ホワイトハウス・ダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホワイトハウス・ダウン
White House Down
監督 ローランド・エメリッヒ
脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト
製作 ローランド・エメリッヒ
ブラッド・フィッシャー英語版
ラリー・J・フランコ
レータ・カログリディス
ハラルド・クローサー
ジェームズ・ヴァンダービルト
製作総指揮 リード・キャロリン
ウテ・エメリッヒ
出演者 チャニング・テイタム
ジェイミー・フォックス
マギー・ジレンホール
ジェイソン・クラーク
リチャード・ジェンキンス
ジェームズ・ウッズ
ランス・レディック
ジョーイ・キング
ガーセル・ボヴェイ英語版
レイチェル・レフィブレ
マイケル・マーフィー
ニコラス・ライト
音楽 ハラルド・クローサー
トーマス・ワンカー
撮影 アンナ・フォースター英語版
編集 アダム・ウルフ
製作会社 セントロポリス・エンターテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年6月28日
日本の旗 2013年8月16日
上映時間 131分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[2]
興行収入 $205,366,737[2] 世界の旗
9億9000万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

ホワイトハウス・ダウン』(White House Down)は、ローランド・エメリッヒ監督、ジェームズ・ヴァンダービルト脚本による2013年アメリカ合衆国アクションスリラー映画である。出演はチャニング・テイタムジェイミー・フォックスマギー・ジレンホールである。

アメリカ合衆国では2013年6月28日より劇場公開された。当初は2013年11月2日公開が予定されていた[4]

ストーリー[編集]

ホワイトハウス陥落[編集]

元軍人のジョン・ケイルは、ラフェルソン下院議長の甥を戦場で助けた縁で、彼の警護を担当する議会警察官の職を得ていた。ジョンの娘エミリーは、現職大統領であるジェームズ・ソイヤーの大ファンであり、ジョンは娘を喜ばせるためにアメリカ合衆国シークレットサービスへの転職を志望している。しかし、現職のシークレットサービスであるフィナティは彼の大学の同窓で過去を詳しく知っており、素行が良かったわけではないジョンの採用を拒んでいた。そんなある日、ジョンがエミリーを連れてホワイトハウスへ見学ツアーに訪れていたのと時を同じくして、中東からのアメリカ軍撤退を決議していた議会議事堂が爆破されるというテロ事件が発生する。ハモンド副大統領やラフェルソン下院議長らが避難する中、ホワイトハウス内に民間人として潜り込んでいたエミール・ステンツ率いる武装集団が動き出し、ホワイトハウス内の掃討を開始。シークレットサービスやガードマンらが次々と射殺される中、ジョンはテロリストの襲撃騒ぎではぐれてしまっていた娘を探すため、隙をついて傭兵の一人を倒し、装備を奪ってホワイトハウス内で単独での捜索を始める。

一方、シークレットサービスのリーダーであったマーティン・ウォーカーが突如離反し、自身の部下を次々と殺害してソイヤーを拉致しようとする。ウォーカーがテロの首謀者であったことを知り愕然とするソイヤーだったが、偶然、娘を探して近くを通りかかったジョンが現れ、大統領は銃撃戦の末にウォーカーから逃れることに成功し、ジョンと行動を共にすることとなる。ウォーカーはソイヤーの拉致に失敗するも、ステンツたちに彼を生きたまま確保するように指示しつつ、残っていた閣僚やツアー客の民間人らを手中に収め、ホワイトハウスから離れていたフィナティにホワイトハウスの占拠を宣言し、多額の現金と輸送機を要求。2時間以内に要求が聞き入れられなければ人質を殺害すると宣告する。「大統領の指示した作戦で軍人の息子を失っていた」という過去を持つウォーカーであったが、単に怨恨だけでホワイトハウス制圧に思い至ったのかとフィナティは疑問に感じる。

脱出と奪還作戦[編集]

ジョンとソイヤーは携帯電話から国防総省と連絡を取り、フィナティからホワイトハウスからの脱出経路の指示を受けて脱出を図る。一方、エミリーがテロリストたちの映像をYoutubeにアップロードしたことで襲撃犯たちの素性が判明してしまい、ステンツたちは激怒する。ジョンとソイヤーはステンツたちの追撃を交わしつつ地下道から脱出を図るが、出口を封鎖されていたため断念し、大統領専用車に乗り込み地上からの脱出を図る。しかし、テロリストがエミリーを人質にしたことを知ったジョンは動揺し、テロリストの攻撃で大統領専用車を横転させてしまう。ジョンとソイヤーはウォーカーやステンツから逃げることに成功するが、ソイヤーの生死が不明となったアメリカ政府は、エアフォースワンで避難中のハモンド副大統領を大統領に昇格させ、国防総省にいるコールフィールド統合参謀本部副議長が作戦の指揮権を掌握し、フィナティは追い出されてしまう。

