チロリン村物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チロリン村物語
アニメ
原作 恒松恭助
監督 山吉康夫
キャラクターデザイン 香西隆男
音楽 矢野立美
アニメーション制作 C&Dディストリビューション
製作 NHK(制作・著作)
NHKエンタープライズ(共同制作)
NHKソフトウェア(共同制作)
放送局 NHK教育テレビ
放送期間 1992年4月6日 - 1993年3月19日
話数 全170話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

チロリン村物語』(チロリンむらものがたり)は、1992年4月6日から1993年3月19日までNHK教育テレビで放送されていたテレビアニメ作品である。全170話。

概要[編集]

過去にNHK総合テレビで放送されていた人形劇『チロリン村とくるみの木』と、フジテレビで放送されていた人形劇『おーい!チロリン村だよ』をテレビアニメ化したものである。

16mmフィルム製作、カラーステレオ放送。本作以後、教育テレビで放送されるアニメはステレオ放送となった。

伊藤忠商事から発売された本作のビデオソフト(発行 - NHKソフトウェア / 販売 - バンダイビジュアル)は累計で5万本以上を、サン・アローから発売されたぬいぐるみは半年で4000万円以上を売り上げるなど、関連商品の売れ行きは好調であった。しかしその一方で、森永製菓から発売された菓子類の売上はそこそことヒットには至らなかった[1]

あらすじ[編集]

チロリン村に住むタマネギのトンペイとピーナッツのピーコは、とても仲良しでいつも一緒に遊んでいる。ある日、2人は村で一番の頑固者・ガンコの孫が村へやってくることを知り、どんな頑固な子供が来るのだろうと悩んでいた。そんな時、2人は崖から落ちそうになっていた同い年くらいの子供を助ける。可愛いけれど、勇気ある素直なその女の子こそ、2人の想像とは全く違っていたガンコの孫であった。

登場人物[編集]

トンクルピー[編集]

タマネギのトンペイ
- 日髙のり子
いつも元気いっぱいなヤンチャ坊主。トンクルピーのリーダー的存在。大工仕事を得意としている。蜘蛛が大の苦手。
ピーナッツのピーコ
声 - 高山みなみ
トンペイに負けないほどのお転婆な女の子。お喋りでちゃっかりしたところがある。また食いしん坊で、村の子供で一番の力持ちでもある。家はパン屋で、カボチャのおじさんと暮らしている。
クルミのクルコ
声 - 岩井小百合
可愛らしい容姿のお嬢様であるが、他の2人と同じくお転婆でかなりの行動力を持っている。遠くの町からやって来た転校生であるが、その性格のお陰でトンペイらとはすぐに仲良くなれた。村の子供たちから恐れられる祖父のことを、「おじいちゃま」と呼び慕っている。

暴食トリオ[編集]

いつもお腹を空かせている3人組。トンクルピーの友人だが、時折対立することもある。原作ではブラックバットの子分。

ハラペコのペコポン
声 - 桜井敏治
3人の中でも特にお腹を空かせている。のんびりした性格で、3人の中で一番動作は遅い。いつも敬語を使って話す。高所恐怖症。
イタチのプースケ
声 - 鈴木明子
主に3人のまとめ役となる存在。人によって言葉遣いを変えるなど、調子の良いところがある。
スカンクのガスパ
声 - 高田由美
臆病な性格。緊張をするとすぐにオナラをしてしまう(オナラの臭いは強烈)。語尾に「〜でガス」を付ける癖がある。

ブラックバット一味[編集]

トンクルピーの宿敵。大人も恐れる大悪党であるが、実際にはドジで間抜けな連中。悪事の骨休めという理由でチロリン村に居ついた。

ブラックバット
声 - 江原正士
蝙蝠の怪人。長身で常にマントを纏っている。「天下の大悪党」を自称しているが、根は間抜け。チーズが大の苦手。
ネズミのタコチュー
声 - キートン山田
ブラックバットの子分。黒いサングラスをかけている。いつもブラックバットから理不尽な理由で怒鳴られる。
モグラのモグモグ
声 - 辻村真人
ブラックバットの子分。一番の下っ端で鈍くさい。悪の一味に身を置いているが、本当は優しい性格。

チロリン学校の友人[編集]

カブラのシロキチ
声 - 三木眞一郎
物知りな優等生。いつも落ち着いている。「まさにこれですね」という決め台詞を持っている。色々な発明品を作るのを趣味としているが、まともなものを作ったことは少ない。
バナナっ子のポンキー
声 - 安達忍
親戚の叔母、その夫のパイナップルと暮らしている。割と裕福な家庭の子供らしい。気が弱く、お化けなどがかなり苦手。
レモンのレモコ
声 - 木藤聡子
クルコと同じく裕福な家庭に生まれたお嬢様。しかしクルコと違い、性格は悪い。いつも自慢ばかりしており、他の子供たちとの相性は良くなく、一緒に遊ぶことは少ない。子供だけの秘密基地を大人にばらそうとしたこともある。
サクランボのボンボン
声 - 川田妙子
クラスの中では一番幼い少女で、皆の妹分。性格は少々我侭。怖い夢を見るとオネショをする癖がある。

