ミス日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミス日本(みすにっぽん)
Keio Plaza Hotel -01.jpg
本選の会場である京王プラザホテル
東京都新宿区
受賞対象17歳から26歳の未婚の女性
会場京王プラザホテル
日本の旗 日本
司会(一社)ミス日本協会(2017年~現在)
和田研究所(1967年~2017年)
読売新聞社(1950年・1952年)
報酬賞金100万円
初回1950年昭和25年)
最新回2021年令和3年)
最新受賞者松井朝海(グランプリ)
公式サイトhttps://www.missnippon.jp/
映像外部リンク
ミス日本 Official YouTube Channel
<LIVE>第53回ミス日本コンテスト2021生中継 - YouTube
<LIVE>第52回ミス日本コンテスト2020生中継 - YouTube
ミス日本
YouTube
チャンネル
活動期間 2002年1月10日 -
登録者数 2,600人
総再生回数 109,317 回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年3月23日時点。
テンプレートを表示
ミス日本入賞者に贈られるブロンド像、クリスタルトロフィー
第52回ミス日本コンテスト2020 受賞者5名
第53回ミス日本コンテスト2021(新宿京王プラザホテル_エミネンスホール)

ミス日本(みすにっぽん、Miss Nippon)は、現存する日本ミス・コンテストで最も古い歴史を持つ(第1回は山本富士子)。1950年昭和25年)に始まり、中断を経て1967年(昭和42年)の復活後は美容研究団体の和田研究所によって開催。2018年平成30年)からは一般社団法人ミス日本協会が主催として毎年開催している。

概要[編集]

「日本らしい美しさ」を掲げて、社会で活躍することを後押しする日本最高峰の美のコンテスト。1950年昭和25年)に読売新聞社主催でスタートした日本最古の現存するミス・コンテストで、2021年令和3年)で55回目の開催となる。

単なるコンテストだけではなく将来、日本に元気や活力をもたらすような人物を成長することを願い、選抜や育成が行われる。過去に女優芸術家学者医者映画監督会社経営者財団代表女将主婦タレント政治家など分野を問わず、活躍する女性を輩出。山本富士子(女優)、藤原紀香(女優)、叶美香叶姉妹)、森富美日本テレビアナウンサー)、西川史子(医師)、友利新(医師)、金子恵美衆議院議員)など。

審査委員長は酒井政利(メディアプロデューサー)、大会委員長は和田あい(一般社団法人ミス日本協会)。

歴史[編集]

第1回(1950年度)ミス日本・山本富士子

1945年(昭和20年)太平洋戦争終結直後、日本は復興の苦しい時代に突入。アメリカから送られてきた救援物資「LARA(ララ)物資」が栄養失調であえぐ日本の子供たちを救った。この行為に対して1947年(昭和22年)の衆議院議員本会議で緊急の感謝決議が採択。1950年(昭和25年)アメリカ国民に感謝を伝えるため女性親善大使を送ることになりました[1]

そこで親善大使選抜のために開催されたのが読売新聞社主催と、当時業務提携関係にあった中部日本新聞社西日本新聞社ブロック紙が共催による「ミス日本コンテスト」でした。初代ミス日本には、後に昭和時代の日本を代表する映画女優の一人となった山本富士子が受賞者となった[2]

以後中断の時があり、1968年(昭和43年)に復活させたのは、痩身健康美容として「和田式フィギュアリング法」を提唱実践した和田静郎を代表とする美容研究団体・和田研究所(旧 和田牛乳)であった。和田静郎は、当時、テレビ美容体操の指導者としても脚光を浴びた。「ミス日本」は岸信介元総理の親書を持って世界各国を訪れて1970年(昭和45年)開催大阪万博成功への道を開く一助を担った[3][4]

1968年(昭和43年)の復活第一回大会から2017年平成29年)の第49回大会までを主催した和田研究所(和田商事株式会社)は、ミス日本の更なる発展を目指して、2017年7月1日に結成された一般社団法人ミス日本協会に、ミス日本コンテストの主催とミス日本の運営を移管し、その理念を継承した[4][5]

その間に1995年(平成7年)から1979年度ミス日本の和田優子(のちに静郎の次男・薫と結婚)が「ミス日本コンテスト大会委員長」に就任した[4]

2019年(平成31年)ミス日本復活50回を記念して「日本の美人50年 昭和・平成・あたらしい時代の美人とは」が近代消防社から発売される[1]

2020年令和2年)8月1日から「ミス日本チーフマネージャー」を務めた和田あいが「ミス日本コンテスト大会委員長」に就任。和田健太郎が「ミス日本コンテスト事務局代表」に就任。兄妹による新体制がスタート[6]

復活第一回以来「水着審査」が審査方法にあったが、2021年(令和3年)から「スポーツウェア審査」にリニューアルした[7]

応募資格[編集]

参加者を一般公募しており、以下を満たす者であれば応募できる(2021年現在)[1]

