佐藤悠介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤悠介 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サトウ ユウスケ
ラテン文字 SATO Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-11-02) 1977年11月2日(41歳)
出身地 埼玉県北本市
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

佐藤 悠介(さとう ゆうすけ、1977年11月2日 - )は、埼玉県北本市出身の元サッカー選手。ポジションはMFサッカー解説者、株式会社スポーツキングダム代表取締役

来歴[編集]

1996年に当時Jリーグに在籍していたドラガン・ストイコビッチに憧れ名古屋グランパスエイトに入団。だが、本人曰く「生意気」な性格が首脳陣との軋轢を生み名古屋を2年で退団。その後も移籍してはトラブルを繰り返し、各クラブを転々としていた。

2001年に4クラブ目となるモンテディオ山形へ移籍。ここで当時監督だった柱谷幸一にその素質を評価され、主力として起用されるようになる。この頃になると「生意気」な性格も徐々に影を潜めるようになった。その後はセレッソ大阪湘南ベルマーレへ移籍。

湘南では当時監督だった上田栄治により、本格的にボランチにコンバートされ才能が開花。1年目の2006年に出場停止を除く全試合出場、2年目には不動のキャプテンを務め、サポーターから信頼を勝ち得た。しかし、結果的に上田監督を解任させてしまった事に少なからず責任を感じ移籍を志願。公式コメントには『自分のわがままで』と記した。

2007年はジュニアユース時代に所属していた東京ヴェルディ(当時東京ヴェルディ1969)へ移籍した。名波浩ゼ・ルイスとポジションが重複、また本来トップ下大野敏隆も同じポジションでの起用が多く、FKも監督がフッキ服部年宏をキッカーに置く為、出場機会は限られたものであった。シーズン終了後に契約非更新で退団。

2008年には山形時代の恩師である柱谷が監督を勤めるJFL栃木SCへ移籍し、「チームの背骨となる選手」の一人と評価されキャプテンを任される。その年、チーム最多の16得点を挙げるなど大車輪の活躍を見せ、栃木SCのJ2昇格に大きく貢献した。

2009年、栃木SCのJ初年度、松田浩が監督に就任。引き続きキャプテンを務めるが、自身初めての大怪我(右アキレス腱炎)によりシーズンのほとんどをリハビリに費やすこととなった。初体験のリハビリ生活において、軸足に負担を掛け続けていたことや同じ境遇の選手達の心境を理解出来たことなど、怪我により多くのことを学べたと語る。

2010年、選手会長に就任。前年に負った怪我を克服し、11試合負けなしの試合に全てボランチとして出場。第5節岡山戦では、1-1の同点の場面で得たゴール前のFKから自身の2010シーズン初得点を奪うとともに、2010年シーズン初の連勝に大きく貢献した。試合後、「最後にFKを蹴り込んだのは自分だが、『アウエイで二連勝したい』という皆の気持ちが自分のキックには込められていた」と語った。しかし、皮肉にもこれが現役最後の得点となる。同年11月、最終戦を待たずに引退を表明。15年間のキャリアに終止符を打った。

2011年、栃木SCドリームアンバサダーに就任[1]。翌2012年3月、J2公式戦の前座ゲームとして引退試合が組まれた(後述)。

2012年、「10年後栃木をサッカー王国に」することを目的に株式会社スポーツキングダムを設立し、代表取締役に就任した[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 名古屋 - J 0 0 0 0 0 0 0 0
1997 19 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 神戸 26 2 0 3 0 2 0 7 0
1999 20 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2000 大宮 13 J2 11 0 1 0 0 0 12 0
2001 山形 13 40 7 2 1 0 0 42 8
2002 10 40 9 - 0 0 40 9
2003 C大阪 13 J1 18 1 1 0 0 0 19 1
2004 13 0 4 0 0 0 17 0
2005 湘南 7 J2 40 4 - 1 0 41 4
2006 7 45 9 - 2 0 47 9
2007 東京V 13 27 0 - 1 0 28 0
2008 栃木 7 JFL 30 16 - 2 1 32 17
2009 7 J2 16 2 - 0 0 16 2
2010 7 16 1 - 0 0 16 1
通算 日本 J1 35 1 8 0 2 0 45 1
日本 J2 235 32 3 1 4 0 242 33
日本 JFL 30 16 - 2 1 32 17
総通算 300 49 11 1 8 1 319 51