ジョンは負傷したソイヤーを治療した後、一人でエミリーを助け出そうとするが、そこにコールフィールドの命令で出動した救出部隊が到着する。しかし、テロリストが用意した地対空ロケットの攻撃で部隊が全滅し、NORADのシステムをハッキングさせたウォーカーはミサイルを発射させてエアフォースワンを撃墜する。ハモンドが死亡したことでラフェルソンが大統領に昇格し、彼は最終手段としてホワイトハウスの空爆を決定する。一方、ウォーカーは「エミリーを殺す」と脅してジョンを投降させようとし、彼女を守るためにソイヤーが投降する。ウォーカーは息子の戦死を無駄にしないため、ソイヤーの認証を利用して中東への核攻撃を目論む。ジョンはステンツを倒して大統領執務室に乗り込み、核ミサイルの発射ボタンを押そうとしていたウォーカーを射殺してエミリーを救い出す。

ホワイトハウスの解放[編集]

ジョンはエミリーを逃がし、ウォーカーに撃たれて負傷したソイヤーを助けようとするが、そこに空爆部隊が迫って来る。しかし、エミリーが大統領旗を掲げて攻撃中止を訴えたため、部隊は空爆を中止する。ホワイトハウス周辺に集まっていた群衆やマスコミはエミリーに駆け寄り事件の解決を喜ぶが、ジョンは独自にウォーカーの情報を探っていたフィナティから、ウォーカーを操っていた黒幕がいることを聞かされる。黒幕の正体が、中東からの撤退に反対する軍産複合体の支援を受けているラフェルソンだと知ったソイヤーは、ラフェルソンを反逆罪で逮捕する。事件が解決し、ソイヤーはジョン、エミリー、フィナティ、コールフィールドと共にヘリコプターに乗りホワイトハウスを後にする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

製作[編集]

『ホワイトハウス・ダウン』はプロデューサーの1人であるジェームズ・ヴァンダービルトの脚本に基づき、ローランド・エメリッヒが監督している。2012年3月にソニー・ピクチャーズはヴァンダービルトのスペック・スクリプト英語版を300万ドルで購入した。『ハリウッド・リポーター』誌はその脚本を『ダイ・ハード』と『エアフォース・ワン』と同様の「トーンとテーマ」であると書いた[15]。同年4月、ソニーは監督としてローランド・エメリッヒを雇った[16]。エメリッヒは2012年7月にカナダ・ケベック州モントリオールのラ・シテ・デュシネマで撮影を開始した[17]

2012年にはミレニアム・フィルムズ製作で、同じくホワイトハウス占拠を題材とした『エンド・オブ・ホワイトハウス』のキャスティング・撮影が始まっており、本作のライバルプロジェクトとして注目を集めた[18]

興行収入[編集]

アメリカとカナダで公開初週末に2,490万ドルを稼ぎ、初登場4位となった。しかし、この数字は当初の予想を下回るものだった[19]。公開第2週の興行収入は1,340万ドルを記録した[20]

2013年10月、ソニー・ピクチャーズは6月、7月、8月の映画事業の損失の合計が1億9,700万ドルになったことを発表し、「『ホワイトハウス・ダウン』の失敗が大きな原因」と述べている[21]

批評[編集]

Rotten Tomatoesには187件のレビューが寄せられ、支持率50%、平均評価は5.4/10となっており、「『ホワイトハウス・ダウン』は化学的な利益を生み出したが、エメリッヒ監督はクリシェと上手く編集されたアクションで映画を損なっている」と批評された[22]Metacriticでは43件のレビューに基き、52/100のスコアを与えている[23]

IGNのロス・コーネットは6.5/10の評価を与え、「『ホワイトハウス・ダウン』は、それまでのアクション映画の馬鹿げた再生産です。しかし、あなたがそれを受け入れて笑うなら、非常に楽しいものとなるでしょう」と批評している[24]。オーストラリア映画批評家サークルのアンドリュー・チャンは、「映画で誰かが撃たれたり爆撃された時、私が笑う理由が喜びからなのか悲しみからかのかは私にも分かりません。しかし、これが映画の技法なのです。そのため、私は『エンド・オブ・ホワイトハウス』よりもこちらが好きです」と批評している[25]。一方、リチャード・ローパーは「Fランク」の評価を与え、「『ホワイトハウス・ダウン』の登場人物は全員が馬鹿で狂っている。これは恥知らずな映画だ」と酷評し、2013年のワースト映画に挙げている[26]