  1. 地区大会開催年の12月31日時点で、17歳から26歳までの女性[1]
  2. 日本国籍を有すること[1]
  3. 未婚であること[1]

選考方法[編集]

書類選考で合格した応募者は、全国数ヶ所で開催されるいずれかの地区大会に出場する。地区大会にて「ファイナリスト」に選出された参加者がミス日本コンテスト本選に進出し、最終的にミス日本グランプリ他の受賞者が決定される[8]

現代の多くのミス・コンテストと同様に、選考時の審査基準は容姿だけに留まらないが、後日開催の世界大会を踏まえて日本代表を選出する「ミス・ユニバース・ジャパン」などのコンテストとは異なり、ミス日本では「日本国内で完結する、日本人らしい美しさの最高位」を選出することを基本方針としている。特に内面の審査では「教養」「心映え」を重視するとしている[8]

表彰項目[編集]

ミス日本入賞者に贈られるたすき(1973年のグランプリ受賞・長谷川みつ美に贈呈されたものをレプリカで再現した物)
  • ミス日本グランプリ
    • その年を代表する若く美しい可能性溢れる「日本女性の美の最高位」[1]
  • ミス日本ミス着物(復活第1回より)
    • 和の伝統美を装うことで世界日本の美しさを伝える役割を担う[1]
  • ミス日本「海の日」(1996年度新設)
    • 島国日本になくてはならない海の恵みに感謝し、海洋業界への理解と関心を高める役割を担う[1]
  • ミス日本「水の天使」(2012年度新設)
    • 日本の優れた水循環とそれを支える人々の心と技を広く伝える「水の広報官」[1]
  • ミス日本みどりの女神(2015年度新設)[9]
    • 未来に繋がる豊かな緑を守り育ててきた先人に感謝し、みどりや森への親しみを広める役割を担う[1]
  • ミス日本ミススポーツ(2019年度新設)
    • 心身の鍛錬に励み、健康的に挑戦することの楽しさを広める役割を担う[1]
  • 準ミス日本
    • ミス日本コンテストにおける準ミス日本とは、複数選ばれるミス日本に次ぐ賞として取り扱われている。つまり、ミス日本グランプリ>ミス日本各賞>準ミス日本、という序列である[1]
  • 和田静郎特別顕彰ミス日本(2015年新設)
    • これまで、ミス日本は一般公募によって選出されてきたが、ミス日本の復活に尽力し、日本のダイエットの基礎を築いた、和田研究所創業者・和田静郎1922年-2006年)の業績をたたえ、静郎の考える「美しい女性たちに栄誉と実益を与えよう」という思いを込め、すでに顕著な活躍を見せており、かつ忙しい立場でなかなかコンテストに応募できない方に、コンテストの応募の有無にかかわらず、美と健康の素晴らしい素質を持つ女性がさらに活躍できることを応援したいという願いから、その将来性のあふれる女性に対してミス日本として表彰しようという著名人特別表彰である。審査は静郎とともにミス日本を支えた弟子4名と、コンテスト事務局による推薦合議制である。2021年現在、この推薦表彰を受けたのは畠山愛理南谷真鈴清水希容の3名[10][11]
※準ミス日本、和田静郎特別顕彰ミス日本は受賞該当者がない年もある。
※過去にはミスエレガント、ミスヴィーナス、ミス日本「フォトジェニック」、ミス日本「空の日」、ミス日本「国際親善」、ミス日本「ミス水着」、ミス日本「ネイチャー」(2003年-2014年)などの賞もあった。その他、決勝大会の出場者にもミス日本の称号が与えられた時期もあった[12]2003年平成15年)度からスポーツニッポン新聞社のインターネットサイト「スポニチ・アネックス」の利用者を対象にした投票による「スポニチ特別賞」が制定され、受賞者である2003年度の相沢礼子、2004年度の嵯峨百合子と2007年度の萩美香、2013年度の鈴木恵梨佳はミス日本グランプリとの2冠を受賞した。

歴代ミス日本グランプリ[編集]

