キートン山田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きーとん やまだ
キートン 山田
プロフィール
本名 山田 俊司[1]
(やまだ しゅんじ)[2]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本北海道三笠市[3]
生年月日 (1945-10-25) 1945年10月25日(76歳)
血液型 A型[4]
身長 176 cm[4]
職業 声優俳優ナレーター[5]
事務所 リマックス(最終所属)[6]
配偶者 あり
公式サイト キートン山田|+-- REMAX --+(アーカイブ)
活動
活動期間 1970年 - 2021年
デビュー作 タイガーマスク
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

キートン 山田(キートン やまだ、1945年10月25日[7] - )は、日本の元声優俳優ナレーター[5]北海道勇払郡穂別町(現在のむかわ町)生まれ、北海道三笠市出身[3]リマックス最終所属[6]

本名及び旧芸名は山田 俊司(やまだ しゅんじ)[1]

経歴[編集]

1963年北海道三笠高等学校卒業[8]後、就職のため上京、建設会社に就職しサラリーマン生活を始めるが、同時に憧れだった俳優も目指して劇団に入る。サラリーマンと俳優の掛け持ちを4年間続けた後、退職して役者に専念するようになる。アルバイトをしながら役者生活をしていたが、アルバイト先のスナックの店主と知り合いで常連だった柴田秀勝から「声専門のプロダクションができるから」と紹介され、創立したばかりの青二プロダクションに預かりで所属となった[9]。所属事務所はその後、ぷろだくしょんバオバブ[10]賢プロダクション[2]→リマックスと変遷。バオバブ所属者の劇団であるすごろくにも所属していた[11]。第二次アニメブームの昭和50年代(1970年代後半から1980年代前半)には声優業が中心になった(一番ファンの人に知られたのはゲッターロボの神 隼人の役だと雑誌のインタビューで答えている[12])が、アニメブームの終息と共に声優の仕事もなくなり、妻からも転職を促されたり[13]、安全なサラリーマン生活に戻ろうかとも考えたこともあった[14]。生活のために日雇いのバイトや封筒貼りの内職などをしたが、それでも3人の子供を養いながらローン返済をすることは難しかったため、事務所や親族から借金をしていた[15]。また、電車賃を浮かすために当時住んでいた千葉県松戸市からスタジオのある浅草まで、徒歩で移動していたこともあった[16][14]。「カラオケ司会の仕事が一番つらかった。食べていくためには何でもやった。勉強になり無駄になってない」と辛かった当時のことを回想している[14]

デビューから10数年間は本名の山田俊司で出演していたが、声優の仕事がほぼなくなっていた時期に1時間番組のナレーションの仕事を受けた際に、「本格的なナレーションの経験はないが、ありのままの自分で仕事に臨む」という思いのもと[15]、改名を決意。当初はプロダクションから「仕事に影響する」との理由で反対を受けたが、アルバイトや内職を全て辞め背水の陣を敷き裸一貫出直す覚悟[16]1983年[13][7]芸名を「キートン山田」に改名。芸名の由来は、当時読んだ本の影響で喜劇役者のバスター・キートンに肖ったもの[16]。その一方で、学生のころに「聞いとんのか、山田!」と先生から何度も注意されたのが印象的で、「聞いとんのか山田」を縮めてこの芸名にしたとも語っている[17]。本人いわく、ナレーターの道を歩み始めたのはこの時から[15]

1990年には、『ちびまる子ちゃん』のナレーションを担当。当初は番宣だけで、本編は別のナレーターが担当する予定だった[18]。しかし、原作者のさくらももこは、ナレーターのキャスティングには納得がいっておらず選考は難航していた。そんな中、自分が番宣を吹き込んだテープが当時ニューヨークにいたさくらの元に送られ、「この声としゃべりが欲しかった」ということで本編も担当することになった[16]。本作でのナレーションが「キートン節」[16]と呼ばれ代名詞となり、代表作[15]に数えられるようになる。

