パトリオット (2000年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パトリオット
The Patriot
監督 ローランド・エメリッヒ
脚本 ロバート・ロダット
製作 ディーン・デヴリン
マーク・ゴードン
ゲイリー・レヴィンソン
製作総指揮 ローランド・エメリッヒ
ウテ・エメリッヒ
ウィリアム・フェイ
出演者 メル・ギブソン
ヒース・レジャー
ジョエリー・リチャードソン
クリス・クーパー
チェッキー・カリョ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 カレブ・デシャネル
編集 デヴィッド・ブレナー
製作会社 セントロポリス・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年6月28日
日本の旗 2000年9月23日
上映時間 164分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1億1000万US$[1]
興行収入 215,294,342US$[1]
テンプレートを表示

パトリオット』(The Patriot)は、2000年製作のアメリカ映画アメリカ独立戦争を背景とするドラマを描く。

監督はローランド・エメリッヒ。主演、メル・ギブソン

あらすじ[編集]

18世紀アメリカ。13植民地が次々とイギリス帝国に対する独立戦争に加わる中、ベンジャミン・マーティンが暮らすサウスカロライナ植民地も、開戦か恭順かの選択を迫られていた。

マーティンは、フレンチ・インディアン戦争の英雄であったが、家族を持った今は開戦に反対していた。一方でそんな父親に反発し、長男のガブリエルは大陸軍に志願して戦場へ赴き、次男のトーマスも従軍を希望していた。

しかし2年後、負傷したガブリエルが帰還する。それに伴ってマーティンの住む家のすぐそばまで迫った戦火は、ガブリエルを敵兵の囚われの身とし、トーマスを死に至らしめた。トーマスを失った怒りからマーティンは昔の本能を呼び起こし、ガブリエルを救出した後、再び戦場へと赴く。

そして旧友のバーウェル大佐を頼って大陸軍に就役し、民兵を組織してイギリス軍に襲撃を始める。その神出鬼没な戦い様から、イギリス軍から“ゴースト”の異名を受け、敵軍のタヴィントン大佐から追撃を受ける様になった彼とその仲間達は、さまざまな犠牲を払いながらもアメリカ独立の大義のために戦う。

そしてついに決戦の日が訪れ、マーティン率いる民兵隊は大陸軍の正式な一員と認められて参加。乱戦のさなか、マーティンは宿敵タヴィントン大佐と対峙する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
ベンジャミン・マーティン メル・ギブソン 菅生隆之 磯部勉
ガブリエル・マーティン ヒース・レジャー 川島得愛 内田夕夜
マーガレット・マーティン ミカ・ブーレム 須藤祐実
ウィリアム・マーティン ローガン・ラーマン
シャーロット・セルトン ジョエリー・リチャードソン 名越志保 高島雅羅
ハリー・バーウェル大佐 クリス・クーパー 稲葉実 菅生隆之
コーンウォリス将軍 トム・ウィルキンソン 中村正
ウィリアム・タヴィントン大佐 ジェイソン・アイザックス 森田順平 谷口節
ジャン・ヴィルヌーヴ少佐 チェッキー・カリョ 石波義人 安原義人
オリバー牧師 ルネ・オーベルジョノワ 小林恭治 納谷六朗
アン・ハワード リサ・ブレナー 小林さやか
ダン・スコット ドナル・ローグ
ジョン・ビリングス レオン・リッピー 斎藤志郎 斎藤志郎
ウィルキンス大尉 アダム・ボールドウィン 内田直哉
その他 島香裕
木村良平
山下夏生
進藤一宏
稲葉洋介
清水理沙
竹口安芸子
諸角憲一
宗矢樹頼
吉沢希梨
丸山純路
木下浩之
宝亀克寿
堀部隆一
佐々木睦
江川大輔
近藤玲子
西前忠久
園田恵子
落合弘治
水野龍司
島香裕
岩崎ひろし
岩間淳
本間ゆかり
谷井あすか
堀越真己
亀井芳子
川上とも子
熊谷ニーナ
津田英三
梅津秀行
鈴木正和
岩田安生
田原アルノ
後藤敦
演出 中野洋志 小林守夫
翻訳 税田春介 岸田恵子
調整 菊池悟史 高久孝雄
効果 リレーション
担当 河村常平
制作 ACクリエイト 東北新社
初回放送 2003年7月3日
木曜洋画劇場
21:00-23:24

脚注[編集]

  1. ^ a b The Patriot (2000)”. Box Office Mojo. 2009年11月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]