大会回次 年度 応募総数[1] 優勝者 後の職業など
創設当初
第1回 1950年 非公表
(700名弱)
山本富士子 女優(大映専属→フリー)
第2回 1952年 非公表 日比野恵子[13] 女優(新東宝専属→フリー)
復活後の大会
復活第1回 1968年 2,328名 鈴木紀子(※)
第2回 1969年 1,476名
第3回 1970年 2,310名 竹内幸子
第4回 1971年 1,006名 吉村由美子
第5回 1972年 1,925名 坂本千桃 受賞時現役女優→引退し神奈川県で別荘レストラン経営
第6回 1973年 1,470名 長谷川みつ美 テレビキャスター・作詞家・エッセイスト
第7回 1974年 2,373名 田窪佐和子
第8回 1976年 1,723名 浅井孝美 芸名:京孝美、女優(「水戸黄門」など)・タレント・モデル(資生堂専属モデル)、レポーター)
第9回 1977年 1,114名 手塚圭子 医学博士・美容研究家
第10回 1978年 1,249名 榎本安江
第11回 1979年 1,329名 村田知嘉子
第12回 1980年 1,654名 桑原順子(※)
第13回 1981年 3,310名
第14回 1982年 2,256名 峰岸房子
第15回 1983年 2,661名 山口裕美
第16回 1984年 2,051名 常岡昭子
第17回 1985年 2,445名 根本里美
第18回 1986年 2,557名 中村麻美 キャスター・画家
第19回 1987年 1,555名 伊比恵子 映画監督(1999年アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門監督賞受賞
第20回 1988年 1,778名 玉井美香
叶美香
タレント(叶姉妹
第21回 1989年 1,866名 澤本礼江
第22回 1990年 1,760名 相馬知実 受賞時静岡放送の現役アナウンサー→後退社
第23回 1991年 1,634名 岡本恵美
第24回 1992年 1,722名 藤原紀香 タレント・女優
第25回 1993年 1,942名 小岩井陽子
第26回 1994年 2,668名 松田直子 通産省入省
第27回 1995年 2,572名 長井千尋
第28回 1996年 2,046名 近澤美歩 タレント・歌手→引退後栃木県で和風料亭女将
第29回 1997年 2,423名 田村桂子 モデルとして活躍後、デザイナーに
第30回 1998年 2,476名 和田淑子 受賞時東京大学在学中
第31回 1999年 2,888名 小松田有理 国連公式モデレーターへ
第32回 2000年 3,192名 出川紗織
(天川紗織)
受賞時武蔵大学在学中。女優・タレントへ
第33回 2001年 2,128名 野手るりこ 歯科医師へ
第34回 2002年 2,088名 佐野公美 受賞時聖心女子大学在学中。後に河村隆一と結婚
第35回 2003年 2,364名 相沢礼子 タレント・キャスターへ
第36回 2004年 2,528名 嵯峨百合子
(さがゆりこ)
受賞時フェリス女学院大学在学中。タレントへ
第37回 2005年 2,289名 久米里紗 その後静岡県の企業で秘書として勤務
第38回 2006年 2,461名 小久保利恵 受賞時現役タレント・モデル・早稲田大学在学中
第39回 2007年 2,432名 萩美香 受賞時立教大学大学院在学中。タレント・「みえの国観光大使」へ
第40回 2008年 2,941名 鈴木恵理 受賞時日本大学在学中。客室乗務員
第41回 2009年 3,508名 宮田麻里乃 受賞時高校生。早稲田大学へ進学
第42回 2010年 3,663名 林史乃 受賞時上智大学在学中
第43回 2011年 3,169名 谷中麻里衣 英検1級日本英語検定協会賞受賞・TOEIC990点。受賞時慶應義塾大学在学中。その後タレント・キャスターへ
第44回 2012年 3,028名 新井貴子 フライングディスク選手。父は元プロ野球選手・新井宏昌
実姉に2011年ミス着物・新井寿枝。その後パリコレモデルに
第45回 2013年 2,825名 鈴木恵梨佳 2010年ミス日本大学(ミスキャンパス)受賞→ 卒業後、造園・園芸に従事[14]
第46回 2014年 2,533名 沼田萌花
第47回 2015年 2,426名 芳賀千里 アーティスティックスイミング日本代表
第48回 2016年 2,804名 松野未佳[15] 受賞時慶應義塾大学在学中。父は松野頼久、祖父は松野頼三[16]
第49回 2017年 2,156名 高田紫帆[17] 受賞時大阪大学在学中。元陸上ジュニアオリンピック選手
第50回 2018年 2,803名 市橋礼衣[18] 受賞時会社員
第51回 2019年 2,354名 度会亜衣子[19] 受賞時東京大学在学中
第52回 2020年 2,525名 小田安珠[20] 受賞時慶應義塾大学在学・フリーアナウンサーとして活動中。
第53回 2021年 非公表 松井朝海[21] 受賞時関西学院大学在学中。ボートレーサー松井繁の三女
総計53大会 118,794名 グランプリ51名(※)

(※):鈴木紀子と桑原順子は2年連続での受賞

グランプリ以外の著名な受賞者・出場者[編集]

