ジェシカおばさんの事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主人公ジェシカ・フレッチャー役のアンジェラ・ランズベリー

ジェシカおばさんの事件簿』(ジェシカおばさんのじけんぼ 原題:Murder, She Wrote)は、1984年から1996年までアメリカユニバーサルTVが製作したテレビドラマアメリカCBSテレビにて放映されたアンジェラ・ランズベリー演じるミステリー作家ジェシカ・フレッチャーが様々な難事件を解決する素人探偵モノのミステリードラマ。作品の人気は非常に高く、シリーズ4までの本編終了後も、スペシャル版が数度制作された。(企画・原案は「刑事コロンボ」で知られるウィリアム・リンクとリチャード・レビンソン)

日本では1988年からNHKNHK衛星第2テレビジョンNHK総合テレビジョン)で第1 - 第3シーズンの日本語版の放送(翻訳:額田やえ子他)を開始。ジェシカ・フレッチャーの吹き替えには女優の森光子を起用し人気を博した。

その後NHKのほかCSや独立UHF局でも再放送が行われていたが、2006年に入ってからCSのLaLa TVで第4シーズンの放送が開始された(ただし吹き替えはなく字幕スーパー)。2013年にはAXNミステリーチャンネルで第1・第2シーズン、およびTV映画版が放映され、2014年には第3・第4シーズンも放送、そして2015年には第5シーズンが放送された。

2014年6月にHDリマスター版の吹き替えが、無料BSチャンネルDlifeで開始。7月からは第2シーズン、2015年1月から5月に第3シーズンが放送。2016年4月5月に傑作選として第3シーズンが放送された。 なお、DVDは日本語版の吹き替え第3シーズンまでが、1枚1話の計7枚組で全8巻、56話分が2012年4月にキープ株式会社より発売されている。8巻セットのDVD-BOXもある。

キャスト[編集]

  • ジェシカ・フレッチャー(en:Jessica Fletcher):アンジェラ・ランズベリー(吹替:森光子 / テレビ映画 - 京田尚子
    元国語教師。旧姓マクギル。夫フランクに先立たれ、老後の暇潰しにミステリー小説を書いたが、それが大ヒットして売れっ子作家になった。しかし、旅先や地元で殺人事件に遭遇すると、執筆も何も放り出して持ち前の知性と観察力、厚顔なまでの行動力と好奇心、そしてどこか人を安心させ信頼させる人柄で情報を聞き出し、事件を解決する。
  • エイモス・タッパー保安官:トム・ボズリ(吹替:富田耕生
    ジェシカが住む田舎町キャボット・コーブの保安官。人柄はいいが、捜査能力はいま一つ。
  • セス・ハズリット医師:ウィリアム・ウィンダム(吹替:村松康雄
    シーズン2から登場。キャボット・コーブの開業医。ジェシカやタッパー保安官の友人。
  • グレイディ・フレッチャー(ジェシカの甥):マイケル・ホートン(吹替:島田敏
    ジェシカの数多い親戚縁者の中の一人で、いま一つ頼りない青年。ジェシカが書いた原稿を出版社に持ち込むが、その出版社の社長宅で殺人事件が起きて容疑者にされてしまう。そのグレイディの無実を証明したのが、ジェシカの「初仕事」となった。

各話リスト[編集]

