戸田和幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸田 和幸 Football pictogram.svg
名前
本名 戸田和幸
愛称 カズ
ラテン文字 TODA Kazuyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1977年12月30日(38歳)
出身地 東京都町田市
身長 178cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF / DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2002 日本の旗 清水エスパルス 163 (2)
2003 イングランドの旗 トッテナム 4 (0)
2004 オランダの旗 ADO 16 (0)
2004 日本の旗 清水エスパルス 12 (0)
2005 日本の旗 東京ヴェルディ 23 (0)
2006-2008 日本の旗 サンフレッチェ広島 62 (2)
2008 日本の旗 ジェフ千葉 12 (0)
2009 韓国の旗 慶南FC 6 (0)
2010-2011 日本の旗 ザスパ草津 23 (2)
2012 日本の旗 FC町田ゼルビア 2 (0)
2013 シンガポールの旗 ウォリアーズFC 17 (0)
代表歴2
2001-2002[1] 日本の旗 日本 20 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月13日現在。
2. 2007年8月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

戸田 和幸(とだ かずゆき、1977年12月30日 - )は、東京都町田市[2]出身の元プロサッカー選手。ポジションディフェンダーミッドフィールダー。元日本代表解説者

来歴[編集]

クラブ[編集]

桐蔭学園高を卒業後、1996年に清水エスパルスに入団。1999年、不動の3バックの一角として清水のステージ初制覇に貢献する。しかし、同年のジュビロ磐田とのチャンピオンシップ第1戦では風邪で欠場という大失態を演じてしまう。

2001年、カルロス・サントスの移籍による穴を埋めるため、ゼムノビッチ・ストラヴゴ監督によってボランチへとコンバート。

清水時代の髪型は、総金髪のウルフカット、後に黒髪のモヒカンにしている。2002年W杯ではモヒカンの色を赤に変更。

2003年、02年W杯の活躍によりイングランドプレミアリーグトッテナム・ホットスパーFCに移籍[3]

2004年にはオランダエールディヴィジADOデン・ハーグに移籍したが、いずれも満足な成績を残せず、2004年のJリーグ2ndステージから再び清水エスパルスに復帰した。

2005年、「優勝できるチームへ行きたい」と清水を離れ、東京ヴェルディ1969へ移籍。レギュラーとして活躍するも、チームの調子は上がらず、東京VはJ2に降格。再び移籍を選んだ。

2006年からはサンフレッチェ広島へレンタル移籍。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の方針により、清水時代以来となる3バックのリベロで出場すると共に、移籍1年目途中からゲームキャプテンも務めた。完全移籍した翌2007年もリベロでレギュラー出場したものの、広島は京都との入れ替え戦に敗れてJ2降格。複数年契約を結んでいたため翌2008年も広島でのプレーを選んだが、DFではなく本職のボランチでの起用を望んだ結果、森崎和幸青山敏弘らとのポジション争いに敗れ、出場機会が激減する。

同年6月、結城耕造とのトレードの形でジェフユナイテッド市原・千葉へレンタル移籍。怪我が重なって出場試合数は多くなかったが、戸田の出場した試合ではわずか1敗と、千葉のJ1残留に貢献した。

シーズン終了後、広島・千葉双方から戦力外通告を受け一時無所属となるが、韓国・Kリーグの数クラブで練習に参加し、2009年3月に慶南FCと契約。しかし、怪我による離脱が長引き、出場は9試合に終わった。

2010年、ザスパ草津へ完全移籍したが、2011年11月17日、契約満了により戦力外通告を受けた[4]

2012年、この年からJ2に参入した地元クラブであるFC町田ゼルビアに加入するも[5]、監督オズワルド・アルディレスとの確執[6]から出場機会は無しに等しく1年限りで退団。

2013年、SリーグウォリアーズFCに入団。同年11月14日、自身のブログで2013シーズン限りでの現役引退を発表した。

日本代表[編集]

