ルネ・オーベルジョノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルネ・オーベルジョノワ
René Auberjonois
René Auberjonois
2004年
本名 René Murat Auberjonois
生年月日 1940年6月1日(73歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 スイス系アメリカ人
ジャンル 俳優
声優
活動期間 1962年-現在
配偶者 Judith Mihalyi (1963年 - 現在)
受賞
トニー賞 (1969年)

ルネ・オーベルジョノワRené Auberjonois1940年6月1日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク市出身の俳優声優である。

来歴[編集]

1940年ニューヨーク市に生まれる。父親はスイス生まれの作家で、祖父は画家だった。尚、父親はピューリッツァー賞にもノミネートされている。母親はジョアシャン・ミュラナポレオン・ボナパルトナポリ王国ら皇族の子孫。第二次世界大戦時に、戦火を逃れるために一家はパリへ移住。その頃から役者になることを志し始め、数年後にアメリカへ帰国すると、ロックランド郡を拠点とする芸術家が多く住む居留地へ移住。当時、その集落に住んでいた俳優ジョン・ハウスマンらと親交も深めた。

大学卒業後は、舞台デビューを果たし、ニューヨークロサンゼルスサンフランシスコなどで開催されていたいくつかの舞台にも出演。1968年には『リア王』でブロードウェイデビューも果たす。翌年にはキャサリン・ヘプバーンとの共演作においてトニー賞を受賞している。その後も、トニー賞に引き続きノミネートされた。同時にテレビや映画などでも露出が増え始め、着々とキャリアを重ねていった。シリアスな役柄から、コミカルな役柄、怪しい役柄までと幅広いパフォーマンスを見せ、エミー賞にもノミネートされている。

日本でも人気ドラマシリーズの『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』のオドー役で知られているほか、映画では初期のロバート・アルトマン監督作品や人気コメディシリーズ第5弾の『ポリスアカデミー5 マイアミ特別勤務』の悪役でも知られている。なお、同作品においてはメインキャラクターであるラサード校長を誘拐する間の抜けたギャングのボスをコミカルに演じた。

バットマン・フォーエヴァー』では、脇役ではあるがプロデューサーティム・バートンと似た容姿のバートン博士役を演じている。

声優としてもアニメーションやラジオ、テレビゲームに出演した。

2008年にはシェークスピア・シアター・カンパニーの舞台においてもデビューを果たした他、監督や演出家としての顔も持っている。

私生活[編集]

1963年に結婚しており、2人の子供がいる。娘のテッサ・オーベルジョノワと息子のレミー・オーベルジョノワ[1]はいずれも女優・俳優として活動している。

出演作品[編集]

映画[編集]

声の出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビゲーム[編集]

  • Legacy of Kain: Soul Reaver II (2001)
  • Blood Omen II: Legacy of Kain (2002)
  • Pirates of the Caribbean: At World's End (2007)

脚注[編集]

  1. ^ レミー・オーベルジョノワは『PAN AM/パンナム』の第2話『We'll Always Have Paris』にゲスト出演した。
  2. ^ 『ボストン・リーガル』では、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』で頻繁に掛け合いを演じたアーミン・シマーマン(クワーク役)と素顔で共演した。

外部リンク[編集]