谷口彰悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷口 彰悟 Football pictogram.svg
名前
愛称 ショーゴ、タニ
カタカナ タニグチ ショウゴ
ラテン文字 TANIGUCHI Shogo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-07-15) 1991年7月15日(31歳)
出身地 熊本県熊本市東区
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション MF / DF
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- 川崎フロンターレ 257 (17)
代表歴2
2015- 日本の旗 日本 13 (0)
獲得メダル
サッカー
ユニバーシアード
2011 深圳 男子
2013 カザン 男子
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月4日現在。
2. 2022年9月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

谷口 彰悟(たにぐち しょうご、1991年7月15日 - )は、熊本県熊本市東区出身のプロサッカー選手Jリーグ川崎フロンターレ所属。ポジションは、ミッドフィールダー[1]ディフェンダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

2010年大津高校を経て筑波大学へ進学。1年時からレギュラーに定着し、大型ボランチとして活躍[2]。4年時は主将を務めた[3]

在学中の2013年8月、川崎フロンターレ特別指定選手として選手登録[4]。また、2011年と2013年には2大会連続でユニバーシアード日本代表としてユニバーシアードに出場し、2011年は金メダル獲得に貢献した。

川崎フロンターレ[編集]

複数クラブとの競合の末、2014年に川崎へ正式に入団[5][6]。プロデビュー戦はそれまで経験のなかった左SBで迎え、以降スタメンとして名を連ねた。またセンターバックとしてもプレーし、ルーキーながら複数のポジションをこなすユーティリティ性を見せた。8月30日、名古屋グランパスとの対戦でプロ初得点[7]

2016年は新加入の奈良竜樹エドゥアルドの活躍もあり、スタメンから外れる試合もあった。前年から続いてた連続フル出場は途絶えたものの、シーズン途中に奈良が負傷離脱した事もあり再びスタメンで出場するようになった。12月29日、天皇杯・準決勝の大宮アルディージャ戦では決勝ゴールを挙げ、クラブ史上初の同大会決勝進出に貢献した。

2017年3月5日、第2節のサガン鳥栖戦で通算100試合に出場を達成。リーグ戦では過密日程の中、チームで唯一全試合にフル出場し、クラブ史上初タイトルとなるJ1リーグ優勝に貢献した。年間を通してセンターバックとして出場し、リーグ戦では年間7得点をマークした。

2018年もセンターバックの一角としてリーグ戦でフル出場し、3得点をマークし川崎のリーグ2連覇に貢献した。

2019年4月10日、蔚山現代FC戦で膝を痛め負傷交代。本人の申し出もあり同月14日のサガン鳥栖戦はメンバー外となった。これにより2014年8月30日に行われた名古屋グランパス戦から続いていた連続出場記録が155試合で途切れる事となった。尚この記録はフィールドプレイヤーJ1歴代2位の記録となっている。

2020年シーズンよりキャプテンに就任。Jリーグベストイレブンに選出される活躍をし、J1と天皇杯で優勝し2冠を達成した。

2021年もキャプテンを務め、クラブのJ1リーグ2連覇を再び達成した。個人としても2年連続3度目のベストイレブンに選出。

日本代表[編集]

2015年3月、日本代表のバックアップメンバーに初選出。5月12日・13日に行われるサッカー日本代表の合宿メンバーに選ばれ、6月11日のイラク戦の日本代表初出場を果たした[8]。また、このシーズンはチームで唯一全試合フル出場を果たした。

2021年、再び日本代表に選出。

2022年、FIFAワールドカップ・アジア最終予選を戦う日本代表に選出され、中国戦[9]、サウジアラビア戦に先発フル出場し2試合連続のクリーンシートでの勝利に貢献した[10]

人物[編集]

  • 1歳年下の幼馴染である車屋紳太郎とは、小学校、中学校、高校、大学が全て同じで、プロでの契約先も同じ川崎、更に日本代表候補にも同時に初選出された[11]
  • 筑波大学在学中、保健体育の教員免許を取得している。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 大津高 14 - - - 2 1 2 1
2011 筑波大 3 - - 2 0 2 0
2012 - - 2 0 2 0
2013 - - 2 1 2 1
2014 川崎 15 J1 30 1 4 0 1 0 35 1
2015 5 34 2 6 0 3 0 43 2
2016 34 1 6 2 5 1 45 4
2017 34 7 4 0 1 0 39 7
2018 34 3 2 0 3 1 39 4
2019 30 0 5 0 2 0 37 0
2020 30 3 4 0 2 0 36 3
2021 30 0 0 0 4 0 34 0
2022 2 0 - - 2 0
通算 日本 J1 256 17 33 2 21 2 310 21
日本 - - 8 2 8 2
総通算 256 17 33 2 29 4 318 23
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2014 川崎 15 5 0
2017 5 8 1
2018 4 0
2019 6 1
2022
通算 AFC 23 2

