スーパーロボット大戦DD

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
スーパーロボット大戦DD
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 iOS
Android
開発元 ドリコム(開発協力)[1]
運営元 バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー 赤井雅俊
シリーズ スーパーロボット大戦シリーズ
人数 1人(オンライン専用)
メディア ダウンロード
運営開始日 2019年8月21日
利用料金 基本プレイ無料(アイテム課金制
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦DD』(スーパーロボットたいせんディーディー)は、バンダイナムコエンターテインメントより配信されるスマートフォン用ゲームアプリ[2]2019年8月21日サービス開始。基本プレイ無料(アイテム課金制)。

キャッチコピーは「鋼の強者達よ、次元を超えて走れ」。

概要[edit]

SDで表現されたロボットたち(ただし、一部作品に例外あり[注 1])が競演するクロスオーバー作品スーパーロボット大戦シリーズ」のひとつ。2018年11月19日配信の「生スパロボチャンネル」にて、『スーパーロボット大戦T』とともに正式発表された。タイトルのDDは「ディメンションドライバー」の略。

2015年にリリースされた『スーパーロボット大戦X-Ω』に続いて制作されるスマートデバイス向けタイトル。『X-Ω』はシミュレーションRPGがスマートフォンアプリとしては一般的でなかったころにリリースされたため従来のシリーズと異なる戦闘システムを採用しているが、その後スマートフォンでのシミュレーションRPGが受け入れられるようになったため、本作では従来のシミュレーションゲーム系システムが採用された[3]。その他『X-Ω』との相違要素として、2Dグラフィックによる戦闘シーン演出、ユニットを無課金の確定入手とし、装備系アイテム(ならびにそれによる戦闘演出)を課金入手対象としている点などがある。上記端末向けのAUTO機能や、開始時に「ワールド」と呼ばれる特定作品にまとめられたステージを攻略するなど、新たな試みも行われている。

現地語に翻訳したものを香港、台湾、マカオでも配信する。

ゲームシステム[edit]

戦闘システム[edit]

シリーズ大半の作品で採用されてきたターン制シミュレーションバトルが採用されている。ただし、味方フェイズと敵フェイズで交互に動かしていくのではなく、ユニットごとに設定された「スピード」のステータスに応じて行動順が回ってくる(サイズの小さいユニットほど早く動ける)。ユニットを操作してステージごとに設定された作戦目的を達成すればクリアとなる。
ステージによってはボスユニットが設定されており、ボスには「ブレイクゲージ」というHPとは別のゲージが用意されている。ブレイクゲージがある間は攻撃が通りづらくなる。ブレイクゲージを削り切ればボスが弱体化し、普通に攻撃が通るようになる。ブレイクゲージは弱点属性の武器で大幅に減らせ、0になった後、ボスが一定回数行動すると回復する。
攻撃を連続で命中すると「チェイン」が発生し、一定数以上のチェインを決めると攻撃力などに補正がかかる。チェインは攻撃をかわされたり、攻撃・反撃をしないと途切れる。
自動的に戦闘を行うオートプレイや戦闘アニメのオン/オフ、プレイ速度の高速化といったオプションも用意されている。
ユニット
ユニットはメインシナリオを攻略していくことで順次入手していく。それぞれにタイプが設定されており、基本的にはタイプに応じたステータスが高めになっている。ユニットの強化は後述の方法で行われる。
戦闘結果によって「気力」が上昇することで戦闘が有利になるのはこれまで同様。ただし、武器の気力制限は撤廃されている。
機体とパイロットのセットで構成されるが、コンシューマ作品のような乗り換えは現時点では実装されていない。また、ブレイクゲージを除き、エヴァンゲリオンの「A.T.フィールド」に代表されるようなバリアなども存在しない。
クロッシング・パイロット
2019年12月のアップデートから追加されたシステム。専用の期間限定イベントをクリアする事で作品間の垣根を超えた乗り換えを行えるようになる(マジンガーZにアムロ・レイを乗せるなど。ただし、組み合わせは固定)。
乗せ換え可能になると編成画面でパイロットを選択可能になる。機体とパイロットのステータスは既存のデータがそのまま反映される。必殺技パーツは専用のものが必要で、イベント用のバトルミッションやアチーブメントを達成する事で獲得できる。この専用必殺技パーツは限界突破を行う際も専用素材が必要となり、イベントステージを周回して集める事になる。
イベントステージは、本作の期間限定イベントでは初となる各ワールドのシナリオと繋がらない独立した専用シナリオを実装しており、シナリオクリア後は素材集め用のステージが解禁される。
ユニットパーツ
今作におけるガシャ対象アイテムで、コンシューマ作品における「強化パーツ」にあたる。ユニットには最大5つまでユニットパーツを装備可能で、各種ステータスの強化とアビリティが付加される。スロットは当初三つまでしか解放されておらず、改造ボーナスによって解禁していく。
アビリティには「MAINアビリティ」と「SUBアビリティ」が存在し、装備するスロットの種類に応じてどちらが発動するかが決まる。基本的に「MAIN」は一つしか装備できない。
レアリティR以上のユニットパーツには「必殺技パーツ」や「支援パーツ」が存在し、ユニットに特殊な効果を与える。
必殺技パーツ
パーツごとに設定された特定のユニットのMAINスロットに装備することで必殺技が使用可能となる。必殺技は一定回数行動を行うことで使用可能になり、1ステージで使用できる回数に制限がある。レアリティの高い必殺技ほど威力が高いが使用回数が少なく、使用に必要な行動回数も多い。逆にレアリティの低い必殺技でも敵のステータスを低下させるといった有力なアビリティを持っていたり使用回数が多いので状況に応じて装備を変更するのも手となっている。
なお、ユニットを初めて入手した際にそのユニットに対応したレアリティRの必殺技パーツも一つ貰える。
支援パーツ
キャラクターが描かれたパーツで、装備すると戦闘アニメの開始前にそのキャラクターによる音声付の応援アニメが入る。特定のユニットに装備した場合は専用の応援メッセージとなる。また、セットできる精神コマンドが一つ追加される。
精神コマンド
シリーズお馴染みのシステム。今作では回数制になっており、1ステージ中に使用できる回数が制限されている。精神コマンドは装備枠にセットしたものだけが使用可能で、枠は最初一つしかないが、パイロットを養成することで最大三つまでセット可能になる。