その他[編集]

アップル先生
声 - 高田由美
チロリン学校のリンゴの先生。とても優しい先生で、生徒からの信頼も厚い。ブラックバットが初めて心を開いた相手である。以前にこの先生に助けられた事があり、それが元で彼女に恋心を抱く。
サツマイモ詩人
声 - 関俊彦
さすらいの詩人。ギターを片手に歌を歌いながら、村から村へと旅している。ふらりとチロリン村にやってくるが、いつの間にかまたいなくなっており、クルコたちからは「風みたい」と言われている。笛で鳥の力を借りることができる。
ガンコ
声 - 糸博
くるみの祖父。村一番の頑固者。ペロリン村長とは古くからの友人であり、また喧嘩仲間。孫のクルコにはかなり甘い。
ペロリン村長
声 - 梅津秀行
トウモロコシの村長。ガンコとは喧嘩ばかり。しかし実は幼い頃からの友人で、一緒に釣りに行くことが多い。演説は長い。
ケロケロ先生
声 - 関俊彦
カエルの村医者。気の良い人物であるが、したたかな一面もある。明日の天気を当てるのが特技。
トンペイの父
声 - 桜井敏治
村の駅長を務めており、また牧場主でもある。村には汽車が一日に1回しか来ないため、駅での仕事はあまりない。
トンペイの母
声 - 木藤聡子
良妻賢母な人物。
クルコの母
声 - 安達忍
心優しい人物。容姿はクルコと瓜二つ。彼女の作るクッキーは一番美味しいと言われている。
レモン夫人
声 - 兼子由利子
レモコの母親で、性格も見た目も娘と瓜二つ。大金持ちを鼻にかける嫌味なタイプであり、所謂モンスターペアレント
カボチャ
声 - 原田一夫
ピーコと暮らしているおじさん。パン屋を経営している。パンの味は良く、コンテストで優勝したほど。早とちりをしがちな人物。注射が大嫌いで、失神するほどである。
キャベツ
声 - 吉田理保子
噂好きのおばさんで、時折ホラ話も吹く。カボチャ同様、早とちりをしがちな人物。雑貨屋を経営している。
ニンジン
声 - キートン山田
村の年老いた警察官。村で唯一の自転車持ち。
機関士マロン
声 - 梅津秀行
村へ一日に1回汽車で荷物を届けにやって来るが、定刻通りに来ることはあまりない。
パイナップル
声 - 梁田清之
バナーナ夫人
声 - 川田妙子
ポンキーの親戚の叔母夫婦。裕福な家庭らしく、ポンキーに対しては少し過保護なところがある。床屋を経営している。
カマキリ校長
声 - 梁田清之
チロリン学校の校長。
レタス
声 - 三木眞一郎
村の郵便屋さん。
コーラストリオ
声 - 安達忍、兼子由利子、川田妙子
話の合間に登場しては必ずコーラスをしていく謎の部隊。
コンキチ
声 - 兼子由利子
池に住む河童の子供。トンペイたちと同じぐらいの年齢だが学校へは行っていないため、当初は村の人たちもその存在を知らなかった。「コンキリプー」が口癖。河童であるため、頭の皿が乾くと倒れてしまう。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「しゃかりきパラダイス」
作詞 - 谷穂ちろる / 作曲 - 森田公一 / 編曲 - 矢野立美 / 歌 - 大竹しのぶ
エンディングテーマ「ねえ、どうして」
作詞 - 福田三月子 / 作曲 - 徳光英和 / 編曲 - 矢野立美 / 歌 - 大竹しのぶ
※レコード:ビクター音楽産業(番組テロップではノンテロップ)

各話リスト[編集]