シーズン1[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督
原題 邦題
1 The Murder of Sherlock Holmes シャーロック・ホームズ殺人事件 ピーター・S・フィッシャー(原案・脚本)
リチャード・レヴィンソン(原案)
ウィリアム・リンク(原案)
コリー・アレン
2 Deadly Lady 海に消えたパパ ピーター・S・フィッシャー
3 Birds of a Feather 嘆きのコメディアン ロバート・スワンソン ジョン・ルウェリン・モクシー
4 Hooray for Homicide 映画セットは死のにおい[1] ロバート・ヴァン・スコヤック リチャード・A・コーラ
5 It's a Dog's Life 愛犬が犯人なんて マーク・ギリス
リンダ・シャンク
シーモー・ロビー
6 Lovers and Other Killers (日本未放映) ピーター・S・フィッシャー アレン・レイスナー
7 Hit, Run and Homicide 無人カーが追ってくる ジェラルド・K・シーゲル アラン・クック
8 We're Off to Kill the Wizard ある日ビックリハウスで ピーター・S・フィッシャー(原案・脚本)
ジェラルド・K・シーゲル(原案)
ウォルター・グローマン
9 Death Takes a Curtain Call 最後の幕が下りる時 ポール・W・クーパー アレン・レイスナー
10 Death Casts a Spell (日本未放映) スティーブ・ヘンズレー
ミヨコ・ヘンズレー
11 Capitol Offense ピーター・S・フィッシャー ジョン・ルウェリン・モクシー
12 Broadway Malady トム・ソーヤー ハイ・アヴァーバック
13 Murder to a Jazz Beat クラリネットのすすり泣き ポール・サベッジ(原案・脚本)
デヴィッド・アブラモウィッツ(原案)
ウォルター・グローマン
14 My Johnny Lies Over the Ocean あの世から夫が招く ピーター・S・フィッシャー シーモー・ロビー
15 Paint Me a Murder カンバスに死の色を ジョン・ルウェリン・モクシー
16 Tough Guys Don't Die 探偵はタフなやつ シーモー・ロビー
17 Sudden Death (日本未放映) ロバート・スワンソン エドワード・M・アブロムス
18 Footnote to Murder 授賞式はしめやかに ピーター・クレイン
19 Murder Takes the Bus 道づれは怖い人 マイケル・マクガフ
メアリー・アン・カシカ
ウォルター・グローマン
20 Armed Response (日本未放映) ジェラルド・K・シーゲル チャールズ・S・デュビン
21 Murder at the Oasis ロバート・ヴァン・スコヤック アーサー・アラン・シーデルマン
22 Funeral at Fifty-Mile 天罰は雷雨の夜に ディック・ネルソン シーモー・ロビー

第1話「ホームズ殺人事件」は日本未放映のパイロット版。2009年に発売されたDVD全巻セットの特典として収録[2]

シーズン2[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督
原題 邦題
1 Widow, Weep for Me 未亡人はご用心 ピーター・S・フィッシャー ミッシェル・A・ホーイ
2 Joshua Peabody Died Here... Possibly 悪党は岬に眠れ トム・ソーヤー  ピーター・クレイン
3 Murder in the Afternoon スポットライトが死を照らす ポール・サベッジ アーサー・アラン・シーデルマン
4 School for Scandal 学園に死の影が ロバート・E・スワンソン アーサー・アラン・シーデルマン
5 Sing a Song of Murder もう一度別れの歌を ピーター・S・フィッシャー ジョン・リュウェリン・モクシー
6 Reflections of the Mind わが心のオルゴール ロバート・E・スワンソン シーモー・ロビー
7 A Lady in the Lake 美女は湖底に沈む ロバート・ヴァン・スコヤック  ウォルター・グローマン
8 Dead Heat 勝利の美酒は苦い味 J・ミヨコ・ケン・ヘンズレー
スティーヴン・ヘンズレー
 ピーター・クレイン
9 Jessica Behind Bars 人質なんて初体験 カールトン・イーストレイク ジョン・リュウェリン・モクシー
10 Sticks and Stones 変な手紙がいっぱい リンダ・シャンク
マーク・ギリス
ジャクソン・ギリス
シーモー・ロビー
11 Murder Digs Deep 悪霊が遺跡に踊る メリアン・カシカ
マイケル・シェフ
フィリップ・リーコック
12 Murder by Appointment Only 口紅に殺意をこめて ジェリー・ロス  アーサー・サイルドマン
13 Trial by Error 陪審員はつらいもの スコット・シェパード(原案)
ポール・サベッジ(脚本)
シーモー・ロビー
14 Keep the Home Fries Burning 気の毒なレストラン フィリップ・ガーソン  ピーター・クレイン
15 Powder Keg 容疑者に手を出すな ピーター・S・フィッシャー ジョン・リュウェリン・モクシー
16 Murder in the Electric Cathedral (日本未放映) ディック・ネルソン ジョン・リュウェリン・モクシー
17 One Good Bid Deserves a Murder 死を招く秘め事の記録 J・ミヨコ・ケン・ヘンズレー
スティーヴン・ヘンズレー
シーモー・ロビー
18 If a Body Meet a Body なんと遺体は別の人 スティーブ・ストーリヤー  ウォルター・グローマン
19 Christopher Bundy Died on Sunday 時間のズレが致命的 ジェラルド・K・シーゲル   ピーター・クレイン
20 Menace,Anyone? テニスのスター天に昇る ロバート・B・シャーマン アーサー・サイドルマン
21 The Perfect Foil 仮面祭りの悪いやつ ロバート・E・スワンソン ウォルター・グローマン
22 If The Frame Fits 欲がからんだ死の構図 フィリップ・ガーソン  ポール・リンチ