声優活動の傍ら、1995年に創設した自らの劇団「劇団ふりぃすたいる」も主宰した。きっかけは、自身が講師を務める声優養成所で在校期間2年で卒業する生徒たちが、どこにも所属することができず、過去の自分の経験もあって何とかしたいという気持ちが膨らみ、生徒たちの中から団員を募り結成された[19]。ふりぃすたいるは創立20周年記念公演を終えた2015年5月をもって解散し、同年7月3日にマンモス八木と2人で「きぃとん劇場」を創立した[20]

若いころから「できれば東京に住みたくない」という気持ちが強く、1999年には静岡県伊東市に家を構えて生活しており、仕事の度に東京などへ出かけている[7][21]

芸能活動以外にも、株式会社ペルソンが依頼代理となって講演活動も行っていた[7]

2014年、第8回声優アワード「功労賞」を受賞[22]

2020年12月5日、2021年3月末日をもって声優業から引退することを発表[23]。同時に、28年半続けた『ちびまる子ちゃん』のナレーションも本人の申し出から2021年3月28日放送回で降板した(放送開始から31年だが、1992年9月から2年半は番組自体を中断していたので28年半)[24]。なお、同作品で共演するさくらももこ(まる子)役のTARAKOは発表される前から引退することを本人から聞いていたとTwitterにて明かしている[25]。『ちびまる子ちゃん』の降板については「75歳で『ちびまる子ちゃん』を卒業すると心の中で決めていた」と語っている[26]。また、ナレーションを担当していた番組のうち、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は2020年12月26日放送回をもって[27]、『ポツンと一軒家』も2021年3月28日放送回をもってそれぞれ降板した[28]

人物・エピソード[編集]

声種バリトン[29]

ナレーションを務めることも多く、特にアニメだけではどんどん新人に役を取られ、いずれ干されることを懸念し、ナレーションもできる声優に絶対になることを望んでいた。それに伴い、「自分らしいナレーション」を確立させるべく、旅番組の中で落語を採り入れる。

初めてのレギュラーアニメ『一休さん』の上様こと将軍足利義満は、約7年かなり自由奔放に演じられた作品で、様々なアドリブにも挑戦できたという。「『一休さん』のおかげで、少しだけアニメの仕事に自信が持てた」とも語っている[30]。また将軍様の笑い声は、当初台本では「あっはっはっは……」と記述されていたが、外見や高貴な身分から不相応であったため、山田が「のっほっほっほっ…!」に差し替えた(中盤からは「のほほほほほ…」で概ね定着した)。

自身にとって転機となったのは『ちびまる子ちゃん』のナレーションだと述べている。キートン山田に改名してからは、自分らしい表現に試行錯誤していたが、その1つがナレーションだと語っている。できるだけ作らず自分らしくナレーションをしたらどうなるだろうとずっと考えたと言う。やはりどこかに無理をかけて作ったものは長続きできない。またそれまで色々な仕事を受けていたが、キートン山田として、ピッタリの仕事、代表作になるような仕事があるはずだと思っていたという。『ちびまる子ちゃん』の仕事が来た時「これだ」と感じ、決して無理をせず、しかし思いを込めたナレーションをするという望んでいた形の仕事ができたと述べている[31]。『ちびまる子ちゃん』での台詞「後半へつづく」はCMに入る際にちょっとした間があったので、第25話「まるちゃん学校でお腹が痛くなる」の巻でアドリブで入れたところ、スタッフ・キャスト・作者に思いのほか受けて採用された[18][16]。同作品では、基本的に演者のアドリブが認められていないため珍しいケースだが、場面切り替え時に「翌日」と入れたりイントネーションを工夫するなどしている[15]。また、『ちびまる子ちゃん』ではナレーションだけではなく、本人役として登場したことが何度かある[32]

2006年10月、自分が講師を務めていた声優学校の学生として知り合った、当時29歳のストリートミュージシャンをしていた女性と再婚した[33]。32歳差の年の差婚である。

趣味はマラソン。59歳の時にホノルルマラソンに初参加[21]し、以降も5回参加・完走しており、他のマラソン大会にも多数出場している[34][7]

