ロイヤリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アメリカから亡命してきたロイヤリストに対し、女神ブリタニアが慰安し報償を約束する「1783年大英帝国によるアメリカ・ロイヤリストの受容」(モーゼスとベンジャミン・ウエストによる彫刻画)

ロイヤリスト、英国王党派、王国忠誠派(United Empire Loyalists)は、アメリカ独立戦争で革命側に反してイギリスを支持した植民地の住人(王党派)。イギリス語で、革命家はパトリオット(愛国者)と呼ばれ、ロイヤリストはトーリーと呼ばれていた。戦争後、多くのロイヤリストがカナダに避難していった。

現在のカナダでは、ロイヤリストの子孫には「UE」(意味:帝国の一致)の称号が使われる。

なお、北アイルランドにおけるユニオニストイギリスとの連合維持派)のうち、準軍事組織に関わる強硬派のこともロイヤリストと呼ぶことがある。

loyalistを直訳すると「忠誠(loyal)主義者(-ist)」だが、カタカナ書きでは同じく「ロイヤリスト」となるroyalistは「王権(royal)主義者(-ist)」である。両者は同一の勢力を指すことも多いため混同されやすい。