上村健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上村 健一 Football pictogram.svg
名前
愛称 うえみぃ
カタカナ ウエムラ ケンイチ
ラテン文字 UEMURA Kenichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-04-22) 1974年4月22日(43歳)
出身地 熊本県八代市
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース

1987-1989
1990-1992
福山市立瀬戸小学校
福山市立済美中学校
広島県立松永高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-2003 サンフレッチェ広島 251 (23)
2004 セレッソ大阪 15 (00)
2005-2006 東京ヴェルディ1969 19 (00)
2006 Y.S.C.C. 0 (00)
2007-2008 ロッソ熊本/ロアッソ熊本 58 (03)
代表歴2
2001[1] 日本の旗 日本 4 (00)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年1月3日現在。
2. 2001年6月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

上村 健一(うえむら けんいち、1974年4月22日 - )は、熊本県八代市生まれの元サッカー選手DF)。元日本代表。

来歴・人物[編集]

熊本県生まれ。小学校5年時に広島県福山市に転居。小中学校の1年先輩に家本政明がいた。広島県立松永高等学校から1993年にサンフレッチェ広島に入団。同期入団は、盧廷潤アンドレイ安部雄大若松賢治。レギュラー選手では一番の若手で、当時もみ上げを伸ばしてスーツを着用し、ルパン三世のような格好をしていたのでよく先輩にいじられていた。Jリーグ発足直後から試合にも出場、当初は相手に強力なエースストライカーがいる時、それをマンマークで抑える時に出番があった。特に1994年優勝したサントリーシリーズ天王山となった清水エスパルス戦で、清水のエース・トニーニョをハードマークし、仕事をさせなかった。しかしこの後靭帯断裂で負傷した。回復後の1996年にはアトランタオリンピックサッカー五輪日本代表として出場し、ハンガリー戦でロスタイム直前に交代出場をすると、直後にコーナーキックからのファーストタッチで得点を挙げる。その後もクラブで守備の要としての活躍が認められ、2001年にはフィリップ・トルシエがフランスに大敗後、守備の立て直しに着手した日本代表に招集され4月のスペイン戦でA代表デビュー。しかし試合終盤に負傷交代しチームが失点して敗戦すると、トルシエは会見で「敗戦の責任は最後まで責任を全うできなかった上村にある」と発言している。その後のコンフェデレーションズカップなどにも召集され、Aマッチ計4試合に出場したが、2002年日韓ワールドカップには惜しくも選出されなかった。ヘディングが強く闘志溢れる選手だったが、両膝を悪くしてから足の速いフォワードに振り切られることが多くなった。同年11月のコンサドーレ札幌との最終戦は、上村のワンマンショーのような試合であった。

その後2003年にJ2に降格した広島を1年でJ1に復帰させるが、戦力構想外となり2004年はセレッソ大阪レンタル移籍、さらに2005年は東京ヴェルディ1969(現・東京ヴェルディ)に移籍したが、ヴェルディではまたもJ2降格の憂き目に会ってしまった。

2006年10月30日、関東サッカーリーグ1部・横浜スポーツ&カルチャークラブに完全移籍、全国地域リーグ決勝大会で主力として活躍。2007年からはJFL・ロッソ熊本(現・ロアッソ熊本)へ移籍。不動のセンターバックとして活躍し、熊本のJ2昇格に貢献した。2008年のシーズンを最後に現役引退。現役最終戦の対戦相手は奇しくも古巣の広島で、両クラブのサポーターから大きな声援を送られた。

2009年、熊本のコーチに就任。

2010年より熊本のアカデミーコーチに就任。

2013年、熊本からカマタマーレ讃岐のトップチームヘッドコーチに就任。(期限付き)

トピックス[編集]

2007年2月6日、清水エスパルスとの練習試合において、戸田光洋と激しく接触。 その後の謝罪態度が問題視され、当月は全ての対外試合に出場停止となり、地域奉仕活動に従事することになった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 広島 - J 17 1 6 0 2 0 25 1
1994 26 0 1 0 2 0 29 0
1995 46 4 - 4 0 50 4
1996 12 2 7 0 0 0 19 2
1997 19 3 0 0 0 0 0 3 0
1998 17 0 0 0 3 0 20 0
1999 J1 29 7 4 1 5 1 38 9
2000 28 6 3 0 2 0 33 6
2001 25 2 5 0 2 0 32 2
2002 10 1 0 0 4 0 14 1
2003 J2 38 0 - 4 0 42 0
2004 C大阪 J1 15 0 6 0 0 0 21 0
2005 東京V 18 0 4 0 1 0 23 0
2006 J2 1 0 - - 1 0
YSCC 関東1部 0 0 - - 0 0
2007 熊本 JFL 30 3 - 1 0 31 3
2008 J2 28 0 - 0 0 28 0
通算 日本 J1 246 23 36 1 25 1 307 25
日本 J2 67 0 - 4 0 71 0
日本 JFL 30 3 - 1 0 31 3
日本 関東1部 0 0 - - 0 0
総通算 343 26 36 1 30 1 409 28

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(2001年)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2001 4 0
通算 4 0

経歴・タイトル[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

指導歴[編集]

  • 2009年 ロアッソ熊本トップチームコーチ
  • 2010年 - 2012年 ロアッソ熊本アカデミーコーチ
  • 2013年 - 2016年 カマタマーレ讃岐 トップチームヘッドコーチ
  • 2017年 - カマタマーレ讃岐 トップチームコーチ

出典[編集]

関連項目[編集]