関東周辺に住む北海道三笠市出身者の集まり「東京三笠会」の会員である。「東京三笠会」が母体となり、三笠の文化・芸術・スポーツの振興を図るための活動を行う団体「ふるさと楽校」の代表代行を務めている[3][35]

後任[編集]

山田の引退後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

後任 役名 作品 後任の初出演 備考
緒方賢一 ナレーション ポツンと一軒家 2021年4月4日放送分
木村匡也 ちびまる子ちゃん [注 1]
津田健次郎 ローカル路線バス乗り継ぎの旅 2021年6月5日放送分

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
  • ぼのぼの(フェネックギツネくんのお父さん)
1998年
1999年
2000年
2001年
2004年
2005年
2008年

劇場アニメ[編集]

1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2010年代

OVA[編集]

1980年代
1990年代
2000年代

ゲーム[編集]

1991年
1993年
  • サイボーグ009(004 / アルベルト・ハインリヒ)
  • スタートリング・オデッセイ(ベルン・セルシアム)
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年
2011年
2013年
2015年
2019年
2021年

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

ドラマCD[編集]

  • ゲッターロボVSゲッターロボG(神隼人)
  • ここはグリーンウッド 〜FM特番「緑林お騒がせ!放送局」〜(編成局長)

オーディオブック[編集]

  • 銀河英雄伝説 外伝 ユリアンのイゼルローン日記(アレックス・キャゼルヌ)

ナレーション[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

その他コンテンツ[編集]

[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オープニングテーマ『おどるポンポコリン』(ももいろクローバーZによるカバー)のナレーションは引き続き山田のライブラリ音声が使用されている。
  2. ^ a b 山田俊司名義。

出典[編集]