シーズン3[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督
原題 邦題
1 Death Stalks the Big Top: Part 1 サーカスに死が訪れる ピーター・S・フィッシャー(原案)
ポール・サベッジ(脚本)
シーモー・ロビー
2 Death Stalks the Big Top: Part 2
3 Unfinished Business 殺しの仕上げは願い下げ ジャクソン・ギリス ウォルター・グローマン
4 One White Rose For Death 白バラをスパイに贈れ ピーター・S・フィッシャー  ピーター・クレイン
5 Corned Beef And Carnage 広告とるのも命がけ ロバート・E・スワンソン ジョン・リュウェリン・モクシー
6 Dead Man's Gold 黄金は海底に眠れ ロバート・ヴァン・スコヤック シーモー・ロビー
7 Deadline For Murder 殺意のデッドライン トム・ソーヤー(原案・脚本)
ジョン・ケネディ(原案)
マイケル・マクガフ(原案)
シーモー・ロビー
8 Magnum On Ice 連続殺人ハワイの休暇[3] ロバート・E・スワンソン ピーター・クレイン
9 Obituary For a Dead Anchor 番組の主役が消えた ボブ・シェイン(原案)
ロバート・ヴァン・スコヤック(脚本)
ウォルター・グローマン
10 Stage Struck 幕間に悲劇は起こる フィリップ・ガーソン ジョン・アスティン
11 Night Of The Headless Horseman オカルト騎手は夜走る R・バーカー・プライス ウォルター・グローマン
12 The Corpse Flew First Class 遺体はファーストクラス ドナルド・ロス
13 Crossed Up 殺人はハリケーンの夜に スティーヴン・ロング・ミッチェル
クレイグ・W・ヴァン・シックル
デヴィッド・ヘミングス
14 Murder In a Minor Key 死に神は短調で歌う[4] アーサー・マークス(原案)
ピーター・S・フィッシャー(脚本)
ニック・ハビンガ
15 The Bottom Line is Murder 人気キャスターの死 スティーヴン・ロング・ミッチェル
クレイグ・W・ヴァン・シックル
アンソニー・ショウ[5]
16 Death Takes a Dive 八百長は死で報われる[6] ピーター・S・フィッシャー シーモー・ロビー
17 Simon Says,Color Me Dead さようなら私の絵 ロバート・E・スワンソン ケヴィン・G・クレミン
18 No Laughing Murder ショーマンは悲しからずや トム・ソーヤー  ウォルター・グローマン
19 No Accounting For Murder 亡霊ビルを行く ジェラルド・K・シーゲル ピーター・クレイン
20 The Cemetery Vote とても不安な保安官 ロバート・ヴァン・スコヤック シーモー・ロビー
21 The Days Dwindle Down あぁ獄中に30年[7] フィリップ・ガーソン  マイケル・リンチ
22 Murder, She Spoke 停電は殺しのチャンス サイ・ローズ アンソニー・ショウ