  1. 「ボクらは仲良しトンクルピー」
  2. 「みんなといっしょに学校へ」
  3. 「かいぶつが出たァァ〜ッ」
  4. 「ひみつの基地を取りもどせ!」
  5. 「宝物はどこだ」
  6. 「ボンボンを救え!」
  7. 「おばけをつかまえろ」
  8. 「逃げ出したペコポン」
  9. 「ガンコさんの誕生日」
  10. 「ねらわれた郵便馬車」
  11. 「トンペイの一日駅長」
  12. 「犯人はわたしじゃない」
  13. 「かくれんぼ、わすれんぼ」
  14. 「パンはどこへいった?」
  15. 「吸血鬼で大さわぎ」
  16. 「草スキーで勝負だ」
  17. 「ピーコちゃんのパン作り」
  18. 「自転車大好き!」
  19. 「ボンボンのひみつ大作戦」
  20. 「さつまいも詩人がやってきた」
  21. 「逃がした魚は大きいぞ」
  22. 「虫歯になったケロケロ先生」
  23. 「シロキチの白鳥の湖」
  24. 「そのイッパツをガマンしろ」
  25. 「空とぶトンペイ」
  26. 「クルコちゃんのママが危ない!」
  27. 「アップル先生大ピンチ!」
  28. 「急げ!コンキリプー」
  29. 「さつまいも詩人は人気者」
  30. 「音楽会への招待状」
  31. 「大発明家がやってきた」
  32. 「トンクルピーとまぼろしの蝶」
  33. 「三人だけのひみつ」
  34. 「クルコちゃんのお手伝い」
  35. 「お腹をこわしたブラックバット」
  36. 「おばけ森へいらっしゃい」
  37. 「ニンジンさんが大かつやく」
  38. 「レモン夫人の自動車レース」
  39. 「対決!いかだ競争」
  40. 「バナーナさんがんばる」
  41. 「みんなでお留守番」
  42. 「大変だ!汽車がこない」
  43. 「チロリン滝の伝説」
  44. 「プースケたちのひみつ基地」
  45. 「ふくれっつらで大騒ぎ」
  46. 「二人三脚でテンテコマイ」
  47. 「ボンボンと不思議な王子様」
  48. 「対決!男の子・女の子」
  49. 「看護婦さんになりたい」
  50. 「トンペイは天才少年?」
  51. 「ポンキーの学芸会」
  52. 「ひみつの基地が見つかっちゃう?」
  53. 「ごきげんなおしてバナーナさん」
  54. 「落とし穴に気をつけろ!」
  55. 「水泳は楽しいな!」
  56. 「トンペイの家出」
  57. 「ガンコさんの絵日記」
  58. 「大さわぎ!カボチャさん」
  59. 「星に願いを」
  60. 「ブローチはどこへいった?」
  61. 「山からイッキにすべり台」
  62. 「カボチャさんが盗まれた!?」
  63. 「レモンさんのクッキー」
  64. 「村長さんのひみつ」
  65. 「霧がでてきてキリキリまい!」
  66. 「えっ!レモンさんが大けが」
  67. 「牧場へようこそ」
  68. 「ボクらの宝を取りもどせ!」
  69. 「犯人はオイラたちじゃない!」
  70. 「湖の宝物」
  71. 「モグモグのメガネをさがせ」
  72. 「空とぶ怪盗ブラックバット」
  73. 「ガンコさんのヒゲが…」
  74. 「コンキチのお誕生会」
  75. 「ボンボンと虹の妖精」
  76. 「がんばれペロリン村長」
  77. 「クルコの木登り」
  78. 「ハチミツ集めはいたたたたッ」
  79. 「ピーコちゃんは力もち」
  80. 「ブラックバットのステキなマント」
  81. 「ひとりぼっちのモグモグ」
  82. 「ブラックバットのプレゼント」
  83. 「おばけやしきに近づくな!」
  84. 「パイコンテストは大騒ぎ」
  85. 「ツボがぬけない大変だ!」
  86. 「はだしでダンス」
  87. 「ブラックバットの星占い」
  88. 「いかないで!アップル先生」
  89. 「みんなでサーカス」
  90. 「バナーナさんの宝物」
  91. 「くいしん坊をやっつけろ!」
  92. 「ブラックバットの仲間われ」
  93. 「びっくりニュースを追いかけろ!」
  94. 「牛を助けろ!」
  95. 「ステキな夢をみたい」
  96. 「白鳥を逃がしてあげて」
  97. 「がんばれシロキチ写真屋さん」
  98. 「地下トンネルの大冒険」
  99. 「大きなタルで遊んじゃえ!」
  100. 「しっかりして!コンキチ君」
  101. 「なんでもペッタン、接着剤」
  102. 「キャンプでドッキリ!」
  103. 「小鳥さんありがとう」
  104. 「クルコの新しいクツ」
  105. 「ブラックバットが一等賞?」
  106. 「さつまいも詩人がさらわれた」
  107. 「お酒のケーキで大騒ぎ!」
  108. 「エプロン姿のガンコさん」
  109. 「強いぞポンキー?」
  110. 「ヘンテコ医師がやってきた」
  111. 「捕まったブラックバット」
  112. 「ブラックバットは歌が好き」
  113. 「えっ!ボンボンがお嫁さん?」
  114. 「占いは大あたり?」
  115. 「おかしなお手伝い券」
  116. 「コマになったカボチャさん」
  117. 「どちらが先にどなりだす」
  118. 「町からきたおともだち」
  119. 「ブラックバットがまっ白け」
  120. 「寝坊したガンコさん」
  121. 「レモコのバースデーケーキ」
  122. 「ランプの精がやって来た」
  123. 「池にオバケが住んでいる?」
  124. 「対決!バット対キャベツさん」
  125. 「カボチャさんのシンデレラ騒動」
  126. 「クルコが町へ帰っちゃう?」
  127. 「アップル先生の家庭訪問」
  128. 「ご先祖さまの宝物」
  129. 「いちばんよい子はだあれ?」
  130. 「ブラックバットのダイエット」
  131. 「ブラックバットの大逆襲」
  132. 「力もちになるくすり」
  133. 「カボチャさんのパンは世界一?」
  134. 「ブラックバットがお手伝い」
  135. 「不思議な種をみーつけた」
  136. 「コンキリプーで大あばれ」
  137. 「シロキチの大マジック」
  138. 「ニンジンさんの真夜中の決闘!」
  139. 「ねむっちゃったケロケロ先生」
  140. 「アイス泥棒は誰だ?」
  141. 「ブラックバットへの贈り物」
  142. 「ボンボンちゃんの雪だるま」
  143. 「アイスになったコンキチちゃん」
  144. 「氷の上で対決だ!」
  145. 「小さいことはいいことだ」
  146. 「チロリン村が海になる?」
  147. 「走れ!ペコポン」
  148. 「ケロケロ先生、大ピンチ」
  149. 「村長さんはみんなのおじいちゃま」
  150. 「サンタさんは大泥棒?」
  151. 「ブラックバットの手形がほしい」
  152. 「がんばれモグモグ」
  153. 「よい子になったブラックバット」
  154. 「ケンカのしかた教えます」
  155. 「ブラックバットのおまわりさん」
  156. 「パン屋をのっとれ!」
  157. 「古井戸のひみつ」
  158. 「ボンボンのさいみんじゅつ」
  159. 「チロリン村が最高だ!」
  160. 「せんすい艦で大騒ぎ!」
  161. 「思い出の木があぶない」
  162. 「チロリン湖に怪獣がでた?」
  163. 「汽車をとめたのは誰だ」
  164. 「お花畑で遊びましょ」
  165. 「チロリン村の春まつり」
  166. 「大変!ケーキ山がもえている」
  167. 「ブラックバットが大かつやく」
  168. 「学校をこわしたのは誰だ!」
  169. 「コンキチが見ていた」
  170. 「大好き!チロリン村」

