森岡亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森岡 亮太 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モリオカ リョウタ
ラテン文字 MORIOKA Ryota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-04-12) 1991年4月12日(27歳)
出身地 京都府城陽市
身長 180cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 RSCアンデルレヒト
ポジション MF(OH)
背番号 10
利き足 右足
ユース
1998-2000 正道カンガーFC久世小学校
2000-2003 FCソルセウ(同上)
2004-2006 城陽市立東城陽中学校
2007-2009 京都府立久御山高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2015 日本の旗 ヴィッセル神戸 131 (17)
2016-2017 ポーランドの旗 シロンスク・ヴロツワフ 51 (15)
2017-2018 ベルギーの旗 ワースラント=ベフェレン 24 (7)
2018- ベルギーの旗 アンデルレヒト 16 (6)
代表歴2
2014- 日本の旗 日本 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月31日現在。
2. 2018年3月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森岡亮太(もりおか りょうた、1991年4月12日 - )は、京都府城陽市出身のサッカー選手。ポジションはMFジュピラー・プロ・リーグRSCアンデルレヒト所属。日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学時代はサッカーと並行してフットサルにも取り組み、第11回全日本ユース(U-15)フットサル大会に出場した[1]2009年京都府立久御山高校3年時にヴィッセル神戸セレッソ大阪から入団オファーを受け、同年11月12日ヴィッセル神戸への入団が決定する[2]

ヴィッセル神戸時代[編集]

プロ入り一年目となった2010年は、三浦俊也体制では1試合もメンバーに入ることはなかったが、和田昌裕体制になった10月23日のJ1第27節名古屋グランパス戦でJリーグデビュー。その後も途中出場で起用され続け、合計8試合に出場した。

2011年、起用される機会は昨年より増えたが、メンバーに入れない時期もあった。10月10日の天皇杯2回戦三洋電機洲本戦で、プロ入り後、公式戦初得点を含むハットトリックを達成。続く15日に行われたJ1第29節清水エスパルス戦でJリーグ初得点を記録すると、第33節のジュビロ磐田戦でもミドルシュートで得点を挙げ、この年はシーズン終盤にリーグ戦で2得点を挙げた。

2012年は開幕戦にスタメン出場した。

J2での戦いとなった2013年からは背番号「10」を任され大きな期待を背負う。怪我などもあり、シーズン開幕から途中出場や欠場する試合がしばらく続いたが、チームがシーズン初の連敗を喫したあと迎えたJ2第30節東京ヴェルディ戦でようやく初先発。トップ下で1得点1アシストを記録した[3]。この試合以降12試合中11試合にスタメン出場、シーズン終了までに5得点6アシストを挙げ、クラブのJ1昇格に貢献した。シーズン終了後にはC大阪からの正式オファーが報じられたが神戸と契約を更新した[4]

2014年はマルキーニョスペドロ・ジュニオールなどの強力助っ人を操る司令塔として絶対的な存在感を放ち、リーグ戦34試合すべてに出場。シーズン終了後には自身初の優秀選手賞選出とフェアプレー個人賞を受賞した。9月5日のキリンチャレンジカップウルグアイ戦で後半44分から出場し日本代表として初めて出場した[5]

シロンスク・ヴロツワフ時代[編集]

2015年、エクストラクラサ (ポーランド1部) のシロンスク・ヴロツワフへ完全移籍[6]。背番号は神戸時代と同じ「10」である[7]。1年目からチームの中心的選手として活躍し、2015-16シーズンは15試合7得点2アシストを記録した[8]。2016-17シーズンは、36試合に出場して8得点9アシストを記録している[9]

ワースラント=ベフェレン時代[編集]

2017年6月7日に、ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)のワースラント=ベフェレンへ移籍する事が発表された[10]。8月5日、第2節のYRKVメヘレン戦で移籍後初得点を決めた。その後もコンスタントに結果を残し続け、第12節までにリーグ戦で6ゴール7アシストを挙げた。この活躍が認められ、11月の欧州遠征に臨む日本代表に約3年ぶりに選出された[11]

RSCアンデルレヒト時代[編集]

2018年1月30日、RSCアンデルレヒトへの移籍が発表された[12]。契約期間は3年半[13]。 2月25日、第28節のムスクロン戦で移籍後初得点を含む2得点を挙げた。3月3日、第29節のSVズルテ・ワレヘム戦でベフェレン時代も含め今季通算10得点目を決めた[14]。この活躍もあり、ロシアW杯メンバー入りも期待されたが、選出されずブラジルメディアも落選した事を伝え「欧州で得点力を発揮していた」と評価した[15]

