2012 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2012
2012
2012-film-logo.png
監督 ローランド・エメリッヒ
脚本 ローランド・エメリッヒ
ハラルド・クローサー
製作 マーク・ゴードン
ハラルド・クローサー
ラリー・フランコ
製作総指揮 ローランド・エメリッヒ
ウテ・エメリッヒ
マイケル・ウィマー
出演者 ジョン・キューザック
アマンダ・ピート
ダニー・グローヴァー
タンディ・ニュートン
オリヴァー・プラット
キウェテル・イジョフォー
ウディ・ハレルソン
ジョージ・シーガル
音楽 ハラルド・クローサー
トマス・ワンダー
主題歌 「Time for Miracles」
アダム・ランバート
撮影 ディーン・セムラー
編集 デヴィッド・ブレナー
ピーター・S・エリオット
製作会社 セントロポリス・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2009年11月13日
日本の旗 2009年11月20日
上映時間 158分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
フランス語
ロシア語
製作費 $200,000,000[1]
興行収入 $166,112,167[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$769,666,451[1] 世界の旗
38億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

2012』は、2009年製作アメリカ映画。監督はローランド・エメリッヒ。日本では2009年11月20日に公開。

古代マヤ人2012年冬至ごろに訪れると予想した人類滅亡に関する幾つかの仮説を元に製作された[3]。これはメソアメリカ文明長期暦において、2012年12月21日に一つの区切りを迎えることから来ている。数人の登場人物らの行動を同時進行的に一度に描くグランドホテル方式である。

ストーリー[編集]

2009年、インド科学者サトナムは、地球内部が加熱され流動化が進んでいることに気が付き、数年後に地球的規模の地殻変動により大破局が起きることを突き止める。惑星直列が原因で太陽活動が活発化し、コロナが地球を蔽ったため、地球内部がプラズマで加熱されることで、マントルの流動性が増しマントルに浮いている大陸が沈んだり傾き、地殻大変動が起きると予想された。

科学顧問のエイドリアンから世界の終末を伝えられたアメリカ大統領ウィルソンは、イギリスロシアフランスドイツイタリア日本カナダの首脳に事実を報告。先進国は極秘裏にチョーミン計画を実行し、世界各地の歴史的な美術品を後世に残すために、密かに偽物とすり替え運び出し始めた。

2012年。海賊ラジオを流している変人チャーリーの情報から世界の終末を知った売れない作家のジャクソンは、元妻のケイトと息子ノア、娘のリリー、ケイトの恋人で整形外科医のゴードンと共に、チャーリーが知る避難場所の地図を入手するため飛行場へと急ぐ。

程なくして世界各地で、未曽有の地殻大変動が始まった。大地震による市街地の崩壊し、火山の大噴火に加え、数千キロにも及ぶ大規模な大陸移動まで起こる。終末を迎えようとする中で、人類は生き残る術を必死に模索し続ける。

やがて、先進国が極秘裏に進めていた「ノアの箱舟」計画こそが生存への唯一の道だと知った主人公らは、ロシアの大富豪ユーリのプライベートジェットに乗って、ノアの箱舟の建造地である中国へと向かう。しかし給油のために寄ろうとしたハワイは既に全滅しており予定地の手前で燃料切れとなり不時着する。「ノアの箱舟」への搭乗パスを持っているユーリの家族のみが中国軍のヘリに救助され、ジャクソン達は置き去りにされてしまう。

ジャクソンらは一縷の望みにかけて、「ノアの箱舟」の造船所に潜り込み密航を図る。しかし、数千メートル級の大津波が押し寄せていることが判明し、予定よりも早く「ノアの箱舟」の出航を強行しようとしたことから、港に残された乗船予定者たちがパニックに陥りはじめた……。

登場人物・キャスト[編集]

ジャクソン一行[編集]

ジャクソン・カーティス
演 - ジョン・キューザック、日本語吹替 - 家中宏
売れないSF作家だが、リムジンの運転手でもある。ふとしたきっかけで滅亡が近いことを知り、生き残る術を模索する。
ケイト・カーティス
演 - アマンダ・ピート、日本語吹替 - 林真里花
ジャクソンの元妻。
ノア・カーティス
演 - リアム・ジェームズ、日本語吹替 - 本城雄太郎
ジャクソンとケイトの息子。父であるジャクソンを毛嫌いしている。
リリー・カーティス
演 - モーガン・リリー、日本語吹替 - 諸星すみれ
ジャクソンとケイトの娘。
ゴードン・シルバーマン
演 - トム・マッカーシー、日本語吹替 - 清水明彦
ケイトの現在の恋人で人気美容外科医。皮肉屋だが根は温和で誠実な人物。

政府関係者[編集]

