怒りの孤島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
怒りの孤島
監督 久松静児
脚本 水木洋子
原作 水木洋子
製作 曽我正史
出演者 鈴木和夫
手塚茂夫
柴田昭雄
土屋靖雄
二木てるみ
左卜全
音楽 芥川也寸志
撮影 木塚誠一
製作会社 日映
配給 松竹
公開 日本の旗 1958年2月8日
上映時間 108分
製作国 日本の旗日本
言語 日本語
テンプレートを表示

怒りの孤島」(いかりのことう)は1958年(昭和33年)2月8日に公開された日本映画。

概要[編集]

昭和20年代初頭に瀬戸内で起きた児童虐待事件「舵子事件」を題材に、水木洋子が書き下ろしたラジオドラマ[1]を水木自らが脚色し、「警察日記」の久松静児が監督した社会派映画。文部省推薦。

製作会社の日映は、大映の専務であった曽我正史が立ち上げた映画会社。「怒りの孤島」が第1回作品。なお、曽我と共に大映から独立した市川久夫が企画を担っている。カラー/シネスコ/108分。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

少年たち

島の人々ほか

※ 鈴木和夫が演じる主人公、中谷鉄の役名が「鉄」では無く「録」の可能性があります。

脚注[編集]

  1. ^ 「舵子」(放送:1954年8月25日~11月2日/NHK)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]