プレースタイル[編集]

高い技術とインテリジェンスを武器に繊細なボールタッチと広い視野から繰り出される長短精密なパスでゲームを組み立てる司令塔。左右両足遜色なくボールを扱うことができ、機を見てシュートやドリブル突破を仕掛ける万能性を持ち合わせる[16][17][18][19]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 神戸 20 J1 8 0 0 0 0 0 8 0
2011 21 2 2 0 1 3 24 5
2012 14 20 1 5 1 1 0 26 2
2013 10 J2 18 5 - 1 0 19 5
2014 J1 34 4 6 2 1 1 41 7
2015 30 5 10 2 3 1 43 8
ポーランド リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2015-16 ヴロツワフ 10 1部 15 7 - 0 0 15 7
2016-17 36 8 - 2 0 38 8
ベルギー リーグ戦 リーグ杯ベルギー杯 期間通算
2017-18 ベフェレン 44 ジュピラー 24 7 - 3 2 27 9
アンデルレヒト 10 16 6 - 0 0 14 5
2018-19 -
通算 日本 J1 113 12 23 5 6 5 142 22
日本 J2 18 5 - 1 0 19 5
ポーランド 1部 51 15 - 2 0 53 15
ベルギー ジュピラー 40 13 - 3 2 43 15
総通算 222 45 23 5 11 7 257 57

タイトル[編集]

個人
  • Jリーグフェアプレー個人賞:1回(2014年)

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 5試合 0得点 (2014年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2014 2 0
2017 2 0
2018 1 0
通算 5 0

脚注[編集]

  1. ^ ◆U-15フットサル 全国大会出場!! FC solceu
  2. ^ 森岡 初選出も“反響”少なく…フォロワー「100も増えなかった」 スポニチ Sponichi Annex
  3. ^ 神戸連敗止めた!森岡 先制弾&決勝点演出で監督解任危機も救う スポニチAnnex 2013.8.22付記事
  4. ^ C大阪オファー断り残留…森岡 個性派ぞろいの前線操る司令塔 スポニチAnnex 2014.2.25付記事
  5. ^ vs ウルグアイ代表”. 日本サッカー協会. 2016年1月23日閲覧。
  6. ^ ヴィッセル神戸 ニュース/レポート : MF森岡亮太選手 シロンスク・ヴロツワフ(ポーランド)へ完全移籍のお知らせ - ヴィッセル神戸公式 2016.1.23付記事
  7. ^ Ryota Morioka zawodnikiem Śląska! シロンスク・ヴロツワフ公式(ポーランド語) 2016.1.22付記事
  8. ^ 元神戸MF森岡亮太、ドイツ2部の複数クラブが興味。D・ドレスデンが獲得オファーか? - フットボールチャンネル 2016年8月5日
  9. ^ 元神戸MF森岡亮太、ベルギー1部移籍へ。「火曜日に到着」と現地メディア報じる - フットボールチャンネル 2017年6月6日
  10. ^ 元神戸MF森岡亮太、ベルギー1部移籍が決定。3年契約、背番号「44」に フットボールチャンネル 2017.6.7付記事
  11. ^ 日本代表、強豪国ブラジル&ベルギーと腕試し! 本田と香川外れる…森岡はハリルJ初招集 - サッカーキング 2017年10月31日
  12. ^ rscanderlechtのツイート(958454120989511680) - Twitter 2018年1月30日
  13. ^ 森岡亮太を獲得したアンデルレヒトはどんなクラブ? 今回の移籍が凄すぎる理由 - フットボールチャンネル 2018年1月31日
  14. ^ 電光石火の鮮やかヘッド! 森岡亮太が連勝もたらす今季10点目 ゲキサカ(2018年3月3日)
  15. ^ ブラジルメディア、森岡や中島、堂安の日本代表落選を強調「いずれも欧州で得点力を発揮していた」 ゲキサカ(2018年6月1日)
  16. ^ MF10森岡 亮太 ヴィッセル神戸公式サイト 2014.8.29 12:25 (UTC) 閲覧
  17. ^ Catch the VISSEL MF10森岡 亮太 れしぴねっと 2013.12月号 vol.227
  18. ^ 代表とは無縁のキャリア「神戸のファンタジスタ」森岡世界へ代表とは無縁のキャリア「神戸のファンタジスタ」森岡世界へ スポニチAnnex 2014.8.29付記事
  19. ^ J1神戸・森岡 エースはオレ弾 スポニチAnnex 2015.2.23付記事

関連項目[編集]

外部リンク[編集]