国際試合

代表歴[編集]

エピソード[編集]

  • 2006年の9月13日ヴィッセル神戸戦の試合終了時、松本昂聡、強化部の大倉智と共に、サポーターの暴言に強く反論。この暴言は許されざる種類の暴言であり、佐藤らの行為はサポーターには当然と受け止められたが、スタジアムは騒然とした雰囲気になった。
  • 2008年の第10回JFL前期第10節MIOびわこ草津戦にて、試合中の審判員への侮辱発言と試合終了後に行われたテレビ局のヒーローインタビューでの「審判最高」などの発言により、JFL規律委員会から「審判員に対する侮辱的な発言による公然の名誉毀損行為をおこなった」として、3試合の出場停止処分を受けた[3]
  • 尊敬する人は、2007年に東京ヴェルディ1969でチームメートだった名波浩。彼の技術レベルに近付くため、日々「名波観察」を行っていた[4]
  • 2009年2月19日放送のとちぎテレビとちぎ発!旅好き!」に出演。「栃木SC佐藤悠介選手と癒し旅だっぺ 栃木の温泉を行く」と題し、お笑いコンビU字工事と共演した。U字工事とはメールアドレスを交換し合う仲である[5]
  • 2010年12月4日、J2最終節後の引退セレモニーに、かつてのチームメイトであり仲が良かった小針清允山崎透が花束贈呈に駆け付けた[8]

著書[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤悠介氏 ドリームアンバサダー就任のお知らせ”. 栃木SC公式サイト (2011年2月1日). 2014年7月29日閲覧。
  2. ^ 栃木スポーツキングダム”. 佐藤悠介オフィシャルサイト YUSUKE.SC (2012年5月7日). 2012年7月11日閲覧。
  3. ^ 出場停止選手のお知らせ”. 栃木SC公式サイト (2008年5月9日). 2010年5月22日閲覧。
  4. ^ ウイークリーコラム(13)栃木SC・佐藤悠介選手 プレッシャー楽しもう”. 下野新聞「SOON」 (2008年9月5日). 2010年5月22日閲覧。
  5. ^ ニュース&トピックス”. 栃木SC公式サイト (2009年2月10日). 2010年5月31日閲覧。
  6. ^ 【佐藤悠介選手について】”. 栃木SC公式サイト (2010年9月20日). 2011年2月1日閲覧。
  7. ^ 帰国しました!”. 佐藤悠介 オフィシャルブログ Maestro (2010年9月19日). 2011年2月1日閲覧。
  8. ^ J'sGOALニュース”. J's GOAL - Jリーグ公認ファンサイト (2010年12月7日). 2010年12月12日閲覧。
  9. ^ 佐藤悠介栃木SCドリームアンバサダーは、「とちぎ未来大使」に任命されました!”. 栃木SC公式サイト (2011年5月18日). 2011年5月20日閲覧。
  10. ^ “[http://lines-ent.com/news/news022012.html#2012.02.20 3月11日J2第2節大分トリニータ戦 『3.11悠介ドリームズメモリアルゲーム』開催のお知らせ]”. 佐藤悠介オフィシャルサイト YUSUKE.SC (2012年2月20日). 2012年3月13日閲覧。
  11. ^ 「3.11悠介ドリームズメモリアルゲーム」悠介ドリームズ出場メンバーのお知らせ”. 栃木SC公式サイト (2012年2月21日). 2012年3月13日閲覧。
  12. ^ 「3.11悠介ドリームズメモリアルゲーム」栃木SC OB(JFL)メンバーのお知らせ”. 栃木SC公式サイト (2012年3月7日). 2012年3月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]