大会回次 年度 氏名 後の職業など
第9回 1977年 和田優子 2年連続ミス日本、前ミス日本コンテスト大会委員長(1995年~2020年)
第10回 1978年
第16回 1984年 川崎博子 モデル
第17回 1985年 小田かおる 女優
赤須知美 美容研究家 のちに1988年ミス・ワールド準日本代表
第18回 1986年 小谷ゆみ ミス日本、モデル、1988年東洋紡キャンペーンガール
第19回 1987年 荒井晶子 ミス日本、女優、歌手
桑原多賀子 ミス日本、競輪選手滝澤正光夫人
第21回 1989年 小林恵里子 準ミス日本、現:モデル、パソコンライター
第22回 1990年 飯島美穂 ミス日本、後に「あらいすみれ」に改名。女優、モデル
板倉リサ ミス日本、女優(インド映画ボリウッド主演)、舞踊家
第23回 1991年 新井すみれ ミス日本、女優、モデル
菊地則江 ミス日本、女優、モデル
第24回 1992年 佐野美和 ミス日本、後に八王子市議会議員に当選。現:タレント、政治ジャーナリスト
新井田雅樹 ミスフラワー、ナレーター声優
第25回 1993年 高田ゆき ミス日本、グラビアアイドルキャンペーンガール
第26回 1994年 大高未貴 ミス日本国際親善、ジャーナリスト、キャスター
大竹一重 ミス日本、女優、モデル
森富美 ミス日本、日本テレビアナウンサー
飯村いづみ ミス日本、女優、モデル
第28回 1996年 西川史子 フォトジェニック賞、医師、タレント
第29回 1997年 中沢純子 フォトジェニック賞、女優、タレント
第30回 1998年 迫田悠 コロンビアコーヒー賞、後に「水沢はるか」に改名。タレント、お天気アナウンサー
上山美紀 フォトジェニック賞、元福島テレビアナウンサー
第31回 1999年 小谷亜希子 ミス水着、タレント
赤嶺梨奈 準ミス日本、ファッションモデル
第33回 2001年 村川浩子 フォトジェニック賞、「川村利里」の芸名にてグラビアアイドル。2005年、将棋の丸山忠久九段と結婚
第35回 2003年 藤田瞳 関西代表、タレント
成尾亜矢子 準ミス日本、ピアニスト
第36回 2004年 金子恵美 関東代表。後に新潟県議会議員を経て衆議院議員に。元新潟放送社員
友利新 準ミス日本、医師、タレント
第37回 2005年 高下彩 フォトジェニック賞、ファッションモデル、女優
米浜由圭 準ミス日本、元大分放送アナウンサー
金山梨紗 準ミス日本、ファッションモデル
第38回 2006年 橋本麗奈 準ミス日本、タレント
第39回 2007年 丸田佳奈 ミス「ネイチャー」、産婦人科医・モデル・タレント
河村さやか ミス日本「海の日」、ウェザーニュースキャスター
小嶋沙耶香 準ミス日本、広島ホームテレビアナウンサー
大村咲子 準ミス日本 受賞前から長崎のローカルタレントとして活躍。現在テレビ長崎アナウンサー
小島祐希 準ミス日本 青森テレビアナウンサー
大河原あゆみ 関東地区代表、山口放送アナウンサー、三代目桂枝太郎(落語家)夫人
第40回 2008年 岡田亜沙美 ミス日本ネイチャー、NHK熊本放送局キャスター
蘭舞ゆう 準ミス日本、元宝塚歌劇団所属
細貝沙羅 関東地区代表、元フジテレビジョンアナウンサー
第41回 2009年 木村好珠 準ミス日本、タレント
松本蘭 ミス日本ミス着物 ヴァイオリニスト
第42回 2010年 瀧口友里奈 関東地区代表、タレント
本田恭子 準ミス日本 タレント、栃木放送番組アシスタント、とちぎテレビ番組MC ほか
鈴木亜美 ミス日本「海の日」 モデル
第43回 2011年 新井寿枝 ミス日本ミス着物 画家、ファッションモデルプロ野球元選手の新井宏昌の長女、2012年グランプリ・新井貴子の実姉
宇賀神唯 東北地区代表、NHK新潟放送局キャスター→テレビ金沢アナウンサー
第44回 2012年 海老澤佳奈 ミス日本ミス着物、スポニチ特別賞 タレント、波山をたどる旅 主演
酒井美帆 ミス日本「水の天使」<初代受賞者>、テレビ新潟放送網アナウンサーからフリーに。『国際報道2018』(NHK BS1)キャスター)[22]
安藤麻実 準ミス日本 KADOKAWA主催の第28回コミックエッセイプチ大賞<筆名「あんどうまみ」>にて。

ミス日本の経験を描いた漫画『ミステイクのミスではありません』でA賞を受賞。
同作を同社にて書籍化した『コミュ力低めでちょいオタな私が準ミス日本になるまで』が2016年1月22日に発売

片山萌美 ミス日本ネイチャー[23] 女優
第45回 2013年 渡辺けあき ミス日本「海の日」 現役プロボウラー
伊波紗友里 九州・沖縄地区代表、出場時点でラジオ沖縄勤務、その後TBSニュースバードキャスター、琉球朝日放送アナウンサーを経て、現在フリーアナウンサー・インストラクター
竹上萌奈 ミス日本ネイチャー 2015年関西テレビ放送アナウンサーとして入社
第47回 2015年 畠山愛理 和田静郎特別顕彰=第1号受賞者 新体操日本代表[10]
柴田美奈 ミス日本「水の天使」 2018年東海テレビ放送アナウンサーとして入社
第48回 2016年 織茂璃穏 ミス日本ミス着物 女優「おりもりお」として活動[24] 父はおりも政夫[25]
杉浦琴乃 ミス日本「海の日」 タレント[26]
第49回 2017年 宮崎あずさ[27] ミス日本「水の天使」 2018年からNHK徳島放送局アナウンサー
第50回 2018年 水草文香
(フミカ)
ファイナリスト グラビアアイドル[28]
第51回 2019年 南谷真鈴 和田静郎特別顕彰=第2号受賞者 冒険家として女性史上最年少の世界七大陸登山探検家グランドスラム達成 環境活動家
西尾菜々美 準ミス日本/ミス日本「水の天使」 2020年名古屋テレビ放送アナウンサーとして入社
第52回 2020年 森谷美雲 ミス日本「海の日」 仙台放送あらあらかしこ」リポーター→2021年テレビ金沢アナウンサー
第53回 2021年 清水希容 和田静郎特別顕彰=第3号受賞者 空手東京五輪2020(開催は2021年)日本代表[29]