タイトル[編集]

クラブ[編集]

川崎フロンターレ

代表[編集]

ユニバーシアード日本代表
日本代表

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 13試合 0得点 (2015年-)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2015 2 0
2017 1 0
2021 2 0
2022 8 0
通算 13 0

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会
1. 2015年6月11日 日本の旗横浜 日産スタジアム イラクの旗 イラク ○4-0 ハリルホジッチ キリンチャレンジカップ2015
2. 2015年8月2日 中華人民共和国の旗武漢 武漢体育中心 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 ●1-2 EAFF東アジアカップ2015
3. 2017年12月9日 日本の旗東京 味の素スタジアム ○1-0 EAFF E-1サッカー選手権2017
4. 2021年6月7日 日本の旗大阪 パナソニックスタジアム吹田 タジキスタンの旗 タジキスタン ○4-1 森保一 2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
5. 2021年6月11日 日本の旗神戸 ノエビアスタジアム神戸 セルビアの旗 セルビア ○1-0 キリンチャレンジカップ2021
6. 2022年1月27日 日本の旗さいたま 埼玉スタジアム2002 中華人民共和国の旗 中国 ○2-0 2022 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
7. 2022年2月1日 サウジアラビアの旗 サウジアラビア ○2-0 2022 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
8. 2022年3月29日 ベトナムの旗 ベトナム △1-1 2022 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
9. 2022年6月2日 日本の旗 札幌 札幌ドーム パラグアイの旗 パラグアイ ○4-1 キリンチャレンジカップ2022
10. 2022年6月10日 日本の旗 神戸 ノエビアスタジアム神戸 ガーナの旗 ガーナ ○4-1 キリンカップサッカー2022
11. 2022年7月19日 日本の旗 鹿嶋 茨城県立カシマサッカースタジアム 香港の旗 香港 ○6-0 EAFF E-1サッカー選手権2022
12. 2022年7月27日 日本の旗 豊田 豊田スタジアム 大韓民国の旗 韓国 ○3-0

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [MOM271筑波大MF谷口彰悟(4年)_エースの穴を埋めたキャプテン]”. ゲキサカ (2013-12-014). 2020年7月15日閲覧。
  2. ^ DF谷口彰悟(筑波大)「丁寧にボールをつなぐ」 ゲキサカ、2011年8月11日
  3. ^ 「自分が成長できるところへ」の進路も注目の筑波大MF谷口主将、「焦れずに粘り強く」巻き返す ゲキサカ、2013年4月27日
  4. ^ 谷口彰悟選手 JFA・Jリーグ特別指定選手承認のお知らせ KAWASAKI FRONTALE、2013年8月28日
  5. ^ 筑波大MF谷口を獲得内定 スポーツ報知、2013年8月23日[リンク切れ]
  6. ^ 谷口彰悟選手加入内定のお知らせ KAWASAKI FRONTALE、2013年8月23日
  7. ^ 谷口彰悟”. データJリーグ. 2022年2月2日閲覧。
  8. ^ 川崎の谷口彰悟 最終予選で示した国内組の矜持”. 産経ニュース (2022年1月6日). 2022年2月9日閲覧。
  9. ^ 【日本代表】谷口彰悟が最終予選初出場だからこそ感じたズレ。「ためらってしまった場面があった」という誠実さ”. サッカーマガジン (2022年2月1日). 2022年2月2日閲覧。
  10. ^ CBコンビ谷口彰悟と板倉滉、サウジのクロス成功1本に封じる 無失点勝利に貢献”. 日刊スポーツ (2022年2月1日). 2022年2月2日閲覧。
  11. ^ 谷口彰悟と車屋紳太郎の“熊本兄弟”。川崎のCB物語は日本代表へと続く。 Number Web(2018年9月5日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]