中村俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら しゅんいち
中村俊一
生年月日 (1926-01-04) 1926年1月4日
没年月日 (1980-11-25) 1980年11月25日(54歳没)
出生地 日本の旗日本神奈川県
職業 演出家俳優
活動期間 1955年 - 1980年[要出典]
テンプレートを表示

中村 俊一(なかむら しゅんいち、1926年1月4日 - 1980年11月25日)は日本演出家俳優神奈川県出身。

人物[編集]

母方の祖父は日本の社会主義運動の先駆者で、早稲田大学野球部を創設したことでも知られる安部磯雄。その次女・京と、松尾鉱業の2代目社長中村正雄の長男として、神奈川県横浜市に生まれた[1][2]

1945年早稲田大学中退し、俳優座に入った。演出助手や舞台監督、養成所の講師を経て、俳優座の養成所の2期生と共に1953年劇団仲間を結成した。主宰者となる。父が経営していた岩手県松尾鉱山には、大きな劇場が2つあり、内装や照明などは俊一の意見を取り入れて作られた[1]新東宝が映画『思春の泉』を松尾鉱山のお膝元である田頭村 (岩手県)で撮影する為、松尾鉱業社長の息子である中村が主催する劇団仲間に協力を依頼、これが劇団仲間の最初の仕事となった[2]。そのため、劇団仲間の旗揚げ公演はロケ前夜祭として松尾鉱山で行われた[1][2]1955年ヴァイゼンボルン作「三人の紳士」で演出を担当し、芸術祭奨励賞を受賞した。1980年11月25日に心筋梗塞のため死去[1]

演出家だけでなく俳優として、NHKおはなはん」、「あしたこそ」「風の隼人」、TBSありがとう」、映画「トラ・トラ・トラ!」などに出演。

後任[編集]

中村の死後、その持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 松尾鉱山資料館の展示説明から
  2. ^ a b c 伊藤巴子 著「やりたい事をやって逝ってしまった中村俊一」、日本演出家協会(編) 編 『戦後新劇 演出家の仕事2』れんが書房新社、2007年5月25日、278-285頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]