劇団すごろく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劇団すごろく(げきだんすごろく)は日本の劇団。ぷろだくしょんバオバブに所属していた俳優声優)たちで結成された「劇団がらくた工房」が「シアターがらくた」、「ザ・がらくた」、「劇団すごろく」の順で改名され[1]、現在に至る。

概要[編集]

劇団がらくた工房として1980年1月設立したが、分裂するかたちとなり、残留メンバーにより「シアターがらくた」として1985年11月に創立[1][2][3]。その後、「ザ・がらくた」と改名して[注 1]活動を続けていた1990年小学校で児童劇を上演した際、学校先生生徒に「がらくた」の意味を説明するのに困っているのを見て、「劇団すごろく」に改名した[1][2]。「すごろく」の名前の意図は「人生、山あり、谷あり、行きつ戻りつ人生すごろく」とのことで[1]、命名者は当時の劇団員であった松本保典であろうという(本人による)[2]

旗揚げ当時から子供向け、家族向けの昔話怪談話を中心に上演し続けている。まれに朗読劇ミュージカルなども上演している。

毎年1回、秋の公演では第二部として「歌と踊りのグランドショー」という、役者による歌謡ショーを開催している。老若男女関係なく楽しめる、大衆娯楽としての「演劇」を上演し続けている。

テレビアニメ洋画吹き替えでおなじみの声優が多数所属している(していた)ことでも知られている。1981年(劇団がらくた工房時代)には付属養成所を開設、前述の分裂時にぷろだくしょんバオバブの附属養成所、バオバブ学園(現:ビジュアル・スペース俳優養成所)[注 2]となり、現在でも活躍している多くの声優を輩出した。また、劇団すごろくも、その後新たに付属養成所を設立していた時期があった。

2013年に座長の緒方賢一が退団。以降、『緒方賢一とシャレダース』を結成し、後進の応援活動にシフト[4]。副座長であった松本保典が座長となったが、松本も2016年に退団[5]、後任の主催者は本井えみ[3]。2010年(創立25周年)の時点で、創立当初から在籍していた劇団員は緒方と松本だけだった[6]ため、創立メンバーは劇団から姿を消したことになる。

所属俳優[編集]

かつて所属していた俳優[編集]

(劇団がらくた工房時代も含む)

公演[編集]

  • 木場の仙太郎
  • おゆき
  • のれん慕情
  • イヌの仇討
  • 獏に食われた夢
  • 誘因〜黄昏に君や想う〜
  • 暁じゅてーむ!
  • 再びの・・・
  • 悪魂ローリングストーン
  • 再会~落日の花火~
  • 恋する?ハッスル??****する!?
  • お憑かれOnly幽!(2005年6月23日 - 26日、新宿SPACE107) ※客演:長沢美樹
  • 雷名(新宿SPACE107)
  • 風光る(新宿SPACE107)
  • 朝風(新宿SPACE107)
  • うるさ方(新宿SPACE107)
  • 平屋騒乱記〜須原屋解体新書殺人事件〜(新宿SPACE107)
  • 残り香(新宿SPACE107)
  • 陽炎・稲妻・水の月(2008年10月30日 - 11月1日、新宿SPACE107)
  • おかげ犬(池袋THEATER GREEN)

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1987年以降の公演のチラシで「ザ・がらくた」の名称が確認できる[1]
  2. ^ 現在、ぷろだくしょんバオバブには「B・A・O」という附属養成所があるが、別の組織であり、直接の関係はない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e すごろくの歴史…な〜んて大層なものじゃありませんが”. 劇団すごろく. 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ a b c 〜 すごろく今昔物語 完結編 〜”. 劇団すごろく. 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c 劇団概要”. 劇団すごろく. 2017年1月2日閲覧。
  4. ^ 劇団すごろく座長、緒方賢一。 : 金津泰輔の『書いては書き直し』
  5. ^ a b 皆さまへすごろくから大事なお知らせ”. 劇団すごろく. 2017年1月2日閲覧。
  6. ^ 〜すごろく今昔物語〜”. 劇団すごろく. 2017年1月2日閲覧。
  7. ^ プロフィール”. 劇団ふくわらい. 2017年1月2日閲覧。
  8. ^ a b メンバー紹介”. 劇団ふくわらい. 2017年1月2日閲覧。
  9. ^ バオバブ学園”. ぷろだくしょんバオバブ. 1998年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]