トーマス・ウィルソン大統領
演 - ダニー・グローヴァー、日本語吹替 - 佐々木敏
アメリカ合衆国大統領G8サミット(主要8か国首脳会議)で滅亡が近いことを明かす。
ローラ・ウィルソン
演 - タンディ・ニュートン、日本語吹替 - 藤貴子
大統領の娘。ルーブル美術館で働いている。
エイドリアン・ヘルムズリー博士
演 - キウェテル・イジョフォー、日本語吹替 - 中井和哉
大統領の科学顧問。政府にいち早く滅亡の危機を伝える。
カール・アンハイザー
演 - オリヴァー・プラット、日本語吹替 - 石住昭彦
アメリカ合衆国大統領首席補佐官
フレデリック・ウェスト教授
演 - ジョン・ビリングスズリー、日本語吹替 - 杉野博臣
政府に協力している科学者の一人。
マイケルズ船長
演 - スティーブン・マクハーティ英語版、日本語吹替 - 仲野裕
チョーミン計画に関わる「ある物」の船長。

ユーリ一行[編集]

ユーリ・カルポフ
演 - ズラッコ・ブリッチ、日本語吹替 - 廣田行生
元プロボクサーでロシアの大富豪。ジャクソンの雇い主。現実世界では1機しか建造されていないAn-225を個人所有し、商品の高級車を搭載している。
タマラ
演 - ベアトリス・ローゼン、日本語吹替 - 佐古真弓
ユーリの彼女。全身整形をしている。
アレク
演 - アレキサンドレ・ハウスマン、日本語吹替 - 東條加那子
オレグ
演 - フィリップ・ハウスマン、日本語吹替 - ちふゆ
ユーリの双子の息子達で前妻の子供。とてもワガママな性格。
サーシャ
演 - ヨハン・アーブ、日本語吹替 - 高橋圭一
ユーリの部下。An-225のパイロットでもある。

その他[編集]

ハリー・ヘルムズリー
演 - ブル・マンクマ、日本語吹替 - 宝亀克寿
エイドリアンの父親。客船(ジェネシス)のピアニスト。
トニー・デルガット
演 - ジョージ・シーガル、日本語吹替 - 村松康雄
ハリーの相棒。ウッドベースを担当している。
ニーマ
演 - オスリク・チャウ
チベットの寺院で修行をしている少年僧侶。
テンジン
演 - チン・ハン
ニーマの兄。チョーミン計画に協力している。
チャーリー・フロスト
演 - ウディ・ハレルソン、日本語吹替 - 安原義人
個人でラジオ放送を行っている。終末を予言し、周りから変人扱いされているが、NASAなどの科学者の中には、彼のラジオの信奉者がいるらしく、予言の調査を協力をしている。

VFX[編集]

評価[編集]

興行収入[編集]

11月13日に全米、その他の国で公開され、初週末だけで全米収益6500万ドル、全世界で2億2500万ドルを稼ぎ、3日間で製作費の2億ドルの半分以上を回収した[4][5]。最終的には全米1億6611万ドル。全世界では7億6967万ドルの興行収入を記録[6]

日本では2009年11月20日に前夜祭、11月21日から公開が始まり前夜祭も含めた4日間で興収8億7800万円を記録し、初登場1位を飾った[7]。更に翌週も1位を飾り2週連続首位を達成。累計興行収入は38億円の大ヒットを記録した[8]

受賞・ノミネート[編集]

第15回放送映画批評家協会賞
ノミネート:視覚効果賞

テレビドラマ[編集]

エンターテイメント・ウィークリー誌によるローランド・エメリッヒへのインタビューによると、本作で生き残った登場人物の後日談を描いたテレビシリーズ『2013』の構想がある[9]

Blu-ray Disc/DVD[編集]

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントよりBlu-ray / DVDが発売。

  • 【初回限定生産】2012 ブルーレイ&DVDセット(2枚組、2010年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp完全数量限定 2012 ブルーレイ&DVDセット Amazon限定スチールブック仕様(2枚組、2010年3月19日発売)
  • 2012 DVDエクストラ版(2枚組、2010年3月19日発売)
  • 2012 DVDスタンダード版(1枚組、2010年3月19日発売)
  • 2012 ブルーレイスタンダード版(1枚組、2010年10月27日発売)

備考[編集]

Standard of the Prime Minister of Japan.svg

アメリカ大統領と各国首脳がテレビ会談を行うシーンにて、各国首脳の背景にそれぞれの国の国章が表示されている。しかし、日本の首相の背景には、日本の準国章である菊花紋章や、日本国政府、日本国首相の紋章である五七桐花紋ではなく、桜花を5個円形に並べたマークが表示された。これは通常、自衛隊で用いられる内閣総理大臣旗に使用されているデザインである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]