ミス日本ボランティア協会[編集]

ミス日本の称号を得られると、慈善活動団体「ハートフル」のメンバーにも登録される特典がある他、過去の受賞者の親睦団体「やまとなでしこ会」があり、それを通して各地での講演・社会運動や慈善活動にも参加している。[30]2013年元日より、「ミス日本ボランティア協会」が設立され、ミス日本の歴代受賞者が中心となって国内外での福祉・ボランティア活動の企画・推進を行うようになった[31]。任期は基本1年。

歴代代表
年度 代表 受賞歴
2013 新井寿枝 2011年度ミス着物[31]
2014 谷中麻里衣 2011年度グランプリ[32]
2015 鈴木恵梨佳 2014年度グランプリ[32]
2016 芳賀千里 2015年度グランプリ
2017 松野未佳 2016年度グランプリ

番組[編集]

主要な放送番組(特記のないものは全国ネット)で放送された、ミス日本を題材にして特集した番組は以下のとおりである。なお、番組によっては歴代受賞者が当時のたすきを付けて出演しているが、現役メンバーに限らず、過去のミス日本OGもミス日本としての公式行事(慈善活動や自治体・国営機関表敬訪問他)で出席する場合にもミス日本のたすきやティアラを付ける場合がある。[12] [33]今回インタビューを行った受賞者の多くは、久しぶりに公式の場でミス日本のたすきやティアラをつけたメンバーばかりだった[1]