1993年 U-17W杯日本代表。世界ベスト8

1997年にはワールドユースに出場し、フル出場を果たす。1998年のバンコクアジア大会ではU-21代表にDFとして招集。

2001年、ボランチ転向後招集されたトルシエジャパンではコンフェデレーションズカップにて日本代表デビューを果たす。以降、不可欠な存在となる。 2002年の日韓W杯では真っ赤に染めたモヒカンで観客の度肝を抜いた。4試合にフル出場し、激しい守備でベスト16に貢献。トルシエジャパンの影のMVPと言われた[7]

また2002年は戸田が最も輝いた年とも言え、W杯後は爆発的な人気となった。当時ポッキーG優香と共演したどん兵衛コマーシャルに起用されるなどメディアにも多数出演した。

2003年、ジーコ監督下ではトッテナム時代に一度だけ招集が掛かったが、「今はクラブでのレギュラー取りに専念したい」と辞退。これに対しジーコも戸田の反則すれすれのプレースタイルを批判するコメントを残しており、喧嘩別れのような形で以降代表に招集されることは無かった。

引退後[編集]

引退後はJリーグタイムの解説者として活躍。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
1996 清水 - J 5 0 1 0 0 0 6 0
1997 14 20 0 5 0 3 0 28 0
1998 34 0 5 0 5 0 44 0
1999 4 J1 28 0 2 0 3 0 33 0
2000 27 1 6 0 5 0 38 1
2001 27 0 1 0 5 0 33 0
2002 22 1 2 0 3 0 27 1
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2002-03 トッテナム 44 プレミア 4 0 0 0 0 0 0 0
2003-04 0 0 - - 0 0
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2003-04 デンハーグ 39 エールディヴィジ 16 0 - 0 0 16 0
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2004 清水 4 J1 12 0 2 0 1 0 15 0
2005 東京V 6 23 0 5 0 0 0 28 0
2006 広島 14 30 0 5 0 1 0 36 0
2007 31 2 8 0 2 0 41 2
2008 J2 1 0 - 0 0 1 0
千葉 41 J1 12 0 1 0 1 0 14 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2009 慶南 40 Kリーグ 8 0 1 0 1 0 10 0
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2010 草津 2 J2 12 1 - 0 0 12 1
2011 11 1 - 1 0 12 1
2012 町田 4 2 0 - 0 0 2 0
シンガポール リーグ戦 リーグ杯 シンガポール杯 期間通算
2013 ウォリアーズ 4 Sリーグ 17 0 1 0 1 0 19 0
通算 日本 J1 271 4 43 0 29 0 343 4
日本 J2 26 2 - 1 0 27 2
イングランド プレミア 4 0
オランダ エールディヴィジ 16 0
韓国 K 8 0 1 0 1 0 10 0
シンガポール Sリーグ 17 0
総通算 342 6

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 清水 4 2 0
通算 AFC 2 0

出場歴・タイトル[編集]

クラブチーム[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

  • U-17日本代表 (FIFA U-17世界選手権出場)
  • U-19日本代表 (アジアユース選手権出場)
  • U-20日本代表 (FIFAワールドユース選手権出場)
  • U-21日本代表 (バンコクアジア大会出場)
  • U-22日本代表 (シドニーオリンピックアジア一次・最終予選出場)
  • 2002年W杯

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 20試合 1得点 (2001-2002)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2001 10 0
2002 10 1
通算 20 1

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2002年3月21日 日本大阪 ウクライナの旗 ウクライナ ○ 1-0 キリンチャレンジカップ2002

関連情報[編集]

CM[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “戸田 和幸”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ta/kazuyuki_toda.html 
  2. ^ 出生地が神奈川県相模原市という説もある
  3. ^ 当初は移籍先としてサンダーランドと交渉していたが、交渉が上手くまとまらなかった所にかつての恩師スティーブ・ペリマンの橋渡しで急転直下トッテナムに移籍となり、日本サッカー界とサンダーランドサポーターを呆然とさせた。
  4. ^ 契約満了選手のお知らせ Jリーグオフィシャルサイト 2011.11.17
  5. ^ 戸田 和幸 選手 完全移籍加入のお知らせ FC町田ゼルビア 2012.1.6
  6. ^ 置かれた環境で悩むすべての人へ 干されてもがき、信念を貫いた元日本代表の言葉 サッカーキング 2013.7.10
  7. ^ 中田英寿もMVPとして柳沢敦と戸田の名前を挙げている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]