L.A.ロー 七人の弁護士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

L.A.ロー 七人の弁護士(エルエーロー しちにんのべんごし、L.A. Law)は、アメリカ合衆国テレビドラマである。1986年から1994年に渡って放映された。ロス暴動を取り扱うなど、1980年代後半から1990年代前半にかけてのアメリカ社会の映し鏡ともいえるドラマである。

概要[編集]

ロサンゼルスにある「マッケンジー&ブラックマン法律事務所」に所属する弁護士たちの活躍を描いたヒューマンドラマ。シーズン1から8が製作されたことから見ても、大成功を収めたテレビドラマのひとつであるといえる。映画『七人の侍』から着想を得ている。

エミー賞作品賞を1987年1989年から1991年に渡って3年連続の計4回受賞している。2002年には単発の2時間ものTVムービーが作られた。

アリー my Love』などで脚本を執筆しているデビッド・E・ケリーが、法関連監修役としてはじめてショウビジネスに足を踏み入れ、かつ第一シーズンにおいて脚本デビューを果たした作品でもある。

日本では地上波深夜にシーズン8まですべてが放映され、CS放送の海外ドラマ専門チャンネルでも何度かリピート放映されている。現在のところ、DVDビデオは発売されていない。

1986年に97分のパイロット版が制作されその後「カリフォルニア・ジャスティス」としてVHSテープで公開後に日本版も発売されている。 舞台の法律事務所名称はシーズンを追って数度変更されている。パイロット版と初期は「マッケンジー・ブラックマン&チェニー法律事務所」で、税務に強いチェニー弁護士はパイロット版と第一回目に座った状態の遺体で登場、オフィスで残業中急死し週休明けの朝発見され警察の現場検証と遺体搬出の場面がある。

登場人物[編集]

リーランド・マッケンジー(演:リチャード・ダイサート/声:西川幾雄
マッケンジー&ブラックマン法律事務所の経営者、弁護士。ダグラスの父親とマッケンジー&ブラックマン法律事務所を創設。事務所の父親的存在で法廷に立つことは殆ど無く事務所の経営運営、訴訟戦術指示や助言、番組では描かれていないが企業の法律顧問など。地方検事の経験がある。第3シーズンでは連邦判事に指名されたが、事務所が受託したある上院議員に関する裁判に調整と統制を求める代償取引と知ると任命を辞退している。
ダグラス・ブラックマンJr.(演:アラン・レイキンズ/声:有本欽隆
マッケンジー&ブラックマン法律事務所の経営者(マネージング・プランナー/オフィスマネージメント)でリーランド・マッケンジーと父親が作った法律事務所を継いだ。法廷に立つことは少なく所内管理に依頼者(クライアント)とその訴訟など案件を審査する決済責任者である。所属の弁護士が個人から依頼された案件であからさまに不利なもの、事務所の収益に成らないものは拒否し事務所内では嫌われ者。恐妻家。
マイケル・クーザック(演:ハリー・ハムリン/声:大滝進矢)(第5シーズンまで)
事務所のエースと自負しのちには「マッケンジー・ブラックマン・チェイニー&クーザック法律事務所」と看板弁護士になったがリーランドと対立し退所した。
ビクトル・シフエンテス(演:ジミー・スミッツ/声:堀内賢雄)(第6シーズンまで)
弁護士、ヒスパニック系、シーズン1でマイケル・クーザックから誘いと推薦でマッケンジー&ブラックマン事務所に移籍、グレース・ヴァン・オーウェンと結婚しマイケル独立後に退所。
アーノルド "アーニー"・ベッカー(演:コービン・バーンセン/声:富山敬→堀内賢雄)
マッケンジー&ブラックマン所属の弁護士。離婚訴訟専門で自身もしばしば女性問題を起こしている。実績から名前が売れ収益額は大きく独立をちらつかすが事務所で自身の問題を解決してもらったり仲間意識と友情から決断出来ず事務所名称「マッケンジー・ブラックマン&ベッカー法律事務所」で妥結する。オープニングに登場するナンバープレート「LA LAW」の乗用車持ち主である。
ロクサーヌ "ロクシー" ・メルマン(演:スーザン・ルタン/声:竹口安芸子
ベッカーの秘書。実父は放蕩者のギャンブラー。
アン・ケルシー(演:ジル・エイキンバリー/声:滝沢久美子
マッケンジー&ブラックマン所属の弁護士。のちにスチュアートと結婚。
スチュアート・マーコイッツ(演:マイケル・タッカー/声:喜多川拓郎
事務所運営発言権の無いアソシエイトで会計・税務関係が得意分野から死去したチェニー弁護士の業務を引き継ぎ、パートナー昇格後オフィスマネージメント職をダグラスに代わって務めたことがある。ユダヤ系でのちにアンの夫で、ロス暴動に巻き込まれ怪我と幼児退行の心身障がいを負った。
アビー・パーキンス(演:ミシェル・グリーン/声:吉田美保)(第5シーズンまで)
弁護士、アソシエイト。ダグラスと対立して独立、復帰している。
グレース・ヴァン・オーウェン(演:スーザン・デイ/声:羽村京子伊倉一恵
地方検事。のちに一旦判事になるが辞職し弁護士となりマッケンジー&ブラックマンに入る
ジョナサン・ローリンズ(演:ブレア・アンダーウッド/声:小野健一
マッケンジー&ブラックマン所属の弁護士。ハーバード卒で、若いがやり手である。
ロザリンド・シェイズ(演:ダイアナ・マルドア/声:瀬畑奈津子)(第4、5シーズン)
弁護士。マイケル・クーザックらと確執が生じ独立の懸念にリーランド・マッケンジーが経営上からスカウト、顧問企業を多く抱え辣腕だが野心が強く事務所の経営方針と意見対立ではリーランドの後見を利用し法廷闘争で追放を謀りその達成を目前にして誤動作事故からエレベーター・ホールに転落、急死した。

日本語版制作スタッフ[編集]

  • 演出:田島荘三→春日正伸
  • 翻訳:和島陽子
  • 調整:栗林秀年
  • 効果:山本洋平
  • 制作担当:白石寿里
  • 編集スタジオ:ムービーテレビジョンスタジオ
  • 録音スタジオ:Studio Saurus
  • 配給:ムービーテレビジョン