  • 上岡龍太郎がズバリ!TBSテレビ[34][1]
    • 歴代のミス日本受賞者50人を迎えてのスタジオ討論。出席した受賞者全員が受賞した当時のたすき(グランプリなど各入賞者はその肩書を書いたもの、それ以外は単に「ミス日本」と書かれたもの[12])とティアラを着用。玉井(叶)が会社社長の肩書きで参加していた。
  • ザ・ワイド讀賣テレビ放送日本テレビ放送網[1]
    • 受賞者の近況などを特集したもの。佐野(美)(当時八王子市議会議員)がたすきを着用してインタビューに答えた。
  • サンデージャングルテレビ朝日[1]
    • ザ・ワイドと同様に受賞者の近況が紹介。佐野(美)、松田、大高、和田、西川、菱沼良江(1995年・1996年連続出場し、95年はミス水着、96年はミス着物をそれぞれ受賞→後に秋田県聾学校勤務 現姓:大友)がインタビューに応えていた。佐野(美)については、1999年統一地方選挙で行われた八王子市議会選挙の遊説の模様[35]、西川については当時健康情報キャスターとしてレギュラー出演していたTBSテレビ「エクスプレス」の生放送の模様が紹介されていた。
  • 快感MAP(テレビ朝日)[1]
    • 「ミス日本が営む店」と銘打って、1996年度の同大会でグランプリを受賞し、結婚後栃木市で料亭の女将を営む近澤を同窓生の西川が訪問した番組が放送されている。
  • モクスペ日本テレビ[1]
    • 吉野ゆりえ1990年ファイナリスト。社交ダンサー)のがん闘病に密着したドキュメンタリー「5年後、私は生きていますか」が放送された。
  • スッキリ!!(日本テレビ)[1]
    • 過去のミス日本受賞者の中から放送当時40代の3人(長坂靖子<1985年ファイナリスト→1989年ミス・ワールド準日本代表を経てウォーキングアドバイザー>、後藤慶子<1981年ファイナリスト→フラメンコダンサー・講師>、赤須知美<1985年ミス日本ミススマイル>)を取り上げ、その若さと美容を保つためのコツを紹介した。[36]
  • 映像体験!イッキ見シアター関西テレビ放送[1]
    • 2011年の谷中をスタートとして1950年の山本まで遡りながらミス日本グランプリ受賞者の歴史を振り返った。
    • この中で谷中、萩、近澤、中村、坂本(以上出演順)の各受賞者へのインタビューが行われ、受賞時の写真[37]との比較や当時のたすきとティアラを付けてもらって、受賞当時について、また近況報告などを語っている。(他に林、嵯峨<さが>、相沢、出川<天川>、常岡も受賞時のたすきとティアラを付けてインタビューに応えているが、時間の都合上割愛されている[38]ものの、インタビュー収録に際して撮影された静止画は一覧写真で放送されている)また宮田、鈴木(恵理)、佐野(公)、藤原、伊比、山本についても写真資料のみであるが詳しく触れている。
    • インタビューは谷中はカフェ、萩はヘアサロンとそれぞれ行きつけの店で、他のメンバーは現在の活動の拠点となる店やアトリエなどで行った。
    • なお、この特集では放送当時の「歴代ミス日本全43人」として紹介されている。これは2011年が第43回大会に当たるためであるが、本来であればこの当時のミス日本グランプリの受賞者は44人になるところが、2人の2年連続グランプリ受賞者(鈴木(紀)と桑原)がいたことから、実際には42人ということになる。
      • このうち桑原は「第12・13代グランプリ受賞者」としてのくくりで連覇達成者として扱われているが、鈴木(紀)については第2期の初代・2代目の連覇を達成していながら「第2代グランプリ受賞者」のみとされ、連覇達成者として扱われていない。また、第20代グランプリ受賞者の玉井(叶)については写真を含め紹介されなかったため、実際にインタビューや資料などで登場したミス日本受賞者は41人であった。
  • Dream Theaterエフエム東京 東京ローカル)[1]
    • 谷中をゲストに迎えて2週間にわたって放送された。そのうちの前編で、ミス日本が決定されるまでの過程、研修会、コンテスト決定大会の流れについて、自ら説明している
  • ズバリお悩み解決!雨上がりよろず堂(讀賣テレビ放送 関西ローカル)[1]
    • 2014年ミス着物受賞者である尾崎優子が、将来の進路に悩んでいるということで、司会の雨上がり決死隊のもとに相談に訪れたという設定で出演し、それに併せる形で過去のミス日本受賞者のその後について取材したものを放送した。取材では「松竹梅」の3つのコースから尾崎の自らの進路について「松=芸能界で活躍するミス日本」(資料のみで玉井(叶)、友利、藤原の3人を例に挙げて紹介)「竹=意外な進路を取ったミス日本」(取材インタビューに答えたのは近澤、中村、坂本(伊藤)。その他資料のみで伊比、金子、柴田恵理<2008年準ミス日本 現・お好み焼き店経営>)、「梅=西川(インタビュー取材でのアドバイス)」の3つの選択肢を選んでもらうという形で紹介した。(出演順)
  • 私の何がイケないの?TBSテレビ[1]
    • 西川と友利が専門家としてレギュラー出演しているが、この回ではミス日本受賞者のその後について特集を行う(友利は2014年6月以後産休中であるため、この回は出演せず)。この回では「ミス日本の因縁のライバル完全決着」と題し、近澤と西川が2007年の「快感MAP」以来となる競演(両名とも当時のたすきを着用[39])を果たした他、近澤・西川と同世代のミス日本の中から菱沼(大友)、前田里恵子(現姓・森)、森下美奈子の3人を取り上げ、それぞれ西川と彼女たちを比べて、自分は「勝ち組か・負け組か」というアンケートを取った。
    • その他、2014年グランプリの沼田(沼田もたすきと受賞時のガウン・ティアラを着用して出演)、1990年ファイナリストの吉野、1992年ファイナリストの竹山亜紀子(主婦モデル)、1994年ファイナリストの五月女圭紀(パチンコライター)などにも密着したものを放送。沼田は自宅を訪問したほか、両親をスタジオに招いていたことを紹介した。
  • 明石家さんまの転職DE天職(日本テレビ)[1]
    • 「美人は本当に得しているのか?歴代ミス日本のその後を徹底調査!」と題して、過去のグランプリ受賞者の特集コーナーがあり、取材には坂本、長谷川、村田、中村、近澤、出川、野手、萩、林、鈴木(恵)、芳賀(登場順)が応じ、このうち坂本、近澤、野出、鈴木(恵)は取材VTRを終えてからスタジオに登場してトークを行った。また番組3時間を通してのゲストパネラーに西川(近澤の同期生)が出演した。他にインタビューはNGながら、資料のみの登場で、山本、鈴木(紀)、根本、伊比、藤原、長井、和田(淑)、佐野(公)、沼田が紹介されている。なお1988年度グランプリの玉井(叶)については、上記2011年の「イッキ見」同様放送上では「氏名・写真ともNG」として割愛されている。
    • また、これとは別に渡辺(2013年ミス海の日)を「女優から転職したプロボウラー」として紹介しているが、こちらはミス日本の肩書については触れていない。

CM[編集]

一時期であるが「車検のコバック」で知られる株式会社コバックが特別協賛スポンサーとして付いていたため、それぞれグランプリを受賞した2004年の嵯峨(さが)と2005年の久米がそれぞれ全国放送されたテレビコマーシャル (CM) に出演したことがあった[1]

