ミセス・コロンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ミセス・コロンボ(英名:Mrs.Columbo)は1979年2月から年末まで米国NBCで放映されたミステリードラマ視聴率不振のため第2シーズンはKate Loves a Mystery(邦題:ミス・ケイトの冒険)のタイトルで放映された。日本では1980年1月2日NHKパイロット版「殺し屋の声が聞こえる」を放映、以後不定期に2シーズンが放送された。

概要[編集]

1978年5月に『刑事コロンボ』が終了となり、コロンボに代わる目玉作品を探していた当時のNBC社長フレッド・シルバーマンは、『コロンボ』の本編では一度も姿を見せなかった「ウチのカミさん」を主人公にしたドラマを思いつき、コロンボの制作スタッフだったリチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク、ピーター・S・フィッシャーの反対を押し切り、『ミセス・コロンボ』の制作に踏み切った。

当初、番組のプロジェクトにはレヴィンソン&リンク、フィッシャーが関わっており、3人は主人公の「ミセス・コロンボ」役にモーリン・ステイプルトンを推薦したが[1]、若い女優を希望していたシルバーマンは聞き入れず、最終的に当時23歳だったケイト・マルグルーを起用したため、3人はプロジェクトから撤退した[2]。それでもシルバーマンは『コロンボ』最終シーズンのプロデューサーだったリチャード・アラン・シモンズを製作総指揮に据え制作を強行。こうして完成した作品は、オープニングや本編でコロンボの愛車プジョーや愛犬ドッグが姿を見せ、また初期のゲストにロバート・カルプボブ・ディシードナルド・プレザンスが登場するなど、コロンボファンを意識した内容となっていた。

しかしコロンボファンの支持は得られず、さらに制作会社のユニバーサルから「ミセス・コロンボとコロンボ夫人は同一人物ではない」と否定され、同番組は路線変更を余儀なくされる。第2シーズンに入ると、主人公のケイトは刑事の夫コロンボと離婚し姓が「キャラハン」と変わり、娘のジェニー(演じるのは現在ヴァイオリニストとして活躍するリリ・ヘイデン)と2人暮らしになるが、唯一の「売り」であったコロンボの名前を失いただのミステリードラマとなった同番組は、年を越すことなく第2シーズン途中で打ち切られた。

現在では、『刑事コロンボ』の米国版DVDの「特典映像」として「殺しの日は雨」など3エピソードが視聴可能である。

キャスト[編集]

作品一覧[編集]

Season 1: 1979[編集]

  • 殺し屋の声が聞こえる  Word Games - 新旧の「刑事コロンボ」で3犯人・1関係者と頻出のロバート・カルプがゲスト。
  • 殺しの日は雨 Murder Is a Parlor Game - ドナルド・プレザンスが私立探偵の犯人を演じている。
  • こわい目の人形 A Riddle for Puppets - 腹話術師が人形作りの職人を殺害。
  • ごちそうはキャビア Caviar with Everything
  • 占いは死の予告 A Puzzle for Prophets

Season 2: 1979–80[編集]

  • 昼下がりのレディたち Ladies of the Afternoon
  • 爆発の赤信号 It Goes with the Territory
  • 情報はオフレコで Off the Record
  • 星空のレクイエム The Valley Strangler - 天文台とプラネタリウムで起きた殺人。倒叙ではない
  • 凍った50万ドル A Chilling Surprise
  • 過去を知る女 Falling Star
  • 心理学にご用心 Feelings Can Be Murder
  • ビデオテープでもう一度 Love, on Instant Replay

未映像化作品[編集]

  • 殺人ネットワーク The Lady's Set For Death [3]

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:リチャード・アラン・シモンズ(第1シーズン)、ビル・ドリスキル(第2シーズン)
  • 監修:ジェームズ・マクアダムズ
  • 音楽:ジョン・カカヴァス
  • 制作会社:ガンビット・プロダクション(第1シーズン)、ビル・ドリスキル・プロダクション(第2シーズン)、ユニバーサルTV

脚注[編集]

  1. ^ 「刑事コロンボの秘密」風雅書房
  2. ^ 「ハヤカワミステリマガジン」2011年11月号、早川書房
  3. ^ 脚本ノヴェライズの翻訳が『ミセス・コロンボ1 殺人ネットワーク』(1979年、二見書房 サラ・ブックス)として出版された。