シーズン4[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督
原題 邦題
1 A Fashionable Way to Die ファッションショーは死の舞台 ダニエル・ロス ニック・ハビンガ
2 When Thieves Fall Out 正義がもたらした結末 アーサー・デヴィッド・ウェインガーテン シーモー・ロビー
3 Witness for the Defense 消えたブローチ ロバート・E・スワンソン
4 Old Habits Die Hard 過去との決別 クリス・マンハイム ジョン・リュウェリン・モクシー
5 The Way to Dusty Death 内助の愚行 フィリップ・ガーソン ニック・ハビンガ
6 It Runs in the Family やっぱり いとこも名探偵[8] ピーター・S・フィッシャー ウォルター・グローマン
7 If It's Thursday, It Must Be Beverly モテすぎるのも玉にキズ? ウェンディ・グラフ
リサ・ストーツキー
ピーター・クレイン
8 Steal Me a Story テレビ界の暗闇 ピーター・S・フィッシャー  ジョン・リュウェリン・モクシー
9 Trouble in Eden エデンの園の秘密行 ジョン・D・F・ブラック(原案・脚本)
ポール・サベッジ(脚本)
ニック・ハビンガ
10 Indian Giver 当たり前の幸せ ジェラルド・K・シーゲル ウォルター・グローマン
11 Doom With a View はかなく散った青春の幻影 ケネス・A・バーグ
12 Who Threw the Barbitals in Mrs. Fletcher's Chowder? 特製ディナーは毒の味 ロバート・ヴァン・スコヤック ジョン・リュウェリン・モクシー
13 Harbinger of Death 望遠鏡から見えたのは? R・バーカー・プライス アンソニー・ショウ
14 Curse of the Daanau ダアナフの呪い クリス・マンハイム ウォルター・グローマン
15 Mourning Among the Wisterias 欲にまみれた悲劇 スコット・アンダーソン
16 Murder Through the Looking Glass 殺し屋の最期の告白 ロバート・ヴァン・スコヤック シーモー・ロビー
17 A Very Good Year for Murder わが愛しのワイナリー ロバート・E・スワンソン ウォルター・グローマン
18 Benedict Arnold Slipped Here 秘密のお宝を探せ! ウェンディ・グラフ(原案)
リサ・ストーツキー(原案)
ロバート・ヴァン・スコヤック(脚本)
シーモー・ロビー
19 Just Another Fish Story 幸せは告白の後に フィリップ・ガーソン ウォルター・グローマン
20 Showdown in Saskatchewan レントゲン写真の謎 ヴィンセント・マックヴィーティ ディック・ネルソン
21 Deadpan" May 1 ミステリー仕立ての復讐劇 アーサー・デヴィッド・ウェインガーテン(原案)
メアリー・アン・カシカ、マイケル・シェフ(脚本)
E・W・スワックハマー
22 The Body Politic ゴシップにご用心 ダニエル・ロス アンソニー・ショウ

シーズン5[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督
原題 邦題
1 J.B.. as in Jailbird 塀の中の名探偵 ロバート・E・スワンソン アンソニー・ショウ
2 A Little Night Work 盗まれたネックレス ピーター・S・フィッシャー ウォルター・グローマン
3 Mr. Penroy's Vacation 謎の訪問者たち ロバート・E・スワンソン アンソニー・ショウ
4 Snow White, Blood Red ゲレンデに降る赤い雪 ピーター・S・フィッシャー ヴィンセント・マックヴィーティ
5 Coal Miner's Slaughter 地下に葬られた真実 クリス・マンハイム ウォルター・グローマン
6 Wearing of the Green 哀しき大女優のティアラ ピーター・S・フィッシャー シーモー・ロビー
7 The Last Flight of the Dixie Damsel ディクシー・ダムゼルの真実 ヴィンセント・マックヴィーティ
8 Prediction: Murder 予言殺人 リチャード・スタンリー
ラルフ・マイヤーリング
ウォルター・グローマン
9 Something Borrowed, Someone Blue 結婚式は事件の幕開け フィリップ・ガーソン ジョン・ルウェリン・モクシー
10 Weave a Tangled Web 2つの愛の巣 ロバート・E・スワンソン シーモー・ロビー
11 The Search for Peter Kerry 20年の空白 ピーター・S・フィッシャー ウォルター・グローマン
12 Smooth Operators 靴をなくした遺体 ジェラルド・K・シーゲル アンソニー・ショウ
13 Fire Burn, Cauldron Bubble 生き返った魔女 トム・ソーヤー ジョン・ルウェリン・モクシー
14 From Russia... with Blood マイクロフィルムの謎 ドナルド・ロス ヴィンセント・マックヴィーティ
15 Alma Murder 真実を告げるとき クリス・マンハイム アンソニー・ショウ
16 Truck Stop 最期の告白 フィリップ・ガーソン ヴィンセント・マックヴィーティ
17 The Sins of Castle Cove ゴシップは命がけ ロバート・ヴァン・スコヤック ジョン・ルウェリン・モクシー
18 Trevor Hudson's Legacy 文豪の遺作 エリック・ヒューストン(原案)
ポール・サベッジ(脚本)
ウォルター・グローマン
19 Double Exposure 消えた旧友 ロバート・E・スワンソン アンソニー・ショウ
20 Three Strikes, You're Out トレードは死のにおい ドナルド・ロス シーモー・ロビー
21 Mirror, Mirror, on the Wall: Part 1 鏡よ鏡(前編) ピーター・S・フィッシャー ウォルター・グローマン
22 Mirror, Mirror, on the Wall: Part 2 鏡よ鏡(後編)