  • 嵯峨は受賞時のたすき・ティアラを付けて大統領の演説風のもの
  • 久米はローカルヒーローである「整備戦隊シャケンジャー」とともに、コールセンタースタッフという設定で出演(これとは別に、ポスター用のスチールでたすき・ティアラを付けたバージョンがある)

また、コバック本部(愛知県)やそのフランチャイズ店が主催するイベントに、受賞者が訪問したことがあった。2005年を最後にコバック本部は特別協賛から撤退したが、2006年以後、同社の千葉県でのフランチャイズ店「鈴木自工株式会社」(スズキ株式会社とは別会社)が独自に協賛しており、同年グランプリの小久保が起用されたテレビCMが千葉テレビ放送などで放映されていた。現在も鈴木自工は協賛を続けており、受賞者が同社関連のイベントに出席することがある。[40]

他に各官公庁のCMやポスターモデル(ミス海の日の海上保安庁、ミス空の日の防衛省国土交通省、ミス日本ネイチャー→ミスみどりの女神の環境省、ミス水の天使の日本水道工業団体連合会のイメージモデルなど)、その他一般各企業のCMモデルに登用されることもあり、OGでも過去のミス日本受賞の肩書きを添えてCM出演する場合もある[1]

映画[編集]

  • 夢こそは、あなたの生きる未来(2018年 ガチンコフィルム)[1]
    • 2018年のミス日本復活50回記念として製作。2016年、48回大会のコンテストとその受賞者に密着し、関係者のインタビューを交えて描いたもの。

書籍[編集]

  • 「ミス日本式ビューティ・ダイエット」(日本文芸社 和田優子≪ミス日本コンテスト大会運営委員長≫ 2002年10月)[1] ISBN 4537201649
  • 「50年間変わらず受け継がれてきたミス日本式ダイエット」(サンクチュアリ出版 和田優子≪ミス日本コンテスト大会運営委員長≫ 2010年1月22日)[1] ISBN 4861139384
  • 「コミュ力低めでちょいオタな私が準ミス日本になるまで」(KADOKAWA あんどうまみ≪2012年度準ミス日本受賞≫ 2016年1月22日)[1] ISBN 4040680723
  • 「ミス日本の美人食」(小学館 ミス日本コンテスト事務局・和田あい≪ミス日本コンテスト大会運営委員長≫共著 2017年1月24日)[1] ISBN 9784093104593
  • 「日本の美人50年 昭和・平成・あたらしい時代の美人とは」(近代消防社 一般社団法人ミス日本協会 2019年1月17日)[1] JAN 4910029060397