放送時間[編集]

いずれも日本標準時。本作は、夕方の本放送・朝の再放送・夕方の再放送ともに『母と子のテレビタイム』の放送番組となっていた[2][3]

本放送[編集]

  • 月曜 - 金曜 17:25 - 17:35 (1992年4月6日 - 1993年3月19日)

再放送[編集]

  • 月曜 - 金曜 08:00 - 08:10 (1992年4月7日 - 1993年4月2日)
  • 月曜 - 金曜 17:25 - 17:35 (1993年3月22日 - 1993年3月31日) - 上記本放送が終了した後、春の改編期に入るまでこの時間帯で再放送が行われていた。
  • 月曜 - 金曜 16:50 - 17:00 (1993年4月5日 - 1994年3月30日)
  • 月曜 - 金曜 17:50 - 18:00 (1994年4月4日 - 1994年9月30日)

脚注[編集]

  1. ^ 「チロリン村物語 関連商品に明暗」『日経流通新聞』1993年5月18日付、27面。
  2. ^ 平成4年度 NHK教育テレビジョン放送番組時刻表 (PDF)”. 日本放送協会. pp. 3-4 (1992年). 2014年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月26日閲覧。
  3. ^ 平成5年度 NHK教育テレビジョン放送番組時刻表 (PDF)”. 日本放送協会. pp. 3-4 (1993年). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK教育テレビ 月曜 - 金曜17:25枠
母と子のテレビタイム
前番組 番組名 次番組
母と子のテレビ絵本
(1990年4月2日 - 1992年4月3日)
※17:25 - 17:40
月曜 - 金曜16:10枠へ移動】
チロリン村物語
(1992年4月6日 - 1993年3月19日)

チロリン村物語 再放送
(1993年3月22日 - 1993年3月31日)
音楽ファンタジー・ゆめ
(1993年4月5日 - 1994年3月30日)
※17:25 - 17:30
月曜 - 金曜17:35枠から移動】
ひとりでできるもん!
(1993年4月5日 - 1994年4月1日)
※17:30 - 17:45
月曜 - 金曜8:10枠から移動】