ホワイトハウス・ダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホワイトハウス・ダウン
White House Down
監督 ローランド・エメリッヒ
脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト
製作 ローランド・エメリッヒ
ブラッド・フィッシャー英語版
ラリー・J・フランコ
レータ・カログリディス
ハラルド・クローサー
ジェームズ・ヴァンダービルト
製作総指揮 リード・キャロリン
ウテ・エメリッヒ
出演者 チャニング・テイタム
ジェイミー・フォックス
マギー・ジレンホール
ジェイソン・クラーク
リチャード・ジェンキンス
ジェームズ・ウッズ
ランス・レディック
ジョーイ・キング
ガーセル・ボヴェイ英語版
レイチェル・レフィブレ
マイケル・マーフィー
ニコラス・ライト
音楽 ハラルド・クローサー
トーマス・ワンカー
撮影 アンナ・フォースター英語版
編集 アダム・ウルフ
製作会社 セントロポリス・エンターテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年6月28日
日本の旗 2013年8月16日
上映時間 131分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[2]
興行収入 $205,366,737[2]
9億9000万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

ホワイトハウス・ダウン』(White House Down)は、ローランド・エメリッヒ監督、ジェームズ・ヴァンダービルト脚本による2013年アメリカ合衆国アクションスリラー映画である。出演はチャニング・テイタムジェイミー・フォックスマギー・ジレンホールである。

ストーリー[ソースを編集]

主人公のジョン・ケイルは元軍人で、今はラフェルソン下院議長の警護を主に努める議会警察官。彼の娘であるエミリーは、現職大統領であるジェームズ・ソイヤーの大ファンであり、ジョンは娘を喜ばせるためにアメリカ合衆国シークレットサービスへの転職を志望している。しかし、現職のシークレットサービスであるフィナティは彼の大学の同窓で過去を詳しく知っており、素行が良かったわけではないジョンの採用を拒んでいた。

そんなある日、ジョンがエミリーを連れてホワイトハウスへ見学ツアーに訪れていたのと時を同じくして、議会議事堂が爆破されるというテロ事件が発生する。副大統領や下院議長らが避難する中、ホワイトハウス内に民間人として潜り込んでいたエミール・ステンツ率いる武装集団が動き出し、ホワイトハウス内の掃討を開始。シークレットサービスやガードマンらが次々と射殺される中、ジョンはテロリストの襲撃騒ぎではぐれてしまっていた娘を探すべく、隙をついて傭兵の一人を倒し、装備を奪ってホワイトハウス内で単独での捜索を始める。

一方、ベテランのシークレットサービスであったマーティン・ウォーカーが突如離反し、自身の部下達を次々と殺害してジェームズ・ソイヤー大統領 を拉致しようとする。ウォーカーがテロの首謀者であったことを知り、愕然とする大統領だったが、偶然、娘を探して近くを通りかかったジョンが現れ、大統領は銃撃戦の末にウォーカーから逃れることに成功し、ジョンと行動を共にすることとなる。

ウォーカーは大統領の拉致に失敗するも、傭兵らに大統領を生かしたまま確保するように指示しつつ、残っていた大臣など閣僚やツアー客の民間人らを手中に収め、ホワイトハウスから離れていたフィナティにホワイトハウスの占拠を宣言し、多額の現金と輸送機を要求。2時間以内に要求が聞き入れられなければ人質を殺害すると宣告する。

「大統領の指示した作戦で軍人の息子を失っていた」という過去を持つウォーカーであったが、単に怨恨だけでホワイトハウス制圧に思い至ったのかと訝しがるフィナティ一同。事実、ウォーカーには真の目的があり、その為には大統領が生存している必要があった。

テロリストらに制圧されたホワイトハウスは州軍が包囲し、その周囲にはマスコミや野次馬が群がる。副大統領ら脱出していた閣僚や軍関係者らが人質の救出を模索する中で、ジョンとソイヤー大統領による孤立無援の戦いが始まる。

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹き替え

製作[ソースを編集]

『ホワイトハウス・ダウン』はプロデューサーの1人であるジェームズ・ヴァンダービルトの脚本に基づき、ローランド・エメリッヒが監督している。2012年3月にソニー・ピクチャーズはヴァンダービルトのスペック・スクリプト英語版を300万ドルで購入した。『ハリウッド・リポーター』誌はその脚本を『ダイ・ハード』と『エアフォース・ワン』と同様の「トーンとテーマ」であると書いた[14]。同年4月、ソニーは監督としてローランド・エメリッヒを雇った[15]。エメリッヒは2012年7月にカナダ・ケベック州モントリオールのラ・シテ・デュシネマで撮影を開始した[16]