参考文献[編集]

  1. ^ WHITE HOUSE DOWN (12A)”. 全英映像等級審査機構 (2013年6月18日). 2013年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月28日閲覧。
  2. ^ a b White House Down”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年8月2日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2014年2月下旬決算特別号 207頁
  4. ^ McClintock, Pamela (2012-08-06). “Sony Moving 'White House Down' to Heart of Summer 2013”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/sony-white-house-down-channing-tatum-358648. 
  5. ^ Kit, Borys (2012-05-14). “Channing Tatum in Talks to Star in 'White House Down'”. Variety. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/channing-tatum-white-house-down-324079. 
  6. ^ Sneider, Jeff; Kroll, Justin (2012-06-06). “Foxx nominated for 'White House Down'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118055125?refCatId=13. 
  7. ^ Sneider, Jeff; Kroll, Justin (2012-06-07). “Maggie Gyllenhaal joins 'White House' staff”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118055170. 
  8. ^ Patten, Dominic (2012年8月2日). “Roland Emmerich’s ‘White House Down’ Adds Jason Clarke To Cast”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2012/08/roland-emmerich-white-house-down-jason-clarke-roland-emmerich-channing-tatum-jamie-foxx-movie-casting/ 
  9. ^ Sneider, Jeff; Kroll, Justin (2012-07-16). “Richard Jenkins joins 'White House Down'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118056625. 
  10. ^ Sneider, Jeff (2012-07-24). “Joey King 'Down' to play Tatum's daughter”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118057015?refcatid=13. 
  11. ^ Kroll, Justin (2012-07-09). “James Woods in talks for 'White House Down'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118056355?refCatId=13. 
  12. ^ Patten, Dominic (2012年8月9日). “"White House Down" Adds Michael Murphy”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2012/08/white-house-down-adds-michael-murphy-vice-president-channing-tatum-jamie-foxx-maggie-gyllenhaal/ 2012年10月3日閲覧。 
  13. ^ Kit, Borys (2012-09-24). “Twilight Actress Joins 'White House Down,' 'Homefront'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/twilight-rachel-lefevre-white-house-down-homefront-373640. 
  14. ^ Sneider, Jeff (2012-08-03). “'White House Down' elects Lance Reddick”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118057459. 
  15. ^ Kit, Borys (2012-03-30). “Sony Plunking Down $3 Million for 'White House Down' by James Vanderbilt”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/sony-3-million-james-vanderbilt-306192. 
  16. ^ Fleming, Mike (2012年4月2日). “Roland Emmerich in Talks to Helm $3 Million Sony Spec 'White House Down'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2012/04/roland-emmerich-in-talks-to-helm-3-million-sony-spec-white-house-down/ 
  17. ^ Kelly, Brendan (2012年7月17日). “Channing Tatum, Jamie Foxx, Maggie Gyllenhaal, and James Woods coming to town to shoot White House Down”. Montreal Gazette. http://blogs.montrealgazette.com/2012/07/17/channing-tatum-jamie-foxx-maggie-gyllenhaal-and-james-woods-coming-to-town-to-shoot-white-house-down/ 
  18. ^ Kit, Borys (2012-04-10). “Antoine Fuqua Circling 'Olympus' as White House Thriller Race Heats Up”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/antoine-fuqua-olympus-gerard-butler-310176. 
  19. ^ White House Down-Weekend Box Office”. 2013年7月27日閲覧。
  20. ^ Weekend Box Office Results for June 28–30, 2013”. Box Office Mojo. 2013年7月30日閲覧。
  21. ^ Pfanner, Eric (2013年10月31日). “Sony Blames Box-Office Trouble for Its Quarterly Loss”. New York Times. https://www.nytimes.com/2013/11/01/technology/sony-blames-box-office-trouble-for-its-quarterly-loss.html 2013年10月31日閲覧。 
  22. ^ White House Down”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年6月27日閲覧。
  23. ^ White House Down”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年8月14日閲覧。
  24. ^ Roth Cornet. “White House Down”. IGN. Ziff Davis Media. 2013年6月28日閲覧。
  25. ^ Andrew Chan (2013年8月29日). “White House Down”. [HK Neo Reviews]. 2017年11月6日閲覧。
  26. ^ White House Down Review”. 2014年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]