小林大悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 大悟 Football pictogram.svg
Daigo Kobayashi 04.JPG
名前
愛称 ダイゴ
カタカナ コバヤシ ダイゴ
ラテン文字 KOBAYASHI Daigo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-02-19) 1983年2月19日(33歳)
出身地 静岡県富士市
身長 178cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 ニューイングランド・レボリューション
ポジション MF
背番号 16
利き足 右足
ユース
1998-2000 日本の旗 清水商業高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2005 日本の旗 東京ヴェルディ 104 (4)
2006-2009 日本の旗 大宮アルディージャ 90 (14)
2009 ノルウェーの旗 スターベク (loan) 29 (8)
2010 ギリシャの旗 イラクリス 14 (0)
2011-2012 日本の旗 清水エスパルス 29 (0)
2013 カナダの旗 バンクーバー・ホワイトキャップス 30 (2)
2014- アメリカ合衆国の旗 ニューイングランド・レボリューション 83 (1)
代表歴2
2002-2003 日本の旗 日本 U-20
2006[1] 日本の旗 日本 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月23日現在。
2. 2014年11月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 大悟(こばやし だいご、1983年2月19日 - )は、静岡県富士市出身のプロサッカー選手ポジションMFメジャーリーグサッカーニューイングランド・レボリューション所属。2004年11月13日モデル佐藤綾花結婚した。

略歴[編集]

高校サッカーの名門・清水商高時代から佐野裕哉(現:FCマルヤス岡崎)と共に知名度があり、卒業後東京ヴェルディ1969へ入団。翌年からはチームの主軸として確固たるレギュラーポジションを掴む。更に、ユース代表に選出されAFCユース選手権2002では準優勝。翌年の2003 FIFAワールドユース選手権への出場を果たした[2]

2004年には第84回天皇杯優勝の立役者として活躍。しかし、2005年にヴェルディのJ2降格が確定、その直後は「必ず1年でJ1に復帰します」と決意を口にしていたが、その後のフロントの対応に不信感を抱き、「共に戦ってきた選手達が解雇されたり、チームを離れなければならない状況になり、僕達はチームに本当に必要とされているのかわからなくなってしまいました」と自らのブログにて悩んでいる心境を吐露。年をまたぎ2006年1月に大宮アルディージャへの移籍を決断した[注釈 1]。また移籍発表後、自身のブログに移籍に対する批判や中傷が相次ぎブログを一時閉鎖した。

2006シーズン開幕直後、トップ下でゴール・アシストを連発し攻撃を牽引するなど、更に才能を開花。この大宮での活躍で日本代表のイビチャ・オシム監督にも注目されA代表に初選出。8月9日の対トリニダード・トバゴ戦でA代表デビューを果たした[1]。その後はコンディションやチーム状況により代表には呼ばれていないが、技術の高さは秀逸。誠実な人柄が出ているブログは多くのファンに支持されている。また2006年、2007年と二年連続でJOMOオールスターサッカーに出場している。

2009年1月、ノルウェー1部リーグスターベクから獲得の正式オファーを受け[3]、29日からスターベクの練習に参加[4]。 2月2日にスターベクへの1年間のレンタル移籍が発表された[5]。日本人で最初のノルウェーリーグ選手となる。

ノルウェーでは持ち前のテクニックで攻撃的MF(主に左サイド)のポジションを獲得し、CL予備戦ではFCコペンハーゲンUEFAヨーロッパリーグではバレンシアなどの強豪チームとの対戦も経験した。これらの活躍によりスタバエクへの完全移籍は確実と思われたが、スタバエクの財政難に加え小林の年俸が高額なためこれを断念した。

2010年1月27日ギリシャ・スーパーリーグイラクリス・テッサロニキFCへの移籍が決まった。これは移籍金の発生しない自由移籍で契約期間は18ヶ月間。2011年の夏までとなっている。同年2月14日のパニオニオス戦に89分から出場しリーグ戦初出場を果たし、終盤にはウインガーとして定位置を確保した。

