夢次元ハンターファンドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夢次元ハンターファンドラ』(むじげんハンターファンドラ)[1][2]は、1985年から1986年にかけてカナメプロダクションが制作したOVA作品。全3話。原案は永井豪

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ファンドラ
堀江美都子
本作の主人公。ファントス王家の遺児。赤い宝珠「ルピア」の所有者。
クエ
声:神谷明
ファンドラに仕える従者。ドラゴンに変身する。2つの宝珠を守護していたが、自身のミスで失われていたため、ファンドラを守りつつ宝珠を探していた。
ヨグ・ソゴス
声:井上真樹夫
青い宝珠「エンドラン」の所有者。フルネームは「ヨグ・ソート・ソゴス」。レム王国の国王と王妃を殺害し、宝珠の力で王女レイミアを洗脳して「ゲルズバーグ」と名乗り王国を支配していた。

Part.1 レム・ファイト編[編集]

レイミア
声:戸田恵子
レム王国の最後の王女。赤い宝珠の力で洗脳が解けて両親の仇討ちをしようとするが、返り討ちに遭いファンドラの腕の中で息絶えた。

Part.2 デッドランダー編[編集]

ソート
声:井上和彦、少年:三田ゆう子
青い宝珠を手に入れる前のヨグ・ソゴス。完全なる悪となるため、角を折って創り出したヨグ・ソゴスの分身。母星デッドランダーが滅びる際、宇宙船に乗り脱出しようとしたが、落ちかかった恋人フォンティーヌの右手を掴んで必死に救おうとしたが、左頬に傷を負って死の恐怖に襲われて手を離してフォンティーヌを死なせてしまう。そのため、心を病んで後の極悪な犯罪者「ヨグ・ソゴス」と化したのだった。過去の記憶を取り戻し、建物が崩壊して転落しかけたフォンティーヌを救おうと彼女の手を再び掴んだ際、予定通りに本体のヨグ・ソゴスに抹殺された。
フォンティーヌ
声:潘恵子
ソートの恋人。デッドランダーの救い主「青い光の神」と名乗るヨグ・ソゴスに命じられ、ファンドラを殺そうとするが、ソートと共に殺されてしまう。

スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

  • Part.1 レム・ファイト編
  • Part.2 デッドランダー編
  • Part.3 ファントス編

脚注[編集]

  1. ^ 田中公平 作品収録CD等リスト”. 2014年7月6日閲覧。
  2. ^ 夢次元ハンター ファンドラ”. 2014年7月6日閲覧。

出典[編集]