ビバリーヒルズ・コップ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビバリーヒルズ・コップ2
Beverly Hills Cop 2
監督 トニー・スコット
脚本 ラリー・ファーガソン
ウォーレン・スカーレン
製作 ジェリー・ブラッカイマー
ドン・シンプソン
製作総指揮 ロバート・ワックス
リチャード・ティエンケン
出演者 エディ・マーフィ
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
撮影 ジェフリー・L・キンボール
編集 クリス・レベンゾン
マイケル・トロニック
ビリー・ウェーバー
配給 パラマウント映画
UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年5月20日
日本の旗 1987年7月11日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $299,965,036[1]
配給収入 14億2000万円[2] 日本の旗
前作 ビバリーヒルズ・コップ
次作 ビバリーヒルズ・コップ3
テンプレートを表示

ビバリーヒルズ・コップ2』(Beverly Hills Cop2)は、1987年アメリカ合衆国アクション映画。1984年の映画『ビバリーヒルズ・コップ』シリーズの2作目。

ストーリー[編集]

デトロイト警察のアクセル・フォーリーは、アメリカン・エキスプレス偽造のクレジットカード集団への潜入捜査という名の下で、羽振り良くフェラーリを乗り回していた。そんな時、ビバリーヒルズで、ある事件を捜査中のボゴミル警部(前作での功労により昇進)が何者かに撃たれ重傷を負ったとのニュースを知る。アクセルはデトロイトを離れ、ボゴミルの仇を取るべく、おなじみのビバリーヒルズへと向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ テレビ朝日 Netflix
アクセル・フォーリー エディ・マーフィ 下條アトム 山寺宏一
ビリー・ローズウッド ジャッジ・ラインホルド 安原義人 井上和彦 金城大和
ジョン・タガート巡査部長 ジョン・アシュトン 小林清志 池田勝 相沢まさき
アンドリュー・ボゴミル警部 ロニー・コックス 大木民夫 田中信夫 中博史
マックスウェル・デント ユルゲン・プロホノフ 樋浦勉 大塚明夫 木下浩之
カーラ・フライ ブリジット・ニールセン 土井美加 塩田朋子 木下紗華
ハロルド・ラッツ署長 アレン・ガーフィールド 大宮悌二 麦人 浦山迅
チャールズ・ケイン ディーン・ストックウェル 仁内建之 小島敏彦
ジェフリー・フリーマン ポール・ライザー 納谷六朗 檀臣幸 赤坂柾之
ダグラス・トッド警部 ギルバート・R・ヒル 池田勝 有本欽隆
ニコス・ソモポラス ポール・ギルフォイル
テッド・イーガン市長 ロバート・リッジリー 加藤正之 塚田正昭
ビドル ブライアン・オコナー
ジャン・ボゴミル アリス・アデア 勝生真沙子 岡本麻弥
本人役 ヒュー・ヘフナー
プレイボーイ・マンション使用人 クリス・ロック 牛山茂
ビニー ロバート・パストレリ 秋元羊介
役不明又はその他 キートン山田
小島敏彦
大友龍三郎
沢木郁也
滝沢久美子
井上喜久子
仲野裕
佐藤しのぶ
島田敏
宝亀克寿
小野美幸
星野充昭
野沢由香里
喜多川拓郎
金子由之
岡野浩介
丸山智行
小林達也
竹内栄治
伊原正明
岡井カツノリ
臼木健士朗
佐野康之
影平隆一
北島善紀
森なな子
辻井健吾
大西弘祐
永井将貴
近松孝丞
宮本克哉
石井未紗
野川雅史
宮本誉之
竹内夕己美
長尾歩
宮本淳
高坂宙
翻訳 戸田奈津子(字幕) たかしまちせこ 岩本令 平田勝茂
演出 河村常平 蕨南勝之 高橋正浩
調整 熊倉亨
効果 リレーション リレーション
選曲
プロデューサー 松田佐栄子
高橋由佳
制作 東北新社
フジテレビ
東北新社 ニュージャパンフィルム
初回放送 1990年4月14日
ゴールデン洋画劇場
1997年9月7日
日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Beverly Hills Cop II (1987)”. Box Office Mojo. 2009年11月29日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)460頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]