2011年清水エスパルスへ移籍。日本でのプレーは3年ぶりとなる。

清水では背番号10を託されるなど、主力として期待されていた。しかし、持病腰痛が思わしくなく、開幕から出遅れると復帰後も途中出場がほとんどであった。シーズン中盤さらに腰痛が悪化したため、腰痛の完治を目指し手術に踏み切る[6]。結果、残りのシーズンをリハビリに費やすこととなる。

2013年1月、メジャーリーグサッカーバンクーバー・ホワイトキャップスへ完全移籍[7]

バンクーバーでは30試合に出場し2得点を記録したが、契約更新には至らず2014年2月26日、ニューイングランド・レボリューションに加入した[8]

2014年はレギュラーとして活躍しており[注釈 2]、2014年12月7日に開催されたMLSカップ決勝戦では後半途中から交代出場した[注釈 3]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 東京V 28 J1 5 0 0 0 0 0 5 0
2002 21 1 6 0 1 0 28 1
2003 17 19 0 5 0 2 0 26 0
2004 8 27 0 7 4 5 0 39 4
2005 32 3 5 1 1 1 38 5
2006 大宮 33 9 5 1 2 0 40 10
2007 24 2 3 1 1 0 28 3
2008 33 3 6 1 1 0 40 4
ノルウェー リーグ戦 リーグ杯 ノルウェー杯 期間通算
2009 スターベク 10 エリテセリエン 29 8 4 3 1 1 34 12
ギリシャ リーグ戦 リーグ杯 エラーダス杯 期間通算
2009-10 イラクリス 80 スーパーリーグ 8 0 0 0 0 0 8 0
2010-11 6 0 0 0 1 0 7 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2011 清水 10 J1 12 0 1 0 0 0 13 0
2012 17 0 6 2 1 0 24 2
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 USオープン杯 期間通算
2013 バンクーバー 14 MLS 30 2 2 1 32 3
2014 ニューイングランド 16 34 0
2015 22 0
2016 27 1
通算 日本 J1 223 18 44 10 14 1 281 29
ノルウェー エリテセリエン 29 8 4 3 1 1 34 12
ギリシャ スーパーリーグ 14 0 0 0 1 0 15 0
アメリカ MLS 64 2 2 1 66 3
総通算 296 28 50 14 16 2 330 44

その他の公式戦

その他の国際公式戦

個人タイトル[編集]

  • 2004年 - 第84回天皇杯優勝
  • 2009年 - ノルウェー・スーパーカップ優勝

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

  • 2002年 - アジアユース選手権
  • 2003年 - ワールドユース選手権

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 1試合 0得点(2006)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 1 0
通算 1 0

その他[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “小林 大悟”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ka/daigo_kobayashi.html 
  2. ^ FIFA Player Statistics: Daigo KOBAYASHI” (英語). 国際サッカー連盟. 2013年9月6日閲覧。
  3. ^ スポーツ報知 (2009年1月28日). “大宮・小林大が日本人初ノルウェー移籍へ”. 2009年1月28日閲覧。
  4. ^ 大宮アルディージャ公式サイト (2009年1月28日). “小林大悟選手海外クラブへの練習参加のお知らせ”. 2009年1月28日閲覧。
  5. ^ 大宮アルディージャ公式サイト (2009年2月2日). “小林 大悟選手期限付移籍のお知らせ”. 2009年2月2日閲覧。
  6. ^ 日刊スポーツ (2011年9月22日). “清水小林腰痛手術、全治4カ月今季絶望”. 2012年3月13日閲覧。
  7. ^ 清水エスパルス (2013年1月24日). “小林大悟選手 バンクーバーホワイトキャップス(MLS)へ完全移籍決定のお知らせ ”. 2013年1月24日閲覧。
  8. ^ Qoly.jp (2014年2月27日). “小林大悟がNEレヴォリューションへ移籍”. 2014年3月2日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 同様の理由で主将の山田卓也セレッソ大阪へ移籍した
  2. ^ チーム最多の34試合出場
  3. ^ 結果は延長戦の末に敗戦

外部リンク[編集]