※『ミス日本復活50回記念誌』『和田あいが表紙』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 「日本の美人50年 昭和・平成・あたらしい時代の美人とは」(近代消防社 一般社団法人ミス日本協会にて
  2. ^ 讀賣新聞1950年4月23日記事、及び讀賣新聞2002年1月8日誌面コラム「解説」に掲載
  3. ^ 「東京牛乳物語~和田牧場の明治・大正・昭和」(著・黒川鍾信)/196ページから198ページまで
  4. ^ a b c 【日本下水道新聞】連載1回~5回「ミス日本の軌跡を辿る~和田健太郎・ミス日本コンテスト事務局代表」
  5. ^ 和田研究所ホームページ
  6. ^ ミス日本コンテスト25年ぶりに大会委員長交代 母から娘へ 新大会委員長に和田あいさん 藤原紀香さんらOGからの祝福のコメントも
  7. ^ “『第53回ミス日本コンテスト2021』ファイナリスト13名発表!【Reporter:及川帆乃・富沢菜々】”. ACTRESS PRESS. (2020年12月10日). https://actresspress.com/missnippon20201207/ 2021年2月4日閲覧。 
  8. ^ a b ミス日本“日本女性の真の美しさをめざして”
  9. ^ ミス日本に元シンクロ代表 芳賀千里さん 2426人の頂点に「勇気出して良かった」(2015年1月26日 スポーツニッポン 即日閲覧)
  10. ^ a b 2015年和田静郎特別顕彰 畠山愛里(2015年1月26日 ミス日本コンテスト事務局公式サイト 即日閲覧)]
  11. ^ 「和田静郎特別顕彰」にフェアリージャパン・畠山愛理「嬉しさで胸いっぱい」(2015年1月26日 スポーツニッポン 即日閲覧)
  12. ^ a b c 実際、1990年代初めごろまでは、グランプリ決定大会に参加した方々全員はステージ登壇時に赤地・白の文字と縁取りの「ミス日本」と書かれたたすきを掛けてグランプリ決定大会に出席していた。現在は決定大会審査中はたすきを掛けていないが、各賞の受賞者が決定後、その受賞した賞が書かれたたすきを審査員から掛ける(したがって1990年代初めごろまでは「ミス日本」のタスキと、各賞のタスキの2枚をかけてもらっていた)。各賞受賞者のうち、グランプリを含めた多くの賞受賞者は赤地・白の文字と縁取り(右の写真)、「海の日」は白地・青の文字と縁取り、「水の天使」は白地・水色の文字と縁取り、「みどりの女神」は白地・緑の文字と縁取り、「空の日」は青地・白の文字と縁取りでそれぞれの賞のたすきが掛けられる(国外でのプロモーションである場合は先述の赤地・白い縁取りと文字で、ローマ字「MISS JAPAN」など、その表敬先の国・地域の言語に沿ったタスキをつける場合もある)。ミス日本出席の公式行事においては受賞した賞のタスキを掛けて参列する(特別顕彰受賞者も含む)。なお特別顕彰を受賞した畠山と南谷は受賞タイトルが記載されていない、汎用のタスキ(受賞年度と「ミス日本」、後ろには「MISS JAPAN」とのみ書かれている)が贈呈された(ミス日本公式サイト掲載写真デイリースポーツ掲載写真)この他、受賞者には公式行事に使用するティアラが受賞記念品として贈られる。グランプリ受賞者への王冠と高級打ち掛けは第52回から廃止となった。
  13. ^ 読売新聞社 (1955年12月1日). “読売新聞八十年史”. 渋沢社史データベース. 2016年7月5日閲覧。
  14. ^ 鈴木恵梨佳. “このブログについて”. 花と庭とお着物と*鈴木恵梨佳. はてなブログ. 2018年2月18日閲覧。
  15. ^ 第48回ミス日本コンテスト2016 Part2 グランプリは松野未佳が受賞WWSチャンネル、2016年1月28日
  16. ^ 「ミス日本」に維新代表の娘・松野未佳さん 2804人の頂点に”. スポニチアネックス (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。
  17. ^ 第49回ミス日本コンテスト2017グランプリは、大学生・吉田紫帆が受賞WWSチャンネル、2017年1月27日
  18. ^ 『第50回ミス日本コンテスト2018』グランプリは、愛知県出身会社員・市橋礼衣が受賞<写真40枚>WWSチャンネル、2018年1月26日
  19. ^ ミス日本に愛知の度会亜衣子さん共同通信社、2019年1月21日
  20. ^ “「ミス日本」52代目GPに慶大生・小田安珠さん すでにフリーアナとしても活動 憧れはミタパン”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年1月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/20/kiji/20200120s00041000217000c.html 2020年1月20日閲覧。 
  21. ^ “『ミス日本』松井朝海さん、父娘で“日本一”獲得「やったよ!」 父はボートレース界のレジェンド”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年3月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2188049/full/ 2021年3月22日閲覧。 
  22. ^ “元ミス日本「水の天使」酒井美帆アナ、2日全国放送レギュラーデビュー”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/02/kiji/20180402s00041000100000c.html 2018年4月2日閲覧。 
  23. ^ 麗澤大学後援会から学生たちを表彰”. 麗澤大学 (2012年3月19日). 2018年12月6日閲覧。
  24. ^ おりもりお|しまだプロダクション”. しまだプロダクション. 2016年1月25日閲覧。
  25. ^ 「ミス着物」におりも政夫娘・織茂璃穏 “リベンジ”果たす”. スポニチアネックス (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。
  26. ^ 「海の日」は杉浦琴乃さん CM共演の有吉さん、取りましたよ”. スポニチアネックス (2016年1月26日). 2016年1月26日閲覧。
  27. ^ 正しくは「宮」表記
  28. ^ 【モデルプレス】“ミス日本”ファイナリスト・フミカ、圧倒的美しさ&スタイルにドキッ
  29. ^ 【スポーツニッポン】空手五輪代表・清水希容「和田静郎特別顕彰ミス日本」に選出
  30. ^ ミス日本・やまとなでしこ会(2003年グランプリを受賞した相沢礼子<現・キャスター>の2010年3月14日付ブログより)
  31. ^ a b 謹賀新年☆ご挨拶とご報告(新井寿枝・2013年1月2日付ブログ)
  32. ^ a b 前夜祭・2015(新井寿枝・2015年2月2日付ブログ)
  33. ^ 代表例(いずれも相沢のブログ 実際2003年のグランプリ受賞時のたすき・ティアラを付けて出席した行事で写真が掲載されている)
    ありがとうございました(2011年5月5日 成田空港での東日本大震災募金活動)
    ミス日本のお仕事(2011年6月21日 自衛隊・防衛省慰問)
  34. ^ 昔の叶美香
  35. ^ 遊説の時、当時のミス日本受賞者が応援に駆けつけた。この選挙では再選されている
  36. ^ スッキリ!!ホームページ・あのミスは今!?元ミス日本の(秘) 美容術
  37. ^ 谷中と萩についてはビデオ映像
  38. ^ イッキ見シアター(同・相沢の2011年4月24日付のブログ)
  39. ^ 当日は滝沢沙織もゲストとして参加したが、滝沢はミス日本ではなく、「ミス・ユニバースジャパン」ファイナリスト<2000年度第3位>であったにもかかわらず、ミス日本のデザインを模したたすきを着用した
  40. ^ 鈴木自工株式会社・ミス日本

関連項目[編集]

外部リンク[編集]