あしたこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あしたこそ
ジャンル ドラマ
放送時間 月曜 - 土曜8:15 - 8:30(15分)
放送期間 1968年4月1日 - 1969年4月5日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
原作 森村桂
脚本 橋田壽賀子
中沢昭二
出演者 藤田弓子
米倉斉加年
中畑道子
中村俊一
ほか
ナレーター 川久保潔
時代設定 1959年 - 1969年
テンプレートを表示

あしたこそ』は、1968年4月1日から1969年4月5日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第8作。連続テレビ小説で初めてカラー化された作品である[1]。全315回。

概要[編集]

大学入学、卒業、就職、結婚と色々な転機を、人一倍のファイトと行動力をもって切り開いていく主人公・摂と、彼女を理解しようとする両親を中心に、世代の異なる人々の姿を明るく描いた。連続テレビ小説で初めて橋田壽賀子が脚本を手掛けた作品でもある。1968〜69年の平均視聴率は44.9%、最高視聴率は55.5%を記録した(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]

前々作『おはなはん』、前作『旅路』は大変な人気のため、1週間の内容を1時間にまとめた特集を週末に放送したが、『あしたこそ』以降はそのような編集版が放送されることはなくなる。この作品からはカラー放送であり、この時代の映像編集方法であったテレビ画面をフィルムで撮影するキネコは、カラーになると当時の技術では画質の劣化が著しく、白黒では可能であったがカラーでは放送に堪えなかったためである。そのため、NHKには記録用に残された第315話(最終話)の1話しか現存しない。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』 日本放送出版協会、1969年、170頁。 
  2. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
あしたこそ