渡邉晋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡邉晋 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ワタナベ ススム
ラテン文字 WATANABE Susumu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-10-10) 1973年10月10日(43歳)
出身地 東京都西多摩郡日の出町
身長 184cm
体重 71kg
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996 コンサドーレ札幌 8 (1)
1997-2000 ヴァンフォーレ甲府 120 (23)
2001-2004 ベガルタ仙台 53 (3)
監督歴
2014- ベガルタ仙台
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

渡邉 晋(わたなべ すすむ、1973年10月10日 - )は元プロサッカー選手、サッカー指導者。東京都西多摩郡日の出町出身[1]。現在はJリーグ・ベガルタ仙台の監督を務めている。

来歴[編集]

現役時代のポジションはディフェンダー(主にセンターバック)。駒澤大学から当時JFL所属のコンサドーレ札幌に入団、以後札幌、ヴァンフォーレ甲府ベガルタ仙台で主力として活躍し、2004年限りで現役引退。仙台の巡回コーチを経て、2007年まで仙台ユースヘッドコーチ。2008年シーズンからトップチームコーチに昇格。

2014年はトップチームヘッドコーチに就任し、就任まもなくJFA公認S級コーチのライセンス取得が発表された。同年4月、グラハム・アーノルド監督の成績不振による退任に伴い、トップチームの監督に就任[2]。クラブ初のOB監督となった。 就任初戦となった第7節・横浜FM戦でシーズン初勝利を挙げると、W杯中断前には4連勝し、降格圏内からの脱出に成功した。中断明けには勝てない試合が続いたが、再び降格圏に陥ることはなく、第33節・徳島戦に勝利して、チームのJ1残留を決めた(最終順位は14位)。
2015年も引き続きチームを指揮し、第1ステージは7位と健闘するも、第2ステージは16位と苦戦を強いられた。それでも年間総合14位でJ1残留。翌2016年は年間総合12位(第1ステージ10位、第2ステージ12位)でJ1残留。シーズン終了後の11月19日、2017年も引き続き指揮を執ることが発表された[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1994 駒大 3 - - - 1 0 1 0
1995 - - - 1 0 1 0
1996 札幌 33 旧JFL 8 1 - 0 0 8 1
1997 甲府 3 22 8 - 3 1 25 9
1998 25 10 - 4 2 29 12
1999 J2 35 2 2 0 2 0 39 2
2000 38 3 1 0 4 0 43 3
2001 仙台 2 36 3 1 0 3 1 40 4
2002 J1 2 0 3 0 0 0 5 0
2003 13 0 1 0 1 0 15 0
2004 J2 2 0 - 0 0 2 0
通算 日本 J1 15 0 4 0 1 0 20 0
日本 J2 111 8 4 0 9 1 124 9
日本 旧JFL 55 19 - 7 3 62 22
日本 - - 2 0 2 0
総通算 181 27 8 0 19 4 208 31

指導歴[編集]

  • 2005年 - ベガルタ仙台
    • 2005年 - 2006年 巡回コーチ
    • 2007年 アカデミーコーチ
    • 2008年 - 2014年4月 トップチームコーチ
    • 2014年4月 - トップチーム監督

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2014 仙台 J1 14 36 28 9 9 10 グループリーグ 2回戦
2015 14 35 34 9 8 17 グループリーグ ベスト8
2016 12 39 34 13 4 17 グループステージ 2回戦
  • 2014年は第7節からの途中就任、順位はシーズン最終順位。
  • 2015年、2016年のリーグ戦は2ステージ通算。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]