出撃バトル[edit]

メイン
メインシナリオをプレイ出来るモード。スマートデバイス用ゲームによくあるスタミナ制がなく、自由にプレイ出来る。一度クリアしたシナリオも何度でもやり直すことが可能。ワールドのシナリオを全てクリアすると「EXTRAモード」が解禁され、より高難易度になるがアイテムを稼ぎやすいステージをプレイ出来る。なお、ノーマルモードはシナリオパートの合間に複数のバトルパートで構成されているが、EXTRAモードでは1シナリオ1ステージ構成となる。
イベント
素材稼ぎ用のデイリーステージや制圧戦などの期間限定ステージがプレイ出来る。こちらには一日にプレイ出来る回数に制限があったり、BPと呼ばれるスタミナが設定されており、課金アイテムのDクリスタルや専用チケットを消費してプレイ回数を増やすことが出来る。
制圧戦
複数の拠点で構成されたエリアを攻略していく高難易度モード。拠点にいる敵を全滅させ、制圧していく事でスコアを稼ぎ、スコアに応じて制圧ポイントを獲得できる。制圧ポイントはショップで報酬アイテムと交換できる。エリアを最後まで制圧する必要はなく、無理だと思ったら途中で諦めることも可能。諦めた場合もそこまでに稼いだスコアに応じて制圧ポイントを貰える。また、エリア全体を通して設定されている「エリアミッション」を達成することでもスコアが入る。
専用の編成でプレイするが、一度出撃したユニットは装備しているユニットパーツや精神コマンドが固定されてしまい、HPや必殺技回数、精神コマンドの使用回数なども回復しない(制圧戦終了後に回復、解除される)。ユニットは逐次入れ替えられるので、多数のユニットを使って攻略を進めることになる。
全てのバトルに「バトルミッション」が設定されており、クリアすることで報酬を獲得できる。『X-Ω』と異なりミッションごとに報酬が設定されているため、何度もプレイして一つずつ達成していくことも可能。

作戦室[edit]

手持ちのユニットやアイテムの一覧を確認したり、編成を行えるモード。編成できるのは4体までで、最大4パターンまで編成チームを保存可能(装備していたユニットパーツの情報も保存される)。
バトルによっては出撃制限がかかるユニットも存在し、そのユニットは編成していても出撃できなくなるが、イベントで強制出撃する同ユニットにステータスが反映される(反映されないステージも存在する)。
また、他のプレイヤーのユニットをレンタルして編成することも可能(編成できないモードも存在する)。この場合、自分の手持ちユニットは3体までしか使えず、4体目がレンタルユニット枠となる。

格納庫[edit]

