2013年1月1日). http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=4496 2013年1月1日閲覧。 
  2. ^ “守備を整備しながらも破壊的な攻撃力で他を圧倒。ガンバを一年で昇格させた長谷川監督の手腕”. フットボールチャンネル. (2013年11月7日). http://www.footballchannel.jp/2013/11/07/post11271/ 2013年11月25日閲覧。 
  3. ^ “ガンバを三冠に導いた長谷川健太監督の「三大革命」”. sportiva. (2014年12月14日). http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2014/12/14/post_799/ 2014年12月14日閲覧。 
  4. ^ 加茂周『モダンサッカーへの挑戦』(講談社)
  5. ^ さくらももこ「ももこのしゃべりことば」ニッポン放送出版 1992年

外部リンク[編集]