  1. ^ a b キートン山田 長寿アニメにおける声優の高齢化について語る”. NEWSポストセブン (2018年9月11日). 2019年7月5日閲覧。
  2. ^ a b 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、91頁。ISBN 4-87376-160-3
  3. ^ a b c まちの話題【三笠市開庁130年記念式典】| 三笠市
  4. ^ a b キートン山田プロフィール”. 2019年7月5日閲覧。
  5. ^ a b キートン山田”. タレントデータバンク. 2020年1月31日閲覧。
  6. ^ a b キートン山田|+-- REMAX --+”. 2021年3月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年1月31日閲覧。
  7. ^ a b c d e キートン山田プロフィール 講演依頼.com|講演会の講師紹介
  8. ^ キートン山田公式サイト 「後半へつづく!」 『二年生!』(リクルート)
  9. ^ 声優アニメディア』2010年1月号「極 声魂/キートン山田」
  10. ^ バオバブ設立年発売、所属者ユニット・バオバブシンガーズのLP『めざせモスクワ』にクレジット
  11. ^ 水田わさびの声優道 | 先輩から学ぼう! | 声優グランプリweb 12021年3月16日閲覧
  12. ^ 大徳 哲雄 編集『月刊 OUT 4月号』みのり書房、1981年4月1日、p89。
  13. ^ a b キートン山田「まだまだ『後半へつづく』」、『相鉄瓦版 第203号 別の生き方、見つけました』、相鉄ホールディングス、2012年4月
  14. ^ a b c キートン山田 講師の心.com 講演講師からのメッセージ
  15. ^ a b c d e エーザイの医療関係者向けサイトHospha My Stance 巻頭インタビュー キートン山田 (PDF)
  16. ^ a b c d e f 聖教新聞 2012年7月29日号
  17. ^ おたのしみ - 土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界|TBS RADIO 954 kHz
  18. ^ a b お願い!ランキングGOLD 【2時間スペシャル】(2012年1月12日)の番組概要ページ - TVトピック検索
  19. ^ キートン山田 講師の心.com 講演講師からのメッセージ ページ2[リンク切れ]
  20. ^ キートン山田の日記 2015年(7月17日)2015年8月26日閲覧
  21. ^ a b 環境省広報誌 エコジン 2013年4・5月号第4-5項
  22. ^ 第八回声優アワード 一部先行発表!”. 声優アワード. 2021年2月5日閲覧。
  23. ^ 【お知らせ】”. リマックスブログ -リマックス所属タレントの近況をお知らせいたします!-. 2020年12月5日閲覧。
  24. ^ ちびまる子ちゃんも卒業…キートン山田が声優引退へ”. 日刊スポーツ (2020年12月5日). 2020年12月5日閲覧。
  25. ^ TARAによるツイート” (2020年12月5日). 2020年12月6日閲覧。
  26. ^ TVアニメ『ちびまる子ちゃん』声優・キートン山田さん卒業回「ある春の一日」は3月28日(日)放送! 公式コメントも到着”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2021年3月21日). 2021年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月21日閲覧。
  27. ^ キートン山田「バス旅はまだまだ続く」ナレーター卒業でメッセージ”. サンスポ. 産経デジタル (2020年12月27日). 2020年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月28日閲覧。
  28. ^ ポツンと一軒家:ベテラン声優・緒方賢一がナレーター就任 キートン山田からバトンタッチ「これまでの友情がここで結実」”. MANTANWEB. MANTAN (2021年3月29日). 2021年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月29日閲覧。
  29. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、108頁。
  30. ^ 主婦の友社『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』キートン山田「『ナレーション』と言う名前の役を演じる」P223。
  31. ^ 主婦の友社『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』キートン山田「『ナレーション』と言う名前の役を演じる」P226。
  32. ^ DVD『ちびまる子ちゃん全集1992』収録「ちびまる姫」・「「まる子 海水浴に行く」の巻」など
  33. ^ asahi.com:キートン山田61歳の再婚相手は29歳 - 日刊スポーツ芸能ニュース - 芸能一般 - 文化芸能
  34. ^ キートン山田公式ホームページ(トップページ下部)
  35. ^ まちの話題【三笠出身の著名人による「みかさ楽校」を開催】 | 三笠市
  36. ^ アパッチ野球軍”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  37. ^ a b 山田駿二名義。
  38. ^ グレートマジンガー”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  39. ^ ゲッターロボ”. 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  40. ^ アラビアンナイト シンドバットの冒険”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  41. ^ 一休さん”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  42. ^ ゲッターロボG”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  43. ^ 大空魔竜ガイキング”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  44. ^ 惑星ロボ ダンガードA”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  45. ^ ベルサイユのばら”. メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。
  46. ^ “大自然の魔獣バギ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/60.html 2016年5月3日閲覧。 
  47. ^ 超力ロボ ガラット”. メディア芸術データベース. 2020年11月27日閲覧。
  48. ^ ちびまる子ちゃん(第1期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  49. ^ ちびまる子ちゃん(第2期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  50. ^ キートン山田「後半へ続く」で締め 『ちびまる子ちゃん』31年間のナレーションに別れ”. ORICON NEWS. オリコン (2021年3月28日). 2021年3月28日閲覧。
  51. ^ トップページ”. MASTERキートン公式サイト. 2016年9月8日閲覧。
  52. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  53. ^ グレートマジンガー対ゲッターロボG・空中大激突”. 東映ビデオ株式会社. 2021年9月6日閲覧。
  54. ^ ちびまる子ちゃん 劇場版”. 日本アニメーション. 2016年6月9日閲覧。
  55. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!”. メディア芸術データベース. 2016年8月6日閲覧。
  56. ^ キャスト・スタッフ”. ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年. 2016年6月10日閲覧。
  57. ^ Character”. 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2016年6月21日閲覧。
  58. ^ イベント『たすけて!マイヒーロー〜ホワイトデー編〜』開催中♪”. ガールフレンド(仮)公式ブログ (2015年2月28日). 2015年3月2日閲覧。
  59. ^ まるごとワイド - コーナー&出演者紹介 | だいいちテレビ
  60. ^ 「勘違い」篇:ミラ トコット - テレビCM|おすすめ情報【ダイハツ】 2018年6月30日閲覧

外部リンク[編集]