シーズン6[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督
原題 邦題
1 Appointment in Athens アテネの約束 トム・ソーヤー ヴィンセント・マックヴィーティ
2 Seal of the Confessional 教会での告白 リン・ケルジー(脚本)
ホイットニー・ウェレット・ロバーソン(原案)
3 The Grand Old Lady 忘れえぬ船旅 ピーター・S・フィッシャー
4 The Error of Her Ways 彼女の失敗 ドナルド・ロス アンソニー・ショウ
5 Jack and Bill 相棒 ピーター・S・フィッシャー
チャック・ボーマン
チャック・ボーマン
6 Dead Letter 死を呼ぶ手紙 ポール・シファー アンソニー・ショウ
7 Night of the Tarantula タランチュラの夜 クリス・マンハイム ヴィンセント・マックヴィーティ
8 When the Fat Lady Sings 殺しはオペラのように ピーター・S・フィッシャー ウォルター・グローマン
9 Test of Wills 嵐の中の遺言状 ロバート・E・スワンソン アンソニー・ショウ
10 Class Act 冤罪 ピーター・S・フィッシャー アレン・レイスナー
11 Town Father 町長選は大騒ぎ フィリップ・ガーソン ジョン・ルウェリン・モクシー
12 Good-Bye Charlie さよならチャーリー ロバート・ヴァン・スコヤック アンソニー・ショウ
13 If the Shoe Fits 小さな庭師とジェシカ リン・ケルジー
14 How to Make a Killing Without Really Trying ウォール街殺人事件 ロバート・E・スワンソン ウォルター・グローマン
15 The Fixer-Upper 死を呼ぶ豪邸 オリヴァー・ヘイリー ジョン・ルウェリン・モクシー
16 The Big Show of 1965 1965年の殺人ショー ロバート・ヴァン・スコヤック ジェリー・ジェイムソン
17 Murder: According to Maggie 刑事ドラマ殺人事件 ピーター・S・フィッシャー ジョン・ルウェリン・モクシー
18 O'Malley's Luck オマリーの幸福 リン・ケルジー(脚本)
ジェラルド・K・シーゲル(原案)
マイケル・J・リンチ
19 Always a Thief 泥棒の流儀 ピーター・S・フィッシャー ウォルター・グローマン
20 Shear Madness 狂気の犯行 クリス・マンハイム
21 The Szechuan Dragon 留守宅の事件 トム・ソーヤー ケヴィン・G・クレミン
22 The Sicilian Encounter シチリアの掟 ロバート・E・スワンソン

テレビ映画[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督
原題 邦題
1 Murder, She Wrote: South by Southwest ジェシカおばさんの事件簿/南南西に進路を取れ デレク・マーロウ アンソニー・ショウ
2 Murder, She Wrote: A Story to Die For ジェシカおばさんの事件簿/寒い国から来た標的(WOWOW)
ジェシカおばさんの事件簿/記される殺意(スターチャンネル)
J・マイケル・ストラジンスキー
3 Murder, She Wrote: The Last Free Man ジェシカおばさんの事件簿/ふたつの墓の謎 マシュー・ソマー
4 Murder, She Wrote: The Celtic Riddle ジェシカおばさんの事件簿/遺言に隠された謎(WOWOW)
ジェシカおばさんの事件簿 / ケルトの秘宝(スターチャンネル)
ローズマリー・アン・シッソン
ブルース・ランズベリー

リブート[編集]

2013年、NBCによってオクタヴィア・スペンサー主演のリブート作品が製作されることが決定した[9]

脚注[編集]

  1. ^ 日本でのテレビ放送第1話。
  2. ^ タイムマシンde過去ドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』”. 海外ドラマNAVI. 2014年7月10日閲覧。
  3. ^ CBSの別番組「私立探偵マグナム」とのコラボ作品。本来は前後編だったが、日本ではジェシカがメインの後編のみ放映。
  4. ^ ジェシカが自作の内容を「劇中劇」として披露するという趣向の、別なキャラクターたちが登場する番外編。
  5. ^ ランズベリーの長男
  6. ^ 90分スペシャル版。日本では独立枠で放映された。
  7. ^ 冤罪を扱った映画『Strange Bargain』(日本未公開)の「30年後の続編」という趣向の作品で、回想シーンは映画から流用され、映画版の主役陣が同じ役で出演した。
  8. ^ ジェシカの従姉妹エマ(ランズベリーの二役)が活躍する番外編。
  9. ^ 「ジェシカおばさんの事件簿」がリブート、主演にオクタヴィア・スペンサー!”. シネマトゥデイ. 2013年10月30日閲覧。


NHK総合 金曜20:00 - 20:45枠
前番組 番組名 次番組
ジェシカおばさんの事件簿