強化
資金を消費してユニットパーツや強化素材を合成し、ユニットパーツをレベルアップしていくモード。レベルアップに応じてユニットパーツによるステータス補正が上昇していく。また、同じパーツ同士を合成することでアビリティの効果を決める「特性」が強化される。
ユニットパーツの上限レベルはレアリティによって決まっており、Nが45、Rが55、SRが65、SSRが75となる。特性強化の上限はいずれも+5まで。なお、レベル上限は限界突破によって引き上げることが出来る。
限界突破
上限レベルに達したユニットパーツに更なる強化を施すモード。資金と限界突破素材を消費してレベル上限を上げられ、同時にステータス補正も強化される。専用素材のかわりに上限レベルまで強化したユニットパーツでも限界突破は可能。同一のユニットパーツを素材とした場合、特性強化も同時に行われる。
機体改造
ユニット自体のステータスを改造して強化していくモード。改造できるステータスはHP、攻撃力、防御力、照準値、運動性の5つ。改造には資金の他にステータスごとに異なる素材を必要とし、改造段階が上がるごとに上位の素材を必要とする。
全てのステータスを5段階改造するごとに改造ボーナスを獲得可能で、パーツスロットの解放やステータスの上昇を行える。
パイロット養成
パイロット自体を強化していくモード。本作にはパイロットのレベルが存在しないため、パイロットの強化はこのモードでしか行えない。
専用の本とメモリーオーブという共通素材を消費して強化していく。スキルに応じて必要とする本は異なる。精神コマンドを強化すれば新しい精神コマンドを会得したり、装備枠を増やすことが出来る。スキルは各種ステータスの強化が行われる。
また、パイロットごとに「オーブ」と呼ばれるアイテムが存在し、このオーブを消費することで固有スキルの強化が行える。

その他のシステム[edit]

オプションメニューからフォロー中のフレンドや他プレイヤーに貸し出すレンタルユニットの設定、図鑑やヘルプを確認できる。
なお、今作の図鑑はワールドのステージを全てクリアしないと登録されないようになっている。

参戦作品[edit]

一覧 [edit]

作品序盤では、歴代シリーズ作品をイメージした3つの世界と本作独自の世界、計4ワールドから構成される序章の中からプレイヤーが一つを選び、ストーリーを進行していく。序章の続きとなる新章は随時、開放され、新機体及びパイロットも追加される[4]。2019年12月の第一回大型アップデートより序章が5ワールドとなった。

★マークはシリーズ初参戦。

WORLD 01
本シリーズ初期作品群をイメージした世界に存在するメカ・キャラクターの作品
WORLD 02
スーパーロボット大戦α』シリーズをイメージした世界に存在するメカ・キャラクターの作品
WORLD 03
スーパーロボット大戦Z』シリーズをイメージした世界に存在するメカ・キャラクターの作品
WORLD 04
本作オリジナルの世界に存在するメカ・キャラクターの作品。ただし、主人公達の出身世界とはまた別の世界である。
WORLD 05
2019年12月の第一回大型アップデートより追加。
地球もしくは火星を舞台とする作品で、ワールド内では対立構造となっている。現状ではディーダリオンとメグが唯一登場せず、追加サブヒロインのユニスや版権キャラクターがメインとなる。
制圧戦
制圧戦の報酬で入手可能

解説 [edit]

サービス開始時は全23作品、新規参戦作品は4作品。2019年12月の第一回大型アップデート以降は全28作品、新規参戦作品は5作品。

『デビルマン(原作漫画版)』の参戦は、ロボットアニメの枠にとらわれない作品も参加させることになり決定した[5]。『フルメタル・パニック!』はアニメ版第1期名義での参戦となっているが、機体は2018年に放送された『フルメタル・パニック! Invisible Victory』に準じたデザインとなっている。

アートワーク登場機体[edit]

  • ARX-7 アーバレスト(フルメタル・パニック!)
  • ガンダム・バルバトス(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
  • デビルマン(デビルマン〈原作漫画版〉)
  • コン・バトラーV(超電磁ロボ コン・バトラーV)
  • エヴァンゲリオン初号機(ヱヴァンゲリヲン新劇場版)
  • ヴァルヴレイヴI(革命機ヴァルヴレイヴ)

オリジナルキャラクター[edit]

ディド
声 - 阿座上洋平
本作の主人公。アンギルオンによって深手を負ったディーダリオンが変化した人間態。
ワールド1~4のすべてに登場するが、ワールドによって扱いや立ち位置が異なっている。いずれのワールドでも「善なる心を持つ生命たる人間を護る」という使命を元に行動する。
合流後は「最後にラストステージをクリアしたワールド」の設定に沿って話が展開されるが、各ワールド最終話を再プレイしてから合流後パートを始めるとそちらのストーリーを見ることが出来る。
デザインはヤスダスズヒト
大門恵留(だいもん めぐる)
声 - 長久友紀
本作のヒロイン。愛称は「メグ」。
発掘されたディーダリオンとの対話を担当しており、そのためかディドとも関わりが深い。
ディド同様に1~4のすべてのワールドに登場しており、ワールドごとに立ち位置が変化している。
デザインはヤスダスズヒト。
上牧 早希実(かんまき さきみ)
声 - 潘めぐみ
サブヒロインのひとり。ゲーム内では「サキミ」表記。ワールド1で加入する。
デザインはヤスダスズヒト[6]
ユンナ・ドーソン
声 - 上田麗奈
サブヒロインのひとり。ワールド2で加入する。元は空軍のパイロットを志願していた。
デザインは鈴木勘太。
リナリア・クオ
声 - 池澤春菜
サブヒロインのひとり。ワールド3で加入する。元DT開発エンジニアの一人で、二文字熟語を交えた独特の喋り方をする。
デザインは渡邉亘[6]
神足 麻依子(こうたり まいこ)
声 - 國府田マリ子
サブヒロインのひとり。ゲーム内では「マイコ」表記。ワールド4で加入する。元アイドル。TMPIの影響でグラフディンに乗ると男勝りな性格に変化する。
デザインは河野さち子[6]
ユニス・エアリー
声 - 和多田美咲
サブヒロインのひとり。ワールド5にて加入する。ソフトエンジニア兼DTパイロット。
デザインは超肉