2012年にはミレニアム・フィルムズ製作で、同じくホワイトハウス占拠を題材とした『エンド・オブ・ホワイトハウス』のキャスティング・撮影が始まっており、本作のライバルプロジェクトとして注目を集めた[17]

公開[ソースを編集]

アメリカ合衆国では2013年6月28日より劇場公開された。当初は2013年11月2日公開が予定されていた[18]

批評家の反応[ソースを編集]

2013年6月28日時点でRotten Tomatoesでの批評家支持率は82件のレビューで46%となっている[19]

興行収入[ソースを編集]

『ホワイトハウス・ダウン』はアメリカ合衆国とカナダで公開初週末に2490万ドルを稼ぎ、初登場4位となった。しかし、この数字は当初の予想を下回るものだった[20]

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ WHITE HOUSE DOWN (12A)”. 全英映像等級審査機構 (2013年6月18日). 2013年6月28日閲覧。
  2. ^ a b White House Down”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年8月2日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2014年2月下旬決算特別号 207頁
  4. ^ Kit, Borys (2012-05-14). “Channing Tatum in Talks to Star in 'White House Down'”. Variety. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/channing-tatum-white-house-down-324079. 
  5. ^ Sneider, Jeff; Kroll, Justin (2012-06-06). “Foxx nominated for 'White House Down'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118055125?refCatId=13. 
  6. ^ Sneider, Jeff; Kroll, Justin (2012-06-07). “Maggie Gyllenhaal joins 'White House' staff”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118055170. 
  7. ^ Patten, Dominic (2012年8月2日). “Roland Emmerich’s ‘White House Down’ Adds Jason Clarke To Cast”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2012/08/roland-emmerich-white-house-down-jason-clarke-roland-emmerich-channing-tatum-jamie-foxx-movie-casting/ 
  8. ^ Sneider, Jeff; Kroll, Justin (2012-07-16). “Richard Jenkins joins 'White House Down'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118056625. 
  9. ^ Sneider, Jeff (2012-07-24). “Joey King 'Down' to play Tatum's daughter”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118057015?refcatid=13. 
  10. ^ Kroll, Justin (2012-07-09). “James Woods in talks for 'White House Down'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118056355?refCatId=13. 
  11. ^ Patten, Dominic (2012年8月9日). “"White House Down" Adds Michael Murphy”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2012/08/white-house-down-adds-michael-murphy-vice-president-channing-tatum-jamie-foxx-maggie-gyllenhaal/ 2012年10月3日閲覧。 
  12. ^ Kit, Borys (2012-09-24). “Twilight Actress Joins 'White House Down,' 'Homefront'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/twilight-rachel-lefevre-white-house-down-homefront-373640. 
  13. ^ Sneider, Jeff (2012-08-03). “'White House Down' elects Lance Reddick”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118057459. 
  14. ^ Kit, Borys (2012-03-30). “Sony Plunking Down $3 Million for 'White House Down' by James Vanderbilt”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/sony-3-million-james-vanderbilt-306192. 
  15. ^ Fleming, Mike (2012年4月2日). “Roland Emmerich in Talks to Helm $3 Million Sony Spec 'White House Down'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2012/04/roland-emmerich-in-talks-to-helm-3-million-sony-spec-white-house-down/ 
  16. ^ Kelly, Brendan (2012年7月17日). “Channing Tatum, Jamie Foxx, Maggie Gyllenhaal, and James Woods coming to town to shoot White House Down”. Montreal Gazette. http://blogs.montrealgazette.com/2012/07/17/channing-tatum-jamie-foxx-maggie-gyllenhaal-and-james-woods-coming-to-town-to-shoot-white-house-down/ 
  17. ^ Kit, Borys (2012-04-10). “Antoine Fuqua Circling 'Olympus' as White House Thriller Race Heats Up”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/antoine-fuqua-olympus-gerard-butler-310176. 
  18. ^ McClintock, Pamela (2012-08-06). “Sony Moving 'White House Down' to Heart of Summer 2013”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/sony-white-house-down-channing-tatum-358648. 
  19. ^ White House Down”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年6月27日閲覧。
  20. ^ White House Down-Weekend Box Office”. 2013年7月27日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]