米山篤志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
米山 篤志 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨネ
カタカナ ヨネヤマ アツシ
ラテン文字 YONEYAMA Atsushi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-11-20) 1976年11月20日(40歳)
出身地 栃木県宇都宮市
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1992-1994 桐蔭学園高校
1995-1997 駒澤大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2005 ヴェルディ川崎 / 東京ヴェルディ 168 (13)
2006 川崎フロンターレ 7 (0)
2007-2008 名古屋グランパスエイト 39 (1)
2009-2010 栃木SC 54 (0)
代表歴
2000[1] 日本の旗 日本 1 (0)
監督歴
2012-2014 東京23FC
1. 国内リーグ戦に限る。2009年12月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

米山 篤志(よねやま あつし、1976年11月20日 - ) は栃木県宇都宮市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。短期間ながら日本代表に選出されたこともある。中田英宮本戸田らとU-17日本代表に選出され、1993 FIFA U-17世界選手権でのベスト8に貢献した。[要出典]


来歴[編集]

桐蔭学園高校時代、スランプに陥った時期に李国秀の勧めでミッドフィールダーからディフェンダーへと転向した[2]

駒澤大学では2度の全日本大学選手権優勝やユニバーシアード日本代表選出などの実績を残し、在学中の1998年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に入団。同年2ndステージにはレギュラーポジションを獲得した。2000年にはフェアプレー個人賞を獲得した[3]

トルシエ監督時代には日本代表にも選出され、2000年2月26日AFCアジアカップ2000 (予選)ブルネイ戦で国際Aマッチのキャップを記録した[4]。 以後も主力として東京Vのレギュラーを務めていたが、2005年に東京VのJ2降格が決定するとクラブの方針から戦力外通告を受けた。この時米山と林健太郎が早々に戦力外通告を受けた事は、高校・大学とプロ入り前からチームメイトだった山田卓也やクラブ後輩の小林大悟が東京Vを去る決断をする要因となった。

2005年10月8日、元タレント1999年ミス日本ミス水着に選ばれた小谷亜希子と入籍。

2006年川崎フロンターレに移籍。第6節の千葉戦に途中出場し、J1リーグ通算200試合出場を達成した。シーズン終了後には「川崎は来期に向けての契約非継続選手はゼロ」との報道もされていたが、2007年1月にJリーグ合同トライアウトに米山が参加していたことから、実際には戦力外通告を受けていた事が明らかになった。2007Jリーグ開幕直前に名古屋グランパスエイトの練習に参加し、正式に入団が決定した。2008年11月末にシーズン限りでの退団が明らかになったが、その直後のホーム最終戦・対札幌の試合終了直前に「無回転ボール」での強烈な直接フリーキックをゴールを決めた。

2009年、この年からJ2に昇格した故郷のクラブ・栃木SCに完全移籍。2010年佐藤悠介とダブルボランチを組み、4連勝を含む11戦負け無しとチームの好調を支えたが、終盤は出場機会が減り、2010年シーズンを持って契約満了となり退団した。

2011年は、FCタンパベイ英語版(アメリカ)や、深圳紅鑽(中国)、愛媛FC、さらにはオーストラリア、ベトナムと、各国でプレーできるクラブを模索するも契約に至らず[5]11月8日に現役引退を発表した[6]

2012年より、ファンルーツアカデミーコーチングスタッフ、東京23FC監督に就任[7]。これと平行して中日スポーツ紙上でのサッカー評論も行う。

2014年10月、東京23FCの監督を解任された[8]

2015年、古巣名古屋グランパスのスクールコーチに就任[9]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1998 V川崎 23 J 15 0 2 1 3 0 20 1
1999 5 J1 29 2 4 0 4 1 37 3
2000 30 1 6 0 2 0 38 1
2001 東京V 21 1 2 0 3 1 26 2
2002 23 28 2 6 0 1 0 35 2
2003 23 3 3 0 2 0 28 3
2004 5 29 3 8 1 5 1 42 5
2005 23 1 2 0 0 0 25 1
2006 川崎 8 7 0 1 0 0 0 8 0
2007 名古屋 5 21 0 2 0 1 0 24 0
2008 18 1 6 0 1 0 25 1
2009 栃木SC 23 J2 37 0 - 1 0 38 0
2010 17 0 - 0 0 17 0
通算 日本 J1 244 14 42 2 22 3 308 19
日本 J2 54 0 - 1 0 55 0
総通算 298 14 42 2 23 3 363 19

個人タイトル[編集]

  • 2000年 - Jリーグフェアプレー個人賞

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 1試合 0得点(2000)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2000 1 0
通算 1 0

指導経歴[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • SC_FM『ヨネラジ』(RADIO BERRY 2010年8月3日-2011年1月25日終了、火曜日20:55-21:00)

出典[編集]

  1. ^ a b “米山 篤志”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ya/atsushi_yoneyama.html 
  2. ^ ウイークリー・インタビュー VOICE!『週刊サッカーマガジン』 1999年9月15日号 No.728、ベースボール・マガジン社、61-63頁。
  3. ^ Jリーグアウォーズ - 表彰一覧 2000”. Jリーグ. 2013年8月31日閲覧。
  4. ^ 日本代表 試合別出場記録 (pdf)”. 日本サッカー協会. 2009年3月12日閲覧。
  5. ^ 週刊サッカーマガジン No.1386 38-40頁
  6. ^ 米山篤志選手 現役引退のお知らせ”. 栃木SC. 2011年11月8日閲覧。
  7. ^ 今季の監督就任のお知らせ 東京23FC 2012.01.27
  8. ^ “米山篤志監督 解任のお知らせ” (プレスリリース), 東京23FC, (2014年10月15日), http://www.tokyo23fc.jp/news/news2_141015_1.html 2014年10月17日閲覧。 
  9. ^ “米山篤志氏、スクールコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 名古屋グランパス, (2015年1月8日), http://nagoya-grampus.jp/information/pressrelease/2015/0108post-328.php 2015年1月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]