オリジナルメカ[edit]

ディーダリオン
声 - 阿座上洋平
記憶喪失の謎の巨人で、ディドの本来の姿で戦闘時には変身・巨大化して戦う。
そのため、戦闘時のパイロットのグラフィックはディドではなくディーダリオンの顔が表示されている(鋼鉄ジーグと同様の扱い)。
頭部や腕部からのビームの他、肘や踵などについている刃を用いた接近戦が得意。
デザインは大張正己
メラフディン
ディーダリオンとともに発掘された機体。「TMPI」というマン・マシン・インターフェースを搭載しており、サードマン現象(TMP)を起こせる「フェノメナー」と呼ばれる人間にしか操縦できない。
複数機存在するようで、メグの乗る機体は正確には「メラフディン2」と呼ばれるが他の機体の詳細については不明。
デザインは明貴美加
グラフディン
サブヒロインたちの搭乗する、メラフディンの量産タイプ。それぞれ外見や武装が異なっている。メラフディン同様「TMPI」を搭載する。
ゲームのチュートリアル部分で描かれる、彼女たちの本来の世界ではサキミ機と同様の外見をした機体が複数存在している。
デザインは寺岡賢司
ディーティ
グラフディンから量産された機体。無人機でAIにより運用されている。
モノアイのディーティ1、上下に二連のカメラアイがついたディーティ2などバリエーションが存在する。
ストーリーではチュートリアルのみの登場だが、育成ステージなどで複数回戦うこととなる。
ゲーム内のタイプに応じて5色のバリエーション(緑、黄、赤、青、紫)が存在する。
ディポーター
輸送機。育成ステージで稀に登場する。基本的に攻撃は行わず逃げ回るが、撃墜するとレアドロップが発生する。
ディーティ同様に5色のバリエーションが存在するが、どのタイプも「HP30で、一回の攻撃で10ダメージしか受けない」となっている(必殺技などを使った場合は除く)。
アンギルオン
声 - 杉田智和
ディーダリオンと出自を共にするらしい謎の巨人。
ディーダリオンが記憶喪失かつ人類に協力的な姿勢から、人類殲滅と同時に彼を消そうと行動する。
デザインは山根理宏
マービュオン
声 - 遠藤綾
アンギルオンと行動を共にする女性タイプの巨人。
デザインは山根理宏[6]

主題歌[edit]

「D.D(Dimension Driver)」[7]
歌:JAM Project

脚注[edit]

注釈[edit]

  1. ^ 本作品においては『デビルマン』がこれに該当。

出典[edit]

  1. ^ ドリコム、『スーパーロボット大戦DD』に開発協力…第2四半期の上方修正の要因に”. Social Game Info (2019年10月31日). 2019年11月1日閲覧。
  2. ^ 【事前登録】『スパロボ』新作アプリ『スーパーロボット大戦DD』2019年に配信決定!『デビルマン』、『ヴァルヴレイヴ』などが初参戦”. ファミ通.com. Gzブレイン (2018年11月19日). 2018年12月10日閲覧。
  3. ^ 【スパクロ】強力ユニット“グレートゼオライマー”など新ユニット5機のデータを掲載(オオチP情報局#28)”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2018年12月30日). 2018年12月30日閲覧。
  4. ^ 『スパロボDD』第1章Part1が追加。“ゼーガペイン ガルダ(マオ・ルーシェン)”を入手できる”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2019年9月18日). 2020年1月10日閲覧。
  5. ^ 徳重辰典 (2018年11月22日). “スパロボ最新作にロボットじゃない「デビルマン」参戦 その理由を聞いてみた”. BuzzFeed. BuzzFeed Japan. 2019年2月17日閲覧。
  6. ^ a b c d 『スーパーロボット大戦DD』第2弾PVや大張正己描き下ろしキービジュアルが公開”. ファミ通app (2019年1月26日). 2019年1月26日閲覧。
  7. ^ ツイート内容 スーパーロボット大戦DD公式(Twitter) 2018年11月28日

外部リンク[edit]